将来が不安で寝れない人へ。しんどいけれど、確実に将来を変えられる方法を伝授します。

今回は、将来が不安という人のためにブログを更新していこうと思います。

将来といえば、多くの人が不安を抱くものです。

先行きが分からずに不安。

こういった場合も多いですが、逆に、先行きが分かってしまっていて、不安という人。

これも存外多いみたいですね。

「このまま、今と変わり映えのない人生をずっと歩んでいく。」

「特に何もしないまま、誰の記憶にも残らないまま、死んでいく。」

そういった感じの未来を容易に想像出来てしまい、将来を不安に感じる。。。。

ということですね。

僕も会社員時代、常々思っていたのですが、

せっかく、人として、生まれたのだから自分なりに納得できる人生を歩みたい。

これは、全ての人間の願いではないかと思います。

そういったこともありまして、今回は、将来が不安な人のために、

頑張れば将来を変えることが出来る。

という話をしてみようかな、と思います。

かつての、僕と同じ境遇にいた人にエールを送れるように、頑張って書いていきます。

ということで、よかったら参考にしてほしいと思います。

大事なことは「成功することを恐れないこと。」

人という生き物は不思議なものです。

自分では、成功することを望んでいても、深いところで成功しないことを望んでいるのです。

多くの人は変わることを恐れています。

たとえそれが、良い方向でもです。

なんだかんだ文句を言いながら、現状にどこか、居心地の良さを感じているのです。

そして、成功してしまうとその現状が大きく変わってしまう。

だから、表面上は頑張っているように見えても深いところで成功するために徹しきれない。

ということですね。

そして、その結果として多くの人は大成できずにその生涯を終えるのだと思います。

結論から言えば、将来をより良くしていくためには、

成功するため、変わる勇気を持つことが大事です。

どんなことをしてでも、自分を変えて理想の未来を勝ち取って見せる。

そういった気概が自分を変えるうえで最も大事なことではないかと思います。

将来に不安を抱かないために大事なことは日々挑戦すること。

日々、挑戦することが大事だと思っています。

先行きを不安に感じるのは、今やるべきことをやれていないからです。

挑戦の日々の中に身を投じることが出来れば、おのずと不安というのは晴れていきます。

何かに打ち込めているとき人の心は、スッキリするものです。

不安を払しょくするために、どういった挑戦をすればいいのか?

とはいえ、ただやみくもに挑戦していても、仕方がありません。

自分なりの目標を見つけることが大事です。

これを決めないといつまでたっても成果が出ません。

ということで、まず最初に、自分にとって目指すべき場所を決めることですね。

僕なりにまとめました↓。

1、自分が、将来的に勝負できそうな分野を探す。

2、その分野で、お金を稼ぐことが出来るか検討する。

3、お金を稼ぐために、具体的にどういった努力をすればいいのかを考える。

4、どういった努力をすればいいのか決まれば、成果が出るまで日々挑戦する。

5、成果が出たとき、なぜ成果が出たのか振り返る。

6、3に戻る。

ちょっと分かりにくいかもしれませんが、こんな感じで頑張るとちょっとずつ未来が変わってきます。

僕は、人生を変えるのはなんだかんだ、お金だと思っています。

だからこそ、自分なりに勝負できる分野を見つけ、いかにしてお金を稼ぐか?

それを常に思案していくことが、人生を変えていくうえで大事なのだと思います。

僕の場合は、ブログを書くことから始めました。

ここで、一つ紹介していくと、

僕の場合、ブログを書くことから始めました。

ブログでは、自分の好きな分野を好きなだけ語ることが出来ます。

それによって、自分の世界観を作り出すことが出来ますし、それが独自の味となります。

そして、そのブログを面白いと思った人が多くいれば、お金になるのです。

最初は半信半疑でしたが、それでも続けていく内に

「これはお金稼ぎになる。」

そう確信して、このブログを金に換えていこうと努力してきました。

現在では僕の収入源となっています。

ブログで稼ぐことは、非常に難しいです。生半可な気持ちでやると必ず失敗します。

しかし、このブログほど

頑張れば、頑張るほど成果が出るものも中々ないと思います。

どんな人でも参入できるものとしてブログは、ある意味おすすめの分野かもしれません。

ブログといっても、書けることは無限大ですからね。

自分の趣味でも、それを突き詰めて書いていけば次第にお金に変わってきます。

(勿論、稼げるようになるために、試行錯誤をしていく必要はありますが。)

特に、いまどういった努力をしていけばいいのか?

こういったことで悩んでいる人は、やってみても良いかもしれません。

このブログでは、一応ブログの攻略法をたくさん紹介していますし、ネットで調べるとたくさんヒントが出てきます。

初心者が頑張れる、環境が整っているのではないかと思いますね。

自分を変えるために大事な物。→スキル

スキル。

これこそが、自分を変えるため、さらに言えば人生を変えるために大事なものです。

スキルとは、自分が持っている特別な能力であり、世の中に役立つ技能です。

では、このスキルを身に着けるにはどうすれば、良いのか。

それは、先ほど紹介した、

勝負できる分野で努力することです。

スキルとはそもそも、努力することで身につくものです。

ということで、自分がお金を稼ぐために努力していれば、おのずと身についていきます。

だからこそ、目標を決めて努力することが将来の不安を払しょくするために大事になってくるのです。

僕の場合、ブログ活動で身についたスキル

僕の場合、

1.ライティングスキル

2.マーケティングスキル

3.根性、気合

4.ブログ作成のスキル

などが身につきました。

3番の根性や気合はスキルじゃねえだろ。

と思う人もいると思いますが、意外とこういった根性や気合は、努力でしか身につかないものです。

それに、自分を変えるための有効な要素です。

だからこそ、僕はこういった精神的なものも立派なスキルだと思っています。

スキルが身につけば、ある程度なら、独立してもやっていけます。

結局の所、会社を辞められないのは自分の力が、会社でしか通用しないから。

なのだと思いますが、こういったスキルを日々磨いていけば、自分一人でもお金を稼ぐことが出来るので将来の不安もある程度払しょくできるのではないでしょうか?

結局大事なのは毎日の積み重ね。

世界の安打製造機、イチロー選手の言葉に、こんなものがあります。

小さなことを日々積み重ねることが、とんでもないところに行くためのたった一つの道だ。

これ自体、世界最高峰のスーパースターが放つからこそ、大きな重みを持つ言葉かもしれません。

しかし、これは、僕たち社会人にも当てはまることではないかと思います。

やはり、スキルを身に着け、第一線でやっていくためには日々の積み重ねが大事になるのです。

ちょっとしたことでも、毎日積み重ねることによってだんだんと洗練されていきます。

そして長い年月をかけて、それが人生を変えるための大きな武器になるのです。

僕の場合は、毎日ブログで文章を書くことによって、人に伝えるための力を磨いています。

ブログを初めて、早3年、今となってはそれが社会で戦っていくための主力武器です。

上手に文章を書く能力。

一見すると、くだらない能力かもしれません。

しかしこの能力程、汎用性の高いものはないと思っています。

それは、実際に身につけてみると分かりますし、歴史の中でもこういった言葉があります。

一本のペンは、10万の剣をしのぐ。

言葉を秀逸に操る人間の文は、数多の軍勢を制することが出来る。

という意味です。

言葉とは、それだけ大きな力を持っているんですね。

遥か大昔から、それは分かっていることですから、やはり僕はこれからも文章を書き続けて力を磨いていくつもりです。

最後に。自分の人生は自分で決める。

最後になりますが、

「結局の所、自分の人生は自分で決める」

これに限ります。

あなたの人生の行き先を決めるのは、あなたの上司でもなく、あなたの親でもありません。

自分で、将来を考えてその中から、より良い未来。

これを、自分で選び取る必要があるのではないか。

と、思っています。

かの有名な「7つの習慣」の生みの親、スティーブンコヴィー氏はかつて、こんな言葉を放ちました。

「自主性」とは、自分の人生に責任を持つことだ。

この言葉通りいくと、多くの人は、人生に責任を持てていないのではないか。

と思います。

どこかで、流されて、どこで他人の望む生き方をさせられているのではないでしょうか?

だからこそ、日々の努力が大事で、他人に依存しなくても、一人で生きていけるための「力」、これを身に着ける必要があるのだと思います。

こういった力を身に着けられるのは、ごく一部の人だけだと思っていますか?

実は、そんなことは全くなく、それは思い込みです。

本当に頑張れば、第一線で戦うための資格やスキルは、思っているよりも簡単に身に着けることが出来るのです。

ということで、このページをご覧になったあなた。

そうです、そこのあなたですよ。

今すぐにでも、動き出してみませんか?

あしたの自分を変えることが出来るのは、今の自分だけです。

結局僕がどれだけ、いい言葉を吐いても本人が「変わろう」と思えなければ、変われないのです。

ということで、「今」変わりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です