自己啓発

【暇つぶし】家で一人のいるときの有意義な時間の過ごし方。

今回「時間の潰し方」を書いていこうと思います。

一人って意外と、やることがないんですよね。

「さあ休日だ!!何をやろうかな」

そう息巻くもののやることがなく。なんとなく過ごした結果。その日が終わっていた。

自由とは、つまり孤独です。

そこで出来ることは限られているのです。

ただ。

24時間は平等に与えられるもの。

一人の時間を丸ごと使えるのですから、自分にとってプラスな何かをしていきたいですよね。

今回、僕が思う

「有意義な暇つぶし」

を書いていこうと思います。

【前提】暇つぶしに漫画・アニメ趣味はイイですよ。

上の通りです。

漫画やアニメって意外とイイですよ。

よく遊びよく学べ。

の言葉通り、娯楽には人間を成長させる多くが詰まっているんです。

ちりばめられた人間学をかみ砕き、消化(昇華)することが出来れば、

仕事、恋愛、趣味。

人生のあらゆるものに活用することが出来ます。

良い作品を読むことに投資する意味

名作は娯楽を超える

と思います。

名作には「名作たる理由」があるからこそ社会で受けているのです。

ということで、ミーハーになって「ネット、社会で話題になっている作品にとりあえず触れてみること。」これをお勧めします。

感性を磨くことが出来ます。

読書がもてはやされています。

僕も本はよく読みます。結論を言えば教養を磨けるし読解力も向上します。素晴らしい趣味で間違いないでしょう。

でも、漫画は読書以上に感性を磨くことが出来ます。

「感性なんて磨かなくてもいいじゃん。」

そうでしょうか?

現代で起こる事件を振り返ってみても、

鈍さは罪

だということが伺えます。

痛みを知らずに育ったせいで傷つけることに抵抗が無くなっている方が多くなっている状況です。

SNSでの誹謗中傷なんかがそれに当たります。

だからこそ、人の振り見て我が振り直せです。

感性とは何だ?

感性。

それはつまりは「センス」です。

「お前、センスないなあ。」

とか、言われる人って結構いると思います。

ぼくも「センスがない。」と昔は言われていました。

  • 「まじめすぎる。」
  • 「応用がきかない。」

でも、それはとどのつまり感性が磨かれていないから起こることなんですよね。

  • 「読書」
  • 「筋トレ」
  • 「ヨガ」
  • 「クラシック音楽を聴く」

確かに、これらは己をより良くしてくれるかもしれません。

それでも、なんと言うか柔らかさに欠けるのだと思います。

硬派な趣味に取り組むことは良いことですが、それだけだとダメなんです。

アニメや漫画といった大衆が触れるモノに足を踏み込むことが重要なことです。

特に独立していきたい人には、絶対必要であると思っています。

モテる人や、出来る人って遊びを知っている。

あなたの周りにもしかしたらこんな人っていませんか?

・なぜか定時で帰る人。

・なぜか成績が良い人。

・なぜか結果を残す人。

・なぜかモテる人。

なぜか出来る人。

僕もこういった人を見てきました。

こういった人たちって何をしているのか?

結論を出せば。

総じて遊びに手を出しているんですよね。

要は、

色んなものに触れ

感性を磨いているんです

色んな人や作品に触れ、自分の感性を磨き、内面をより良く。

日々アップデート、オーバーホールしているのです。

だからこそ、それほど頑張ってなくても結果を出す。

補足。「武勇伝」は気を付けた方がいい

武勇伝は場を盛り上げるうえで効果的です。

有名人なんかでもイチローの逸話とか、ビートたけしがやった悪さとか。

酒の席で話題に出来たりします。

ケガをする危険性

とはいえ、「諸刃の剣」な部分もあります。

予想がつくとは思いますが、下手くそな武勇伝は寒いからですね。

夏なのに冷えます。

だからこそ自分の力量を知ることが大事です。

本当にデキる人は要点を簡潔に伝え自分のペースに持っていく力があります。

そして、これが何度も語る「センスがある」ということなのだと思います。

暇つぶしをするのなら、自分のセンスを磨くべし。

結論、センスを磨きましょう。

一人だからこそ考える時間が生まれます。そこで哲学がうまれ、感性が身に付きます。

サポートするのは冒頭で語った通り。

漫画・アニメです。

漫画やアニメにはストーリーがあり、その原材料は作者の体験談・哲学です。

作品に秘められた力

で、作品には魔力があります。

人を夢中にさせ。そして、夢を与えます。

人生の方向性を変えるほどの力を有しているといっても過言ではありません。

そんなすごい作品を自分の血肉にする。

これは非常に有意義なことだ。

そうは思いませんか?

娯楽は現代の芸術だ

昔の人は、美術館に赴き作品に触れ、背景を自分なりに解釈し教養を積み重ねたといいます。

それで考えれば、現代における美術館に変わるもの。

それは漫画であったり、アニメであったりするのが僕の考えです。

作中には生き方の「お手本」を示してくれるキャラがいます。

でも、それだけでなくて、「こうはならない方が良いな。」と思われてくれるような「反面教師」も中にはいるわけです。

  • こち亀の両さん
  • ワンピースのエース
  • ドラゴンボールのベジータ

とかですね。

どれだけ、上手くいっていても、欲をかくと最終的に大損をする。

それを身をもって教えてくれるのです。

気軽にアニメ、漫画を見る方法

あとクラナドという作品は絶対に見るべきだと思っています。

やさしさを知ることが出来ます。

ここまで語りましたが、

手軽に見る方法ないのか?

という人もいるのではないでしょうか。

あります。

・U-NEXT

このサイトでは、1か月間なら無料で見れるのでオススメです。

一度使ってみて下さい。業界の最高峰といわれるサイトです。

使い勝手もよくスマホ一つで見れる点は最強クラスです。

まとめ

お疲れ様です。

以上で今回の記事は終わりにしようと思います。

いろいろと漫画やアニメについて語りました。

「鉄は熱いうちに打て」

の言葉通り、人間の心は非常に熱しやすく冷めやすい。

だからこそ、心の中の炎が赤々と燃えている。

そんな時は、すぐに行動することを心がけてみるといいと思います。

人の心というのはすぐに冷めてしまいますからね。

むかし、

いつやるか?今でしょ。

という、言葉がはやりました。

あの言葉は僕の中で、至言だと思っています。

僕もその言葉を胸に。

思い立った時にやること。

これを心がけることによって「いろんな経験」が出来ました。今となってはその経験が財産となっています。

本当に良い言葉だと思いますし、さすがは何百人もの人間を現役合格させたカリスマ講師だと思います。

だからこそ、多くの人に認められてテレビ業界にも進出できたのでしょう。

と、まあ、いろいろ語りましたので、今回はこれぐらいにしておこうと思います。

改めてここまで読んで頂いて、光栄です。

ご清聴ありがとうございます。

最後に、今を本気で生きる人に言葉を一つ送りたいと思います。

”君がどんなに遠い夢を見ても、

君自身が可能性を信じる限り、

それは手の届くところにある。”

(ヘルマン・ヘッセ)

-自己啓発

Copyright© hasamiblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.