自己啓発

仕事で怒られるし、面白くない。そんな人は絶対に見るべき。

仕事で怒られる、何より面白くない。

こう思っている人は、存外多いと思います。

というか、「本来仕事というのは、面白くないものだ」と、思っている人も結構いるのではないかと思います。

しかし、意識を変えるだけで、仕事というものは大きく変えることが出来ます。

僕も昔は、仕事が面白くないと思っていました。

しかし試行錯誤した結果、今は充実している。(精神面、そして経済面で。)と感じています。

今回は、仕事が面白くないと思っている人や、ミスや失敗を繰り返し、怒られる人が絶対にすべきことを紹介していこうと思います。

仕事で大事なこと

仕事で怒られる人のほとんどのパターンは、

上司になんとなく嫌われている人。

ではないでしょうか。

特に理由はないが、きつく言われる人、いますよね。

仕事が出来ないわけでもない、別にこれといった大きなミスをするでもない。

でも、なぜか怒られる。

これは、あなた自身も心当たりがあるかもしれません。

例えば、ちょっとしたミスで割に合わないぐらいに怒られる時はありませんか?

不当に叱られて、ムカつきますよね。

そして、何度も怒られるものだから上司に報告するのも気がめいって、ホウレンソウもろくに出来ずに、さらに怒られる。

こんなパターンです。

仕事で怒られる人、具体的に

「分からないことがあったら聞けよ」

→聴いてみる

「そのぐらいのことは自分でやれ!」

→じゃあ自分でやってみる

「なんで、やるときに声をかけなかった!?」

兎に角、怒られるし仕事が面白くない人がすべきこと

そういった場合、

ものすごく、勉強する。

これしかありませんし、やるしかありません。

結局の所、中途半端に仕事をやっているのがイケないわけです。

結局の所、仕事を完璧に不備なくこなすこと。これが一番大事なことです。

やることをしっかりやっていれば、怒るに怒られませんしね。(中には、「粗探し」がうまい方もいるには、いますが(笑))

ということで、怒られたり、仕事が面白くない人は

今の仕事を突き詰めてみること

これこそが僕は大事だと思っています。

きわめてシンプルですよね。

そうなんです。

人間が抱く悩みというのは、たいていの場合複雑に見えて、シンプル(単純)なのです。

でも、そんな仕事を続けるのは考え物だ

しかしですね。

そういった環境にずっといるのも、僕は正直、

「考え物だ」

と思ってます。

だって、面白くない仕事を突き詰めてやっていっても高確率で、その仕事は面白くなりませんよね。

クソゲーをどれだけ極めても、一向に面白くならないのと一緒です。

だから、ここからはさらに僕が思うことを述べていきます。

いうなれば、本題はここから、ですね。

ということで、ぜひ、ご覧あれ。

結論。面白くない仕事には、見切りをつけること。

早期に結論を述べます。

「人生は一度きりです。」

だからこそ、大事になることは

「見切りをつける勇気を持つこと」

結局の所、人間には時間があります。それは有限です。

人生という時間は長いようで短いです。

そういった時間を、面白くない仕事にいつまでも費やすこと。

これは、「罪」です。

「ブレーキ」と「アクセル」を同時に踏む人は多い

ずっと同じ仕事を「面白くない」「つまらない」と文句を言いながら、続けている人は、実に多いものです。

言うなれば、ブレーキとアクセルを同時に踏んでいる状態です。

「面白くない」という負の感情、それに相反する「頑張ろう」という正の感情。

逆方向に位置する感情を戦わせながら、仕事をして余計な労力を使っているわけです。

これでは、人として成長できるものも成長できません。

何度も言いますが、人生は短いものです。

0歳から10歳までは、三輪車、10代から20代までは自転車、20代から30代までは自動車、30代から40代までは、スポーツカー。

こんな感じで、時間というものは加速度的に速くなって行きます。

だからこそ、大事なことは先手を打って自分にとって臨む未来を見つけ、そして手に入れる。

ということではないでしょうか。

僕が思うことは、副業をやってみる

これ自体、否定的に見る人が多いですが

副業をやってみること。

非常に有効です。

やってみればわかります。

副業をすれば、普通の企業に勤めていては分からない、いろんなことを勉強できます。

そこで得た物を応用していくと、自分でお金を稼ぐ方法を身に着けることが出来ます。

「自分でお金を稼ぐ?そんなの当たり前じゃん。」

「俺だって会社行ってるよ?」

しかしですね。

実は、会社勤めって、「お金をもらっている状態」なんですよ。

だから、所得の増減は「会社のさじ加減」、これひとつで決まります。

どんなに頑張っても会社に気にいられない、「不純物」とみなされたら給料を減らされます。

逆に仕事が出来なくとも、上手くやっていけば給料をたくさんもらうことが出来ます。

実は、企業勤めというのは安定しているようで、その実、きわめて不安定なのです。

だからこそ、

お金を自分で稼ぐ方法を学ぶこと。

これは人生において、非常に大事なことなのです。

いつどんなことがあっても、生きていける力を持っているか、否か。

これこそ、その人の本当の実力だと思っています。

余談。野良猫と野良犬。

街中で、野良猫はたくさん見かけるのに、野良犬はほとんど見ない理由を知っていますか?

それは、猫は野生の世界でエサの捕まえられるのに対し、犬はエサを自分の力で捕まえられないからです。

人間もそれと一緒で、自分でエサを捕まえる方法を知っていればどんなところでもたくましく生きていけるものです。

この前、地元で

「下水道を根城にしている野良猫がいた。」

という話を聴きました。その猫には子どもなど、家族もいたようです。

町長さんは

「むやみやたらにエサを与えないでください」

といっていました。

ほとんどの人は「汚らわしい」と、この猫に対し思うかもしれません。

でも僕からすれば強い猫ちゃんだな。

と思います。

だって、自分なりに活きるための方法を確立して家族を守っていたんですから。

生きるために必死で、頑張っている姿は人間、猫問わず素晴らしいものだと思います。

勿論、人に迷惑をかけるのはいただけませんがね(笑)。

人が何かを始めるとき遅すぎることはない

とある哲学者は、言いました。

「人が何かを始めるとき、遅すぎることはない」

また、こんなことを言っている哲学者もいます。

「青春とは、人生のある期間を指すものではない、心の持ちようのことである」

こういった言葉こそ、僕たちが大事にすべきことではないでしょうか?

何かを始めようと思った時、こんな感情を抱いていませんか?

「20代の俺が、いまさらやってもなあ。」

「もう30代で、家族もいるしなあ。」

こういった考え方こそ、僕は悪だと思っています。

別に、何歳だろうが何をはじめるにしても、関係ありません。

何かをはじめようという権利は、決して誰も奪えないのです。人間の意志こそ、僕たちが神様に与えられた最後の希望。

そう思っています。

実際に僕も。

今の仕事は、ブログです。

これをはじめたのは、22歳の時です。

今から、2年半ほど前ですかね。

しかし、今となってはかなり安定した生活を送ることが出来ています。

僕の知り合いには、30代ではじめたのにも関わらず、月収100万円プレイヤーもいます。

こういった人は、何を持っていて結果を残すことが出来たのでしょうか。

僕は、これに関しては以下の物を持っていたと確信しています。

変わる勇気と続ける根気

結局の所、「出来る」人、とは精神的に強い人です。

そして、精神的に強い人と言うのは以下の2つの面で強い人を言うのではないでしょうか。

・一歩を踏み出す勇気

・つづける根気

まず、変わろうとするための勇気。

これを持っています。

そして、変わり続けるために、努力を続けることが出来る根気。

これも持っています。

イチロー選手からわかること。

「天才打者イチロー」

を見ていると、いろんなことが見えてきます。

イチロー選手は日本人で初めてメジャーリーグで結果を残した野手です。

イチロー選手がメジャーに行きを表明した、当時。

あのガタイではメジャーリーガーの球威に太刀打ちできない。

と言われていました。

しかし、その声に反してメジャー挑戦に踏み切りました。

結果、一年目に新人王を獲得し、さらにその後の活躍は言うまでもありません。

2004年には、安打の世界記録まで樹立しました。

さらに、イチロー選手は小学生の時365日の内、360日を猛練習に明け暮れていた。

といいます。

この根気も、イチローを「世界のイチロー」とたらしめている原動力ではないかと僕は思うのです。

ということで、まさに、イチロー選手こそ、

僕が先に挙げた、「変わる勇気」と「続ける根気」、この二つを持ち合わせた、日本で最も分かりやすいロールモデルの一人。

ではないかと思うのです。

イチロー選手のような、歴史に名を連ねるような大記録を、僕たちは恐らく残せません。

しかし、こういった超一流の姿勢から学ぶことはいくらでもあるのではないでしょうか?

とすれば、まず最初の一歩を踏み出し、そしてどんなに苦しくても続けていく根気、これを身に着けることが僕は大事だと思っています。

副業をはじめるのならブログがオススメです。

世の中には、いろんな副業があります。

それこそ、星の数ほどあるといっても過言ではありません。

その中でも僕はブログをお勧めします。

そこにはいくつかの理由があります。

・文章力を鍛えることが出来る

・いろんな情報を集める癖が付く

・お金を稼ぐことが何たるか?これを学べる

・仕事をしながらでも、続けることが出来る。

・はじめることが、簡単。

・努力さえできれば、誰でも稼げる。

こんな感じで、身につくことが、多いです。

つづけることさえできれば、前進することが出来るのがブログのいいところです。

他の副業だと多分こうはいかないと思います。

まとめ、生き方は自分で選べる。

「人生を他人にゆだねる。」

「何処かで、自分の選んだ未来ではなく他の誰かが選んだ人生歩んでいる。」

こういったことを感じる人はすごく多いと思います。

僕だって時々、思います。

真の意味で、自分の思い通りの人生を歩めている人っているのでしょうか。

僕も多少なりとも、人に人生をゆだねてここまで来た。

と自覚しています。

人として生きているのなら、それは仕方のないことかもしれません。

でも、僕は思います。

「最終的に生き方は自分で選べる」

のだと。

そもそも、意志とはだれにも奪えないものです。

さらに「考える」という行為は、独裁者にも、親にも、そして仕事場の上司にも奪えません。

だからこそ、人生は自分の力で選べるのではないでしょうか。

そのことをしっかり考えて、今を本気で生きていければいつか未来は開けてくるのだと僕は思います。

希望的観測かもしれませんが、それでも絶望するよりはマシです。

ということで、今日すべきことは明日を少しでも良くするため、努力をはじめること、だと思います。

どれだけ、小さくてもいいのです。

0をまず、1にすること。

これこそ、凡人が天才になるための唯一の方法ではないでしょうか。

世の中には甘い言葉があります。

何もしなくても、結果が出る。お金が稼げると。

しかし、そういった言葉の裏には必ず第三者の搾取が待っている物です。

ということで、まず自分なりに苦しんで、自分なりに喜びを見出し、自分なりに結果を出す方法を見つける。

これが重要なことではないかと。

ということで、今回の記事を終わります。

ご清聴ありがとうございました。

-自己啓発

Copyright© hasamiblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.