未分類

厄年の恐ろしさ。嫌なことが起こりまくりで激おこぷんぷん丸!

今年は僕、厄年です。

簡単に言うと、厄年とは「良くないことが起きる年」のことです。

不幸が降りかかってくる年であり、この年に当たる人たちは結婚、引っ越し、それから事業など、人生のビッグイベントを控えるべき。

とされています。

しかし、科学的根拠はなく、言い伝えレベルの話なので信じない人が大半なのが、この厄年です。

正直なところ僕も、

「厄年?ちゃんちゃらおかしいわ。」

と鼻で笑ってました。

しかし、今年に入ってからとんでもない目にたくさん遭い、厄年の恐ろしさを絶賛味わい中です。

今となっては「早く今年、終わらないかな。」と思っています。

とはいっても僕もブロガーの端くれで、身に起こったことを逐一書き、さらに公開するのが、仕事であり使命です。

せっかくなので、今日は年内に起こった不運な出来事を紹介していこうと思います。

他人の不幸は蜜の味。

こんな僕を笑って酒の肴にでもしていただければ、不幸になった甲斐があった。

と言えるもんです。

ということで、今日はとことん笑いものにしてください。

その1.財布盗まれる。

トップバッターは、ずばり、財布を盗まれるです。

まさに王道とも呼べる不運な出来事ですが、起こってしまいました。

財布には現金12万円が入っていました。

銀行から引き落としたばかりでした。

その他、クレジットカード、キャッシュカード、免許証、健康保険、ひいきにしているお店の会員証。

それらが全部入っていて、全部盗まれました。

カード紛失のロイヤルストレートフラッシュです。

盗んだ犯人は今どこで何をしているのか?僕には、見当もつきません。

ただ、もし出会ったらこう言いたいです。

「人の金で食った飯は上手かったか!?」

その2.車に轢かれる

一応、車にも轢かれました。

路地裏の見通しが悪いところで歩いていたら、曲がり角から車が出てきてドカンです。

路地裏ということでスピードを出てなかったことは、不幸中の幸いだったと思います。

僕がぶっ飛んだだけで、済みました。

それにしても、僕の体も丈夫だなと思います。

病院でレントゲンを撮りましたが、どこも変わったところがありませんでした。

これは、日ごろから体を鍛えていた恩恵なのかなと思います。

それにしても、最近の車ってすごく静かに走るんですね。

正直、轢かれるまで全く気づかなかったです。サイレントキルされました。

便利になるということは、その分、危険性が増すということなのかもしれません。

ちなみに、すぐにおまわりさんを呼んだのですが、いわく

「ちゃんと注意してなかったお兄ちゃんも悪いよ」

とのことです。なんでやねん。

その3.デッドボールが例年の3倍多い。

僕は草野球をしていますが、今年は例年よりもたくさん当てられています。

その数、例年の3倍です。

去年は、8回しか当たっていないのに、今年に入ってから異例ともいえるペースで記録を積み重ね続け、なんとシーズンが終わっていないにも関わらず、25回も当てられています。

これだけの数となると、もう打席に入る前にお祓いでもしなければならないレベルです。

お相撲さんよろしく打席入りの前に塩でも撒こうかなと検討しています。

これはもう、確率の問題とは思えません。

当たり所も当たり所です。

お尻とか、太ももならまだ痛くないのですが、大体頭付近、それから一番痛いとされる「脇腹付近」に当てられます。

経験者ならわかると思いますが、脇腹ってめっちゃ痛いんです。

なんと言うか、あの内部から壊される感じが堪りません。

野球が大好きで小学生から10年以上プレイヤーとしてやっているのですが、正直なところ、今は野球というスポーツを心から楽しめていないと思います。

その4.水道管が破裂する。

遂に僕だけでなく、僕の身の回りにも影響を与え始めました。

上の通り、

水道管が破裂しました。

僕が、シャワーを何気なく浴びていたところ、見る見るうちにお風呂場を湯が満たしました。

そしてあふれんばかりの湯はお風呂場だけでなく、他の部屋も浸食をし始めて、漫画、調度品、床に置いてあったリモコンまでもが被害に。

風呂場が氾濫したとき、本当に怖いのは2次被害である。

それはこの時、理解しました。

その後、すぐに水道会社に連絡を入れてみたところ、すぐに駆けつけてくれました。

聴いたことによると、水道管が破裂しているとのことでした。

原因は、経年劣化と僕の髪の毛がたまったことによることが大きいとのこと。

水道管がつまらないようにパイプフィニッシュを毎週しているのですが、僕の髪の毛は繊維が強いらしいです。

どうやら市販のモノでは溶けないようで、日を重ねる毎に水の通り道をふさいでいく形になっていったみたいです。

毛が強い。

老後のことを考えればうれしい話なのですが、この時ばかりはその強さを恨みましたね。

結局、水道管を直すのに16万円の出費がかさみ、財布がなくなった件を合わせると、30万円近い出費をしたことになりますね。

その5.僕が外に出ると雨が降る。

極め付けはこれ。

なんと、天候までも敵に回しました。

僕がお出かけをしようとする日は、どれだけ天気予報が晴れるといっても雨になります。

その確率は大雨だけなく、ちょっとした小雨を含めると脅威の100%です。

にわかに信じがたい話ですが、本当のことです。

僕は、基本的にインドア派で月に2回ほどしか、目立った外出はしません。

(勿論、他にも外に出る機会はあります。この場合は僕が事前に予定にいれていた、いわば「気合の入った外出」です。)

しかし、その内の全てが雨に見舞われています。

時に、地面にたたきつけるような通り雨、時にパラパラとふる小雨。

これは、もはや科学の粋を超えた超常現象ではないでしょうか。

「俺って雨男なんだよ!」

とか

「ごめん!私って雨女だから(笑)」

って感じでちょっと自慢風に自虐する人って結構見かけるのですが、正直このレベルだともう笑えません。

どう考えたって、死活問題です。

今度、日照りが続いている村に出かけてみようかなと思います。

そうすれば、この不幸も誰かの役に立てるかもしれません。

実際にたくさんの不幸に見舞われて思ったこと。

それは考え方やモノの見方を変えれば、不幸もある程度軽減できる。

ということです。

まとめ。厄年はマジで気をつけるべき。

最後にブロガーとして一つ忠告をしていこうと思います。

それは、上の通り。

厄年はマジで気をつけるべきです。

自分は何もしていないのに、自分にとって良くないことが起こりまくる。

そんな理不尽な年。

それが厄年です。

僕自身、今年は飛躍の年として頑張ろうと年初に誓いましたよ。

でも今は、なんか頑張ったら頑張った分だけ、嫌な目に逢いそうです。

ということで年内。といってもあと3か月しかありません。安全運転を心がけたいと思います。

まあ、こんな不幸もあとあと経験として生きるし、こんな感じで笑い話に出来ると考えれば悪くないのかな?

と今は諦めに近い感じで悟っています。

そんな感じで、今回はこのぐらいにしておこうと思います。

本当はもっと不幸自慢をしたかったのですが、正直、世界を見渡せば僕なんかよりもよっぽど不幸で苦労をされている人はゴマンといるわけです。

そういった人に対して少しばかり失礼かな、と思いました。

ということで、今回はこれぐらいにして記事をたたんでいこうと思います。

とはいえ、僕の雑記事にお付き合いいただきありがとうございました。

こんなしょうもない記事でも、クスリとでも笑ってもらえれば、ブロガー冥利に尽きるというものです。

辛い時こそ笑おう。

と、あまりにありきたりな言葉ですが最後に言わせてもらいます。

改めて、ご清聴ありがとうございました。

-未分類

Copyright© LionHeart , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.