趣味

chknで最強のモンスター。今回は、種族について。

chknというサンドボックスゲームがあります。

 

スチームというサイトからインストールする外国のゲームですね。

日本語訳がまだ出ていません。

正直、プレイするには障害が、かなり多いです。

 

しかし。

そんなことが気にならないほどのやり込み要素が、ひそかなファンをたくさん作っているのだと言います。

実は僕も、そんな一人です(笑)。

 

それにしても、このゲームのせいで休日が潰れ、困っています。

強いモンスターを自分の手で作り上げ、お供にする。

その作業だけで、時間がどんどん浪費されていきます。

 

また、インターネットヒーローこと、「加藤純一氏」が実況プレイすることによって新参プレイヤーが増えた。

と聞きました。

こういった大物配信者が間接的に宣伝してくれるのは、業界人として嬉しい限りです。

 

さて、そんな、chknですがみなさんはこんなことを思ったことはありませんか?

最強のモンスタ―って何だ?

男は最強を求める生き物です。

より強いモンスターを求めてchknの世界をさまよっている「野郎共」も多いのではないかと思います。

 

そういうことなら、僕にお任せください。

 

今回は、このゲームをやり込んで、「半廃人」になった人間の意見を披露させていただきます。

chkn最強モンスターは「マシン系」ですね。

先に結論を出します。

恐らく、総合的に見て、マシン系が最強です。

理由を述べましょう。

1.ステータスが高い

2.技が強い

3.便利である

主にこの3つですね。

3項目上げましたが、それぞれ深堀していきましょう。

最強である理由1.ステータスが高い

マシン系のパーツを材料に、ステータスが高いモンスターが生まれます。

各パーツが超優秀です。

 

胴体はもちろんのこと、足が非常に強いです。

例えば、足を4本つければ序盤では敵なしですし、6本つければ怪物クラスです。

 

このゲームは「ステータスゲー」です。

各パーツが最強クラスの高ステータスを誇るマシン系は、強いんです。

それに加えて、各属性に対する耐性も強く防御面も盤石です。

機械のため、電撃と水に弱いです。

が、それに関しても元来の基礎能力の高さでカバーできてしまっている。

 

隙がなくまさに「戦闘マシン」だと思いますね。

単純に強いモンスターを作りたい。

そう思ったのであれば、マシン系を狩りまくって、マシンパーツを集めるのが手っ取り早いでしょうね。

最強である理由その2.技が強い。

ビームに、電撃、超音波に、テイルストライク、さらには基本的な「噛みつき」でさえ、高ステータスから繰り出されれば、必殺技になります。

ビーム

ckhnというゲームの数ある遠距離攻撃法の中でも、最有力候補。

それがビームです。

 

遠くにいる相手を一方的に攻撃出来、威力も申し分なし。

しかも、パーツ「レーザーアイ」を複数つけると、その数に比例してビームの本数が増え、威力が強くなります。

ヴィジュアル(見た目)も良し。

そもそも、ビームって男のロマンですからね。

 

どれをとっても、メインウェポンとなりうる技です。

採取にも使える汎用性の高さ

しかも、それだけじゃありません。

石を壊すにはビームが必須ですし、木を壊すときもかなり役立ちます。

攻撃にも、探索にも使える汎用性の高い技であり、「マシン系の花形」といっても間違いないでしょう。

電撃

敵に使われれば厄介この上ない技ですが、味方に使える奴がいれば、心強いです。

この電撃の強いところは、攻撃にも防御にも使えるところですね。

体に、電撃をまとい周囲にいる相手を攻撃します。

この攻撃をしているとき、相手は感電して行動できません。

よって噛まれることや、引っかかれることもなくなり、ダメージを受けることはありません。

 

電撃は、同類であるマシン系。

それと、カニ系に大ダメージを与えることが出来ます。

が、それ以外の相手にも高いダメージを与えることが出来ます。

相手の攻撃を防ぎつつ、ダメージを与える攻防一体のウェポンです。

電撃の威力を上げるには。

あるパーツを複数つければ、強化することが出来ます。

それが、マシン系の首です。

「マシンディノネック」または、「マシンディノハーフネック」というパーツがあります。

 

これは、フィールドに出てくる、マシン系のモンスターを狩ることで、ドロップするパーツです。

これを多くつければ、つけるほど強い電撃を放つことが出来ます。

10個くらいつければ、圧倒的な電撃を放つことが出来ます。

 

そうなれば、中堅モンスター(攻撃力30~50くらい)に複数まとわりつかれたとしても、すべてを焼き尽くすことが出来るでしょう。

弱小クラスならば、一瞬で消し炭です。

ただ、攻撃力100を超える怪物クラスは、耐えてきてカウンターを喰らう場合があるので、要注意です。

超音波

この技は正味、「必要ない」といえます。

相手の行動を乱す、という便利な技なんです。

ところが、使う機会がめっちゃ少ないんです。

 

というのも、マシン系はステが高いので、ほとんどの敵を正面突破でごり押しで潰すことが出来るからです。

相手を惑わしている暇があれば、さっさと攻撃して殺した方が速い。

ということですね。

良い技なんですが、あまり輝かない技です。

テイルストライク

敵を弾き飛ばし、さらには行動不能にしてしまう、おそろしい技です。

ビームが花形なら、こちらは「代名詞」ともいえる技ですね。

敵に出会ったらまずこの技を一発かまし、行動不能にして、一気に畳みかける。

 

このパターンがめちゃくちゃ強いんです。

何が強いかって、

「どれだけ格上でも行動不能にしてしまえる」

ところです。

ckhnの世界では、急に怪物に出くわして殺されてしまうこともザラにあります。

下の竜王なんて、神クラスの強さを誇ります。

しかし、このテイルストライクをうまく使っていけば、そんな窮地を脱出できることだってありますし、さらには自分よりも強い相手をキル出来ます。

格下を確実に仕留める、さらには不測の事態に格上から身を守る。

そんな2つの意味で、有能な技でしょう。

噛みつき

高いステータスを誇るマシン系。

それにかかってしまえば、もっとも基本的ともいえる「噛みつき」さえ強力な技に化けます。

派手さはありません。ただ、「堅さ」がそこにあります。

派手な電撃、ビームは威力こそ強力ですが、外すと隙が大きくなります。

弱い敵は逃げるので、そういった時に先の電撃、ビームでは逃げられる可能性が出てきます。

しかしながら、隙が小さく予備動作の小さい「噛みつき」なら相手を逃がすことなく息の根を止め、お肉などの物資を集めることが出来るわけです。

そこには、使ってみると分かる利便性があります。

最強である理由その3.便利である。

マシン系は便利でもあります。

一匹いれば食料、パーツ、物資。

色んなものを効率よく調達することが出来ます。

時間がかかるであろうものでも、他の種族に比べて手際よく集めることが可能です。

それはひとえに、

「狩るスキル」

これが、優れているからだと言えます。

食料やパーツは野生動物をハンティングすることで手に入りますが、

近、中、遠において強力な攻撃手段を持つマシン系においてそれはたやすいことです。

それに、特技であるビームは木であったり、石を壊すことに長けています。

それによって、気が付けばバックが満タンになっている。

そんなことが起こるのが、マシン系なのです。

ということで、

ゲームを効率的に進めたいのであれば、マシン系のパーツとスキルを多く、取り入れたモンスターを作ることをお勧めしますね。

まとめ。

ロボットや機械は男のロマンです。

だからこそ、マシン系に惹かれるプレイヤーも多くいるのではないかと思いますが、たとえそういったプレイヤーでなくとも一体は作っておいて損はないと僕は思いますね。

まさに、戦闘マシンといえるその隙の無さは、使っていて安心感さえ覚えます。

強力な野生動物が幅を利かせている世界ですが、それを切り開くのはやはり高度な文明であるということでしょうか。

そう考えると、なんか納得できるような気がします。

ということで、今回の記事は以上です。

駄記事にお付き合いいただきありがとうございます。

-趣味

Copyright© hasamiblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.