生き方

ブラック企業に入ってしまった新卒は、どうすればいいのか。

現代社会において、大きな問題となっているブラック企業。

実は、新卒がそれを引き当てる確率はとてつもなく高い。と言われています。

なんでも、日本の企業の8割がブラック企業であり、ほとんどの人が就職し、ほどなくして予想以上の激務に追われる。

と言います。

8割ってとんでもない数字で、ポケモンの吹雪や雷よりも確率が高いです。

ブラックで働くことは当たり前。

ってことで、ブラック企業に就職することを前提として生きていかないといけない。

というのが、これからの社会人の基本的な考え方になりそうです。

重要なことは、その中でいかにうまく立ち回っていくか。ということです。

水質の濁った環境下において、どういった感じでゴマをすり、見て見ぬ振りをし、自分を売り込むか。

まあ希望を言えば、自分のスキルを磨いて認めてもらうか。

って感じですかね。

 

とはいえ、そういった環境下で生きることが出来ない人は一定数います。

特に社会経験の少ない新卒はそういった環境で生き抜いていくことは難しいのではないかと思っています。

透明な空気を吸って育ってきた人間が、血煙を吸いながら生きていくことは、難しいということです。

僕の経験

僕自身、ブラック企業に近いグレー企業で働いてましたが、上司にパワハラを受け続けた結果。

社会人になって大きな挫折を経験しました。それによって人生が180度変化して、今は組織に属さない生き方をしている。

と言えます。

 

今回は、こんな僕が提案するブラック企業へのアプローチの仕方を提案していこうと思っています。

良ければ、参考までに。

ブラック企業で働くうえでのアプローチポイント

僕が思っていること、そして尚且つ常にイメージしていたことはこれですね。

  • いずれ、独立する気でいる。
  • スキルはしっかり学んでおく。
  • 苦しい目に遭っても、発狂しないメンタルを育てる。
  • どうしてもしんどかったら、逃げることも覚える。

これらが、大事だと思っていて、実際にこれを実践することによって僕は、何とか生き抜くことが出来たと思っています。

いずれ独立する気でいる

結局のところ、濁った水質で生き続けていたら、泥水を啜り続けていかないと生きていけません。

そういった生き方でいいのならば、そのままそこで働き続けても良いのだと思います。

それでも、ほとんどの人はそういった生き方に納得できない場合が基本ではないでしょうか。

僕も納得できませんでした。

 

だからこそ、趣味でやっていたブログを

趣味→副業→本業。

へと昇華させていったのです。

スキルを身に着ける作業

本業に加えて、新しいスキルを身に着けることはすごく難しいことです。

どんな人にも体力の限界があるからです。それでも人は生きていたら「やらないといけないとき」があると思います。

 

そういった時に、本気で頑張れないことには、

結果を出すことなんて。自分らしい人生を歩んでいくことなんて無理な話です。

 

確かにしんどいですが、どんなことでも最初はしんどいものです。

スキルはしっかりと学んでおく

劣悪な環境の肥溜めにも、きらりと光るものがあります。

 

学べることはしっかりと学ぶ。ということは大事で。

 

ブラック企業においても、身に着けて損はないノウハウというものは絶対にあります。それに、きっと尊敬できる人もいるだろうし、そういった人が携えている言動や人間性を真似ていくこと。

これは、率先してやっていった方がいいと思っています。

極端なことを言えば、世の中にある全てのことからは学ぶことが出来ます。

どれだけ、悪いことでも

例え、目に余る悪行でも学べる部分はあるのです。

それを見て、

あれはやっちゃいけないな。

と思うことが出来れば、(反面教師)自分がそういったミスを犯す確率は減るだろうし。

それに、悪いことをしている中にも、結果が出ている事象があり、そういったところに発見はあったりするのです。

悪しき詐欺、良きスキル

詐欺の手口について、勉強する機会がありました。

詐欺とは間違いなく、やってはいけない愚行です。

が、それでもそういった手口の中には人の気持ちを動かすメソッドがちらほらとみることがが出来ました。

 

  • 人の目をひく「つかみ」の書き方。
  • なぜか心が揺り動いてしまう数字の使い方。
  • めちゃくちゃな文法で、文章を読ませるやり口。

狡猾な詐欺の手口は、優秀な心理学でもあります。

 

ある意味では、それによって僕のスキルにも磨きがかかった部分があります。

僕自身の経験として、こういった経験もあるので、

盗むべきところから盗む。

ということは、そこまで悪いことではないんじゃないか。

と思っています。

 

ブラック企業でも、ダメなところをダメで断定していたら。

もったいないと思っています。

良い所は良いで、成長の素材にできるところは、真似していくこと。

これが、重要なのかな。と思っています。

苦しくても耐えうるメンタルを持っておく

ブラック企業ならば、精神的に堪える場面が多く回ってくると思います。

そういった苦境であったり、劣勢な場面に立たされた時。負けないメンタルを育てあげることは、すごく大事なことではないかと思っています。

 

良く言われることは、

「苦境の中でこそ、その人の真の実力が見える」

ということです。

 

そういったことを思えば、苦しい時に何とかして耐え抜いたという経験は今後の人生にも生きてくるのではないかと思っています。

 

僕もパワハラを毎日のように受けていました。

それでも、出来るだけメンタルはそのままでキープするように努めましたね。

「この経験が、後々生きてくる」

ということは、なんとなく確信していたからです。

心が折れそうなときは、漫画を読んだ

僕だって人間です。

心が折れそうになることは、ありますし、限界を超えた苦痛に、心が折れて挫折したこともあります。

今では、懐かしいのですが、仕事終わりの車の中で大声で泣いたこともあります。

本当にしんどかった。

 

そういった時に、勇気をくれるのは漫画だと思っていますし、僕も幾度となくすくわれました。

 

本だと堅苦しいし、アニメだと緩すぎる。

調度いい具合に漫画は心に寄り添ってくれます。

 

僕に勇気を与えてくれた作品は、進撃の巨人と宇宙兄弟です。

苦境に立たされている人は、ぜひ読んでみてほしいと思います。

どうしてもしんどい時は逃げることも覚える

ただ、どれだけ強いメンタルでも向かってくる苦しさに心がおられ。

行動できない場面に遭遇するときもあると思います。

人生は、耐えるだけではうまくいかないものです。

 

そういった時には、受け流していくメンタルを鍛えることも、大事です。

逃げ道を作らないと心は雨風にさらされた鉄のようにどんどんと風化していきます。

頑強な鋼でも、錆びてしまえばその強度は一気に低下します。

 

時としては、雨風にさらされない場所に退避することも重要です。

逃げ道を用意する

僕は一人ぼっちだったので、自分で逃げ道を用意していました。

それは、ずる休みをしたり、早退をしたり。

まあ、褒められる方法ではありません。

 

ただ、周りに仲間がいる人は相談してみることも良いんじゃないでしょうか。

僕は、仕事がどうしてもしんどい時。

恥を忍んで母親に相談しました。すごく心が楽になりました。

この時、人と関わることの大事さを知ったのですが、これを読んでいる人も、仲間と呼べる人がいるのなら。

恥ずかしい思いを抑えて、話を聞いてもらってもいんじゃないかと思います。

 

人間という字は、人の間と書きます。

これは、人は、一人では生きられないことを表しているのです。

娯楽に逃げても

僕は、マジでしんどい時。

ゲームをやりまくっていました。

現実がシンドイから、電脳の世界に身を投じたのです。

 

それでも、そういった一見無駄に思えるようなことが、僕にとってはめちゃくちゃ有意義な時間だったのです。

人生に無駄なんてない。という言葉。僕はあまり信用していません。好きでもありません。

それでも、周りの人から見て無駄だったゲーム三昧の日々は今の僕に無くてはならない、要素だと思っています。

最後

運命は絶対にあります。

人は、生まれた時からある程度のレールを敷かれるものだと思います。

それでも、そのレールを踏み外すことは出来るし、その努力は誰にだってできる。

と僕は思っています。

 

運命とは、臆病者の言い訳です。

だからこそ、今からあがいていくこと。

これを、一つオススメしたいと思います。

自分の人生を作るのは、自分

間違いのないことは、、

自分の人生を作るのは自分

ってことですね。

 

脇役、主役が分かれるのが世の中ですし、それは仕方がないことです。

それでも、俺はわき役だから。

と言って、生き方に手を抜くこと。

これは、間違っています。

 

自分に与えられた、役割を精いっぱい頑張っているうちに、道は開けてくるはず。

だからこそ、ふてくされずに前を向いていきましょう。

おさらい

  • いずれ、独立する気でいる。
  • スキルはしっかり学んでおく。
  • 苦しい目に遭っても、発狂しないメンタルを育てる。
  • どうしてもしんどかったら、逃げることも覚える。

これらが、今回伝えたかった話です。

これを参考にして、ブラック企業に切り込んでいきましょう。

ブラック企業に勤めているからと言って、自分の人生が黒星になるわけではありません。

 

ということで、今回は以上です。

人気記事

1

結局のところ、すごい人の良い所をパクって這い上がってきたのが僕という人間です。 そして古今東西のアフィリエイターはそうやってスキルを身に着けていったと言えます。やはり真似こそ最強のトレーニングです。 ...

2

僕は20代ぐらいの時に 「人生が終わったなあ」 と思っていた時期があります。   しかしながらなんとかすることが出来ました。 (こういえば、軽いですが(笑)) 今回は、人生が20代で終わった ...

3

アフィリエイトで収益化するために必要な能力はどこにあるのでしょうか。それ「+」どれぐらいの時間がかかるのか。 僕の経験則を踏まえて、書いていこうと思います。   そもそもアフィリエイトって儲 ...

4

アフィリエイトってオワコンだろ。 1万年と2000年前から交わされてきた議論ですが、現在においてはいかがなるものか。 単刀直入に言えば、 オワコンではないと思っています。 というのも稼げる人間は現在も ...

5

アフィリエイトで稼ぐコツとか、SEOとか、セールスライティングとか言われても分かんねえよ。 実は僕も始めたころはそういったことを思っていました。 ということで、ここは論よりも証拠、百聞は~ということで ...

-生き方

Copyright© LionHeart , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.