ブログアフィリエイト 自己啓発

アフィリエイトで大事なことはハマることです。

ハマること。

これこそが、アフィリエイトで最も大事なことだと僕は思っています。

多くの人は、希望をもってアフィリエイトを始めるも、夢半ばで挫折をするといいます。

稼げるまで続けられる人はほとんどいない。

これが現状ということです。

かくいう、あなたも文章を黙々と書く作業に嫌気がさしてきたのではないかと思います。

だからこそ、今回は僕が思うアフィリエイトにおける効果的な考え方を書いていこうと思います。

ぜひ活用していってもらえればと思いますね。

ちなみに、この記事は3分で読めます。

カップラーメンを沸かす間にでも読んでもらえればと思います。

VSアフィリエイト。誰もが持っている感覚。ハマること

ハマる。

この感覚は誰もが持っている感覚です。

あなたは何かにのめり込んだことはありますか?

僕は、ゲームや漫画が大好きです。

三日三晩ゲームをしてお風呂に入ることやご飯を食べ忘れていたり。

漫画を買いすぎて、重量に耐えきれず部屋の床が抜けたり。

「好きすぎて」いろんなバカをやってきました。

好きなものが目の前にあると人は馬鹿になるみたいです。

周りからすれば、「だらしないなあ」と思うことですが、本人からすればやめられないのです。

中毒ですね。

あなたも、こういった感覚は今までの人生で一度はあったのではないかと思います。

ギャンブルに熱中しすぎて、財布が空になったり。恋愛で周りが見えなくなって人を殺しかけたり。

ハマるという感覚は、実に恐ろしいものです。

とはいえ、アフィリエイトにおいては、この感覚を引き出せるかどうかで成果が出るスピードに天地の差が出てくるのです。

アフィリエイトは作業量が全て。

やればやるほど、儲かるのがアフィリエイトです。

だからこそ、ハマることは大事なのです。

ハマれば周りが見えなくなります。一見するとこれはデメリットに思えますよね。

しかし周りが見えないということは、目の前のことに集中することが出来るのです。

その状態こそ人間が最も生産性を発揮する状態です。

フロー状態というらしいですが、ハマることができていればこの状態に比較的簡単に入ることが出来ます。

この状況に入ると、人は驚くほど作業に多くの時間を費やすことが出来ます。

とはいえ、ハマる状態まで持って行くことが難しい。

アフィリエイトの作業は苦痛になります。

だからこそ、ハマる状態にまで持って行くことが難しいと言えますよね。

ゲームや漫画は、作り手が面白くしているからハマりやすくなっているのです。

しかし、アフィリエイトは自分から楽しもうとしないと夢中になることはあり得ません。

どうすれば、夢中になることが出来るのか?

といえば、面白さを自分なりに見つけることが大事です。

アフィリエイトにハマるため、僕がやっていたこと

一日に、何本記事を書くことが出来るか?

ということを僕は良くやっていました。

最初のうちは、1日に半記事くらいでした。

とはいえ、効率を上げる方法を探し始めると、生産性は劇的に上がりました。

意外と多くのアフィリエイターは効率に目がいかないものです。

効率を上げるのであれば、作業した方が良い!

そう思う人は、多いみたいです。

しかし、やはり目を向けるべきですね。

僕の場合はまず、家に帰ったらすぐにパソコンをつけ、アフィリエイトに専念すること。

どれだけ、嫌でも苦しくてもとにかくアフィリエイトをすること。

これを心がけるようにしました。

それによって一日最低1記事は書けるようになりました。

さらに、自分が書きたいネタをノートにまとめて置く。単純ですがこれをするだけで、効率は大きく上がりました。

仕事に行きながらも一日、2記事を書き上げることが出来ました。

そんな感じで、僕は自分の作業の効率が上がることに喜びを感じていました。

すると、徐々にですがアフィリエイトというものが好きになっていきました。

これが、僕にとってのハマるきっかけだったのだと思います。

本当にハマるきっかけになったのは

収益が出始めた時ですね。

この時は、本当に頑張ったと思います。

しかし、実際にやっていた時、頑張っているという意識はありませんでした。

無我夢中でした。

そのときは1日3記事書くことを目安に書いていました。

大体1記事、3000字ですから、毎日9000字書いていたことになります。

僕がアフィリエイトを始めたときは一日1500字でした。

1500→9000(6倍)

生産性で言えばとてつもない進歩です。

ここまで、書けるようになったのはハマることが出来たからですね。

「ハマる」は生産性が上がるだけでなく実力アップにつながる。

ここまで書けば、気づいた人もいるかもしれません。

ハマるというのは生産性が上がるだけ。

 

ではなく、

実力アップにもつながりますね。

僕が毎日3記事上げるようになっていたころ。

記事の質が落ちていたか?

といえば、そんなことはありませんでした。

むしろ上がっていたのです。

それは、毎日鬼のように文章を書くことを習慣にしていたことで、高い文章力が身についていたこと。

そして、書き続けることによってそこから得る「気づき」が記事のネタになっていたこと。

この2つが挙げられます。

続けることで、より多く・より良くが実現していたのです。

ハマることが、実力アップにつながるのは不思議なことではありません

ゲームも熱中にやり続けていたら、レベルアップは速くなります。

スポーツでも、がむしゃらにやり続けていたらパフォーマンスは上がっていきます。

普通に考えれば、ハマること=実力アップは間違いのないことです。

アフィリエイトにおいても、その恩恵がうけられる。という話ですね。

実力アップと生産性の向上。

この2つは、稼ぐうえで最も大事なことですから。

努力のインフレを起こすことが成功のカギ

努力のインフレ。

聞きなれない言葉ですが、僕はこの言葉を割と好んで使っています。

これは、

斜に夢に頑張って限界を突破すれば、今までやっていた努力は努力でなくなる。

という現象を指します。

つまり、10の頑張りを続けていた時、結果が出なければ、これじゃ足りないと思う日は来るわけです。

そこで20の努力をするようになります。すると今までやっていた10の努力は自分にとっては努力でもなんともないモノに変わるのです。

さらに20の努力で物足りなくなると今度は30の努力をするようになります。そこで、結果が出たとします。

さらにそこで、努力することが楽しい。と思えたら40の努力をするようになるわけです。

こうして50、60、70と続けていると自分でも気づかない内に、とんでもない極致に達しているときが来るわけですね。

これが努力のインフレです。

努力を努力といっているうちはまだまだ

ただ、これも言えることです。

自分で努力している。

と思っているうちはまだまだ。

ということです。

結果を残している人は、いつも

「まだ出来る、まだ上に」

と常に気持ちは上を向いているわけです。

そこには、自分が努力しているという感情はこれっぽっちもないわけです。

自分に満足していないのです。

こう書けば、

こんなストイックな気持ちをもって毎日頑張れないよ。

と思う方もいるかもしれません。

だからこそ、先ほど書いたハマることが大事になってくるのです。

ゲームをやっているとき、ボスを倒すためにレベル上げをしますが、それを努力という人は(人によりますが)ほとんどいないと思います。

それと一緒で、乗り越えたい壁を超えようとがむしゃらになることを努力していると思うのではなく、

「頑張るのはむしろ当然」

というスタンスを持つことが大事になってくるのです。

最後。すぐに結果が出ないのがアフィリエイトです。

最低でも半年は収益化に時間がかかります。

すぐに結果が出ないのがアフィリエイトです。

だからこそ、多くの人は結果を出す前に挫折するのです。

しかし、それがチャンスでもあります。

これは稼げる可能性が上がるから、ということではありません。

誰もが、挫折して結果が出ないところ、自分が結果を出せば凄く自信が付く。

という意味でのチャンスです。

人生で、自信を身に着ける機会なんて実はそうそうありません。

学生時代はスクールカーストの底辺。社会人では、上司に顎で使われる。こんな人が自信を持つチャンスなんて中々ないのです。

そういった中で、人一倍頑張ってお金を稼ぐことが出来たら、自分でも思っていないほど、自信が身につくのです。

これは僕が実証済みです。

だからこそ、ハマってください。同じ作業をするのなら嫌々やるよりも熱狂した方が何倍もマシです。

あなたのハマるスイッチはどこにありますか?まずはそこを探すところからですね。

とにもかくにも、作業をしましょう。そこから全ての道は開かれるわけです。

と、今回は以上としておきます。

 

 

当ブログ人気ランキング

ブログの作り方について

ブログの作り方は多くの人が参考にされています

アフィリエイトは課金システム?

金を稼ぐには金をかけた方が良い?僕の本音を語ります。

使えるツールを5つ厳選紹介

使えるモノは使っていきましょう。

-ブログアフィリエイト, 自己啓発

Copyright© hasamiblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.