ブログアフィリエイト 生き方

ニートになって怖いモノ、そして。抜け出すために頑張った話。

ニートになるということは、想像以上に怖いものです。

今回は、ニート時代をそれなりに長く経験した僕なりの話をしていこうと思います。

 

まず、ニートになって怖いものを一つ上げていくと。

時間を無駄にする。

ということでしょうか。

人生で最も頑張らないといけない若い時期に、何にも打ち込まないのは先を考えれば恐ろしいことです。

ふとした瞬間

「俺このままで大丈夫なのかな」

と考えてしまいますね。

 

僕は会社員を辞めた後、半年ほどニートになりました。

ブログで30万円稼げるようになって調子に乗っていた矢先、稼げなくなったのです。

今となっては、良い経験です。

しかし一円も入らない状況で日々を過ごすのは、かなり勇気がいりました。

 

ニートになって、不安に感じた時。

人は、どういったことをしていけば良いのでしょうか。

今回は、実体験に基づいて、現状を改革していく方法をいくつか書いていこうと思います。

参考までに見ていってもらえれば、嬉しく思います。

出来る範囲で頑張っていくことが大事

 

まず、一番大事なこと。

それは、いきなり頑張り過ぎない。

ということです。

 

車と一緒で、いきなりフルスロットルで人は走れません。

1速、2速、3速と徐々に上げていくことが、大事なのではないでしょうか。

ちょっとずつ、歩を進めていくことが重要なことなのです。

慣れて来れば、ある程度の大きなことができるようになり、それの繰り返して状況を少しずつ変えていくことが現状の変え方だと思っています。

 

僕自身は、働きたくなかったのでフリーランスから始めました。

部屋の中で完結する仕事を選びましたね。

 

たった500円の仕事でも完遂すればモチベーションにつながります。

月並みな言葉ですが、それが次につながるのです。

 

まず初めないことには、次はない。

と僕は思っています。

ニートでも出来ることが一つあるだけで現状は全く変わってくる

同じニートでもスキルを一つ身に着けるだけで、現状は全く変わってくる。

と僕は思っています。

 

僕は、ブログで30万円稼げるようになった結果。

調子に乗って会社を辞めました。

その結果、稼げなくなったのですが、その反面。

ブログで稼ぐために身に着けた知識は、フリーランスでも役に立ちました。

 

ブログでは、書くスキルを身に着けており、僕は他の人よりも文章を書くのが得意だったのです。

それによって、多くのクライアント(お客)に喜ばれるようになり、必然的に仕事も増えていきました。

現在はブログの世界に戻ってきたのですが、この時の経験は僕にとってすごくプラスになっていますね。

スキルの身に着け方。

スキルを身に着けるには、

とにかく始めること。

これが大事だと思っています。

 

意外と、

「俺には無理だよ。」

と思っていることでも、やってみるといけたりします。

僕もフリーランスで稼ぐのなんて無理だろ。

と内心思っていたのですが、実際に初めてみると、なんとかなったものです。

 

ブログにしても、最初は月150万円稼ぐつもりで始めたわけではありません。

「面白そうだし、ちょっとやってみよう」

と思って、始めてみたのがきっかけでした。

 

まずやってみること。

これがスキルを身に着けるうえで、大事なのではないかと思います。

スキルが身に付かないから、ニートになったんじゃないか。

上のように書けば、

こう思う人もいると思います。

でも、ニートにも一つ利点があると思っています。

それは、時間があるということですね。

 

朝から晩まで、時間が有り余っている。

これは、普通の人からしたらいろんな意味で羨ましいものです。

その時間を利用すれば、普通に会社に通っている人よりも圧倒的に速く。

スキルを身に着けることが出来ると思います。

 

ちなみにスキル。

と言っても、そんなに大したことではなく、人よりも少し得意なことを身に着ければ良い。

というのが、僕としての実感です。

半年ほど、ブログを続けてみて書くことに慣れてきたら、そこからフリーランスを初めてみればいいのではないかとおもいます。

 

書くといっても、鉛筆で書くのと、キーボードを使って書くのでは、話が違います。

これからの時代に生きてくるのは、

キーボードを使った書くです。

ぜひ、スキルとして磨いていってください。

現状を変えていくために根を変える。

 

状況を変えるために、表面だけを変えても意味がない。

と思っています。

 

物事には、そうなったうえでの、原因。つまりは根っこの部分があるのです。

根っこが腐っていたら、綺麗な花を咲かせようと思って、水をやっても無駄になります。

ニートにしても、少し頑張ろうと思って努力しても根本的な部分がダメなら状況は良くならない。

というのが、僕の意見です。

 

根本を変えるには勇気が必要であり、その勇気を持つのはすごく難しいことです。

でも、そこを変えないことには現状は変わらない。

これは、ニートになって燻っている人ならなんとなく分かるのではないでしょうか。

一瞬の痛みを味わうことが出来れば、そこから変われる。

どんな物事でも変わろうとすればそれなりの苦労があります。

筋トレでも、筋肉痛が起こりますし、勉強でも長時間机の前に座ることは、大変なつらさです。

それでも、筋肉痛の後にはより強い筋肉が生まれますし、勉強でも頑張った分だけ賢くなれるはずです。

こんな感じで。現状を良くすれば、しようとするほどに痛みがそこには生まれます。

僕はこれを等価交換と読んでいます。

 

同じくニートを脱するうえでは、等価交換が必要になります。

ニートが変わる上で、痛みを感じることと言えば生活スタイルが当てはまると思います。

ニートの根っこは、生活スタイルだ

僕が思っていることは、ニートを作り上げるの根にあるのは、生活スタイルだ。

ということです。

 

僕自身の経験で語れば、ニートは生活によって生まれます。

僕は半年間程、ガチニートでした。

昼夜が逆転する。

食べるものは、お菓子やコンビニ弁当。

運動は、ちょっと散歩するだけ。

読む本は、漫画のみ。

こういった生活の中でニートはより深みにはまっていくのです。

 

どんな人でも、これではまずいな。

というデッドラインがあると思いますが、僕はそのデッドラインが結構手前にあって助かりました。

その時から、生活を一新しようとしたのを覚えています。

まず大事なことは、生活リズムを直すこと

世間の時間と、ニートの時間はどこかでずれています。

そこを修正することが大事だと思います。

 

フリーランスにしても、自分が寝ている間に相手は依頼をしてくるので、上手く噛み合わず。

仕事になりませんでした。

「不味いな」と思ったので、僕は生活リズムを会社に勤めていた頃に直しました。

 

その結果、

朝起きて仕事をこなし。

夜は自分の趣味に没頭し、遅くても夜の1時には寝る。

という、「普通の生活」を手に入れることが出来ました。

朝の陽ざしを浴びて、起きることはこんなにも素晴らしいことなんだな。

と実感したのを昨日のことにように覚えています。

 

今の状況を脱したい。でもどうにもならない。

そう思っている人は、スキルを身に着ける以前に、根本的な生活。

これを改善すべきではないのか。

というのが、僕から言えることです。

何をはじめればいいのか

スキルを身に着ける。

と言いました。

 

フリーランスで稼ぐ。

とも言いました。

 

けれどそれだけでは、やっていけない。

そう思うハズです。

僕が思うことは、寝ても稼げるシステムを作ることが大事だということです。

僕のブログは

寝ていても、月100万円稼げるシステムを作っています。

これを作り上げるのには、長い時間がかかりました。

しかし、現にそれが出来ています。

どうすれば、出来るのかはここでは割愛させていただきます。

が、とにかく、スキルはそういった寝ていても稼げるシステムを身に着けるうえで使っていけば良いと思っています。

書くことの意義

ブログ=書く

と言っても過言ではありません。

長きにわたるブログ生活で、今まで1000万字くらいはタイプしてきたと思います。

書かないことには、稼げない。

と思っています。

 

そこまでの道のりはしんどかった。

でも、後悔はしていません。

 

僕が、書くスキルを身に着けてよかったな。

と思うことは、

「ほっといてもしゃべってくれる」

ということです。

 

良い文章は、自分が寝ている間も、営業をしてお金を稼いでくれます。

これが、寝ていても稼げるシステムを作り上げるうえでの真髄です。

そこに残るものを作ることが出来れば、お金は自動で増えていくのです。

金持ちの法則

お金を稼ぐ人を想像すれば、

歌手、漫画家、ユーチューバーなどが挙げられます。

 

彼らが億単位の金を稼げるのは残す仕事をしてるからですね。

自分が働かなくても過去の自分が作り上げた遺産が、金を稼いでくれる寸法です。

100曲作れば、その100曲が個々の力を発揮して金を集めてくれます。

良い作品は時代すら超えます。

 

そして。

このシステムは、ニート向きだと今になっても思います。

ブログを始めることは、オススメです。

歌手やユーチューバーになるのはハードルが高いです。

 

ということで、個人的にブログを初めてみることはオススメだと思っています。

書くスキルを身に着けて、そこに残すことが出来る。

それによって、お金が自動で稼げる。

 

そこまで行くには、しんどい道のりを歩む必要が出てきます。

等価交換です。

それでも、僕は1年目で会社に勤めながら30万円稼ぎあげることが出来ました。

仕事をしながらここまで行けたのです。

ニートで時間が余っているのならば、無理な数字ではないと思います。

ブログで文章を書くことに慣れたのなら

フリーランスをしていく。

これも良いと思います。

 

フリーランスではクライアント(お客さん)がいます。

お金を払って仕事を依頼してくれるので、当然シビアな人が多く、仕事ぶりに結構な批判の声が来ます。

「文体が嫌いだ」

「句読点の打ち方が変だ」

こういった細かい注文まで付けてきます。

 

シンドイ思いをしますが、

それが自分を成長させるうえでの肥やしになるのです。

 

文章が得意だと自負していた僕も、たまにきついことを言われたりしました。

自信がある分、ショックはありましたがそこでダメ出ししてくれる人がいるから、改善でき、今があるのだと思います。

逆に、そういった悪い風に言ってくれる人がいる中で、自分の仕事ぶりが褒めてもらえることが出来れば圧倒的なモチベーションになります。

 

ある意味では正しい仕事の姿がそこにはあるのではないかと思います。

無職は夢職。何でもできる

僕は、現在無職です。

しかし、なんでもできるのがこの仕事の良い所だと思います。

 

やりたい仕事をこなして、それでお金を稼げるのは、素晴らしいことです。

ここまでくるには、いばらの道でしたが、それもまたいい思い出になります。

 

今ニートで将来の先行きが見えない人もいるのではないかと思います。

そういった人も、何とかしてそこを抜け出すことが出来れば、先行きは必ず明るくなってくると思います。

まずは、自分にできること。

これを見つけて、そこからスキルを獲得していきましょう。

 

勇気があれば、出来ないことはない。

これがきれいごとに見えるうちは、まだまだ未熟。

意外と、人間は何だってできるのです。

 

今回は以上となります。

人気記事

1

結局のところ、すごい人の良い所をパクって這い上がってきたのが僕という人間です。 そして古今東西のアフィリエイターはそうやってスキルを身に着けていったと言えます。やはり真似こそ最強のトレーニングです。 ...

2

僕は20代ぐらいの時に 「人生が終わったなあ」 と思っていた時期があります。   しかしながらなんとかすることが出来ました。 (こういえば、軽いですが(笑)) 今回は、人生が20代で終わった ...

3

アフィリエイトで収益化するために必要な能力はどこにあるのでしょうか。それ「+」どれぐらいの時間がかかるのか。 僕の経験則を踏まえて、書いていこうと思います。   そもそもアフィリエイトって儲 ...

4

アフィリエイトってオワコンだろ。 1万年と2000年前から交わされてきた議論ですが、現在においてはいかがなるものか。 単刀直入に言えば、 オワコンではないと思っています。 というのも稼げる人間は現在も ...

5

アフィリエイトで稼ぐコツとか、SEOとか、セールスライティングとか言われても分かんねえよ。 実は僕も始めたころはそういったことを思っていました。 ということで、ここは論よりも証拠、百聞は~ということで ...

-ブログアフィリエイト, 生き方

Copyright© LionHeart , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.