生き方 野球

スマホの有効活用。

現代社会は、スマホやネットの発展が著しく。

非常に素晴らしい技術に囲まれていると思います。ポケットの中に世界情勢を掴める日はすぐそこに来ているわけであり。この波に乗れるか否かが、人生の分かれ目になる。と言っても過言ではないのかもしれません。

中には有り余る技術力を使いこなせない挙句に

「世の中生きづらくなったなあ」

と愚痴をこぼす人もいますが、それは間違いであり、自分たちが置いていかれないように、努力する必要があると僕は思っています。

 

こと娯楽においても、それは一緒ですよね。

手のひらの上にハリウッドや漫画展を展開できる時代はとうの昔に来ているわけです。

で、それらは短い時間で楽しむことが出来るので、昨今その活用法に注目されているスキマ時間でも楽しめるものとなっています。

 

今や、漫画、アニメ、映画は休日にわざわざ時間を削ってまで見るものではないのかもしれませんね。

(まあ、映画館は別だと思っています。あの大迫力の大画面と耳に届く最高品質の音。これによって、味わえる臨場感がありますからね。)

 

今回は、作品を手軽に楽しむことが出来る、便利なツールを紹介します。生き方をよりスマートに効率的に少しでも変える意識があれば、それが変化として人生に小さな波を起こし、いずれ飛躍するうえでのきっかけとなったりするのです。

僕も利用することによって、収益アップの発露になったりもしましたので、変わるきっかけがほしい人は作品を多数見ることが出来る、ツールというものを使ってみることをお勧めします。

それでは、紹介していきます。

なぜ作品をに触れる必要があるのか。

まず僕が、人生において大事だと思っていることは、心技体です。

心があれば、対人関係で強く出ることが出来。技があれば、仕事を簡単にこなすことが可能、そして体力があれば多少の無茶が出来るようになり、それがスキルアップや社会的地位の向上に貢献するのです。

そして、作品に触れることは、僕としては心技体の内、心と技。

この2つにいい影響を与えると思っています。

結局の所、心と技は引き出しに左右されます。引き出しとは人間的な蓄えであり、これが潤沢にある人間は成功しやすくなる傾向にあると思っています。僕自身、現在は160万円の収益を得ることが出来ていますが、それが出来ているのは教養を増やそうと思ったからです。

例え役に立たなそうな知識や、哲学でも。いや、だからこそ土壇場の場面で発揮することが出来、それが飛躍の特効薬になったりするわけですね。

だからこそ、僕は作品を漁り、貪り。自らの糧にすることをお勧めします。いろいろな考えに触れることで、土台が出来上がり、土台が人間を作り上げるわけですね。

とすれば、作品に触れる意味をなんとなく分かってもらえたのではないかと思っています。

オススメのツールを紹介します

スマホ一つで、様々な作品を見ることが出来る、オススメツールっていうかアプリを紹介します。

  • イーブックジャパン→漫画
  • kindle、honto→小説全般
  • U-ネクスト、FOD→映画、アニメ全般
  • LINEミュージック、スポフィティ→音楽

個人的なオススメアプリはこれらですね。それぞれによって違う役割を持たせることが出来れば、上記の通りスマホ一つであらゆる分野をカバーすることが出来ますね。

これらは、アプリさえインストール出来れば、手軽に利用できるコンテンツなので、個人的におすすめしています。

生活形体に合わせて使っていくことが大事

僕は上記で挙げた、全アプリをインストールして、生活の場面場面で使っています。これが出来るのは僕に時間が余っているからですね。

実際には全てインストールするまでもなく、自分の生活に無理がない程度に扱うこと。これこそが至高ではないでしょうか。

特に、U-ネクストはアプリとして洗練されていますが有料ですね。仮に使わなくなった場合、後に解約するのがめんどくさいです。良い映画を見させてもらっているので僕は、あり難く使っているわけですが、もし、映画通ではない人が使ったとすれば、無用の長物になる可能性も高い気がしますね。それは音楽アプリもしかりです。

ただ、無料のアプリは使っていて、損はありません。電子書籍は万人にオススメ出来るコンテンツだと思っています。

イーブックジャパン→漫画読める

すごく使いやすいアプリです。

好きな漫画がいつでも読めるしサービスも行き届いていて、苦しゅうないです。個人的な意見を厭わず書けば、

あらゆる電子書籍の中で一番いいと思っています。

マジで何でもそろっているので、鬼滅の刃やら進撃の巨人やら。気になる作品がある人は使ってみることをお勧めします。僕が最もお世話になっているので、日ごろの感謝を込めてリンクを貼っておきます。

イーブックイニシアティブジャパン eBookJapan

僕はこのアプリで本を買ってスポンサーにまでなりました。だから、このリンクから飛べば、本が一冊無料。

なんてことは嘘で、あり得ない話ですが、一々ググるのがめんどくさい人はぜひ活用してください。

kindle→小説、自己啓発

本を読みたいのなら、これがオススメです。

イーブックは、漫画系が強いですが小説が揃っていないので、これで補てんしましょう。古き良き電子書籍ツールで、利用者も多いのが安心できる点です。

ぜひ使ってみるといいと思っています。

ただ、個人的な意見を言えば、実生活において、基本的に自己啓発系専用ツールになっていますね。僕は小説を読む場合は、紙媒体で読みますので。

それでも、購入するときの手間が省かれるのは電子書籍ならではの良い所ではないかと思っています。

U-ネクスト→映像系(アニメ見放題)

このアプリの長所短所を一発で語るとするのならば、映画を見るには有料ですが、アニメがただつまりは、ノーコストで見放題です。アニメ好きでコスパ重視なら、お勧めできるアプリです。

まあ、登録自体は無料ですが、月額で2000円のお金がかかります。年間24000円の金額を高いと思うか、低いと思うかはあなた次第ですが、僕は月収が160万円ほどあるので、安いと思っています。

生活に負担のかかる、アプリなので使ってみるときは注意が必要であり、僕も工場で働いているときは、気をつけていましたね。NHKの集金みたいなもので、少額ながらこういったモノは痛いのです。

 

※最近は、1か月間は無料で使えるようになった、とのことです。キャンペーン的なやつですね。↓リンク参照。

U-NEXT

無料期間のうちに、最近のコンテンツのすごさがどれほどの物か知る試金石とすれば、良いのかもしれません。

合わなければ至極当然の如く、1か月使ったのち、解約すればOKです。悪い奴ですが、悪い奴が得をするのが世の常ですので、気にすることはないでしょう。

LINEミュージック→音楽

人が作ってて、それでいてためになり、尚且つ楽しめるもの。

という意味では、僕は音楽もその一つだと思っています。

そもそも、音楽の役割の広さは時代が証明しており、太古から人々を鼓舞したり、宴を陰で支えたり、求愛をに活用したりと幅広い用途がありました。もしかすると今回紹介した「作品」というくくりでは最も人々に親しまれるのが、音楽なのかもしれません。

僕自身は、窮地に立たされた時に自分を鼓舞する、行進曲として人生のお供とし、携えてきました。

ちなみに、ミスチルからは、いろいろなことを学びました。

 

ひかえめにいって、音楽大好きな僕。

昔は、CDで買っていたのですが、今はこういったアプリがあれば高音質で楽しむことが出来るので、わざわざCDを買わなくてもいいのかもしれませんね。

有料ですが、月額500円ぐらいで使えるので、使ってみるといいのではないでしょうか。

 

アプリは、スポフィティを使う人がおおいのですが、僕はLINEミュージック派ですね。

いろんな曲が揃っているし、自分のLINEトップ画面では、「俺はこんな曲を聴いているんだぞ。」と曲設定し、他者にアピールすることも可能です。僕はミスチルの名もなき詩を設定しています。

意外と、おっさん世代の曲が好きなんやなと言われるのですが、とんでもない話です。ミスチルの曲は正直、現代でもまだまだ通用します。音楽家の寿命は長く、ミスチルなんて、デビューから30年たってますからね。

人生の幅を広げるのは、スマホ一つで可能だ

上の通り僕はそう思っています。

パソコン一つで、お金を稼いでいるのが現在の僕なのですが、もしかするとスマホ一つでお金を稼げるようになる時代も来ているのかもしれませんし。ある人は、実際にスマホだけで、生きていけるのかもしれません。

それだけ、今後の活躍が約束されているスマホ、なのですから可能性を広げるために使わないことは非常にもったいない。

これが、僕の意見です。

だからこそ、今回紹介した4つのアプリ。ぜひ活用してみてください。こうして書けば桜みたいなるのですが、もうそれでもかまいません。

  • イーブックジャパン→漫画
  • kindle、honto→小説全般
  • U-ネクスト、FOD→映画、アニメ全般
  • LINEミュージック、スポフィティ→音楽

とはいえ、結局は、その人次第ですね

まあ、いろいろな、アプリがあるので、合う合わないがあると思いますが、合わないものほど僕は良いモノだ。

と思っていますね。良薬は口に苦しという言葉がありますが、それと一緒です。

難色を示すものほど活用し、使いこなせるようになれば大きな力になってくれるのです。ということで、今回は可能性のあるアプリを紹介してみました。

作品を楽しむうえで、ぜひ、使ってみてもらいたいですね。

 

今回は以上となります。

 

人気記事

1

結局のところ、すごい人の良い所をパクって這い上がってきたのが僕という人間です。 そして古今東西のアフィリエイターはそうやってスキルを身に着けていったと言えます。やはり真似こそ最強のトレーニングです。 ...

2

僕は20代ぐらいの時に 「人生が終わったなあ」 と思っていた時期があります。   しかしながらなんとかすることが出来ました。 (こういえば、軽いですが(笑)) 今回は、人生が20代で終わった ...

3

アフィリエイトで収益化するために必要な能力はどこにあるのでしょうか。それ「+」どれぐらいの時間がかかるのか。 僕の経験則を踏まえて、書いていこうと思います。   そもそもアフィリエイトって儲 ...

4

アフィリエイトってオワコンだろ。 1万年と2000年前から交わされてきた議論ですが、現在においてはいかがなるものか。 単刀直入に言えば、 オワコンではないと思っています。 というのも稼げる人間は現在も ...

5

アフィリエイトで稼ぐコツとか、SEOとか、セールスライティングとか言われても分かんねえよ。 実は僕も始めたころはそういったことを思っていました。 ということで、ここは論よりも証拠、百聞は~ということで ...

-生き方, 野球

Copyright© LionHeart , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.