アニメで生き方が楽になった話。

皆さんこんにちは。

ハサミギロチンです。

今回は、アニメで生活が楽になった話を書いていこうと思います。

アニメを見て生き方が楽になりました

「休養 フリー素材」の画像検索結果

僕は、四六時中仕事をしています。

まあ、どれくらい仕事をしているかといえば、1日16時間仕事をしています。(今現在は)

一日の3分の2を仕事に費やしているわけですね。

なんで、ここまで仕事をするのかというと、それは「生きるため」ですね。

いろいろとありまして、僕はこれだけの時間を仕事に使う様になりました。

そして、そんな僕を大きく支えている物の1つ。

それがアニメ視聴です。

「青ブタ」の画像検索結果

これは、1年ほど前に出来た趣味なんですが、今となってはかけがえのない「心の柱」となっています。

アニメとの出会い

「出会い フリー素材」の画像検索結果

アニメとの出会いはネットで知り合った人から教わったことで始まりました。

知見を高めるために、いろんな人と仕事の話をします。

ちょっと意識高いですよね(笑)。

ただ、実を言うともともと僕はアニメ大好きっ子でした。

学生時代は進撃の巨人やワンピースをリアルタイムで見ていました。

それに面白いアニメなんかはYouTubeなんかで見ていましたしね(違法ですが)(笑)。

それでも、社会人になって全く見なくなっていました。

「一日の貴重な時間で、アニメなんか見ている暇があるか!」

といった感じですね。

しかし、前述の僕の話し相手の人のアニメに対するプレゼンが非常にうまかったです。

アニメの中にある、芸術性、人間学、教訓性などの魅力を、余すことなく僕に教えてくれたおかげで

「ちょっと見てみるかな」

という気にさせられてしまったのでした。

そして、そこで紹介された

「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」

「青ブタ」の画像検索結果

を見ることにしたのです。

アニメ青ブタには度肝を抜かれました。

「青ブタ」の画像検索結果

こういったアニメはラノベ系というらしいです。

そして、僕は、人生において一度も見たことのないラノベ系のアニメを見ることにしました。

正直そこまで、期待はしていませんでした。

僕はラノベ系に対しオタクが見るようなものだと決めつけていたからです。

「オタク アニメ」の画像検索結果

だから、

「まあせいぜい暇つぶし程度に見たるわ」

と、ふんぞり返ったような態度で、青ブタの視聴を開始したのです。

ところが、実際に見てみれば。。。。

度肝を抜かれました。

斬新な設定。

高校生特有のみずみずしさ。

世の中との向き合い方。

舞台背景。

話の構成力。

どれをとっても素晴らしく、そこには、いろんな魅力が一つに凝縮されていました。

そこにあったのは、もはや芸術でした。

同時に僕はシンプルに、こう思ってしましました。

最近のアニメってすげー。

と。

正直。

「生き方が変えられるぐらいの影響力があるよなあ。」

関連画像

と思いました。

それ程、僕の心にささり、さらに揺さぶりました。

それが、原因で僕はアニメを視聴することに。

「うちの旦那が何を」の画像検索結果

青ブタで得たことは非常に多かったです。

何を得たか?

それに関しては、ここで書くと長くなります。

なので、割愛させていただきます。(苦笑)

ただ、一言で言えば、

見える世界が変わりました。

「自然フリー素材」の画像検索結果

7つの習慣の著者、スティーブンコヴィー氏風に言えば「パラダイムシフト」が起きた。

と言えます。

心が変われば、行動が変わる。

といいますが、

それで言えば「心」の部分をアニメはいい方向に変えてくれる。

そう感じたのですね。

それ以来、僕はアニメ視聴の虜になりました。

僕からして言えば、

アニメは大人の教科書としてこれ以上のないもの。

だと思います。

楽しみながら学ぶことが出来ます。

登場するキャラクター一人一人が、見習うべきお手本であり、反面教師であるのです。

物語を楽しみながらそう言ったことを学べるのは非常に有意義なことであると僕は直感したのでした。

アニメを見ることによって心に余裕が出来ました。

「ハート フリー素材」の画像検索結果

一日16時間の激務によってか、もともとの性格なのか。

僕はかなり攻撃的な性格をしていたと思います。

人を見下すたり、粗を探したり。

勿論、声には出しませんが、その目は常に他者の弱い部分に向けられていたのです。

自分より上か下か。

これが僕の人を見るうえでの、絶対的な基準でした。

今になって考えてみれば、非常に心に余裕がありませんでしたね。

そんなときに、仕事のレベルを上げるためしていた、ネットの知り合いの人との会話がありました。

そしてアニメを知りました。

アニメを見ることによって、

・人間の生き方はひとつではない。

・考え方は変えられる。

・人は自分だけでは生きていけない。

といったことを学んだのです。

お互いに助け合うと、心にもゆとりが生まれる。

友達同士で、はしゃぐ人たちを心のどこかで馬鹿にしていた僕ですが、ようやく人とのつながりの大事さを学ぶことが出来たと思います。

日本のアニメは世界一だと思います。

「世界一 フリー素材」の画像検索結果

日本のアニメは、世界最高峰です。

実際に世界中の人が日本のアニメに熱狂していることを考えれば、そのレベルの高さはうかがえるのではないでしょうか。

外国の映画。

「映画 フリー素材」の画像検索結果

例えば、スターフォーズやスタンドバイミ―などが日本語に翻訳され、それを見た日本人が感動する。

これはなんとなく想像できるのではないかと思います。

でも逆に、日本のアニメを見た外国人が感動する。

実はこれも事実として起こっていることなのです。

最近では「クールジャパン」と呼ばれ、日本のイカシタ文化が世界から注目されています。

「外人 アニメ好き」の画像検索結果

だからこそ、日本のアニメは世界に通用する。

さらに言えば、通用するどころの話ではなく「トップクラス」である。

と僕は思っています。

今回はこういった国宝級の文化に触れないことは絶対に損だ。

と、こんな感じで僕がアニメに触れて起こった変化を書かせていただきました。

これがきっかけでこのブログの読者の方が、アニメに触れるきっかけになればいいなと思っています。

今回は、以上です。

ご清聴ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です