ブログアフィリエイト

アフィリエイト初心者は1記事3000文字書くべき。理由も述べます。

アフィリエイトを毎日しろって言うけど・・・

1記事、何文字書けばいいの?

今回はアフィリエイターとして、

1記事当たりに必要な文字数。

これを紹介したいと思います。

結論を先に書きます。僕の場合、

3500字。

これをノルマにしています。

 

理由を書きます。

3500字で、納得いく論理を展開できるからです。

それなりの質を維持出来、SEOで有利な戦いを出来るのが僕にとって3500というラインなのです。

 

じゃあ、初心者は一体何文字書けばいいんだよ。

それについては、下で。

初心者が記事/文字数を決めるときやってもらいたいこと

納得いく記事を書こうとすることです。

筋が通った質の高い記事を書こうとすれば、文字数は3000、4000、5000と膨らんでいきます。

結果、文字数は勝手についてきます。

とはいえ、どれぐらいの文字がSEO的に有利なの?

諸説ありますが、

3000字程度かと。

あくまで、体感的にですが、思っています。

Googleは進化している

最近のGoogleは賢いです。

より人間に近い感覚を身に着けているようで、内容が濃くても、冗長が過ぎれば圏外に飛ばされ。また。簡潔に書けても内容が薄ければダメって感じです。

絶妙なバランスがあり、そこを意識することは重要かと。

実体験

8000字ぐらいの記事を過去に書きました。

ですが、中々浮上せずに7~8ページ目にくすぶっていました。

そこで、記事内容を圧縮して厳選部位だけを残したところ。

検索上位に上り詰めました。

この記事ですね。

陰キャでつらい人へアドバイス。人生で成り上がるには。

「陰キャ つらい」

で検索すると、1位で表示されると思います。

こういった例があるために、Googleは人間的視点でサイトを評価していると感じます。

記事の価値

続けていく中で、

記事の価値

というものに気づくはずです。

記事が稼ぎはじめ、1文字当たりに価値がつき始めます。

 

最初は5000字書こうが、誰も読んでくれません。

結論、無価値です。

これでは、やる意味がありません。

 

だからこそ、数をこなし記事の価値を上げていく必要があるわけです。

場数理論

まあ、根性論です。最初は誰でも下手くそ。

続ける中で、やり方を覚えていきます。

とはいえ、これがすごく大事な意識なわけです。

記事を書く前に、アフィリエイトが上手いとは、どういうことか?

簡潔で内容ある記事を量産できる。

ここに尽きます。

人に好かれ、Googleにも好かれる。

それが出来るようになれば、収益化もそれほど難しくないです。

アフィリエイトでは、いろいろなスキルを用います。

マーケティング、サイトデザイン、SEO・・・etc

それでも、

最終的に求められるのはライティングスキルですね。

つまるところ、

伝える力に長けることが収益化への近道と言えます。

ライティングスキルを磨き上げる方法

ここで、ライティングスキルをいかにして磨くか?

3点ほど抑えていきます。

  1. 基本を固める
  2. とにかく書く
  3. 人からパクる

兎に角、この3つを僕は押します。

1.基本を固める

土台無くして、成果はあり得ません。

書籍を複数読んで、そこから基本の型を身に着けましょう。

幸い、ライティングに関してはさまざまな書籍があり。

勉強に事欠かない状況が生まれています。

オススメの書籍

  1. 沈黙のwebライティング&マーケティング
  2. 人を操る禁断の文章術
  3. シュガーマンのマーケティング30の法則

必読です。

なるべく早く読んで、血肉としましょう。

2.とにかく書く

いかに優れた論理も、使えなければ意味がない。

求められるのは、

知識より、知恵です。

ということで、とにかく書きまくり、その中で、基本に、基本を固め。

堅牢な土台を固めていきます。

基本を意識すべし

文章において基本はすごく大事だと思います。

音程の崩れない歌声に聴き手が魅了されるように、滑らかな文章は読んでいる人を心地よくさせ。

成約率を飛躍的に高めます。

3.人からパクる

邪道ですが、同業者から盗むやり方はオススメです。

良いブロガーなんて、調べれば腐るほどいます。

仕組みを盗む

成功する仕組みを1から作るのには時間がかかります。

所が、ある程度くみ上げられた仕組みを真似するのならばそれほど時間はかかりません。

勿論

丸パクは良くないです。

じゃあ何をパクればいいのか?

といえば、

構成

です。

 

優れたアフィリエイターがいかにして、論理を展開し、殺し文句で読み手を籠絡するのか?

「必ず」といっていいほど、稼いでいる人には必勝のパターンがあります。

そこを盗み取り自分の血肉にすれば、スキルは圧倒的速度で成長するはずです。

成長のイメージ

僕のライティングスキルは、こんな感じで作り上げられました。

  1. 実践
  2. 勉強
  3. 真似る

これが、ライティングにおける3種の神器だと思っています。

ぜひ参考までに。

営業マンとアフィリエイター

アフィリエイターは営業マンに近い部分があります。

ユーザーの求めている情報を的確に押さえ。

論理を展開し、成約を取っていく。

文章を使った営業

これをイメージすればいいと思います。

 

文章の優秀なところは、そこに残り続けることです。

24時間、自分の代わりに営業を行ってくれるため、寝ていても収益を得ることが出来ますね。

初心者に目標としてほしい文字数

さきほども似たようなことを書きましたが、

3000字

ここを目標に日々書いてもらえれば、と思います。

 

ただ、膨らませようとすれば3000字なんてすぐです。

自分にとって内容ある、3000字を書き続けてください。

はっきり言って、シンドイです

ここははっきりと

「シンドイ」

と書いておきます。

 

とはいえ、

シンドイ=成長できる

ということでもあります。

厳しい話、どんな世界でも上の領域に行くために苦痛を耐える必要があります。

アフィリエイターでも同様で、試練を乗り越え続けることに収益アップ、スキルアップがあると思ってもらえれば良いかと。

楽をして稼ぎたかったのに。

甘ったれるな

というのが、僕から言えることです。

どんな世界でもお金を稼ぐというのはそんなに簡単なことではありません。

それなりの流血をしてこそ、得られるものがあり。

調度、

血のにじむ努力

という言葉がある通りです。

努力すれば稼げるの?

恐らく稼げると思います。

あくまで僕の主観ですが、やっぱり稼いでいる人は、根性が凄いと思います。

手段をえらばず、と言えば聞こえは悪いです。

ただ、泥水を啜ってでも結果を出してやる。

という気概を文章や立ち振る舞いから感じることが出来ます。

そういった人を見ていると、

「負けてられないな。」

と思い励まされる部分もありますね。

3000字を書くうえで、効果的な文章構成

これは僕なりに編み出した、構成の仕方です。

良かったら参考にしてください。

  1. 結論
  2. 理由
  3. 感情
  4. まとめ

この順番で、一つのテーマを突き詰めていく。

すると、それなりに文字数が増えて、「読める文章」を書けるようになると思います。

ちょっとした説明もしてみましょう。

結論

先に結論を述べます。

答えを先延ばしにされるとプラウザバックされやすくなるので。

理由

結論を言うだけじゃ、ただのぺら記事です。

そこで、筋の通った理論をいくつか検挙します。

この時、3個、もしくは5個ぐらいが好ましいと思います。

人の不思議で3と5という数字には魔力があるのです。

  • 理由を三つ言います。
  • 5つのワケとは?

的な感じですね。

感情

ここでは、読み手を面白がらせる理屈を展開します。

つまるところ、心を揺さぶることです。

論文なら先ほどの理屈だけでも成り立ちます。

けれども、これは商売なので心を動かさないと始まりません。

  1. たとえ話
  2. 哲学
  3. 体験談

これらは、読んでもらいやすいですね。

まとめ

終わり良ければ~の言葉通り。

ここがしっかりしていれば、納得してもらいやすくなります。

意外とここが甘くて失敗する人も多いです。

スケート同じように、文章は着地も評価されるのです。

オススメのやり方

オススメのやり方は、偉人の言葉を引っ張ってくることです。

「偉人 名言」

と調べれば、腐るほど出てきます。

小さな積み重ねが、

とんでもない所に行くたった一つの方法だ

~イチロー

みたいな感じで、文末において置けばそれっぽくなります。

最後に、文字数ではなく

という感じで、

初心者に教える、1記事当たりの文字数

について書いていきました。

まあ、3000字書くことをノルマにしてもらいたいのですが。

何度も言います。

内容を重視してください。

それについてのやり方は、先ほど消化した通り、

3種の神器

論理展開の仕方

この2つを意識してもらえれば。

と思います。

 

とまあ、言いたいことはこのぐらいですかね。

兎に角収益化目指して、書きまくってください。

 

最初はゴミ記事が増えると思いますが、

塵も積もれば山となる。

という言葉の通り、続けることが大事です。

 

ゴミが金に変わる感覚は言いようのない快感があり。

そこ体感してもらえれば、人生は180度変わると思います。

人気記事

1

結局のところ、すごい人の良い所をパクって這い上がってきたのが僕という人間です。 そして古今東西のアフィリエイターはそうやってスキルを身に着けていったと言えます。やはり真似こそ最強のトレーニングです。 ...

2

僕は20代ぐらいの時に 「人生が終わったなあ」 と思っていた時期があります。   しかしながらなんとかすることが出来ました。 (こういえば、軽いですが(笑)) 今回は、人生が20代で終わった ...

3

アフィリエイトで収益化するために必要な能力はどこにあるのでしょうか。それ「+」どれぐらいの時間がかかるのか。 僕の経験則を踏まえて、書いていこうと思います。   そもそもアフィリエイトって儲 ...

4

アフィリエイトってオワコンだろ。 1万年と2000年前から交わされてきた議論ですが、現在においてはいかがなるものか。 単刀直入に言えば、 オワコンではないと思っています。 というのも稼げる人間は現在も ...

5

アフィリエイトで稼ぐコツとか、SEOとか、セールスライティングとか言われても分かんねえよ。 実は僕も始めたころはそういったことを思っていました。 ということで、ここは論よりも証拠、百聞は~ということで ...

-ブログアフィリエイト

Copyright© LionHeart , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.