ブログアフィリエイト

自分のコンテンツに誇りを持つことが、大事です。

よく、色んな人が書くブログを拝見させていただいています。

その中で、

これ書いている人、たぶん、自信ないなあ。

と思うことは、良くあります。

文章は書き手の本性を表すといいます。そのなかで当人の自信の有無もやはり反映されるようですね。

時に、文章の一つ一つに自信が漲っているというか、圧がある人がたまにいますが

たぶん、もらっているだろうな。

って、思います。

ここでなにをもらっているかは、ご想像にお任せします。

とにもかくにも、僕が思うことは、自信はすごく大事だということです。

自信があれば、読み手が安心するだけでなくて、書くことも楽しくなってきます。

野球のトッププレイヤーが、野球の練習を好きになる様に。

超一流ピアニストがピアノのレッスンを好きになる様に。

好きこそものの上手になれ。

という言葉があります。

切磋していくなかで、自信が身につき、文章を書くのが好きになれば、アフィリエイトは半分成功した。

といっても過言ではありません。

言葉との接触時間を多くすること。これはセールスライティングの至上命題なのです。

で、今回は、自分のコンテンツに自信を持って行くうえで必要なことについて、書かせてもらいます。

アフィリエイターは自分の生み出す一言一句に自信を持て!

コンテンツは、論理の集合体です。

色んな思惑が幾重にも重なりあって出来上がる一つの作品なのです。

こう書けば、非常に難しいものであることが分かります。

が、実はそれ以前に「自信」が土台として、あることを忘れてはいけません。

ブログであるならば、文章一つ、そして扱う言葉の一言一句に誇りを持つこと。

これが、凄く大事です。

人は、情に動かされる生き物であり、読者はそういった意気込みを少なからず受け取ってくれるモノなのです。

読者との距離を詰めることが、アフィリエイトでは重要です。

その距離を詰めるのはやはり、情であり、漲る自信になるわけです。

アフィリエイターに限らず、はりぼての自信程、醜いものはない

無理に自信を出そうとしている人は、いつだって醜いものです。

それはアフィリエイターに限らずの話です。

身の丈に合わない服を着て、「服に着られている」人。

夜の街で、ボーイのお兄さんには横柄な態度をとるものの、キレイなお姉さんには気持ち悪いぐらい愛想が良くなる人。

少し知っている分野を、まるで専門知識のように語る人。

YouTubeのコメント欄で、まるで第一人者のように口出しする人。

イメージするだけでも、醜いものです。

これらは、はりぼての自信。最初のうちは騙し通せても、いつかボロが出ます。

自信を持つためには日夜の勉強しかなく、泥臭さを常にテーマにすべきである。

と僕は思っています。

「スマート」と、「泥臭さ」は対極のように語られています。

が、お互いに片割れの存在であり、ワンセットなのです。

月並みな表現ですが、

優雅に泳ぐ白鳥も水面下では、驚くほどに足をばたつかせています。

表では100万円稼ぐ人で、発言の一つ一つに覇気があっても、その裏では泥臭い毎日を送っているのです。

同じことを繰り返す毎日。

一見するとなんてことありません。

でもそれが、何を隠そう自信の源になっていることを忘れないことが大事です。

自分のコンテンツに自信を持つために大事なことは何か?

基本を徹底することと、こだわりを持つこと。

この2つであると思っています。

基本。これはすごく大事です。

ボールを相手の胸元に投げる。

本番前は、先輩芸人の楽屋に挨拶に行く。

高音はお腹に力を入れて、喉越えにならないように出す。

どの業界でも「当たり前」があります。

が、こういった、当たり前をこなすことが出来ていれば、基本的な座標を失わずに前に進むことが出来ます。

基本はコンパスのようなものです。

それがあれば、どんな時でも、自分を見失わずに済みます。

ブログの記事を書くうえでも、実は万人共通の基本はあります。

それは、読者第一だということです。

自分ではなく、

読者にいいなと思ってもらうように書く。

実にシンプルですが、シンプルだからこそ大きい力を発揮します。

これが出来ている人は、やはり文章に自信があるように思えます。

地力の強さがうかがえるのです。

その人特有のこだわりはアフィリエイトでも必要である。

次にこだわりですが、これは人がやっていないことをする、ということにあります。

そう考えれば、基本とは、全く逆の場所に位置するものです。

しかし、そもそも基本がなければ、こだわりを持つことができません。

だから、「基本」「こだわり」はワンセットであると僕は考えています。

実例で言えば、

イチローがバッターボックスでおなじみのルーティーンが出来るのも、

ハメドがノーガードで戦うことが出来るのも、

ネイマールが人を喰ったようなプレーが出来るのも。

やはり基本が出来ているからです。

そのうえで、こだわりを持っているから人は心酔するのです。

もともと「普通にできる」人が、違うことをするから凄いわけですね。

そして、人を心酔させる。

という意味ではアフィリエイターにも、こだわりというよりも、ちょっと違うことをすることが大事になってきます。

違うことをする、いわばユーモアがある人の文章は、やはり読んでもらえるものです。

コンテンツに自信を持つうえでのこだわり

僕がやっているこだわりは、

あえて結論は書かない。

ということです。

このブログはノウハウを教える場面も多いです。

が、そういった技術を教えるうえで「結論を書かない」、これは一見するとご法度です。

しかし、僕はあえて結論を書かないことにこだわりを持っています。

実際に、どういった風に書くのかというと、こんな感じです。

例題

掴みを駆使すれば、多くの人が最後まで読んでいってくれます。

僕は冒頭の一言を悪魔のワンフレーズといっていますが、これは悪魔のささやきから取っています。

まるで、文章を開いた人の魂を掴む一文。それで結論は決まっているのです。

この手法を駆使するかどうか、本当に使えるのかどうか。

それは証明するのは、あなた次第です。

さあ、さあ。

記事を作成する時間が来ました、いまから、積み上げていきましょう。

・・・

こんな感じですね。

普通ならば、「この手法を使うべきである」とか、「使っていくことで稼げます。」

とかで〆るのですが、僕は答えを書きません。

むしろ答えを、相手に出させているのです。

こうやって書くと、相手の心に残るであろう。と考えて、この書き方を好んで使います。

こういった基本から外れるこだわりは、使いどころを厳選すれば大きな力を発揮します。

そして、それを使いこなすことが出来れば、自信になるはずです。

ということで、自分なりのこだわりを見つけて、他の人にできない自分の味を出していきましょう。

とことんやるなら。実生活にもこだわりを。

自分が書く文章に強いこだわりを持っている人は、多くいると思います。

しかし、実生活にこだわりを持っている人となると中々いないのではないでしょうか。

僕は「指」につよいこだわりを持っています。

ぼくにとって指は商売道具なのです。

だからこそなのかもしれませんが、いつからか指という、本来ならあまり目立たない器官にかなり執着するようになりました。

そして、いろいろなことを試行錯誤した結果。

いくつかのルーティーンワークが出来ました。

僕がしていることは、3つです。

爪の長さ

まず、爪の長さは常に一定にすること。

爪が長すぎると、タイピングミスが出ます。逆に短すぎるとこれもまた感覚のズレによって、ミスが出ます。

それによって、ストレスがたまります。

しょうもないようで、かなり気を使うところです。

専用のやすりも使っていて、本当に気にしています。

投稿頻度

そして、毎日投稿すること。

指の感覚とキーボードの感覚を常にシンクロさせていたいので、毎日投稿しています。

一日の内、最初の記事を書き始めるとき。

まずは、ゆっくり確かめるようにタイピングしていきます。

これはギターのチューニング作業に似ています。

そして、ある程度、調和が出来てきたら、一気に書き上げていきます。

毎日投稿は、僕にとって地獄でしたが、今となっては好きな作業です。

温めること

実は、記事を投稿する前に、軽い運動をして汗を流し、そしてシャワーを浴びます。

それによって、指を温めているわけです。

指が自分の思い通りに動くと、文字を書くスピードもかなり上がりますし、それが生産性を生み出すのです。

こだわりを積み重ねると

いつしか、思いもよらない力を発揮します。

僕の指は、

文章を自分で考えることが出来ます。

頭で考えなくても、勝手に動いてイメージ以上のモノを作り上げることが出来るのです。

これは、慣れによる作業か?

恐らく違います。

一つのことに繰り返し情熱を注ぎ続けた結果。

生み出すことが出来た、僕だけが持つ力なのだと思います。

他の人にはない、能力であると思っているし、そう信じたいですね(笑)。

そしてゆくゆくは、この10本の指に神を宿すことが出来たら。

と思っています。

その道のりはまだまだ遠いですね。

アフィリエイトをすることは恥じることではない

アフィリエイターであることを、恥ずかしいと思う人は多くいる・・・

と僕は思っています。

実際ネットでも、乞食とか、アフィカスとかいろんなことを言われていますよね。

それによって、自分がやっていることに負い目を感じている人も絶対にいるはずです。

しかし、僕は恥じることはないと、結論付けています。

自分でコンテンツを立ち上げ、

悩んでいる人のために力を尽くし、

そして報酬を得る。

立派じゃないですか。

だからこそ、もっと誇りを持ち、自信を持つため、より深くこの世界にハマっていってほしいと思います。

どんな業界にしても、知れば知るほど面白くなるものであり、それはアフィリエイトでも一緒です。

どんなアクションをすれば、人は動くのか。言葉一つの違いで売り上げがどれだけ変わるのか。

お金は、何に使うのが正解なのか。

いろんな分野の集合体がアフィリエイトなのです。

知識の多さと書いてきた記事の数が、そのまま自信に変わります。それがそのまま、自分の収益として返ってくる。

そこには、努力が報われる。

ある意味正しい世界があるのです。

だからこそ、手をこまねている暇はありません。

すぐにはがれるメッキでなく、純金製の嘘偽りのない自信を身に着けるため。

今から、キーボードを叩いていきましょう。

その数だけ、未来が0.01ミリずつ開いていきます。

人気記事

1

25歳にしてブログで生計を立てています。 月収は大体150万円程度です。   このページのコンセプトは ブログ完全初心者がつき5万円を稼ぐには? これに対するアンサー記事です。 非常にシンプ ...

2

僕は20代ぐらいの時に 「人生が終わったなあ」 と思っていた時期があります。   しかしながらなんとかすることが出来ました。 今回はブログ主のちょっとした話をしていこうと思います。 言ってみ ...

3

アフィリエイトで収益化するために必要な能力はどこにあるのでしょうか。それ「+」どれぐらいの時間がかかるのか。 僕の経験則を踏まえて、書いていこうと思います。   そもそもアフィリエイトって儲 ...

4

アフィリエイトってオワコンだろ。 1万年と2000年前から交わされてきた議論ですが、現在においてはいかがなるものか。 単刀直入に言えば、 オワコンではないと思っています。 というのも稼げる人間は現在も ...

5

アフィリエイトで稼ぐコツとか、SEOとか、セールスライティングとか言われても分かんねえよ。 実は僕も始めたころはそういったことを思っていました。 ということで、ここは論よりも証拠、百聞は~ということで ...

-ブログアフィリエイト

Copyright© LionHeart , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.