趣味

軟式草野球で要注意すべき投手のタイプ。こいつにはこう対処しろ!!

お疲れ様です。

今回も軟式野球の記事を書いていこうと思います。

 

今回は軟式野球の打ち方。

ではなく。

相手投手への対策法ですね。

 

野球というスポーツは相性のスポーツだと思います。

じゃんけんみたいな感じで、圧倒的に前評判が高いチームでも格下のチームに足元をすくわれ敗退する。

いわゆる、番狂わせがよく起こります。

個人対個人の対戦なんかでも、超一流バッターが一山いくらの投手を苦手とする場面がよくあります。

例えば、松井対遠山なんかは良い例ではないでしょうか。

 

ただ、強いだけでは野球は勝てず、ただ打てるだけでは全ての投手を打ち崩すことは不可能です。

だからこそ、対策を取ることが大事になるわけです。

 

今回は僕が思っている、草野球に登場する苦戦しそうな投手への対策手段をいくつか紹介し。

参考にしていただこう。という記事になります。

良ければ、足を止めてみて行ってもらえればと思います。

前提、日本人はフォームを固めて打てと言いますが・・・

これは半分間違い、半分正解であると思っています。

なぜなら、

毎回投げてくるピッチャーが違うのに同じ打ち方で、同じように打てるのか。

という話になるからです。

 

左から投げてくるピッチャーもいるし、もしかしたら角度を目いっぱい使った横手投げで抑えてくる投手もいるかもしれません。

そういった投げ方をする奴らに対し、同じ打ち方で臨んでも打てないのは必然なのです。

・・・という前提から言えば、

相手投手の性質を見極めて、相手投手に合わせ、自分なりに打ち方を微調整する必要がある。

つまり、一定のフォームをもって打席に立つ必要はない。

というのが、たどり着いた一つの結論です。

最も着目すべき点は、角度。

僕は野球を角度ゲーだと思っています。

そして、「打ち方を投手ごとに変える」という着想も角度から導き出しました。

例えば、150キロの真っ直ぐと、100キロの真っ直ぐを扱う投手のボールを打つ時。

バットスイングの角度は変わってきます。

100キロは山なり気味に来ますので、アッパー気味に。

150キロはほぼ水平方向にやって来るので、レベル気味にする必要がある。

と言えます。

そして、プロ野球ならば、100キロの真っ直ぐを投げる投手はいなく。

140キロ、150キロの投手がほとんどなので真っ直ぐに対して出す角度。

これは、なかなか変わりません。

 

しかしながら草野球ならば、真っ直ぐ一つとっても投手ごとにものすごく大きな差が生まれます。

先週は130キロの投手を相手したのに、今週は100キロちょっとの投手を打たなければならない。

そういったケースもごく当たり前にあるわけです。

 

ですから、軟式野球で結果を残していきたいのならば、

相手投手ごとにバットを出すスイング軌道。

ここに気をつけるのは、一つ重要な点であると思いますね。

正し、全投手共通してやらなければならないことがある

それなりにバッターボックスに立った経験則を言えば。

相手がどんな投手だろうが、共通してやるべきことがあると思っています。

それは、フォロースルーをなるべく前に持って行く。

ということですね。

 

結局のところバッティングはベクトル量だと思っています。

自分が持っている力をいかにしてセンター方向に強く放出できるか。

これによって結果が大きく左右されるわけです。

 

相手の投手が遅かろうが、速かろうがインパクトを出来るだけ長い時間継続できるよう。

投手に向けて強い力を返す意識を持ち、振ることが出来ればおのずとフォロースルーは形になると思います。

分かりにくい人にアドバイスするのなら、ピッチャーに振り切ったバットを投げる感じ。

これで、ボールを叩けばそれなりの形になると思います。

本題、良くいる投手の対処法

ということで、いろいろな寄り道をしましたが。

良くいる投手の対処法を書いていこうと思います。

いろいろな投手がいますが、それぞれ参考にしてもらえれば。

と思います。

  1. 遅いボールを投げて打たせて取るタイプ。
  2. 速球力押しタイプ
  3. スライダー主体の投手
  4. ナチュラルシュート

遅いボールを投げてくる投手

草野球では、最も苦しめられるタイプではないかと思います。

遅いボール=当てやすい。

これは間違いありません。

しかし、

当てやすい=打ちやすい

と勘違いして、若干外れている不本意な球につい手を出してしまい、凡打の山を築き。

チャンスを潰しまくってしまう惨状。

これは良く見受けられるのではないでしょうか。

こういった投手はどうやって対処すればいいのでしょうか。

基準を変える。

どんなバッターでも、基準は持っていると思います。

それなりのところでやっている選手なら140キロを基準としたスイングをしますし。

プロならば、150キロを想定したスイングを基準として打席に立ちます。

 

一山いくらのバッターでも、それなりのスピードを持ったボールを基準にした打ち方を身に着けようと、練習するはずです。

120とか、130とか。

まさか山なりを描くボールを基準にフォームを身に着ける選手なんていないわけです。

打ちにくいボールの定義

つまるところ、そこに罠があります。

ボールとは、バッターの基準に離れているほど打ちにくいです。

例えば、140キロを基準として打席に立つバッターに、160キロのボールはなかなか打てません。

 

仮に160キロを打とうものなら、

160-140=20

バッターはこの20キロの差額をいかにして埋めるか考えて打席に立つ必要があります。

ボール一個分上からたたくとか。始動を早くするとか。

 

逆に、100キロのボールが前からくる場合、

100-140=-40

の差が生まれるわけで。

バッターはこのー40キロの差をいかにして埋めるか考えないといけないわけです。

 

しかしながら多くの人は、速いボールには万全の対策を企するのに、遅いボールには対策をしません。

だからこそ、100キロ出るか出ないかのおっさんピッチャー相手に完封を食らってしまうわけです。

 

遅い球=厄介なボール。

これを頭に入れて打席に立つだけで、出てくる結果はずいぶん違ってくるはずです。

 

これ以上掘り下げなくてもいいのかもしれませんが、もう少し遅球の怖さについて語ろうと思います。

時速100キロの恐ろしさ

100キロだったら、キャッチャーミットに届く前に色々対策出来るだろ。

という人もいますが、これが意外と難しいのです。

 

18.44mを行き来する時速100キロという数字は、人間が何か対策するには短すぎる時間と言えます。

だからこそ、

あっボール来た、遅いなあ。

カキンッ。

アウトー。

という流れを量産してしまうわけです。

これは100キロだけでなく、80キロ、90キロにしてもおなじです。

 

実際。超一流の選手が集うプロ野球でも。

超スローボールを完璧にとらえられる人がなかなかいないことを見れば、なんとなく納得出来るのではないでしょうか。

考えれる時間があるようで、考える時間がない。

これが、スローボールピッチャーの恐ろしさ。

と言えるでしょう。

 

とはいえ、強みがあるものには必ずといっていいほど、

弱点があります。

僕自身、戦っていく中でそれらを見つけ出しました。

ここでいくつか、紹介していこうかなと思いますね。

対策案1.セーフティバント

基本的にスローボールを使うチームというのは、身体能力が低い人たちが多いのでセーフティは効果抜群な気がします。

考える時間がないといっても、バントをし、3塁戦に転がすぐらいは簡単です。

やってみるのも悪くないかもしれません。

多少ズルいですが、トーナメント戦の一発勝負ですからそんなことは言ってられません。

対策案2.ヒットゾーンをずらす

とはいえ、それでは気持ちが良くないので、僕ならばこちらの手法を推します。

ヒットゾーンをずらす。

レフトをヒットゾーンにしている人は、センターへ。センターをヒットゾーンにしている人はライトへ。

そうすれば、遅いボールを引き付けることが出来、ひっかけてサードゴロ、あるいは力んでショートフライ。

こういったことが無くなるのではないかと思います。

 

引き付けて打て。

という指導はよく聴きますが、少し抽象的な気がします。

結果を出すには具体性が大事です。

今回は実際、目に見えるポジションをポイントとして打席で意識してみること。

これを焦点とし、遅いボールをひっかけない対策として紹介しました。

 

センターの位置をライト方向に1つずらすことで、生まれてくる打球は見違えるのではないかと思います。

対策案3.チームぐるみで盗塁しまくる

スローボールは強いですが、副作用ともいえる大きな弱点があります。

それは盗塁をされやすいということです。

 

ランナーが出れば、自動的に長打になる状況を作り出せば、得点の機会は確実に増えていくかと思います。

フォームを盗む必要はありません、投手の手からボールが離れたらGO。

これぐらいの意識で問題ないと思います。

勿論、キャッチャーの肩を見て、走る必要はありますが。

速球押しで来るタイプ

最も対策をしなければならない。

そう感じるのが、このタイプではないかと思います。

草野球の速球派と言えば130キロぐらいでしょうか。

 

普段はバッティングセンターで鍛えている人でも、

「人間が投げる130キロはまったくの別物だ。」

と感じるはずです。

 

低めからうなりを上げて、ストライクゾーンに入る快速球。

これは打席に立ち、はじめて、その恐ろしさを体感すると思います。

こういったピッチャーは自滅か、4番に打ってもらうしかない

僕の経験則で言えば、こういったピッチャーは自滅でマウンドを降りてもらう。

もしくは、チームで一番打てるバッターにとにかく打席を多く回し、打ち砕いてもらう。

基本的にこれしかないのかなと思っています。

 

とはいえ、最初から強打者頼みで打席に立つと、相手もその空気を読み取ってしまいます。

そしてこういった実力派は調子の乗せてしまうと後が厄介です。

だからこそ、とにかく出来ることをやろう。

そして相手の思い通りに試合を運ばないようにしていこう。

こう考えることが一番重要なのではないかと思います。

当たって砕けろでいくと、案外ヒットが出たりする

窮鼠猫を噛む

という言葉があるとおり、圧倒的に実力差が開いていても玉砕覚悟でバットを振れば、ヒットは出たりします。

また打たれるつもりのなかった格下に痛打されたり塁に出られると投手は少なからずダメージを受けます。

だからこそ、

「あんなの打てるわけないよ」

と思うような好投手でも、自分が出来ることは惜しげなくやっていくこと。

これが大事なのかもしれません。

意外と効果性の高い、かかし作戦。

とはいえ、

ヒットを打ってやろう。下克上してやろう。

こういった気持ちとは逆に、

打席でなるべくバットを振らないようにする。

という戦略もアリではないかと思います。

 

どれだけいい投手といっても調子の悪い日だってあります。

そういった時に変にバットを出すと相手投手を助けてしまいますね。

そうならないために待球、待球で球数を投げさせる。

そして、自滅を狙うという戦い方もなしではない気がします。

 

孫氏は最も理想的な勝ち方は、

自分が手を下さず勝つことだ。

と説きました。

こと野球においても「戦わずして勝つ」を戦略の一つとして数えてもいいのではないでしょうか。

スライダー主体の投手

スライダー主体で組み立ててくる投手もいるかもしれません。

投手の中には、速球よりもスライダーの精度が高く。

逆に真っ直ぐを見せ球に使うやつもいたりします。

 

そういった相手を打ち砕くには、スライダー打ちを身に着けていく必要もあるのではないかと思いますね。

スライダーを打つにはどうすれば良いのでしょうか?

スライダー打ちに関して言えば、感覚だと思う

スライダー打ちは正直感覚だと思います。

だから技術的な部分を深くアドバイスすることはできません。

正し、バッターから見ても分かることがあります。

それは相手投手が投げるスライダーのレベルですね。

同じスライダー使いでも、格というものがありスライダー使いの格差を分かつのは

  1. 分かるスライダー
  2. 分からないスライダー

ここにあると思います。

分かるスライダー

明らかに、速球と見分けがつくスライダーはバットに当てやすいと言えます。

いわゆるキレがないスライダーですね。

対策をしなくていいと言えば、怠慢になります。

しかしながら、相手投手が投げてからも分かるので変に山を張らず。

タイミングだけを意識して、食って掛かればいいのではないでしょうか。

分からないスライダー

これが本当に厄介です。

僕もほとんどお目にかかったことはありませんが。

いい投手のスライダーはマジで、消えます。

 

打ちゴロのボールが来たなと思って強振するとフッと目線から消えバットが空を切る。

ある意味では感動するぐらいの芸術的スライダーを投げる奴が草野球にはいるのです。

 

こういった投手に当たった場合は、もう山を張るしかないのだと思います。

バットは振らないと当たりませんし、このレベルのスライダーを投げる投手は基本的にどれをとっても素晴らしく。

四球も期待できないでしょう。

 

兎に角、ストレートとスライダー。もしくは他の変化球。

その中から、自分の打てるボールに山を張って、振っていくしかないですね。

とはいえ、案外打てたりする

完成度の高い投手はボールがまとまっているので、案外打ちやすかったりします。

勿論、すべてが一級品なので連打は期待できませんが。

とまあ、こんな感じで。

勝つ望みが薄い相手でも、自分にとって何かしらのポジティブ要因をもち、打席に入ることはすごく大事なことです。

ナチュラルシュート

本人が意図してか、そうでないか。いずれにしても、いわゆる

「癖球」

を投じる投手は存在します。

 

その中でも、ナチュラルシュートを投げる投手の割合は多いです。

というか、クセ球の8割はシュート系だと僕は思っています。

皆さんも見かけたことはあるのではないでしょうか。

 

仮にこういった投手が出てきた場合、どうやって対処すればいいのでしょうか。

まず、ナチュラルシュートを投げる奴がどんなやつなのか?

ここを理解する必要がありそうです。

これに関しても厄介な奴と、そうでない奴がいる。

基本的にボールがシュートするのは、体が開いているからです。

そして、あえて体を開き速度の向上や打ち損じを狙う猛者がいる一方。

野手上がり、もしくは癖が治らなく勝手にシュート回転してしまう。

そんな未熟者もいます。

つまるところ、ナチュラルシュートを投げる投手も2種類存在しますね。

シュート対策とは。

正し、どちらにしてもシュートするボールであるならば、対策は取れます。

 

右打者なら、意識をアウトコースに向けることが大事です。

この理由はシュートするボールは外角から入ってくるから。

これだけです。

ナチュラルシュートの変化はごくわずかが基本ですが、ここは大げさに。

外角に来るストライクボール=真ん中。

と意識づけして、振っていけば良いのではないかなと思います。

 

逆に真ん中から内角のボールは内に食い込んできます。

結果。窮屈になり根っこで打ってしまうので、苦しくないカウントである限り、捨てていけば良いのではないでしょうか。

上質なシュート使い

自分の癖球を戦力の一つとして勘定している投手です。

こういった投手は厄介ですね。

あくまで僕の経験ですが、横手投げの投手に多いかなと思いますが。

 

シュートがくると思って、身構えていたらスライダーを投げられて。

スライダーがくると思えば、シュートで内角をえぐられる。

これによって、打者は翻弄されてしまい、山のような空振りと凡打を築き上げられてしまう。

 

こういった投手に対しては、上質なスライダーピッチャーと同様に山を張ること。

これが大事なのかな。と思います。

結局のところ、2者択一の賭けに迫られるわけですから。

明らかな捨てボールは見送り、自分の狙い球を必打すること。

これがカギになってきそうです。

未熟なシュート使い

意図せずにボールがシュートする投手ですが。

これに関しては、野手投げの投手が多いのかなと思います。

たとえば、地肩の強さを見込まれて、マウンドに上がった投手ですね。

こういった投手は一見すると、ボールが速くて打ちづらいのかなと思います。

そして事実問題。打ちづらかったりします。

とはいえ、それ以上にコントロールが悪くて自滅するイメージも結構ありますね。

 

野手投げでもきっちりと抑える投手はいますが、割合としてはあまりいません。

だからこそ、相手投手の投球練習やボールの質など。

荒れ具合を見て、チームで結託し。

球数を投げさせるなどの手段を取っていけば、試合のペースを持ってこれるのではないか。

と僕は思っています。

野球の基本

自チームの守備を短く、攻撃を長く。

これが出来れば、試合で勝てる確率は圧倒的に高くなります。

ですから、相手投手がまとまっていないときは手助けしない。

これも立派な戦力なのだと思いますね。

最後に

今回いろいろな、投手対策を書いていきました。

とはいえ、これはあくまで結果を出したいならば。

とい感じで、導き出した一つの理論です。

 

草野球の本分は楽しむことですから、理論が先走ってしまい。

その結果、娯楽として機能しなくならないようにする。

といった、注意が必要であると思います。

 

それを踏まえて、今回の投手対策を講じてもらえれば。

僕としては嬉しく思います。

 

ということで、今回は以上となります。

ご清聴ありがとうございました。

-趣味

Copyright© LionHeart , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.