ブログアフィリエイト

アフィリエイトの作業に集中する。これをするだけで劇的に変わります

パフォーマンスを上げたい。

シンプルですが、もっともな願望です。

結局の所、結果に直結するのは「作業の質」ですからね。

ただ、

「努力すれば、結果が出る。」

それは分かっているんだけど、その努力が出来ない。

そういった人は、絶対にいるはずです。

だからこそ、僕が一肌脱ごうと思います。

今回は、アフィリエイトの作業に集中するためのメソッドを紹介します。

アフィリエイトを含み、どんな作業にも、負担ランクがある。

部屋の掃除。

アフィリエイトの作業。

「同じ作業」とはいえ、両者の負担の重さには明確に違いがあります。

恐らく、ほとんどの人は

「アフィ作業の方がキツイ。」

と答えるでしょう。

実は、作業と一口に言っても、その負担には「ランク」があるのです。

同じ1時間でも、各作業のしんどさは違うわけです。

僕からすれば、アフィリエイトはAランク。

比較するために言えば、

筋トレはBランク。部屋の掃除はDランク。料理はCランクですね。

(あくまで僕基準)

そう考えると、いかにアフィリエイトがしんどい作業であるか分かりますね。

行う作業のデカさに気づけば。

作業ランクを意識することが出来れば。

一日の計画の中に無理なくアフィリエイトを組み込むことが出来ます。

アフィリ作業が出来ない人は、アフィリ作業のデカさをよく理解していないから駄目なのです。

例えば。

岩を動かそうとするとき。

その岩の重さを明確に知ることができていれば、持ちあげることはだいぶ楽になるはず。

作業もそれと同じということです。

アフィリエイトを集中して行う場合。

「Aランクの作業」です。

ふつうの覚悟で、出来るものではないはずです。

だからこそ、意識すべきことはさまざまです。

以前は、「トリガー」を意識した作業を行っていました。

しかし、それだけでは足りません。

とはいえ、3点ほど意識することにより、アフィリ作業に安定して入ることが出来るようになりましたね。

1本の矢は簡単に折れても、3本の矢はそう簡単に折れません。

3というのは魔法の数字なのです。

モノを抑えるときでも、3点を止めれば安定して止まってくれます。

僕は、何かをはじめるとき、「3点」を意識します。

そして、ことアフィリエイトでもそれは同じということですね。

今回は僕がアフィリエイトに集中するための3点。

これを紹介します。

アフィリ作業に集中するため1.トリガーをセットする

アフィリエイトで最もしんどいのは、作業をはじめるときです

ロケットは、宇宙空間を飛んでいるときでも、大気圏を破るときでもなく。

「離陸するとき最も大きな力を必要とする」

といい、これは有名な話です。

アフィリエイトに限らず、全ての物事は。

はじめるとき。

ここに最も大きな力を必要とします。

ことアフィリエイトも作業初めをいかにスムーズにするかが大事になってきます。

作業初めをスムーズにするには

経験上、これには

「トリガーをセットする」ことが有効になると思います。

僕の場合、副業アフィリエイトで稼いでいる時代は

「服を着替える。」

これを合図にアフィリエイトに入ることにしていました。

会社の作業着を脱ぎ、ジャージに着替えた時にはすでにアフィリの世界に入っている。

つまり、着替えは戦闘開始の合図です。

これを続けることで、自然とアフィリエイトに入る環境を作り上げました。

トリガーセットとは

実生活の中にある決まった行動を引き金として、目当ての作業に入る。

という手法です。

僕にとって、

着替える。

という行動は、生活の中で絶対に毎日行うものでした。

だから、これをトリガーにセットしたのです。

非常に便利ですが、トリガーセットにはかなり根気がいります。

服を着替える→アフィリ作業に入る。

単純ですが、これを自分の体に覚え込ませる必要があります。

とはいえ、これがハマれば大きな力を発揮します。

突き詰めるとこれは「習慣化」を利用したテクニックです。

習慣こそ、人間が持っている行動の中で最上位に位置するものです。

ゆえに非常に強力なものです。

ぜひ、作業に入るのが苦手な人は実践してほしいですね。

アフィリ作業に集中するため2.問題を簡単にする

シンプルにする。

多くの人は、問題を複雑に考えがちです。

とはいえどれだけ難しい問題も、よく観察してみればシンプルなものであることは多いです。

アインシュタインが見つけ出した相対性理論。

これは、世界をひっくり返すような概念です。

しかし、その式は

E=mc2

だけで表されます。実に、美しいとは思いませんか。

アフィリエイトも複雑なことが絡み合っていると言えます。

マーケティング、文章力、論理力、心理学など。

でも、結局、これに集約されるのです。

「文を書く」

案ずるよりも産むがやすし。といいます。

最終的には実際に文章を書きまくっていたら、難しいスキルは身についていたりします。

だからこそ、無駄なことに頭を使わないで、とりあえず問題をシンプルに考えて作業に没頭する。

これが、作業量を増やすうえで大事なのかと思いますね。

アフィリ作業に集中するため3.環境を整える

文を書く。

単純ですが、単純だからこそ身の回りが複雑化していると上手くいきません。

例えば、コードが絡まり合って、服は脱ぎっぱなし。

そして使った食器も水に着けたまま。

こういった場所に身を置いていれば「作業の質も落ちる」というものです。

身の回りの環境を単純化する。

これを意識することが、大事です。

結論を言います。

PC

椅子

これしかない場所が、理想です。

こういった場所に身を置きストイックに努力出来れば、結果はおのずとついてくるはずです。

言ってみれば、環境とはその人の覚悟を示すものなのです。

修行中の僧侶をイメージすれば、分かると思います。

彼らは豪華なスーツをおしゃれに着こなしたり、七面鳥を前にワインで乾杯することもありません。

いつだって、簡素な布を体にまとい、質素な暮らしをしているわけです。

しかし、その生活に反比例して彼らの心と体は強く鍛えられていきます。

アフィリエイトも似たようなもので、環境のハングリーさが作業の質に直結していくのだと思います。

今は割と充実している、僕の生活。

記事の質も安定してきました。

でも、一番いい記事を書けていたのは生活的にシンドイ思いをしていた頃だった、と思います。

ミュージシャンや画家みたいなものです。

その人が一番しんどい思いをしているときに、作るものというのは鬼気迫る何かが出てくるものなのです。

だからこそ、僕は環境だけはせめてハングリーでいよう。

そう思い。

机、パソコン、椅子だけの通称「無の部屋」で今日も記事を更新します。

さらに作業の質を向上するためには。

引き出しを広げる。

これが、大事になってきます。

文章を書くとき、詰まったりするのは引き出しが少ないからです。

自分の思っていることを、外に出す力がない。

ということです。

実弾が入っている鉄砲でも、それを外に出すことが出来なければ意味がありません。

だからこその引き出しです。

引き出しを広げるには、ずばり。

いろんな作品に触れることが大事です。

名作には、鬼気迫る何かがあります。

が、それを作り上げているのは言うまでなく言葉です。

良い言葉が集まって、良い文章になり。

その良い文章がさらに集まり、良い作品を作り上げるのです。

だからこそ、それを学び取り、自分のコンテンツに活かすこと。

これが、作業の質を上げるうえで効果的なのです。

結局、何が言いたいかって?

「パクれ」

といっているのです。

優秀な人と、凡な人。

これを隔てる境界性はパクることにあると思っています。

優秀な人は、盗み一つとっても上手いもので、まるで自分が考えたようにアレンジします。

かの天才打者イチローは、物まねも超一流だった。

といいます。

優秀な人はえてして、良いものから何かを学び取って自分の物していくのです。

だからこそ、優秀な泥棒になり、いろんなものに触れてみることを意識していくべき。

こう僕は思っていますね。

学ぶの語源は、真似るにあると言われていますが、確かにその通りだと思います。

最後に。

いろいろ書きました。

最終的に大事になるのは、なんと言っても情熱だと思いますね。

熱量こそ、最も意識すべきところです。

良い作品に触れた時

すごい人にあったとき。

感動する出来事を体験したとき。

何か熱い気持ちがこみあげますよね。

そういった時こそ、作業に没頭するときである。

僕はそう思っています。

鉄は熱いうちに打て。

の通りです。

心の熱が残っているとき自然と作業は捗るものです。

「明日やろう」なんて言っていたら、間に合いません。

鉄と同じです。

心も熱しやすく冷めやすいのです。

だからこそ、自分の情熱に正直に文章を書き、やるべきことを潰していきましょう。

それを繰り返していたら、成果というのは自然と現れるモノであると。

経験上語らせてもらいます。

ということで、僕からは以上です。

-ブログアフィリエイト

Copyright© hasamiblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.