自己啓発

勉強のやる気が出ない。自分と未来を変える5つの方法。

お疲れ様です。

ハサミギロチンです。

「勉強のやる気が出ない。」

そう思っている人も多くいるのではないか?と思います。

「勉強=嫌な物。」

これは、たいていの人が持っている共通理念ですよね。

僕だってそうです。

そもそも、勉強に限らずに人は頑張るのが嫌いなのです。

「できるだけ楽をして生きていきたい。」

これは人類の共通認識で、多くの人が苦労をせずに生きていきたいと思っているはずです。

確かに、いろんなものを難なく手に入れることが出来れば言うことは、ありませんよね。

でも、「楽」するだけでは、やはりといいますか生きてはいけません。

人生。

そこには多くの労力を要するのです。

現代は獲得すべきものがたくさんあります。

例えば。

資格、教養、知識、体力、自身の内面。

などが挙げられますね。

これらは、楽をしていては一生得られません。人知れず自分を磨き上げて、その先に得られるモノです。

苦労の見返りとして、いつか自分の未来を切り開いてくれるモノです。

今、手につかない勉強。

実は、それも生きていくうえで必要な物なんです。

人間社会において、知識がなければ後々痛い思いをするためにです。

そうですね。

今、努力している人は将来、出来るだけ良い思いができるように頑張っているのです。

・・・・と。

まあいろいろ言いました。

それでも。

「やっぱりやる気なんて出ねーよ!」

そう思っている人もたくさんいるのではないかと思います。

だからこそ、今回はやる気を出すための方法をいくつか、書いていきたいと思いました。

まあ、こんなブログでも人の役に立てれば光栄ということです。

ということで、今回は僕行っている、

「勉強のやる気が出ない人のための5つの方法」

を伝授したいと思います。

勉強のやる気が出ない人のための方法その1.ヨーグルト、納豆、ナッツなどを食す。

「ナッツ 画像」の画像検索結果

勉強と食は密接な関係性を持ちます。

実は、勉強に向いている食べ物とそうでないものがあるのです。

例えば、お菓子は勉強には向いていません。

「お菓子 フリー画像」の画像検索結果

一般的にお菓子を食べれば頭がすっきりすると言われていますし、これは確かに事実です。

とはいえ、摂取したその後、急激に眠たくなってきます。

「これは、お菓子が加工食品であるからだ。」

と言われています。

加工食品は摂取後に血糖値を大きく上げる性質を持ちます。それが脳にストレスを及ぼすのです。

その結果勉強がダルくなったり、眠くなるのです。

一方でヨーグルト、納豆、ナッツなど。

「ナッツ 画像」の画像検索結果

これらはあまり加工されていない、「自然的要素がおおい」食材です。

これらの食品の特性。

それはゆっくり吸収されていきます。

そして、その栄養を徐々に脳内送ってくれます。これによって、持続的な集中力を促すのです。

持続的な集中によって勉強は鬼のように、はかどります。

そういったこともあり勉強前は自然的な要素の多い、上記の食品がオススメです。

また、勉強合間の間食でも上記のモノを食すべきだと思っています。

これらの食品は、基本的にカロリーも低いので健康的でもあります。

個人的に、ナッツ系は、かなりオススメで気軽に食べられますね。出来れば食塩を使っていない無塩ナッツが良いです。

勉強前に食してみてはいかがでしょう?

勉強のやる気が出ない人のための方法その2.瞑想

「瞑想 画像」の画像検索結果

瞑想は非常に効果的です。

人は雑念の動物。

と。僕は常々思っています。

頭の中では、常に脳内おしゃべりが延々と続きます。まあそれが、人間というものなんですがね(笑)

だからこそ、雑念を取り払い、より生産性を生むため。何らかの策を施す必要がある。

僕はそう思っています。

そして、経験則で言えば「瞑想」はその中でも、かなり効果的な精神統一法です。

瞑想の仕方

関連画像

胡坐をかきます。→両手を胡坐をかいた両膝にそれぞれのせます。→背筋を伸ばします。→目をつむります。

上がまず基本体型です。

そして、そこから、

ゆっくり息を吐きます→ゆっくり息を吸います。

これをワンセットとして5分。繰り返します。

この時、頭の中の思考を徐々に取り払うことを意識してください。

ちょっとずつでいいので頭の中を空っぽにしていきます。

そして、頭の中の雑念、雑音全て取り払います。

無心になる。

これが瞑想の目的であり、これをすることによって、実力以上の「脳力」を発揮できます。

正直なところ、始めたばかりの時は長時間の集中は期待できないと思います。

しかし、この瞑想は心を鍛えるトレーニングです。

毎日行うことによって、集中できる時間が鍛えられ、伸びていくのです。

2週間も続ければ、勉強時に集中できる時間が増えていくことに気づくのではないかと思います。

瞑想は、ちょっと宗教めいた作法であると思われます。

でも、その実。

アップル社やマイクロソフトなんかでも実践されている最高のマインドコントロール法なんです。

ぜひ、ここは試してみると良いでしょう。

わざわざ精神統一しなくても良い人

「イチロー」の画像検索結果

※蛇足です。読まなくても支障なし。

ただ、「超一流」は違います。

こういった人たちは、瞑想をせずとも、自らの意志で雑念を取り払います。

そして、目の前の事柄に集中する力を持っているようです。

例えば、

「世界のホームランバッター王貞治には、ささやき戦術が通用しなかった」

といいます。

どれだけ、ささやいてもバッターボックスに立っている王さんの心の平静は崩せないのです。

そして、目の前に来た140キロオーバーのボールを一閃。

打球は一瞬でライトスタンドに吸い込まれた。と。

こんな感じで、傑物は何事にも乱されることのない強靭な精神を有します。

とはいえ、凡人たる我々は常に雑念を抱いてしまうのものです。だからこそ、その雑凡な心を統一するために瞑想をするのです。

勉強のやる気が出ない人のための方法その3.環境を整える

「綺麗な部屋 フリー素材」の画像検索結果

勉強をする上で、一番大事ではないか?

と思うのが環境を整えることですね。

これをしないことには、集中することは難しいです。

「勉強、仕事が出来る人は部屋がキレイである。」

と言われています。

中には、アインシュタインのような天才もいて、部屋が超絶汚くても、結果を残せる人もいます。

しかし、これは例外中の例外ですね。

余計なものが部屋に散乱していると勉強に集中できなくなるのは必然であり、優秀な人の机や部屋というのは基本的に整理整頓されている物なのです。

勉強するとき、邪魔な3種の神器

僕が思うに勉強時に邪魔をしてくる3種の神器があります。

紹介します。

・スマホ

・漫画

・ゲーム機

これらは、本格的に勉強の邪魔をしてくるということで、勉強時なるべく同じ空間に置かないことをお勧めします。

ついつい、手を伸ばしてしまうとそれで最後です。

漫画なんかはこのブログでも、素晴らしいものであると何回も書いています。

が。勉強時はまた別です。勉強時は目の前のことに集中しなければ、いけないのです。

スマホは、電源を切って引き出しの中にでも入れておくといいと思います。

漫画は漫画のある部屋から退出し他の部屋に自分が移ることが大事ですね。

ゲーム機も同様です。

娯楽は人間が生きていくうえで、必要な物です。しかしその娯楽に振り回されるのは二流の人間がすることです。

「娯楽が人間の主人になってはいけない。」

僕はそう思っています。

勉強のやる気が出ない人のための方法その4.たまには息を抜く

「本 フリー素材」の画像検索結果

勉強していて、どうしても行き詰ったら息を抜きましょう(笑)。

先ほど、娯楽をすることを否定的に書きました。

しかし、こういった場合は思い切りやっちゃってください!(笑)。

特におすすめするのが漫画ですね。

漫画は素晴らしいです。

中には人間の価値観を変えてくれるものがあり、さらに背中を押してくれたり、やる気を注入してくれるものもあります。

それらが勉強をする上で非常に良い作用を促します。

一方で、おすすめしないのはスマホをいじることですかね。

まあ、人の息抜きに口出しする権利なんて僕には全くありませんよね。

でも。

スマホは、一度触り始めたら何時間も触ってしまう恐れがあります。

これはちょっとした麻薬作用があるのではないか?と僕は思っています。

しかも、スマホを触ってから勉強に戻ろうとしても、中々頭の切り替えが難しいという点もあります。

ということで、スマホを触ることはあまりお勧めできません。そこに勉強するためのアプリがあるなら、話は別ですが。

勉強のやる気が出ない人のための方法その5.楽しさを見出す。

「哲学 フリー素材」の画像検索結果

結局はコレにかかっていると思います。

そこに楽しさを見出せれば、それに勝るものはありません。

「好きこそものの上手になれ」

という言葉がありますが、まさにその通りですよね。

勉強の楽しさを見出すときってどんな時なのか?

・実力が向上したとき

・得意分野を理解したとき

・実生活で使えると理解したとき。

個人的に思うのはこんなところだと思います。

実力が向上したとき

「成長 フリー素材」の画像検索結果

実力の向上は、やる気アップにつながります。

例えば、偏差値が50→65に上がったら

モチベーションは爆上がりです。

まあ上の通り。

結局のところ、実力アップを実感するには、

結果を残す。

これが一番手っ取り早いと思います。

とはいえ、これが一番難しいことなんですけどね。

結果を残すためには当然、猛勉強をする必要があります。

勉強自体は最初に書いた通り、めちゃくちゃシンドイことは100も承知です。

それでも、やることは結局の所シンプルなんですよ。

ただひたすら目の前の問題と向き合い、そしてわからないことがあれば自分の手で調べる。

これだけなんです。

そしてそのサイクルを延々と繰り返していく。まあ結局のところ、これが知識を追求するということなんでしょう。

「誰よりも極めてやる。」

これだけを頭において、目の前の問題と対峙してみて下さい。

得意分野を理解したとき

「スティーブジョブズ フリー素材」の画像検索結果

得意なこと=才覚があること

才覚は未来を切り開くものです。

これを見つけることが出来れば、勉強のやる気は向上します。

というか世界が変わります。

また、これを見つけることが、「勉強の目的の一つ」だと思います。

自分の得意領域で勝負する。

これがいろいろある生き方の中で、最も勝率の高い方法だからです。

それは、「宝探し」です。

そこで掘り当てた物が無形の財産として人生を彩るのです。

・・・・とまあ、ちょっと大げさに書きましたが、いつか得をするかもと思って、目の前の問題を解き続けてみることが大事だと思っています。

ぼくは、学生時代。

論文がクラスで一番得意でして、それが今、少なくない利益を生んでいるのです。

勉強で得た知識はいつか、運命を切り開く武器になるのです。

ということで、まだ見ぬ自分の得意分野を理解するため、いろんな問題を解きまくって自分の知識を蓄えていってほしいなと思います。

実生活で使えると理解したとき。

関連画像

勉強で得た知識が、実生活で使えると理解したとき。

これが、勉強の楽しさを見出せる最大の瞬間ではないでしょうか?

結局の所、勉強が楽しくないのは、その知識が使えないと認識しているからなんですよね。

「因数分解なんて、どの場面で使うんだよ。」

「水上置換法とか、いつ活用するんだよ。」

とか、感じたことはありませんか?

僕はあります(笑)

でも、そういった知識は大人になると使う時が必ずくるのです。

たとえば、その知識単体では使えないものでも。

いろんな知識が組み合わさって、目の前で起こった問題解決の糸口になることだってあります。

そして、もしかすると莫大な利益を自分に与えてくれることだって少なからずあるんです。

そのとき、こう思うのです。

勉強って楽しいんだな。

と。

点と点でしかなかった概念が目の前の問題を前にしてつながり、成果を生む。

最終的に、それが勉学の真髄であると僕は思っています。

勉学は、国語、数学、科学、英語、社会。

といった風に区分けされているんですが、実の所そこには境界線はなくそれらの知識は結びつけることが出来るのです。

だからこそ、苦手な分野、得意な分野。

関係なく無差別に学習しまくることが勉強をより高尚なものに昇華させる方法だと思います。

兎に角、いろんな問題に挑戦してください。

まとめ

今回は、勉強のやる気を引き出す方法を書いてみました。

参考になるものがあれば、個人的にうれしく思います。

さて。

「勉強って嫌なもの」

って言われていますけど、本当にそうでしょうか?

まあ、僕自身、いやなものであると散々書きました。(笑)。

でも、改めて考えてみると、人間ってあらゆる生物の中で「知的好奇心」、これが群を抜いているんですよね。

言ってみれば、

知ることに対して最も喜びを覚える動物なんです。

だからこそ、勉強を続けていたら楽しいと思える日が来るんじゃないかな?

と思うんですよね。

勉強が嫌に思えるのは人にやらされてきたから。

ではないですか?

実は、自分でする勉強ってやらされてきた勉強よりも10倍は面白いんですよ。

物事の意味を調べ、それが何に活用できるか考えて。さらにそれを突き詰めて考えて。それを無限に繰り返す。

学びは深淵であり、それが勉強の楽しさです。

永遠にクリアすることのないゲームがそこにはあるのです。

だからこそ、新たな一歩を踏み出すために机の前に座ってみてはいかがでしょうか?

そこから、未来は少しずつ変わっていくのです。

さて、今回はこれぐらいにして畳んでいきます。ご清聴ありがとうございました。

今記事を参考にしてもらえれば、嬉しいですね。

最後に日本の明日を担う人たちに偉人の言葉を送りたいと思います。

学ぶことを喜びとし、これに心を奪われてなに者にもそそのかされない。

ペトラルカ 「断片」

-自己啓発

Copyright© hasamiblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.