一人ぼっちで暇な男がすべきこと5選。

お疲れ様です。

ハサミギロチンです。

今回は、少し趣旨の違った記事を書いていこうと思います。

題して、

一人ボッチで暇な男がすべきことですね。

割と現代人は一人ぼっちが多いそうですよ。

なぜかというと、自分一人でも楽しめる時代になったからです。

ゲーム、漫画、アニメ、読書、映画、筋トレ。

こんな感じで自己完結できる楽しい趣味がたくさんあります。

というわけで、エンタメ系に強い僕が今回は、暇をつぶすための方法をいくつか提案していきたいと思います。

アニメ視聴

アニメの視聴は僕自身結構オススメです。

アニメって実は、生きるうえでの参考になることが多いです。

特に最近のアニメはとても出来が良くて、そこには哲学が詰まっています。

大げさに聞こえるかもしれませんが、

世界観が変わります。

リアルタイムで放送しているのは、割と深夜帯が多いので見るのは難しいですがある程度工夫することで、

生活に支障をきたすことなく視聴することが可能です。

アニメ視聴の方法その1.公式動画サイトを使う。

今となっては、いろんなアニメサイトがあります。

それを利用することが出来れば簡単にアニメ視聴が出来るのです。

僕もお世話になっていますね。

U-NEXTのはじめ方、使い方について。最初の31日無料。これさえ見ればあとは簡単です。

アニメ視聴の方法その2.録画する

リアルタイムで追いたいのであれば録画するのも一つの手ですよね。

正直僕は、面倒なのであまりやっていません。(笑)

とはいえ、

生活に支障をきたすことなくアニメを視聴する方法として昔からある視聴方法です。

アニメ視聴の方法その3.DVDを購入する

かなり正統派なやり方ですよね。

DVDを購入する、またはレンタルするというやり方です。

最近はDVD購入者にしかない特典なんかもあったりしますから、DVDを購入してみるのも良いかもしれません。

漫画を読む

漫画も良いですよね。

漫画を読むことによって読解力が向上しますし、いろいろな作品に触れることによって、話の引き出しを増やすことが出来ます。

僕の経験上、話し上手な人って漫画をたくさん読んでいる人が多いと思うのですが、どう思いますか?

実は、話し上手な人って作り話をしたりします。

でも、その作り話のもとになっているのが漫画だったりするんですよね(笑)。

漫画は、いろんな知識を身に着けることも出来ますし、現代における聖典といえるのかもしれません。

一人ぼっちなのだから、いろんな知識を身につけてそこから、自身の哲学を磨いていくのも僕はアリだと思います。

漫画を読む方法その1.買う

当たり前です。

購入するのです。

部屋の本棚に漫画がたまっていく様を見ていると、割と嬉しくなったりします。

ただ、引っ越しとかする時や、部屋の模様替えをする時に結構めんどくさかったりします。

それでも、昔からある漫画を読む方法として一番ポピュラーですよね。

漫画を読む方法その2.ネカフェに行く

ネカフェは漫画の図書館と考えてもらえればいいと思います。

都市部の大きいネカフェでは、いろんな漫画が揃っていて、読み放題です。

しかも設備も整っているのでくつろぎ放題です。

ただ、知っている人は知っていると思うんですが、

基本的にネカフェでは眠たくなる音楽がかけられています。

これは、店側の戦略です。

ネカフェでは滞在時間に比例して料金がかかる仕組みになっています。

例えば、4時間ぐらいの滞在ならそんなにお金はかかりませんが、一晩寝ようものなら、とんでもない額のお金がとられてしまいます。

一見すると嘘のように思うでしょうが、本当です。

経験者ならわかると思います。

だからこそ、ネカフェで漫画を一気読みしようと思うのであればちゃんと寝てから言った方が良いと思います。

漫画を読む方法その3.電子書籍を使う

僕が行っているのはこれですね。

一番手軽で一番オトクだと思います。

・スマホ一つでいつでもどこでも好きな漫画を読める。

・登録する分には無料。

・かさばらない(部屋のスペースを広く使える)

こういった点に惹かれ僕は、電子書籍を使っています。

しかも一部の電子書籍では、ポイント制も実施していることもあり非常にオトクに漫画を読むことが出来ます。

実物の本を購入するよりも、正直、メリットしかありません。

だからこそ、最近は色んな書店が閉店の憂き目にあっています。

これも時代の変化なので仕方ないですよね。

漫画を読む、一番オススメの方法。僕はこうやって読んでいます【参考までに。】

映画の視聴

映画も良いですよね。

映画では俳優さんの表情や動きなどから、その人の人間性が見えてきたりします。

例えば、新人の女優さんとベテランの女優さんでは体の動きから、セリフの抑揚まで全然違うのです。

そう言った感じで、「人を見る」練習に映画はなるのです。

また、海を渡ってきた洋画はやっぱり感動するものが多いですし、

「見なきゃ人生を損する」

レベルの作品も多くあるぐらいです。

だからこそ、暇つぶしをしながら視聴する映画も僕は有意義であると思っています。

映画を視聴する方法その1.映画館に行く

当たり前といっちゃ当たり前ですが、映画館に行く。

ということです。

自分一人で行くのは、正直、気が引けます。

それでも、実際のところ、

周りの人は、あなたのことをそんなに気にしていません。

あなたも、周りの人をそんなに気に留めないでしょう。

そう言うことです。

近場に映画館があるのなら、ぜひ行ってみてください。

映画館のデカいスクリーンに映し出される、一つの大作。

これは、あなたの人生において、おおいなる刺激の一つになると思います。

映画を視聴する方法その2.DVDを買うor借りる

これも、昔からある方法ですよね。

DVDを購入する。借りる。

過去の作品を見ようと思うのであれば、この方法がまず頭に浮かんできます。

僕は、「君の名は」を見るために近くのTSUTAYAに出向いて、購入したことがあります。

初めて購入する場合でも、意外と簡単に借りれるので過去の大作を見ていきたい方にはお勧めの方法ですよね。

映画を視聴する方法その3.公式動画サイトを使う

今の時代は非常に便利です。

スマホ一つで映画を見ることが出来ます。

映画を扱っている動画サイトは版権の問題などもあり、かなり数が少ないですが探せば見つかります。

僕も一つサイトを知っていまして、今はそれを使って視聴しています。

スマホ一つで見れる点は非常にありがたくて、

・静かな部屋で見れる。

・繰り返し、気になるシーンを見れる。

・いつでも止められる。

こういった点が良いです。

U-NEXTのはじめ方、使い方について。最初の31日無料。これさえ見ればあとは簡単です。

まあ簡単言えば、手軽なんですよね。

体を動かす

一人でいるのあれば、体を動かすことも大事ですよね。

健全な肉体には健全な魂が宿る。

最初にこの言葉を放ったのは、誰なんでしょう?

まさにその通りです。

憂鬱な月曜日でも、近所を散歩するだけでその気分は上向きになります。

ちなみに僕は、BUMPOFCHICKENを聞きながら、近所をジョギングすることが多いです。

音楽と運動ってかなり相性が良くて最初は面倒だと思っていたジョギングも10分もしてると、かなり気分が上がってきます。

体を動かす方法その1.筋トレをする

筋トレをすることで、体の強度を大幅に上げることが出来ます。

ただ、現在は文明が発展しています。

そのせいで、筋肉の出番というのはあまりないのかもしれません。

とはいえ、もしもの時になんだかんだ役に立つのは、僕は筋肉だと思っています。

知恵も知識も通用しない場面にもしかすると生きているうちに遭遇するかもしれません。

そんな時に一番必要になるのは、健康で強靭な体ではないでしょうか。

強力な膂力があればそれは、生きるための手段として活用できるのです。

また、筋トレをすると、自信を持つことが出来ます。

筋トレが終わった後、パンプといって体が膨張する現象が起きるのですがそのときの無敵感は中々のものです。

体を動かす方法その2.遠くに行ってとにかく歩く

一人旅というのも中々、悪くないですよ。

外に出るとなると、服装だとか、いろんなものが気になると思います。

でも、大丈夫です。

とりあえずジャージ姿でいいですので、いろんな所に出向いてみましょう。

山でも良いですし、川でもいいですね。

海岸沿いを歩いてみるもの悪くないでしょう。

自然と調和しながら歩くことによって、人間の体って気持ちよく動かすことが出来ます。

海のさざ波、川のせせらぎ、そして鳥のさえずり。

などをBGMにして、時間を過ごしているみましょう。

日常生活のしがらみを忘れて心を洗うことが出来ると思います。

体を動かす方法その3.ランニングをしてみる

ランニングはもっともポピュラーな体を動かす方法です。

運動不足を自覚している方には、個人的に一番お勧めですね。

走る距離、時間、コースなどを自分の体の強度に合わせて行うことで、たるんだ体に刺激を送ることが出来ます。

正直、走る前は気乗りしないと思います。

でも、一旦走り始めればこっちのもので、後は自分のペースで自分の決めたコースを走っていきましょう。

この時、イヤホンによって音楽を聴きながら走るのも悪くないかと思います。

ちなみに、ランニングの素晴らしいところは走り終わった後。

だと思っています。

自分に課したノルマを達成すると中々気分が良いものですし、汗を吸ったシャツを脱ぎすてシャワーを浴びる快感は言葉にできません。

また、毎日続けることによって、少しずつ疲れなくなってくるのではないかと思います。

それはとどのつまり、体力がついているということであり、成長です。

料理をしてみる

料理をしてみるというのも、悪くないと思っています。

昔は料理といえば、女性がするものだ。

という風潮もありました。

しかし、現代においては女性も働いております。

共働きの中で、男性もある程度家事が出来なければ、少し気後れするのではないでしょうか。

そう言ったわけで、料理をしてみるというのはいかがでしょうか。

料理をすれば恐らく、その奥の深さを体感できるのではないかと思います。

レシピ通りに作っても美味しく作れない、専門用語がいまいちわからない。

そう言った躓きの中で何度もトライすることによって徐々に腕が上がってきます。

最初は目玉焼きでも良いので、作ってみることをお勧めしますね。

意外と目玉焼き一つでも満足のいくものを作ることは難しく感じるはずです。

料理をする方法その1.調理器具の使い方になれる

調理器具は料理をする上で必要不可欠です。

野球で言えば、バット。サッカーでいえば、ボール。

調理器具は料理で言えばそれだけ重要なものですから、まず扱いに慣れることが大事ですね。

といっても、料理をせず、その扱いになれるのは難しいです。

とにかく実践を積むことをお勧めします。

いろんな食材をレシピを参考にしながら調理してみる。

それによって経験値が蓄積されていきます。最初のうちは、扱いが分からずに苦戦します。

不均等に野菜を切ってしまったり、お鍋を焦がしたり。

それでも所詮は人間の出来る範囲です。

気にすることはないでしょう。

最終的に出来るようになれば「勝ち。」なので、少しの失敗にめげないように何度もトライしていくことをお勧めしますね。

料理をする方法その2.レシピ本を買う

ネットで調べるといろんなレシピが出てきます。

しかし、個人的には

書店で販売されているレシピ本を購入し、それを参考にした方が上達は早くなる。

のではないかと思っています。

あれは基本的に、「料理で名を上げている人が作った本」です。

そのため、素人にとっては一つの「教科書」ともいえ、確率的に得られるものが非常に多いのです。

一方、ネットで公開されているレシピも実は悪くはないです。

中にはめちゃくちゃためになることを書いている人もいる。

これは事実ですね。

とはいえ中には、

「料理の腕は一流だけど、教えるのは二流」

な人が多くいたりして、とてもじゃないが実践できないときもあったりするのです。

だからこそ、確実に上達してきたいのであれば、レシピ本を購入していくことをお勧めします。

料理をする方法その3.習慣化する

最終的に、ここまでできるようになれば大したものだと思います。

習慣化する。

もうここまで来れば、「主夫」の道に片足突っ込んだといっても間違いありません。

昨今の男性は

「料理をする」

といったものの、自炊を続けられない人が多くいるものですから毎日料理をしている男性の希少価値が高くなるのは確実といっていいでしょう。

習慣化することによって、あなたの料理の腕は日々磨かれていくことになります。

意外と、料理が出来る男ってポイントが高いと思います。

だからこそ、一人で何もしていない今。

このスキルを磨いてみてはいかがでしょうか?

間違いなく実用性のあるスキルであると思います。

まとめ

今回は、一人で暇な男性のためのすべきこと。

5つ書いてみました。

エンタメ系から、料理まで幅広く書きましたが僕の経験上そのどれもがためになることです。

ということで、この中から1つか、2つ、やっていただければな。と思います。

「アニメってためになるの?」「漫画ってためになるの?」

と思われる方もいると思います。

これに関しては、

しっかりと話の背景を理解し、自分の中で噛み砕いていきながら見ていく。

これが出来れば、これほどためになるコンテンツはないと思っています。

だからこそ、最初の方に紹介させていただきました。

きっと、いろんな発見があると思います。

カッコいいなと思うこと、腹が立つなと思うこと、可愛いなと思うこと。

そう言った感情の変化を実感すること。

これが人間の内面を磨くうえで必要不可欠なんです。

だからこそ、こういったエンタメ系をいろいろあさっていくことを僕はオススメしています。

最後に

今回の記事を見ていただいてありがとうございます。

また、どこかで会えればうれしく思います。

ぜひ、「ハサミギロチン」の名前だけでも憶えて帰ってもらえれば。

この名前は100人中30人に受けるコンテンツを作る。

という、目標からつけた名前です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です