自己啓発

出来る陰キャラはこんな陰キャラだ。イケメンを目指して。

出来る陰キャラについて、語っていこうと思っています。社会人になって思うことですが、陰キャラ・陽キャラはあんまり関係がないのかもしれません。

最終的には、

優秀かそうでないか

で、区別されるのが現代社会で。そのためには、ただ目の前の目標に向かってトライし続ける。自らを裁き続けることが出来る。鉄の心が必要であり、大雑把に言うところの忍耐が必要です。

大器晩成の言葉通り、器用は不器用に勝りし実績を残すことが出来る。

これは、経験的に思っていることですし、なんとなく嬉しい話ではないかと思います。

 

今回の記事では、出来る陰キャラもとい、出来る人間を目指す上で大事だと思っていることと、やらなければいけないことについて書いていこうと思っています。

僕自身、まだまだ未熟物で足りないところは多いと思いますが、それでも最近はいろいろなことが分かってきたような気がします。

特に、去年あたりからどういった人に勝利の女神がほほ笑むのかなんとなくわかってきました。これを掴む。というんでしょうか。

とまあだからこそ、そういった経験談を通して、ここは一つ書いていきたいと思っています。

第一条件。陰キャラではなく、自分を人間と思うこと

陰キャラと思うことで、自分の存在価値を下げている人は多いです。また、これは陰キャラだけの問題ではなく。

社会全域に蔓延る問題でもあります。

僕は高卒だから、僕はFランだから。僕は、平社員だから。

そういったかんじで、与えられた役職やポジションのせいで、自分で自分に枷をはめてしまった結果。パワーを存分に発揮できない人は結構多いと思いますね。

ご存知の通り、枷とは足を引っ張るものです。となれば、実力を発揮できないし、当然のことながら充実した生き方を堪能することは難しくなってくるはずです。

そこで一つ助言です。

大事なことは、自分を人間だと思うことです。

陰キャラとか、あほだとか、バカだとか。

それらの価値観を全て取っ払った、

「一匹の人間という生物として生きながらえている自分を見る。」

ということが僕は、前進しつつ殻を破ることで大事なことだと思っています。

人間だからできること

人間ならば、学ぶことが出来るし、人間ならば、人を思いやることが出来ます。また人間だからこそ、失敗もするのです。

そういった、普通のヒトだ、と自分を見れば、なんとなく、どことなく客観的に見ることが出来、心の枷を外すうえで大きな力になっていくのだと思います。

 

そうして心が前向きになったときに、大事なことは、強くなることです。

結局の所、人生は並み以上になることにテーマづけられると思います。自分を逸脱した人間にするためには、努力が必要ですね。

そこについて、深堀していくのが、次の項です。

なんだかんだ、心技体をそろえることこそが強くなっていく上で必要だ。

心、技、体。

どれか一つでも、欠けていくとそこから私生活、仕事、人間関係が一気に崩れ去っていきます。必要最低限の心、技、体。これらを身に着けましょう。

それがただ生きるだけではなく、互いのシナジーを活かし合い、ひいては目の前の問題を分解するうえで力を発揮していきます。

心があれば、対人関係で強く出れます。技があれば、仕事関係においてミスがなくなっていきます。体があれば、いろいろな仕事に長時間没頭することが出来ます。

 

この3つは、鍛えていくことで、いじめ抜くことで、磨かれていきます。

人として強くなることが出来れば、考え方や世の中の見え方が変わり、勇気を持つことが出来ます。勇気があれば、人生が変わりますね。

そういったわけで、現状突破するうえで、心技体を強化することをお勧めします。

まあ、ここではこれ以上深く語る必要性がないと思ったので、とりあえず、心、技、体を磨くことをお勧めしますね。

心と技を制するうえで、効果的な物

一つ助言をすると、心と技、3つの内2つを制するうえで効果的なものは

作品に触れる。

ということだと思います。

心と技はセンス依存だと思います。その人が生きてきて蓄えられた引き出しや、感性によって技のキレ味や心の持ち様に変化が生まれます。そして人生において幾度となく繰り広げられることになる、本番勝負においてそれが存分に発揮されるわけです。

繰り返し言います、発露は作品に触れることだと思います。一流の作品が醸し出している、こだわりや造形から、何かを得ようと見たり聞いたりすることこそが、魂の成長に大きな力をもたらすのです。

漫画、音楽、映画、小説。

色んなものを楽しむ心を持ちましょう。楽しむが成長すれば、学ぶに変わります。そして学びの多さが、レベルに直結します。

楽しむことは、体力のあるうちしか出来ないことです。だからこそ、いろんな作品を貪り漁る、貪欲さを僕は持ってほしいと思っています。

面白い・見ごたえのある作品を多数みるうえで、役立つツール一覧。

没頭できる体力を身に着けよう

そして、本や作品に没頭できる体力を身に着けましょう。僕が思っている体力は結局の所、

体力と精神力の掛け算。

体力が100あっても、心が0ならばそれは体力がないのと同然です。逆に体力が1でも、心が100あれば、100の体力をもって多少の無茶が効く仕事や趣味に没頭することが出来ます。

いうまでもなく、努力の世界や、娯楽の世界において時間をかけるということは、大きな力を発揮します。

1万時間の法則

ちょうどいい説明媒介がありますので紹介しますと、

1万時間の法則

というものがありますが、それなりに意識の高い人ならば、存じ上げていると思います。

これはどんな分野にしても1万時間頑張ればその分野においてはトップレベルに立てる。という話です。

1万時間は、途方もない時間ですが、この途方もない時間を解決するには何を隠そう体力が必要になるのです。乱暴な話をすれば、結局の所時間をかけさえすれば、人間からの逸脱は可能だとも言えます。さらに、振り切った説明をすれば結果を残したいのなら体力をつけろ。という話になりますね。

となれば、日々の健康生活や運動がどれだけ大事なのか、どことなく理解できた人は多いのではないでしょうか。

陰キャラは辞めるモノではなく、いつの間にか辞めている物

強くなること。

これをテーマに頑張っていれば、人の見る目が変わってきます。僕の経験談を話せば、月収150万円男を引っ提げて、同窓会に行ったという話があります。

少し話が変わるのですが、同窓会に行って、びっくりしたことがあります。先ず、周りの変化です。ひそかに好きだったあの子が、デブになっていました。クラスの片隅で本を読んでいたおとなしい陰キャラ女子が、すごく美人になっていました。当時イケイケだったあいつは、今は行方不明になっていました。

時間が、もたらす変化はすさまじいと思いましたね。

僕の話をすれば、みんな変化に気づきました。なぜならこれ見よがしに、良い靴を履き、良い服を着ていたからです。それでも、みんな性格が良くなっていて、

「すごい稼いだね」「ニートなのに凄い」とか言ってくれました。

その瞬間、僕が当時いじられていたことなんて完全に忘れて、

「学生時代、こいつらとも仲良くなれた世界線があったのかもしれないな。」

と思いましたね。

自分の変化に気づく

で、そこで気づいたのは、自分の変化でしたね。

昔は、こういった考え方も出来ず、「なんやねんあいつ、見る目かえやがって」とか思っていたに違いないのですが。

いろいろな努力を繰り返すことによって、心が磨かれて、人を悪く見ようとする習慣がなくなったのだと思います。

結果、僕は自然に陰キャラを脱却することが出来ていたのかと思います。ここで言っているのは、心がひねくれている悪い意味の陰キャラであり。未だに僕は陰キャラです。

人を作っているのは、間違いなく日々の努力

タフになりましょう。

人間の強さは、自分を殺せることだと思います。やってはいけないけどやりたいこと。楽が出来ること。それを何とか封じ込めて、すべきことに没頭することが出来る。持ち前の頭脳に加えた、そういった強さが我々人類を最強種族に押し上げる原動力だったのだと思います。

心を殺してやるべきことをすれば、未来が生きてきます。未来が生きて来れば、人生が蘇っていきます。

まずは、自分の心をいかにして殺すことが出来るかが、キーになるのです。

 

日々の努力、これに没頭しましょう。1を365繰り返せば、365になるのです。

幼稚園生でもわかることですが、これを理解していない人が多いのです。だからこそ躓き嘆きます。

それはなんとなく、今までの人生で理解していることではないでしょうか。僕は痛いぐらいに実感しているのです。

だからこそ、今後も等身大の僕+1を繰り返していきたいと思っています。

最後に

努力について語りました。

最後に言いたいことは、

「無茶をしましょう」

あえてネガティブな要素を孕んだ言い方をしましたが、無茶をするとは、良い言い方をすれば、

限界に挑戦するということです。

限界に挑戦すれば、殻が破れます。殻が破れれば、景色が変わります。

景色が変わるとは、とどのつまり人生が変わっているということです。

 

周りに人に馬鹿にされた、後ろ指をさされた、要因は何でもいいので、無茶をしてみましょう。

まず並み以上になりましょう。そうすれば、何も言われません。そして並み以上になるには、並み以上の頑張りが必要です。

そこを考えれば、何が必要かと言えば、無理な努力することですね。

 

最終的な答えは、任せます。

いい報告を待っていますよ。

グッドラック。

当ブログ人気ランキング

ブログの作り方について

ブログの作り方は多くの人が参考にされています

アフィリエイトは課金システム?

金を稼ぐには金をかけた方が良い?僕の本音を語ります。

使えるツールを5つ厳選紹介

使えるモノは使っていきましょう。

-自己啓発

Copyright© hasamiblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.