生き方

ブラック企業に入ってしまった新卒は、どうすればいいのか。

現代社会において、大きな問題となっているブラック企業。

実は、新卒がブラックに入る確率はすごく高いです。

日本企業の8割がブラック企業で、つまりほとんどの人が就職し、ほどなくして予想以上の激務に追われるわけです。

 

8割ってとんでもない数字で、ポケモンの吹雪や雷よりも確率が高いです。

ブラックで働くことは当たり前。

ブラック企業への就職

これを前提としておくことです。

 

重要なことは、

いかにうまく立ち回っていくか。

 

水質の濁った環境下でいかにしてゴマをすり、見て見ぬ振りをし、自分を売り込むか。

希望を言えば、自分のスキルを磨いて認めてもらうか。

 

とはいえ、そういった環境下で生きることが出来ない人もいます。

僕がそうでした。

透明な空気を吸って育ってきた者は血煙舞う環境下では長生きが出来ません。

僕の経験

僕自身、ブラック企業で働いてました。

その中で上司にパワハラを受け続けた結果。

残業&精神的なダメージ

が僕の内面を蝕んていったのです。

 

まさに

「明日が無い。」

という感じでして、人生について本気で考えたのがこの時期だったと思います。

 

結果として、在宅でやっていくことを決めました。

今は組織に属さない生き方をしています。

 

いろいろあった僕ですが、ブラック企業で5年ほど活きてきました。

そこで努力して、現在があるわけです。

今回は、

新卒がブラックに入った場合、どうやって生きていけばいいのか

ここにフォーカスしたいと思います。

ブラック企業で働くうえでのアプローチポイント

  • いずれ、独立する
  • スキルは学んでおく。
  • 苦しい目に遭っても、発狂しないメンタルを育てる。
  • どうしてもしんどかったら、逃げてみる。

ブラック企業で働いていた中で、

「特に大事だったな。」

と思うことは上の4つです。

具体的に掘り下げていこうと思います。

1.いずれ独立&転職するつもりで働く。

あなたもこのサイトに来たのであれば、

ブラック企業での労働に疑問を持っているのではないか?

と推測します。

 

そう言った人ならば

独立&転職前提

これで動き出してみるのはどうでしょう。

 

会社は単なる金稼ぎの場所。

もはや家→会社の往復作業だと割り切るのです。

こう考えると、すごく楽になります。

現代は転職&スキルを身に着ける手段は腐るほどあるわけです

現代はいろいろな手段があり。これからのキャリアについて明るく考えられる時代です。

例えば、TechAcademyなど転職サポートまでしてくれる企業もあります。

エンジニアになれるスキルを学びつつ、次の職場を探せる点を考えれば悪くない条件だともいえます。

3万人がすでに受講済みで満足度も高いところを考えると無難かつ、安定した一手です。

副業だって別にやれば良い。

また副業でお金を稼ぐのも良いと思います。

そこでスキルを身に着けることが出来、独立の武器に出来ます。

 

僕はと言えば、ブログをやっていました。

会社に勤めながら、日々記事を更新しそこでマネタイズの設計をしていました。

身に付いたスキルはいま独立するうえで活用しています。

 

副業も極めれば、

副業の収益>本業の収益

になります。

そう考えれば、やらない手はないと僕は思っています。

ブラック企業に不満があるのなら、しっかりと動き出すこと

環境のせいにするのは、やることをやってからだと思います。

現状に不満があるなら、とにかく動き出すこと。

これですね。

 

一歩目を踏み出すのは不安でしょうが、その一歩は確実に明日を変えるでしょう。

ゴールへ到達しようとの試みにこそ、栄光はある。

~ガンジー~

2.ブラック企業でも学べることは学ぶ。(地獄に仏)

劣悪な環境にも、きらりと光るものがある

僕自身がブラック企業で働き感じたことです。

 

学問に場所は関係ありません。

そこで学べることは確実に学ぶこと。

これが大事であり、やるべきことをしっかりやっておけば次の世界でもなんとかやっていけるのです。

 

ブラック企業においても、身に着けて損はないノウハウはあるはずです。

人間性。社会人としての常識。仕事における価値観。

人は人生のうちに1度は社会にもまれるべきです。

どれだけ、悪いことでも

ブラック企業に入れば、社会の理不尽さもある程度学べるはずです。

それを見て、

あれはやっちゃいけないな。

と思うことが出来れば、自分がそういったミスを犯す確率は減ります。

そして、これもまた勉強なのです。

 

学問とは聖人だけでなく悪人からも学べるのです。

 

嫌いな人の言動こそ注意深く見ておき、いざ自分が同じ場面に立った時。

同じ過ちを犯さないようにすることが大事なのです。

3.苦しくても耐えうるメンタルを持っておく

苦境であったり、劣勢な場面に立たされた時。

負けないメンタルを育てあげることはすごく大事なことですよね。

 

良く言われることは、

若い時の苦労は買ってでもせよ

です。

 

そういったことを思えば、苦しい時に何とかして耐え抜いたという経験は今後の人生にも生きてくるのではないかと思っています。

 

僕もパワハラを毎日のように受けていました。

それでも、出来るだけ挫けないように頑張っていました。

「この経験が、後々生きてくる」

そう信じて、毎朝行きたくない会社に出勤していたわけです(笑)。

 

ただ、本当につらいことというのはある程度時間が経ってから

「あの体験をしておいて良かったな」

と思えるのです。

心が折れそうなときは、漫画を読んだ

限界を迎え、心が折れて挫折したこともあります。

20にもなって、仕事終わりの車の中でむせび泣いた記憶があります。

(あの時は本当にしんどかった。)

 

そういった時に、勇気をくれるのは漫画とか映画とか、本でした。

日本の作品は本当にすごいと思っています。

職人は棟梁や芸術の世界だけでなく、娯楽の世界にもたくさんいて。

そう言った人達の腕には神が宿っているのです。

 

日本のことを悪い国のようにディスる人もいますが、

  1. 美味しいお米を食べれる
  2. 治安が良い
  3. 最高の作品が揃っている。

この3点を考えると、日本に生まれた時点で幸せなことではないだろうか?

と僕は思いますね。

 

ちなみにオススメの作品ですが

  1. 宇宙兄弟
  2. のだめカンタービレ
  3. キングダム
  4. 秒速5センチメートル
  5. 君の名は
  6. 新世界より
  7. 鋼の錬金術師

など、思いつくだけでもいろいろあります。

どれもこれも、僕の心に新しい世界をもたらしてくれた神作品です。

4.どうしてもしんどい時は逃げることも覚える

ただ、どれだけ強いメンタルでも向かってくる苦しさに心がおられ。

行動できない場面に遭遇するときもあると思います。

 

そういった時には、逃げることも大事です。

逃げた者はもう一度戦える。

~デモステネス~

 

逃げ道を作らないと心は雨風にさらされた鉄のようにどんどんと風化していきます。

頑強な鋼でも、錆びてしまえばあっという間に土塊になってしまいます。

 

時としては、雨宿りできる場所に退避することも重要です。

戦略的撤退ですね。

逃げ道を用意する

僕は一人ぼっちだったので、自分で逃げ道を用意していました。

それは、ずる休みだったり、早退をしたり。

さきほど紹介した娯楽作品の世界に退避したり。

 

これらはあまり褒められることではありません。

 

それでも当時の僕には友達もいませんでしたし、家族もそれほど仲が良くなかったです。

彼女もまあ・・・いませんよね(笑)。

 

そう言った人は、何とかして自分用の防空壕を作り出す必要があり。

そこで、社会より落とされる爆撃から耐え忍ぶ必要があるのです。

そのひもじい経験がハングリー精神となり、後々大躍進するうえで大きな力添えになってくれると思いますね。

 

満足ではなく、不満で前に進むことが出来る。

それが人の強さです。

最後

運命は絶対にあります。

人は、生まれた時からある程度のレールを敷かれるものだと思います。

それでも、

そのレールを踏み外すことが出来ます。

なぜならば、人は考えられるからです。

 

運命とは、人生とは、定めとは。

臆病者の言い訳です。

だからこそ、あがくこと。あがきまくって明日を掴みに行くこと。

現状に満足していない人は、ここに力を入れるべきだと思っています。

自分の人生を作るのは、自分

間違いのないことは、、

自分の人生を作るのは自分

ってことですね。

 

脇役、主役が分かれるのが世の中で、それは仕方がないことです。

 

それでも、

「俺はわき役だから。」

と言って、生き方に手を抜くこと。

これは、間違っています。

 

自分に与えられた役割を精いっぱい頑張っているうちに、道は開けてくるはずです。

60分ドラマの人生はまだ始まったばかり。

だからこそ、下でもなく、横でもなく。前を向いていきましょう。

前を向いていたら、いつの間にか上を向くことが出来ているハズです。

おさらい

  • いずれ、独立する気でいる。
  • スキルはしっかり学んでおく。
  • 苦しい目に遭っても、発狂しないメンタルを育てる。
  • どうしてもしんどかったら、逃げることも覚える。

これらが、今回伝えたかった話です。

これを参考にして、ブラック企業と人生について本気で考えていきましょう。

ブラック企業に勤めているからと言って、自分の人生が黒星になるわけではありません。

 

人生は短いからこそ、本気で生きることが出来るのです。

だからこそ、今日という一生を本気で生きていきましょう。

今日が尽きる前に、出来ることは沢山あるはずです。

 

人気記事

1

25歳にしてブログで生計を立てています。 月収は大体150万円。   このページのコンセプトは ブログ完全初心者が月/5万円を稼ぐには? これに対するアンサー記事です。 非常にシンプルですが ...

2

僕は20代ぐらいの時に 「人生が終わったなあ」 と思っていた時期があります。   しかしながらなんとかすることが出来ました。 今回はブログ主のちょっとした話をしていこうと思います。 言ってみ ...

3

ブログで稼ぎたい人に送るページです。 ここでは、初心者から中級者になるためのスキルについて紹介していきます。 目次1 稼ぐ手段について(SEOとか解説しています。)1.1 ブログで稼げない理由は2つあ ...

4

ブログのメリット、どこにあるの? これに関して、アンサー記事を書いていきたいと思います。 目次1 ブログのメリットを一言で表せば、ビジネスの勉強を出来るところにあると思う。1.1 ブログ運営というのは ...

5

アフィリエイトブログ の作り方を解説します。 目次1 アフィリエイトブログって?1.1 どうやって稼ぐの?1.1.1 稼ぐのは、簡単なの?1.1.2 作るのは、簡単なの?2 アフィリエイトで大事になる ...

-生き方

Copyright© LionHeart , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.