【軟式野球】ホームランの打ち方について。飛距離向上委員会

軟式野球ホームランの打ち方について語ります。

ホームランは野球の華です。

ホームランを打ったことのある人なら、たぶんその感覚は忘れられないだろうし、まだ打ったことのない人ならどういった感じなのかすごく気になるのではないかと思います。

僕自身、昨年は2桁を超えるホームランを打つことが出来まして、実の所、

長打力というものには自信があります。

自信があるといっても僕はそれほど大きな体ではなく、打ち方を知っているからホームランを量産できた。

といっても間違いないと思います。

というわけで、今回は軟式野球でのホームランの打ち方について書いていこうと思います。

軟式野球のホームラン?

軟式野球でホームランを打つことは非常に難しいと言われています。

(現在、M球の導入でいくつか緩和されたが。)

それは、軟式ボールが原因であるとされています。

軟式ボールはその名通り、柔らかいのです。

そのため、十分な力を与えたとしてもボールが潰れてしまいポップフライになってしまいます。

例えば、高校球児上がりの軟式プレイヤーは実の所ほとんど打てません。

硬球の打ち方と、軟球の打ち方に大きな差異があるからです。

硬球は、目一杯力を込めて打つとその力の分だけ遠くに飛んでいきます。

また、硬球はスピンをかけるようにこするような打ち方が理想的ですが、軟式ボールはその方法ではまずポップフライになってしまうでしょう。

とどのつまり軟式ボールを打つうえで大事になってくるのは打ち方なんですね。

今回はその打ち方について解説していこうと思います。

軟式野球で飛距離アップに有効なのは「乗せる」

打球を遠くに飛ばす=思いっきり振る。

これ自体はあながち間違いではないように思います。

というのも、思い切り振らないことにはスイングの軌道は波打ってしまい、ボールをうまくアジャスト出来ないからです。

だから、スイングは思い切り振る。これは前提であると思います。

タダ、思い切り振りつつ大事になってくるのは僕が思うに

ボールをバットの軌道に乗せる。

ということだと思います。

乗せる感覚

かなり、感覚的な話になりますがボールを乗せるという感覚はホームランバッターになくてはならない感覚だと思います。

乗せるとは、僕が思うに出来るだけ長く、ボールとバットを接触させることです。

長い時間バットに接触した、ボールはスイングの力がそのまま伝わります。

そして、振り切ったとき自分でも思っていないような飛距離が生み出せているのです。

どういう風にボールを乗せるのか?

どういった方法でボールを乗せるのか?

これについて僕が思うことは、

バットスイングの軌道をボールが来た軌道上に沿って出す。

ということだと思います。

軌道に沿って出すことが出来れば、出来るほどボールとバットの接触時間が長くなり

乗せることが出来るのではないかと思います。

そしてそれに応じて飛距離が上がっていきます。

大事なことは、ボールを捉えた後もボールが来た軌道に沿わせて振り切るということですね。

これによって強い押し出しが可能になります。

押し出し=フォロースルーです。

スラッガーはフォロースルーが豪快であることが多いのですが、それもこの理論に当てはまると思います。

彼らはボールをしっかりとらえ、そのあとにしっかりと押し出しているために飛距離を大幅に稼ぐことが出来ているのです。

タダ、実践することは難しい。

タダ、言葉では理解できていたとして実践することはかなり難しいですね。

口で言うことは簡単です。

しかし、それを実践及び、本番で実行することは限りなく難しいということですね。

机上の空論という言葉がありますが、まさにそれです。

100キロを超えるスピードのボールを自分の理想通りに打つことは改めて言いますが至難の業です。

解決策

そこで僕から解決策です。

理論で実行することが難しいのであれば、分かりやすくかみ砕いて説明することが有効です。

僕が思う乗せるうえでの打ち方は、

外野フライノックを打ってあげる感覚で打席に立つということです。

「ノック 外野」の画像検索結果

ノックを打ってあげる感覚

これを聞くと、

「は?」

と思う人もいると思います。

ですが、僕自身この感覚が打席でかなり効果的であると思っています。

ノックで外野フライを打つ時の感覚を思いだしてください。

肩の力を抜いて、外野に高いフライを打つことをイメージするのではないでしょうか?

実はこの時の感覚はホームランを打ったり、外野の頭を超えるときに出る、

「乗せる」

感覚によく似ているんです。

外野フライノックを打つのであれば、外野フライにしかならないんじゃない?

そう思う方も多くおられると思います。

しかしながら、そうではないのです。

ピッチャーのボールって、ノックと違って前から来ますよね。

つまりは反動を使うことが出来るのです。

車の事故なんかを見ると分かると思うのですが、

止まっている車

100キロのスピード出している車

衝突したとき、どちらが被害が大きいかというと、

これはスピードを出している車ですよね。

これはたぶん、考えなくても理解できる物理法則です。

そして、この法則は野球でも顕著でして、前からくるボールの力を上手に利用することが出来れば反発によって、ボールって結構遠くの方まで飛んでいくんですよね。

だからこっちは外野フライを打ってあげるつもりでも、相手のボールが前からくる力がプラスされるので高くてきれいな外野の頭を超えるフライが打てるわけです。

とはいえ。

これはあくまでも、僕が編み出した理論です。

たぶん穴となる部分は見つかると思います。

ということで、大事になってくるのはあなた自身が僕が編み出した理論を実践で補完しつつやっていくことですね。

大事なのは、鵜呑みしないこと。

人の意見を参考にしつつ、

どこかで、それを疑うこと。

その2つの矛盾した感覚を持つことがうまくなるうえでの近道だなあ。

と僕は思っています。

最近では「乗せる」うえで効果的なバットがあります。

乗せる理論について語りました。

さらに追伸なんですが、最近では乗せるうえで効果的なバットもあるんですね。

まあ、一般的に言われているビヨンド。

というやつです。

先ほど、投手が投げたボールの反発を利用することで飛距離がアップすると解説いたしましたが、ビヨンドを使えばその効果性はさらにアップしていきます。

理由としてビヨンドはウレタンというゴム素材を使用しているためです。

これは、反発力をあげて打球の威力を上げるという悪魔の発想なのですが、バッターである我々には限りなく救済です。

先ほど紹介した、ノック感覚で外野フライを上げる理論に適していると思います。

詳しくはこちらの記事で紹介しているのでよかったら参考にしてもらえればと思います。

【軟式野球】バットの選び方!僕はこれしかないと思います。【スラッガー編】

最後に。軟式野球でホームランを打つことで大事なこと

最後に軟式野球でホームランを打つうえで大事なことを書かせていただきます。

今回は確かに理論を紹介しましたが、あくまでこれは小手先の技術です。

植物で言ってみれば、葉っぱであり、実であり、花です。

確かに分かりやすくてすぐに効果を発揮してくれそうな理論であるとは思います。

しかしながら、本当に大事なことはバッターとしての地力であると僕は思います。

それは先ほどの植物で例えるのであれば、根っこの部分です。

どれだけ、きれいな花をつけても、根っこがしっかりしていなければいつかは、ダメになってしまいます。

これは、別に野球だけでなく仕事や人間関係でもそうだと思います。

だから、僕が言いたいことはホームランを打ちたいのであればやっぱり最終的には地力をつけることなのかな。

ということですね。

地力をつけるということ

それはバッターなら以上の2つだと思います。

自分の型を見つける

筋力をつける

自分の型を見つける

日々の反復練習と、実戦の繰り返しによって自分の型を見つけるということですね。

型がしっかりしているとフォームが安定します。

フォームが安定していると目線がぶれなくなります。

目線がぶれなくなると、先ほど書いた理論を初めとするいろんな理論が実行しやすくなります。

目はバッターにとって、命です。

だからこそ、自身の型を見つけ、目線がぶれなくなる。

つまりは安定した打ち方を身に着けること。。。

これは紛れもない地力の向上だと思いますね。

筋力をつける

そして、なんと言ってもこちらも大事だと思います。

筋力をつけるということですね。

野球は筋力を鍛えるだけで明らかにパフォーマンスが向上します。

出来ないと言われていたプレーなんかでも、筋肉がつくことでできるようになる場合も多くあります。

実は、筋肉は身体の能力の向上だけでなく、技術の向上にも一躍買うのです。

そういったところ見ると、僕は筋力をつけることは野球における地力の向上であると提言します。

まとめ

今回は軟式野球でホームランを打つ方法を提案してみました。

参考にしてもらえれば僕としては嬉しいところですね。

ホームランは野球の華です。

見るのももちろんいいですが、打つのはそれよりもはるかに「良い」ですよ!(笑)。

努力は必要ですが、それでも日々努力を繰り返して、一段ずつ積み上げて良ければいつかは打てる日が来るのではないか?

そう思っています。

そして、一本打つことが出来ればそのあとはある程度簡単に打ててしまう。

それがホームランというものですね。

タダ、何度もいうようにそれを打つにはある程度の労力を要すこと。

これは、留意すべきだと思います。

さて、今回は多くを語りました。

これにて、記事をたたんでいこうと思います。

最後に、結果を残していきたい人に一つ言葉を残していこうと思います。

神様は私たちに、成功してほしいなんて思っていません。ただ、挑戦することを望んでいるだけよ。

by・・・マザーテレサ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です