ネット知識 ブログアフィリエイト 自己啓発

稼げるブログってどんなブログ?僕なりの観点を少し話してみよう。

どうもこんにちは、ハサミギロチンです。

今回なんですが、僕なりに

「稼げるブログ。」

これについて語らせていただきます。

ブログをやるなら、稼ぎたい。

こう思っている人は、大勢いらっしゃると思います。

中には趣味感覚でブログをやっているのにも関わらず、あまりにも文章や記事内容が秀逸で、お金を稼げてしまう猛者もいるわけですが、9割がたの人は稼ごうと思っても稼げないの現状なのではないかと思います。

とはいえ、僕なりに思うことは稼げるブログにはある程度の法則があるのではないか?

ということです。

今回は、僕の主観がメインになりますが、一応僕もブログで人生を楽にさせてもらっている人間です。

ということで、それなりに参考になると思います。

今回は、本質的にどういったブログが強いのか、これを考察していき、それをご自分のブログの糧にしていただければ嬉しく思います。

稼いでいるブログの特徴。

まず共通点として、稼いでいるブログの特徴を一つ上げさせてもらいます。

それは、

「親切な造りである」

ということです。

僕が思うに、この親切という言葉は、ブログだけに限らず、お金稼ぎ全てに共通するものだと思っています。

良いブログは外から見た評価で作られている。

お金稼ぎがうまい人と言うのは、外から見た自分。

これを、しっかり把握しているんですよね。

言ってみれば、

アウト→インなんです。

ということで、良いブロガーは、どんな人が見ても、

「分かりやすく、答えが明確なブログ」

を一番に意識されています。

どれだけ自分が良いと思うものでも、それが相手に伝わらなければ意味がありません。

だからこそ、この点をしっかり理解して、ひとの心にどうすれば響くのかをしっかり理解し、ブログを書いていく必要がある。

そう、僕は思います。

では親切なブログ(稼げるブログ)とはどうした形で出来上がっているのか?

これが、次なる疑問として挙がってきます。

それに関しては、僕自身、以下の点を踏襲している。

と分析しています。

1.過去の自分に向けて、記事を書かれている。

2.直感、論理、両方で分かりやすい。

3.本質にアプローチしている。

少し解説していきます。

1.過去の自分に向けて、記事を書く

大前提として、

「親切な造りである。」

を稼げるブログの条件に挙げました。

では、親切なブログはどうやって作るのか?

僕が思うに、それは

過去の自分に向けて記事を書くことですね。

「親切」って、なんでしょうか?

ぼくは、理解のうえに行われる善行だと思っています。

たとえば、困っているとき、何も事情を知らない人から、口だけの助言や励ましをもらって嬉しく感じるでしょうか。

(人によりますが)逆に疎ましく思いますよね。

その一方で、自分の苦労を分かってくれた上で、励ましをくれ、そこからアドバイスをもらえると、ちょっと「頑張ろう」と思えたり、「あれ、この人良い人だな」と思ったりするのではないかでしょうか。

僕の人生経験から言っても、親切とは「理解すること」なのです。

理解こそが、苦しんでいる人を救うただ一つの行いだと思います。

そうした点を踏まえると、

ずばり、

「過去の自分に向けて記事を書く」

ということは、人の悩みに寄り添った記事を書くうえで非常に効果的です。

人の心は読めません。しかし、自分の心なら誰よりも理解しています。

過去に犯した間違い、それから苦労、苦難。

そういったところをブログで書いていけば、自分と同じ境遇になっている人にこれ以上ないほどの励ましになるのです。

さらには、助けになります。

多くのひとに役立つブログとして、重宝されると、次第に人が集まってきます。

そうすることによって、稼げるブログへと昇華されていくのだと思います。

2.直感的、論理的、両方で分かりやすい。

論理と直感のバランス。

これを配慮することはかなり大事だと思います。

人間は、論理だけで生きていけませんし、逆に直感だけでも生きていけません。

どんな人でも、2つのバランスを上手に取って、生きているのです。

そういったこともあり右脳と左脳のバランスは、ブログでも意識していくべきだなと僕は感じています。

文章を読んでいると、内容は理解できるけど、なんとなくピンと来ないときってありますよね。

逆に、言いたいことは、なんとくなく分かるけど、ちょっと感覚的過ぎて、深く理解することが難しい。

こんな場合もよくあると思います。

しかし、良い記事を書こうと思えば、この2つのバランスをうまく調和して、論理と直感、この2つに訴えかける文章を構築していく必要があります。

そういった文章を書くには、なによりも、努力が必要です。

・良い文章に触れる。

・そして、書く。

この2つを延々と繰り返すことです。

筆舌しがたい鍛錬の先に、多くの人の心に刺さる文章術が身につきます。

これは、文章に限りませんよね。

それは、歴史が証明しています。

芸術、小説、音楽を見てみればわかることです。

「良いもの」とは、常人の理解を超える、たゆまぬ努力の先に作られるものなのです。

そう考えれば、ブログとは芸術作品を作り上げていく感覚に似ているのかもしれませんね。

3.本質にアプローチしている。

どんなものにも、触れるべき本質があります。

ブログの文章に限らず、良い作品はそれにしっかり触れていると僕は思います。

例えば、漫画「ONE PIECE」を見て老若男女が感動するのは、物事のあるべき本質に触れているからだと思います。

「アラバスタ」の画像検索結果

それ以外にも、足腰の弱い老人の荷物を若者が持ってあげているのを見て、「いいなあ」と思うのも、その行動が世の中の本質に触れているから、だと僕は思っています。

ブログもこれと一緒で、物事のあるべき本質に触れることができていれば、それは次第に評価されるのだと思います。

本質とは、言ってみれば

「人間としてやらなければならない、感覚的に理解できるもの」

です。

世の中には、傑物と呼ぶにふさわしい人物がいます。

さらに言うと、そういった人たちが世界を動かし続けてきました。

恐らく、彼らは本質に近い答えを出し続けてきたからこそ、それほどまでの地位と名声を勝ち取ってこれたのだと思います。

だからこそ、ブロガーたる我々も、その本質がどこにあるのか、常に模索し続けなければならないのだと思います。

世の中で起こっている出来事、身の回りの出来事、過去にあった出来事。

これらの何を見て、どう感じていけば良いのか?

それを、考えることが、知識のエキスになり、それが熟成され、いつかアウトプットされるのだと思います。

今は、ネットがあり、多くの意見を取り入れることが出来る時代ですが、逆にそれが物事を本質から遠ざけている。

と僕には思えてなりません。

大事なのは、自分の目で見て、自分で感じ、そこから答えを見つけること。

そして、何が正しいのか、何がいけないのか?

それを自分に問いかけることではないでしょうか。

良い記事を書くには、他人に流されてはいけない。

ということですね。

まとめ

稼ぐとは、人間的な成長。

これとともにあります。

人間として成長できていなければ、それに見合った収益は見込めない。

大事なのは、土台です。

精神的な土台をまず、作り上げることです。

技術や、結果はそこに、積上がっていきます。

ということで、

お金を稼ぐにはどうすれば良い?

この問いかけに、一つ答えを出すと、

人間的に成長する。

これが、正当解の一つとして、まず僕の口から出ます。

「大人」であれば、努力が出来ます。苦しいことにも立ち向かえます。

だからこそ、まず、人間的に成長するために、いろんなものを知って、見て、感じる。

これが、大事ではないでしょうか。

「人間的成長なくして、技術的進歩なし」

その通りだと思います。

だからこそ、ブロガーとして常に自分のあり方を問い続けて、進化し続ける必要があると思います。

ということで、今回はこれぐらいにしておこうかと思います。

最後に僕の好きな言葉をここで、書いていこうと思います。

「人の夢は終わらねえ!!!!」

「笑われていこうじゃねえか 高みを目指せば出す拳の見つからねえ喧嘩もあるもんだ!!!」

ということで、今回の記事は以上です。

ここまで読んで頂き、ありがとうございました。

-ネット知識, ブログアフィリエイト, 自己啓発

Copyright© hasamiblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.