アフィリエイトで結果を出すうえで大事なのは、覚悟だ。

覚悟を持っている人は、強いです。

それは、アフィリエイトでも同じ。

  • いまいち、本気になれない。
  • ちょっと熱が足りない。
  • たるんでいるなあ。

そう思っている人に、届けたい記事です。

過去の僕に、アドバイスする。

そんな気持ちで、今現在燻っている人に良くも悪くも「喝」を入れていこうと思います。

野球界の老害こと、「張本さん」になった気でアフィリエイトでの覚悟を語っていきます。

時間がある方は、お付き合い願います。

アフィリエイトは中途半端では稼げない

小遣い稼ぎでやれるほど甘い世界ではない。

と思います。

大事なことは、本業感です。

知ろうとする。

身に着けようとする。

結果を出そうとする。

これらの質を上げることです。

普通の人よりも知ろうとし、身に着けるため咀嚼回数を増やし、結果を出すため考える。

一般的から本格的。

これを意識することだと思います。

厳しいことを言えば、結果を出すため努力することは当たり前。

努力している。

そう思わなくなったとき、結果がついてくる。

それが、アフィリエイトだと思います。

仕事のための努力は努力ではない。

こう仰ったのは、東進ハイスクールの林修先生です。

これは、アフィリエイトでも当てはまります。

努力している人ばかりですから、そもそも努力するのは前提なのです。

そのうえで、大事になってくるのは質の良い努力です。

質の良い努力とは?

  • 方向性
  • 環境

これら三つがそろっている状況を言います。

方向性を見定め。

適切な量を仮定し。

それらを積み重ねるための環境を整える。

方向×量×環境

これが、結果を出すうえでの方程式です。

高校野球が好きな人は、知っていると思います。

優秀な子は、県外に武者修行に行きますよね。

大阪桐蔭なんか、毎年逸材揃いです。

彼らは齢15にして、意識せずとも成功する上で必要なことを知っているのです。

そういった未来を想定出来ている子は、甲子園でスターになります。

そして、さらに上のステージで凌ぎを削っていくのです。

15歳の子供ですら、そういった未来予想図を描くことが出来ています。

だったら、僕たち大人にも出来るハズ。

自分が結果を出すための脚本を考えだし、そのうえ、何をしていくのか考える。

それが、アフィリエイトで成果を出すうえ、効果的な努力の方法です。

逆算の哲学

逆算する。

ということも大事ですね。

最初のうちは、目の前の作業を行き当たりばったりでこなすことになります。

でも、ある程度作業に慣れてくると、

「この作業には1時間」「画像検索は30分」「執筆は3時間」

と、作業ごとにかかる時間を想定できるようになります。

それによって、逆算を行うことが出来ます。

朝7時に会社に行き、6時に帰宅。

そこから、記事更新は4時間半かかる。

就寝は、10時半だな。

と、逆算できるようになれば計画的に作業をこなすことが出来ます。

それによって、いつぐらいに結果が出始めるのか、予測を建てることが出来るのです。

どうしても、時間が足りないな。

と思ったら、執筆の時間を3時間から2時間に短縮できないか?

と考えることが出来ます。

今やっている作業にどれくらいのコストがかかっているのか?

一つ、ひも解いてみるのもアリですね。

環境は意識を作り上げる。

環境を自分で作り上げることが出来れば、結果が出やすくなります。

内面を磨くことは大切です。

でも、自分の身の回りに意識を向けることも同じくらい、大事なのです。

内面と外界。

二つのバランスが整った時、ベストな努力が出来ます。

ベストな努力を続けていたら、ベストな結果が出ます。

環境は変えられない。

そう、人は言います。

でも、

環境は変えることが出来ます。

僕が思うのは、

環境を変えられないのは、まずどんな環境が適切かを知らないからだ。

ということです。

そうなんです。

ほとんどの人が、

「アフィリエイトにおける、適切な環境を知らない。」

せっかく才能を持っているのに、環境が足を引っ張っている人は多いです。

アフィリエイトにおいて、ベストな環境って何?

という話ですが、僕は以下の通りだと思っています。

アフィリエイトにおいてベストな環境とは?

極端なことを言うと、

椅子、机、パソコン。

これしかない状況です。

「精神と時の部屋」って知っていますか?

ドラゴンボールが好きな人は、知っていると思いますが、まさにあんな感じです。

貧しさの中に心の豊かさや、精神の充実が生まれてくるのです。。

パソコンと向き合いつつ、アウトプットをし続けることです。

そうすると、空気中から様々なアイデアが生まれてきます。

それに、成果を出すための大前提である、集中力も「何もない部屋」で生まれてくるのです。

僕が、アフィリエイトをはじめた時

僕の作業場は、

ゲームあり、ベッドあり、ポテチあり、エロ本あり。

性、食、眠。

全ての欲望がそこにありました。

成果が出たかと言われれば、出ません。

結果を残そうと思えば「欲」と距離を置く必要がある。

そう、幸いに気づくことが出来ました。

ワンルームしかなかったので、すぐに部屋を改造しました。

  • ゲーム、エロ本は、ゴミ箱へ。
  • ベッドは仕方ないのでそのまま。
  • お菓子の持ち込みは出来るだけ禁止としました。

不思議と心が引き締まるものです。

僕が思うことは、環境はその人の覚悟を表すものだ。

ということ。

成果が出るかどうかはその人の部屋を見れば、一目でわかります。

そもそもの話、覚悟って?

僕の場合、最初は「なんとなく」でした。

そこに偉大な覚悟があったか?

と言われれば「NO」です。

覚悟は、右も左も分からない人に抱けません。

まず始めてみて、その世界の過酷さを知ったうえで抱くのが覚悟。

僕はそう思っています。

つまり、「覚悟とは後からついてくるもの」なんです。

自然に生まれるものです。

だからこそ「簡単であるし、難しいのだ」と思っています。

続けていたら勝手に芽生えてくる。

でも、覚悟を抱くまで、努力するのが難しい。

要はそういうことですね。

覚悟が芽生えるとこんなことが起きます。

ふと、街の広告を見て

「秀逸だなあ」とか「ちょっと堅いなあ」とか思ったり、人が書いた文章を見て嫉妬したり、アドバイスを加えたくなったりします。

脳がアフィリエイト専用に特化されていく。

というわけですね。

これによるメリットは、正直分かりません。

でも、そう言った意識がマイナスだとは思いません。

むしろ、そう考えられることに僕は充実感を得ることが出来てます。

つまりは「夢中」になっているということです。

大人が一つのことに夢中になれるって、すごく貴重なことです。

僕は、そんな毎日を誇っていますね。

勇気と覚悟の違い

勇気と覚悟の違いは、簡単です。

勇気は瞬間的なもので、覚悟は継続していくものです。

そして、アフィリエイターに必要な物は覚悟です。

(サイトを捨てるときなどは、勇気もいります。)

重荷を背負いながら生きる。

そういった意識を常に持ち続けること。

これは、苦労している人にしかわかりません。

でも、確実に人を大きくします。

その覚悟を育てていくのが、アフィリエイトです。

まとめ。最後に言いたいこと

最初に言ったことを繰り返します。

本業感。

これが、大事です。

稼げればいいや。

これでは、勝負にならない世界です。

しかし、切腹を覚悟した侍のような気概を持てば、副業だろうが専業だろうが。

関係ありません。

結果は出るものです。

アフィリエイトに限らず、世の中そういう風になっているのです。

今すぐに結果を出してやる。

という心持ち。

いつまでも続けてやる。

という、粘り強さ。

この相反する2つの気持ちを持つことが、成果を出すうえで大事です。

マラソンと短距離走を繰り返す。

要は、そんな感じですかね。

良く言われている言葉があります。

「明日死ぬつもりで生きろ。

一生使うつもりで学べ」

アフィリエイトで大事なのは、こういった気概なのだと思います。

世間で卑下される副業です。

でも、

アフィリエイトだって突き詰めれば「高尚さ」は生まれてくるものなんだ。

ということを、一つ分かってもらえれば、僕としては

嬉しいな。

と思います。

ということで、今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です