自己啓発

【致命的】サボり癖ほど怖いものはありません。今すぐに治しましょう。

サボり癖。

誰でも、生きていればサボるということはありますが、それが癖になるということは、かなり恐ろしいことです。

人間ならば、誰にも平等に与えられるものがあります。

それは時間です。

時間=人生であり、これをうまく使える人が結果を残すことが出来ます。

そういった意味では、サボり癖のある人は、時間を無駄に過ごしている人であり、行く末は恐らく良いモノにはならないでしょう。

ウサギとカメの話は有名ですが、世の中にはカメぐらいの才能しかないのに、ウサギみたいにサボる人が多いのです。

カメの時点で勝負はかなり不利なのに、サボっていたら勝負はもう決まったようなものです。

ということで、サボり癖を治すことは本当に大事なことです。

長所を伸ばすことも成長ですが、短所を無くすこともまた成長です。

サボり癖を治していくためには?

  • 動機づけ
  • 一つのことに打ち込む
  • とにかく続ける
  • 結果を残す

僕が思っている、サボり癖の治し方は、これですね。

僕自身、昔はすごくサボっていました。

ただ、幸い「いけないな」と思う機会に恵まれ治すことが出来ました。

半分気合で治しましたが、その中で上の4つが効果的であると実感しています。

各自、掘り下げて解説していきます。

サボり癖が怖くて治したいなら1.動機づけ

努力とは、継続とは、動機があって初めて成り立ちます。

俺は、こうなりたい。

明確な動機がなければ、結局の所努力も、その継続もならないのです。

なりたい自分。

これを明確に意識することが大事で、それがあれば努力に意味が生まれてきます。

意味がある努力によって意味のある積み重ねが出来、それの繰り返しの中で結果が出てきます。

結果が出て来れば、サボり癖もいつのまにかなくなっています。

サボり癖が怖くて治したいなら2.1つことに打ち込む。

サボり癖のある人にありがちな特徴は、飽きっぽいことですね。

3日坊主どころではなく悪い時では1日もしない内に断念する。

だからこそ、続けるうえでの達成感というものを、味わうことなく途中で辞めてしまうのだと思います。

やや、感情論になりますが

男らしさ。

これが大事だと思っていて、男女関係なく、一つのことを始めたら、最後まで貫き通す。

そういった気概がサボり癖を追い払ううえで重要なのです。

僕の経験ですが、とにかく1年間同じ分野で頑張り続けること。

これで、結果は出ます。

僕自身、ブログを1年続けた結果、月30万円稼げるようになりました。

そして2年目に100万。3年目の現在は120~150万ほどですね。

努力の結果は雪だるまのようなもので、続ければ続けるほど大きくなっていくのです。

サボり癖が怖くて治したいなら3.とにかく続ける

若干の根性論になりますが、「とにかく続ける」ということが、大事だと思います。

続けていく中で、気持ちのムラというものがなくなっていきます。

それによって、継続が簡単になっていくのです。

「今日は、やる気がないなあ。」

と思った時こそ、逆に

「やる気がない今日を乗り切ることが出来れば、精神的に強くなれるな」

と思えば、自分を奮い立たせることが出来ます。

どんな物事でも、考え方次第で-を+に転換できます。

努力に関しても同じことで、どんなに嫌なことでも、自分にとって都合のいい方に捉えるある種の図々しさが継続していくなかでは、大事だと思っています。

サボり癖が怖くて治したいなら4.結果を残す

なんと言っても、結果を残すこと。

これが、サボり癖に一番効く特効薬だと思います。

人がなぜサボるのかというと、結果が出るかわからないからです。

努力して報われなかったら、みじめな思いをするし、自分のことを嫌いになるかもしれない。

だったら、安全地帯で休んでいた方が、楽でいいな。

そう思うところから、サボり癖は出始めるのです。

しかし、努力と挫折を繰り返していく中で、結果が出始めると、風向きは大きく変わり始めます。

努力することが楽しくなるのです。

そして、もっと上の結果を出すにはどうすればいいのか?

自分には何が足りないのか?

真剣に考えられるようになります。

言ってみれば、努力中毒になるのです。

努力を当たり前のことに思えるようになると、そこからはもう楽勝ですね。

3千里の道も、好きで通るのなら1里に等しいです。

駆け足で来ましたが、サボり癖を治せば人生にとって大きなプラスになる

ここまで、駆け足で来ました。

そういった中で、一つ書いていきますと、サボり癖を治すことが出来れば大きなプラスになります。

サボっていた時間は帰ってきませんが、これからの時間を無駄に過ごすことはなくなります。

毎日、仕事終わりにしていたゲームの3時間を、副業の3時間に変えるだけで得られる収入は大きく変わってきます。

むしろ、本業よりも副業の方が大きいお金をゲットできるのです。

これを続ければ、1年後に100万円稼げるようになるよ。

と言われれば、ほとんどの人はやると思います。

しかし1月経てば、そのうちの10分の8くらいは、辞めてしまうのです。

半年もすれば、10分の9は辞めてしまいます。

どんな人も、結果が待ちきれないのです。

しかし、僕から言わせてもらえれば、結果なんてすぐに出ません。

1年頑張って努力し続ける忍耐力無くしては、結果は出ないのです。

だからこそ、先ほども書きましたがとにかく一つのことをやり続けること。

これしかありませんよね。

ウサギでなくてもいいんです。

ウサギのスマートさに対抗して、僕たちカメは泥臭さ。

これをテーマにやっていきましょう。

泥臭さも見る人によっては、「美しく」見えますよ。

大事なことは、始めること

そういった中で一番大事なことは。

始めることだと思います。

始めの一歩は全ての一歩です。

お金になること、これからの自分に+になること。

それを、自分なりに考えて、少しでもいいなと思ったらスタートダッシュを切ること。

これで、驚くほど簡単に物事は上手く運び出します。

多くの人は、石橋を叩いても渡らないのです。

これがどれほど愚かなことなのかは、時間が経って初めて気づきます。

ただ、未来の自分が気づいたところで正直、意味がありません。

今の自分が、その愚かさに気づき先に進む勇気がなければ、結局未来は何一つ変わらないのです。

だからこそ、まず一歩です。

そこから、サボり癖もとい、努力癖を身に着けて、自分の未来をアップデートしていく。

それが、大事なのではないかと思っています。

まとめ。サボり癖を治したいのなら

この4点ですね。

  1. 動機づけ
  2. 1つのことに打ち込む
  3. とにかく続ける
  4. 結果を出す

流れを意識することが大事ですね。

動機づけ→打ち込む→続ける→結果を出す

スタートダッシュを切って、続けていけば結果はついてくるものだと思います。

若干のキレイごとを語ると、努力は報われるのです。

だからこそ、何か一つ始めてみましょう。

そこから、風向きは変わり、生き方が変わり、人生が変わるのだと思います。

小さく、しかし、大きく。

これを意識して、今の自分にできることはなにか?

考えていくこと。

思えば、僕も最初は動機づけから始めましたね。

稼ぎたい。

そう思ったところから、始まり、自己満足でやっていたブログを死ぬ気で金稼ぎの手段へと昇華させていったのです。

千里の道もまずは一歩から。

ということで、まず動きましょう。

話は、そこからですね。

-自己啓発

Copyright© hasamiblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.