ブログアフィリエイト

アフィリエイトのデメリットについて語る日が遂にきました。逃げてはダメ。

アフィリエイトをする中で、前回は夢について語っていきました。

アフィリエイトの魅力について語ると、夢が広がります。

今回は打って変わって、

デメリットについて語っていこうと思います。

前回の話を聴いて、良い所だけを見てそこを活力に頑張っていこう。そう思っていた人も多いと思います。

しかし、どんなもの事にもデメリットというものはあるもので、そこから目をそらしていてはダメです。

大事なことは見たくないところもしっかりと受け止めてそこからどうしていくか?

だからこそ今回は冒頭に書いた通り、アフィリエイトのデメリットについて僕なりに語っていこうと思います。

一応アフィリエイトは年期が入っていて、稼ぐことにも自信がある僕なのでそれなりの信憑性のあることは言えるのではないかと思っています。

ということで目をそらさずに最後まで見ていってもらえればと思います。

デメリットを知ることが、上達のコツであること

そもそもどんなもの事でもデメリットがあることは忘れてはいけません。

長所の裏には必ず欠点が存在するわけですね。

よく言われることですが「良い儲け話には必ず裏がある」ということです。

経験則も踏まえてアフィリエイトは夢がある副業です。ただ何かしらの落とし穴があり、簡単にはいかないことはそもそもの時点でなんとなくわかっているのではないでしょうか。

だからこそ、何がデメリットで何がいけないのかそれを明らかにする必要がありますよね。

そこを不透明なままアフィリエイトを続けていくと結局うまくいかなくて

「なんでうまくいかないんだ!」

と嘆く始末になります。

ということで、何度も語る通りアフィリエイトにおけるデメリットを書いていこうと思っています。

アフィリエイトのデメリット1.時間がかかる

収益化にとにかく時間がかかります。

(これまで何度も語ってきたとおり)

なぜ時間がかかるのかと言えば、グーグルに記事を認めてもらうのに時間がかかるからですね。今日の時点で書いた記事が検索で上位表示されるのは早くても3か月後、もしかしたら1年後になるかもしれません。

だからこそ、より多くの記事を投稿し、命中率を高めていかなければなりません。

月に15記事投稿する人間と30記事投稿する人間ならば、確実に後者の方が命中率は高くなります。「アフィリエイトは作業量が命」と言われているのはここにあるのです。

ただし、より多くの記事を投稿するのにはやはり時間がかかるもので、最初のうちは1記事当たり3~4時間はザラにかかります。勿論、各記事の内容によりけりですが平均してそれくらいはかかるという話ですね。

そしてアフィリエイトに時間をかけていけば今度はどうなるのかと言えば、自分の時間が無くなりますね。遊ぶ時間、人間と関わる時間、趣味を突き詰める時間。そして仕事をする時間。それらが圧迫されるということです。

それにより、当然生活は苦しくなります。

その結果多くのアフィリエイターは挫折していくわけですね。

とにかく時間がかかり、自分の1日における多くの時間を差し出す必要がある。これがアフィリエイトの大きなデメリットだと思います。

アフィリエイトのデメリット2.挫折しかない

行動の一つ一つが挫折でしかありません。

とにかく失敗の副業ですね。以前は努力の副業と書きましたが、努力するとは裏を返せば多くの失敗を積み重ねていくということです。

  • 渾身の記事がすべる。
  • ゴリゴリにSEO対策した記事が検索上位に表示されない。
  • 人が来ているのにもかかわらず物が売れない。

こういったことはザラで、基本的に失敗からはじまり失敗に終わる。七転八倒を地で行くのが当副業アフィリエイトです。

そういった中で、結果が出ずに撤退していく人間がいるのは想像に難くないはずです。

なんと10人中9人が半年でリタイアする世界です。

結局の所、報われない努力程、人のやる気をそぐものはないということですね。

努力が報われないときどうすればいいのか

そういった時にどうすればいいのかと言えば、これは一つしかなく「考えること」ですね。

人間の最大の武器は考えることであり、僕自身凡な才能の人間でしたが、常に考え煮詰めることで結果を残していくことに成功してきました。

頭が悪くても試行回数を増やせばいずれ正解にたどり着く。これはアフィリエイトだけでなくあらゆる分野でもそうですが、特にアフィリエイトにおいて顕著です。

アフィリエイトとは努力の副業であり失敗の副業です。しかしそれと同時にいえることが

「考えて、実行し、それを繰り返す副業です。」

  1. 仮説
  2. 試行
  3. 失敗

これを繰り返し、実験に実験を繰り返していった結果、突然の化学反応が起こり成功するのがアフィリエイトなのです。

そして、成功したの時の喜びは想像に難くないでしょう。僕自身最初の収益は105円でしたが冗談抜きで涙が出ましたね。

結果が出ない人に覚えてほしいことは

助走は長ければ長いほど遠くに飛べる

ということで、失敗は多ければ多いほど良いということです。当ハサミブログもいわば僕の失敗経験で成り立っているようなものですから。

アフィリエイトのデメリット3.簡単に稼げてしまうと生きがいがなくなる

あまりに贅沢な話かもしれませんが、これも語っていく必要があると思いました。書いていきます。

それは、努力がある一定のラインを振り切ってお金を稼いだとします。そのときに100万円ぐらいならザラに稼げるようになるんですが、人間はある一定ラインのお金を稼げるようになると、楽をして生きるようになるのです。

そしてそれが恐ろしい。

アフィリエイトで簡単にお金を稼げるようになった人間は生活に張りがなくなり、ただ文字を書く機械になってしまいます。

そういった時に、支えてくれる人がいればこっちの世界に戻してくれていいのですが、独り身の場合そうはいかなくなるのです。

これは僕が実際に体験したことです。部屋に引きこもりパソコンで文字打ち、ノルマが終われば暇つぶしにもならないゲームをして1日を終える。本当のニートを半年ぐらい続けていました。

幸い大好きな草野球が僕を引き戻してくれたのですが、正直あのままずっと文字を生産しお金を稼ぐ人形に成り下がっていたらと思うとゾッとしますね。人生を豊かにするはずのアフィリエイトが逆に豊かさを奪っていたことになるわけですから。

大事なことは、アフィリエイト以外にも自分の心のよりどころを持っておくことだと思っています。

恋人、友人、趣味。

これらがあればアフィリエイトで稼げるようになったとしても心を正常に保てると思います。まあ恋人や友人は相手が悪ければATMになりかねませんが(笑)。

アフィリエイトのデメリット4.サービスがいつ終わるかわからない。

「不安定さ」

これは正直避けて通れないところですね。つまりは

「サービスがいつ終わるのかわからない」

というところが大きなデメリットとして立ちはだかります。

アフィリエイトはグーグルとASPによって成り立っているわけですが、もしかしたらリーマンブラザースみたいにグーグルが倒産するかもしれませんし、そうでなくても検索エンジンの機能自体がオワコンになるかもしれません。またASPがもう広告を提供しませんと言えば僕たちは何もできません。

つまりは「上」のさじ加減次第でアフィリエイターの首は簡単に飛ぶ、ということですね。

とはいえ僕が思っていることは至極ポジティブです。

これを聞けば「馬鹿だな」と思うかもしれませんが書きますと、

「培ったスキルや根性はなくならない」

ということですね。たとえアフィリエイトで稼げなくなったとしても、そこで身に着けたスキルは他でも使える優秀な物ばかりです。

ライティング、マーケティング、心理術に、人を集客するセンス。

これらを活用すれば、正直どこに行ってもやっていけそうだと思います。だってネットを使って数10万円稼げる人間の能力を評価しない人間はいないでしょう。それにアフィリエイトで稼げるまで続けられる根性があれば別のビジネスでも成功できそうです。

まあ、こんなことを言えばあれなんですが言います。

分からないことを考えても意味がない。

他にもいっぱいあって嫌になる世界です。

アフィリエイトを一言で表せば、

最悪で最高の世界です。

嫌なことがいっぱいあります、ブログがばぐったり50記事くらい積み上げてきた記事が結局は意味のないものだったり。本当の意味で最悪なことが常に起こるわけです。

とはいえ、嫌なことがあると同時に逆に良いこともいっぱいある世界です。

自分一人でコンテンツを磨き上げる独特の達成感。文章一つで成約まで持って行く感覚。そして倍々ゲームで増えていく収益。

こういった感覚と充実感を得られる副業は中々ありませんよ!

だからこそ、僕はこれからもアフィリエイトで勝負してきたいと思っています。そこで散っても本望で、散ったら散ったでアフィリエイトで身に着けたスキルと根性で他のお金稼ぎをしていきたいとも思っています。

とはいえ。

まだ僕の勝負は終わっていません。

だからこれからも記事を更新し続け、まずは自分との勝負に勝ち続けていきたいと思っています。

経験上自分との勝負を制し続ければ、結果なんていつかは出るものだと知っているからです。これを読んでいる人もここは肝に銘じてほしいですね。

とここまで語れば、全部ではないにしろ部分的なデメリットは語りつくしたと思っています。大事なことは情熱を持ちつつ日々冷静に淡々と作業を繰り返すことですね。

「熱くクール」に矛盾した2つの心を併せ持ち、ひたすらに突き進んでいきましょう。

話はそれからになります。

-ブログアフィリエイト

Copyright© LionHeart , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.