青ブタを見た感想。今回は1~3話について。

青ブタを初めてみました。

「青ブタとは」の画像検索結果

どうも、ハサミギロチンです。

最近ツイッターで、面白いアニメについてアンテナを広げていました。

すると、どうも青ブタという作品がすごく面白いようで、話題になっていたのです。

そう言ったこともあり、手を出したことのないラノベ系のジャンルではありましたが視聴してみることにしました。

今回は、1~3話まで見てみた感想についてつづっていこうと思います。

青ブタとは?→「青春ブタ野郎」の略称みたいですね。

上の通りです。

青春ブタ野郎シリーズは、もともとライトノベルの作品とのこと。

鴨志田一先生の作品で、累計総数は何と100万部を超えているらしいです。

僕は、すぐにどれくらい儲かっているんだろうと頭で考えてしまいましたが、皆さんはどうですか。

正直考えてしまいませんか?

僕はそう言うのすごく考えてしまいます。

貧乏性なんですね(笑)。

僕がアニメで見ているのは「バニーガール先輩の夢を見ない」ですが、確かにこれは面白いと思いました。

そう言ったこともあり、食わず嫌いは良くないなと思いましたね。

ちなみにこれはツイッターで話題にしています。

この方はりんさんです。

僕にアニメなどの情報を教えてくれます。

いわゆる、良い人ですね。

青ブタが面白かった点

「江の島」の画像検索結果

※江の島

これについて書いていこうと思います。

僕が思った点は

ちょっとした小ネタ

展開の移り変わり

応援してしまうところ

の三つの点ですね。

ちょっとした小ネタ

会話のところどころに、小ネタを挟んでいて視聴者を飽きさせないところ。

良かったです。

主人公の梓川君の自己紹介の仕方は、

梓川サービスエリアの梓川に花咲く太郎の咲太で梓川咲太

自己紹介の仕方に癖、ありすぎですよ・・・。

しかも、周りのやつもその自己紹介の仕方に誰一人突っ込まない。。。

この世界ではこれが普通なのかもしれませんが、僕たち視聴者からすれば意味不明です(笑)。

これには笑わせていただきました。(笑)

その他にもいろいろな小ネタが入っており、ところどころに笑いどころがあるところは見ていて面白かったですね。

展開の移り変わり

思春期症候群の解決策を探していたところで、一転。

実の母親に、その存在を忘れ去られていた。

これは、思わず鳥肌が立ちました。

「そこまで、思春期症候群って、影響力があるの?」

と、初めて思春期症候群の恐ろしさを目の当たりにしましたね。

家族に自分が忘れられる、さらにいえば最初からいなかったことにされること。

これは、想像以上にきついものがあるのではないかと思います。

存在を忘れ去られるって、考え方によっては死ぬことと同じです。

さらに言えば、それよりもつらいことですからね。

僕はこのシーン、今まで感じたことのないジャンルの恐怖を覚えました。

これから解決に向かおうとしている矢先、それを突き落とすような出来事であり、麻衣さんと咲太だけでなく視聴者までも絶望に叩き落すに十分すぎる出来事ではないでしょうか。

一つ言わせてもらうと、この青ブタは起承転結の「転」の部分。

それに関しては僕が見てきた、アニメの中でもかなり上位のレベルの衝撃を持っていると思います。

ラノベ作品はこういった、一転攻勢が多いのですかね?

応援してしまうところ。

麻衣さん思春期症候群の症状は、

「世界から存在を忘れられる。」

というものらしいです。

誰の目にも見えなくなくなる。空気と同じ扱いを受けるということです。

ハンターハンターでいた、カメレオンのあいつと同じ感じだと思います。

(知らない人は申し訳ありません)

ちなみに、忘れられるのにもタイミングがあり、それは眠ったとき。

眠ったときには意識が途切れるので、その瞬間に麻衣さんの存在を忘れてしまうのです。

人知れず頑張る咲太

「咲太 レッドブル」の画像検索結果

咲太は何があっても、絶対に寝ないことを決意します。

絶対に忘れないことを麻衣さんに約束したからです。

レッドブル、ミンティア、その他もろもろの眠気覚ましを飲む。

それから、シャーペンの芯で自分の手を刺し、痛覚で眠気を払う。など。

咲太は必死の抵抗を続けます。これらのささやかな抵抗に僕は思わず、

頑張れ。寝るな!!

と。応援してしまいました。

しかしそれ以上に見ていてつらいものがありました。

咲太は手段の一つとして、麻衣さんと出会ってからの出来事をノートに書き残すことにします。

「咲太 ノート」の画像検索結果

実は、このシーンが最初につながっていて、僕はここでも鳥肌が立ってしまいましたね。

ああ、最初のあのシーンはここにつながっていたのか!!

と。

こういった話のつなげ方は作者やアニメの脚本家に対して脱帽ですね。

全くこのアニメは、鳥肌製造機です。

青ブタ一~三話までを見た感想。

個人的にラノベ系アニメを見るのは初めての試みだったので、正直、毒見感覚で見る予定だったんですが予想以上に面白かったです。

今は、一~三話まで見ましたが、これなら全話を視聴するのに時間はかからなそうですね。

今まで別に、ラノベ系を食わず嫌いをしていたわけではないんです。

「まあ、別に見る必要ないか」

という感じでスルーしていたんです。

いやいや、とんでもない!すごく面白いです。

しかも僕が好きなタイプの面白い作品です。そう言った感じもありこれからはラノベ系なども幅広く見ていこうと思います。

アニメを見れば、記事が書けますしね。(小並感)

また、さらに言えば世界が広がる気がします。

食わず嫌いをやめたとき。人間は大きく成長する。

byハサミギロチン。

今、考えました。(笑)。

それでも、僕は今、このアニメを見て少なからず世界が広がったと思います。

世界が広がる=成長する

と同義だと思うので、これは素晴らしいことですね。

ツイッターをしていたら、こんな感じでいろんな作品を教えてくれる方もいらっしゃるので面白い作品が尽きることはないと思います。

ありがたいことです。

限りない極まりないステマをしていこうと思います。

ちなみにステマになりますが、僕はこのサイトで見ています。

U-NEXT

このサイトは、31日間無料で見れ、尚且つ高画質、高音質。

しかもサクサク見れる。というサービスの充実ぶりです。

さらにはスマホ、パソコンその他あらゆる機器で見れるハイパー機能ぶりです。

月額料金は2000円で少し高いのが玉に傷ですがね。

とはいえ、無料期間で切り捨てれば良い話ですから、それもまあ問題ないと思います。

まあ、お試し程度に使ってみてください(笑)。

そんで、30日使ってこれは合いませんと思ったらばっさり切り捨てればいいと思います。

ぼくは、31日間の無料期間を気付いたら過ぎていてだらだら使い続けているんですが、それでもこんな感じでアニメや映画を見ることが出来ているので、結果としては満足しています。

結果オーライというやつですね。

はい、ステマ終わり。

最後に

このブログに来てくださってありがとうございます。

さらに言えば、ここまで読んで頂きありがとうございます。

今回は、個人的な感想を書いてみました。

僕の感想が面白いかどうかは別として、面白いジャンルを一つ見つけれたことが嬉しいですね。

情報を集めていてよかったと思います。もしかしたら、ツイッターって神アプリかもしれません。

まあ、それはいいとして今回は青ブタの1~3話の感想を書いてみました。

ということで、近いうちにその続きとなる4~6話の感想も掲載していこうと思います。

その際はまたよければ、ブログに来ていただければ。

と思います。

来ていただければ、どうなるかというと。

僕が喜びます。

そう、あなた方にメリットは一つもありません。(笑)

まあでも、このブログで取り扱った作品がにあなたにとって面白い作品になるかもしれないのでそれは、メリットかもしれませんね。

さて、もう3000字を超えてしまいました。

ということで記事をたたんでいこうと思います。

改めまして、ここまで読んで頂きありがとうございます。

そして、またよければ遊びに来てください。当ブログハサミギロチンはいつでも歓迎します。

それではさようなら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です