自己啓発

失敗ばかりで、恥ずかしい人へ。【とにかく大事なこと、書きます】

失敗ばかりしてしまう。

1度だけならまだしも、度重なる失敗を繰り返し、恥ずかしいと感じる人も多いのではないかと思います。

 

僕にしても元来が不器用でしたから、「失敗といかにして付き合うか」これは人生レベルのテーマだったなあ。と思います。

タイトルからして分かる様に、今回は失敗ばかりの自分をいかにして変えていくか。

ここにフォーカスを当てていきたいと思います。

失敗を恐れることは大事だが、逃げてはならない

失敗を恐れることは勝負の世界においてすごく大事なことです。恐れを抱くからこそ、人は努力し、その中で成功する難しさを知り、結果。強くなれるのです。

正し、恐れはしてもそこから逃げてはいけないとも思っています。失敗から目を背け逃げてしまうことは停滞の始まりを意味します。

大事なことは、向き合うことであると前置きし、失敗というものに対して一意見を書いていこうと思います。

失敗と書いて成長と読む

失敗と書いて成長と読む。

こういった言葉をご存知でしょうか、非常に勇気をもらえる言葉ですがこの言葉の通りだと思います。

失敗と聴けば、自然と人は身構えるわけですが、本来は人を成長させるうえで、大きな力を持っていると言えます。

 

トライ&エラーという言葉がビジネスの世界で使われるぐらいに、失敗は進歩していく上で重要なことです。

その際に意識すべきなのは、

失敗をするのがダメなのではなく。

失敗をした後、活かそうとしないのがダメ

だということです。まさに先ほど語った「逃げないこと」に当てはまりますね。

失敗をしたときに変えるべきことはなにか?

僕が思うことは方向性であると思っています。意識の方向性。

ここを変えないと、自分が狙っていた結果を思う様に出せないことが増えていきます。

失敗の数減らして成功する確率を上げていきたいのならば、自分が正しい道を歩んでいくために随時軌道修正していく。

これが必要になるのではないかと思っています。

がむしゃらに一つのことを繰り返すことは大事だが。

はっきり言いますが、継続は力なりという言葉は半分は嘘だと思っています。同じことばかりしていては結果は出ないのです。

野球なんかでも、毎日500回バットを振る選手が本番の場面でいまいち結果を振るわないことがよくあります。

 

成功をするために、全ての人が行うものが努力です。

正し、努力を続けていく中で、ついつい努力の本質を見誤ってしまい、「努力をすることに満足してしまう人」は少なくないのではないでしょうか?

実の所、これが最も恐れるべきことです。

真面目さは一要因であり、すべてではない

失敗を繰り返す人の中には特段真面目な人が多かったりします。もしかするとあなたもそうなのかもしれません。

実は僕自身もそうでした。それに関してはこの記事で語っています。

人生ハードモードを抜け出し無双したいクソ共へ【きっかけの掴み方】

誰よりも頑張っているのに、思ったより結果が出ない場合は

自分がやっていることに疑いをかけてみて下さい。

そして、明らかに無理があることをやっている場合は見切りをつけることだって大事なのです。

勿論、今までやってきた努力を中断することは、心が痛みます。しかし、結果が出ない努力とは、とどのつまりは努力ではないと言えます。

失敗に対し強い人間になるには、引き出しを増やすこと

失敗をするたびに重要なのは、軌道修正です。努力が足りないのではなく、方向性が間違っている。端的に言えば、やり方が間違っている。

これが失敗の正体であることが大半です。

 

正し、軌道修正することが難しいわけで、

  1. 自分がなぜ、失敗したか。
  2. どうして、うまくいかないのか。

自分でもわからない場合が結構多いのです。

なぜこんなことになるのかと言えば、それは引き出しが少ないから。という理由がくると僕は思っています。

失敗に対する最高のアンサーは考えること

考えないと結果はいつまでたっても出ません。

頭を使い、自分が何をすべきか導き出すこと。

正し、ここを我流でする人が案外多かったりするのです。勿論自分の頭で考えて結果を出すことはすごく大事なことです。

それでも他人を参考にしないことには成果が出るのは遅くなるのではないかと思っています。

 

自分がやった失敗というのは、基本的にすでに誰かがやった失敗です。

同じ失敗をした他人から攻略のヒントを導き出す。これが最も効率的で成功率の高い手段であると僕は思っています。

実際に医学の世界でも、科学の世界でも現代は非常に進歩していると言えますが、理由としては過去の事例から正攻法を導き出しているからではないでしょうか。

スペイン風邪(現代で言うインフルエンザ)は1億人の死人を出しましたが、現在はそれほどの脅威ではありません。

 

話が逸れましたが、失敗続きの人が何をすべきかと言えば、結論

本を読むことがすごく大事なんじゃないかな。

と僕は思っています。

有名人や過去の偉人も案外普通の失敗をしている

意外とすごい人でも僕たちと同じようなことで悩んでいたりするのです。自己啓発書を手に取ってみれば分かることです。

天才アインシュタインも人間関係において大きな悩みを持っていましたし、アドルフヒトラーだって美大に落ちています。

どれだけすごい人も本質的には同じ人なのです。

ただ、そういった人は他の人よりも問題を突き詰めて考えられるので、解決に導く手段が秀逸だったりするのです。

すごい人とは失敗をしないのではなく、失敗をした後のアプローチが他人よりも優れているというわけです。

で僕たち凡人がすべきことはそこに至るまでのプロセスや手段を本から吸収すればいいのではないか。

ということです。

勉強は行き当たりばったりでするものではない

そして困ったとき限定ではなく。普段からそういった手段を、引き出しとして頭に入れておくこと。

そうすれば、実際に失敗したときに、意外と大きな力になってくれたりするのです。

災害なんかと一緒です。地震が起きてすぐに身支度するのではなく。普段から何が起きても良いよう備えておく。

自分のプライドを1ミリでも捨てているか?

ここで一つ、僕が思うことを言いますと、

失敗を繰り返す人は、プライドが高かったりします。

自分のやり方に変なこだわりを持ち、他人の意見に耳を貸さない。

だからこそ、ある特定の方法でしか勝負が出来ず、同じ失敗を繰り返すという算段です。視野が狭いんですよ。

本当にすごい人の意見には屈服するしかない

こういった意味合いもあって僕は本を読んでいくことを勧めるわけです。

歴史に名を残したり、とある分野で頂点に立っている人たちの考え方に触れていたら、いかに自分が大したことないのかが理解できます。

 

そこでショックを受け、考え方を変えるきっかけとなり。貪欲に吸収して、常に進化しようと意識できます。

ある意味でのショック療法です。

とはいえ、ある意味では諦めないことも大事です。

軌道修正が大事。ということを語っていきました。

しかし、世の中というものは非常に厄介です。

単純に努力が足りないから結果が出ない。

ということも起こります。

僕が努力に対して思っていることを書くと、結局のところ「量」と「方向性」この2つが大事になってくるのです。

諦めない限りは勝負が出来る

諦めたらそこで試合終了だよ

という言葉がある様に、

失敗をしてそこで勝負を捨ててしまえば、それは「失敗」で終わります。

しかしそこで、踏ん張ってくらいついてやろう。やり切ってやろう。と思えば、案外勝負はまだわからなかったりするのです。

失敗を繰り返した暁にはノウハウが生まれる

僕は、結果を残すために最も大事なものは

ノウハウ

だと思っています。

たとえマグレで成功をしても、また次やったときは失敗するかもしれません。

しかし失敗に失敗を繰り返した結果、「やり方」がそこにあれば、今後同じ場面にぶつかったとき、成功する確率はドンッと向上しますよね。

 

そういった意味でも、少数の試行回数で

「うまくいかなかったから。」

といって、失敗だと決めつけるのは良くないかな。と思っています。

一流の力士は

土俵際という言葉があります。

本当に強い力士は敗色濃厚の試合でも、ギリギリのところで持ちこたえ、そこから巻き返しを図るものです。

これに見習うべきです。

僕が思う成長曲線

僕はブログでひと稼ぎしているのですが、ちょっとした図をここで紹介したいと思います。

題して、

「スキルの習得と向上度合い。」

まず、どんなことでも何をやってもうまくいかない期間があります。この期間は非常に長いですね。だからこそ、大抵の人はそこで挫折をして辞めてしまいます。

所が、ほんのごく一握り。食らいついて作業を続けていける人が出てきます。そういった人に限ってある日、少しコツをつかみます。ただし、そこで得られる成功も非常に小さいです。

所がそこからしっかり続けていくと、その物事の本質というか、要領を掴む日がやって来るんですね。

そのときに、人は飛躍的に成長します。

 

飛躍できるターニングポイント

今失敗続きの人は、ここに持って行けるかがカギであり。そこに持って行くために必要なのは、今まで語った通り。

方向性とあきらめないことこの2つを兎に角意識すべきだと思っています。

そもそも失敗しにくい場所を選ぶということ

これを言ってしまおうかどうか迷いましたが、キレイごとはナシにしようと思います。

そもそもの話。

失敗を繰り返す場所で勝負していませんか。

どんな人にも向き不向きがあり、それを踏まえたうえで、ここで一つ残酷な事実を述べると、優秀な人って実はどんなことも完璧にこなせるのではありません。

「優秀にこなせることだけをこなしている」んです。

イチローは、インタビューで「パソコンさえも満足に使えない機械音痴だ」と答えています。

適性の重要性。自分は何をすればいいのか?

大事なことは、

適性を考え、自分の才能を見出し。

それをいかにして伸ばしていくか。

これではないでしょうか。

最も、ここが人生の難しいところで、才能を見出すというのは非常に難しいことなのです。

とはいっても、現実に文句を言っていても何も始まりません。だから次のことをお勧めします。

下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる。

とにかくいろんなことをやってみましょう。

僕は、工場で働いていました。

ただ、それだけでは人生がもったいない。と思って

いろんな副業に手を出しました。

その中で、自分が出来そうなことを一つ見つけて突き詰めていった結果。成果が出ました。

参照記事↓

アフィリエイトで収益化するために必要な時間と能力。

僕だって失敗は腐るほどしたよ

そこに至る上では、今回の題と同じく失敗しました。腐るほどしました。

 

とはいっても、経験から言えば。

失敗を積み重ねた人に対し「ある程度のご褒美」を神様は用意してくれている

と思います。

周りの目を気にする失敗と、自分のためする失敗

失敗には2種類があります。

  1. 周りを気にしてする失敗
  2. 自分のためになる失敗

ここを意識して物事に取り組んでみると若干の景色が変わると思います。

 

まず1の周りを気にしてする失敗。これは周囲に気圧されて実力を発揮できずに失敗するということです。

スポーツ選手が観衆の前でうまく動けないとか、工場員が上司の前でうまく働けないとか。そんな感じ。

これはなるべく無くしていくべきかなと思っています。

 

一方で、自分でやろうと決めて、挑戦しそこで犯した失敗。

これに関しては確実にためになると思います。

本気で犯した失敗は、自分の欠点と向き合うきっかけになります。

失敗と向き合うこと、これこそ成長においてすごく大事なことなのです。

向いてそうな分野を見つければ、バカをやってみよう

下手な鉄砲も~の下りで書いた通り、

いろいろ試し、自分のやりたいことを見つけましょう。

自分が好きな分野で犯した失敗には、悔しさがあります。純粋な悔しさからは、純粋な努力が生まれ、そこからは素晴らしい結果が生まれます。

だから向いていることを見つけ出すことはすごく大事なのです。

 

勿論。試したり、始めの一歩を踏み出すこと。「最初」は何でも勇気がいります。

ただ、慣れてくると積極的に勝負を仕掛けることができるようになります。トライ&エラーを惜しげもなく繰り返せるようになる。

ここから人の成長は始まると思います。

最後に失敗ばかりでもそこから学べることがあれば

今回の本題は

失敗ばかりの自分をどうすれば良いのかですね。

これに関しては、最初に書いた通りです。

とにかく引き出しを増やして、軌道修正を続けることです。

もう一度、超雑な図を書きます。

どんなに頑張っても結局は、意識が違えば成功は出来ないのです。

 

失敗をした原因を探り、仮説を立て、そして実行に移すこと。

これを繰り返すことが出来れば、失敗するパターンというのがなんとなく理解できるようになります。

そこから自分なりの成功の法則を見つけ出していくと、手札が増えていき人生を有利に戦えるようになるのだと思います。

 

大事なことはやっぱり量と方向性です。ここがかみ合っていれば、ある程度の失敗を避け。成功する確率を上げることが出来る。

経験より僕はそう思っています。ということで今回は以上です。

人気記事

1

結局のところ、すごい人の良い所をパクって這い上がってきたのが僕という人間です。 そして古今東西のアフィリエイターはそうやってスキルを身に着けていったと言えます。やはり真似こそ最強のトレーニングです。 ...

2

僕は20代ぐらいの時に 「人生が終わったなあ」 と思っていた時期があります。   しかしながらなんとかすることが出来ました。 (こういえば、軽いですが(笑)) 今回は、人生が20代で終わった ...

3

アフィリエイトで収益化するために必要な能力はどこにあるのでしょうか。それ「+」どれぐらいの時間がかかるのか。 僕の経験則を踏まえて、書いていこうと思います。   そもそもアフィリエイトって儲 ...

4

アフィリエイトってオワコンだろ。 1万年と2000年前から交わされてきた議論ですが、現在においてはいかがなるものか。 単刀直入に言えば、 オワコンではないと思っています。 というのも稼げる人間は現在も ...

5

アフィリエイトで稼ぐコツとか、SEOとか、セールスライティングとか言われても分かんねえよ。 実は僕も始めたころはそういったことを思っていました。 ということで、ここは論よりも証拠、百聞は~ということで ...

-自己啓発

Copyright© LionHeart , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.