野球

【ダイヤのA】結城哲也について紹介。他作品や実在選手と比べて?

青道高校にて不動の4番を任されていた結城哲也について紹介していこうと思います。

作中でもかなり人気の高いキャラクターですが、より掘り下げていけばその魅力が深く伝わってくるかと思います。

結城哲也のキャラクター象

右投げ右打ちの一塁手。

主人公沢村栄純が1年生の頃、4番でキャプテンを務めていた。

背中で語りチームを引っ張るタイプである。

口数は少ないが、内に秘める闘志からチーム内での人望は厚く「哲さん」と慕われている。

野球におけるプレーは達人的な領域であり、集中している時の打撃は作中随一。プロから注目されていたが志望届は出さず大学に進学。

(詳しい実力については後述する。)

 

普段の言動はやや抜けていて、天然な部分が伺える。

また将棋が好きだが、御幸曰く「めちゃくちゃ弱い」とのこと。

応援歌はルパン。

結城哲也の能力について解説

名門青道高校で4番を任されている。

打者としての能力は非常に高く、各チームからは非常に警戒されていることが分かる。

薬師高校の監督からは

金の匂いがプンプンするぜ

と語られており、

大阪桐生の監督からも

あかん、こいつは別格や

と評価されている。

また成宮鳴も結城に対しては初回から全力で抑えにかかっていたことから、強力打線の青道の中でも頭一つ抜けたバッタ―であることが伺える。

選手としての特徴

スイングスピードこそが結城の打者としての能力を裏打ちしている。

ずば抜けたスイングスピードから放たれる打球は、野手が反応することなく間を抜くことが出来。

多くの長短打を生み出す。

それに加えて、チャンスでの勝負強さもあり得点圏に結城に回すことは相手チームとしては避けたいところではある。

打者としてのタイプ

スラッガーというよりはポイントゲッターという印象が強いかもしれない。

しかしながら、狙えばホームランを打つことが出来る長打力を兼ね添えている点を考えれば、隙のない打者である。

甘く入ればスタンドにもっていかれ、厳しいところをせめても野手の間を抜かれる。

攻め方に一工夫加えないと、抑えることが困難な打者。

選手としてのタイプ

天才肌というよりかは、努力によってここまで這い上がってきた選手。

 

青道入学時は

「どこでも守れます」

と語るものの、決して上手いとは言えなかった。

 

エラーをした後グローブを見つめていたが、そのときは先輩から

「グローブのせいにするな」

と言われていた。

 

しかし、努力は人一倍やってきたと言える。

毎日500回の素振りを課していて、たゆまぬ鍛錬が結城の実力を着実に伸ばしていった。

それが実を結ぶのは早く、初めての試合、初打席でいきなりホームランを打つ。

その後も野球に対する取り組み方からキャプテンに任命された。

他選手との比較

という感じで、結城哲也について書いてみました。

まあ、ここまでは普通の選手紹介なのですが、以降は作中のスラッガーや実在選手。他作品選手との比較をしてみようかと思います。

良ければ見て行ってもらえればと思います。

VS轟

作中随一のスラッガーである轟とはどちらが優れているのでしょうか。

まず、長打力に関しては轟の方が上であると言えるでしょう。

どんなコースもスタンドに持っていけるパワーは恐ろしいと言えます。

しかしながら、確実にランナーを返す能力は結城の方が高いと言えます。

また、打者としての安定感は結城ですね。

 

4番で見れば結城で、一打者としてみれば轟。

 

落合と松井みたいな感じでしょうか。どちらも良いバッターで優劣がつけられません。

ただ、轟はまだこれからのバッターなので伸びしろも考慮すれば轟に軍配が上がるかと。

VS清原

PL学園の4番を任されていた清原とはどちらが凄いのでしょうか。これに関しては清原の方が凄いと思います。

甲子園で13本もの本塁打。さらにはプロ一年目で3割30本を達成する選手です。

さすがの結城もまだ及ばないかと。

ただ結城は着実に実力を身に着けていき徐々に上達していくタイプ。

(松井秀喜のような)

本番は結城がプロに入ってどれだけの成績を残すか?ここに関わってくるかと思います。

参考

小笠原は参考になりそうです。

体格的にも近いものがあるし、選手としてもタイプが近いですね。

(打席は結城→右、小笠原→左で違うが)

となれば完成形は3割30本を継続して打てるバッターということでしょうか。

VS橘英雄

名門明和一で不動の4番を張っていた橘英雄と結城哲也はどちらが上なのか?

恐らく橘の方が格上であると言えます。

橘英雄は絶好調で甲子園の上段まで持って行くと言われており、それ以外でも高い能力を有しています。

変化球打ちも非常にうまく、合わせて逆方向に打つ技術も持っています。

 

とはいえ、精神的な部分では結城の方が完成されているのかなと思いますね。

橘はグラウンドに色恋沙汰を持ってきて、それが敗北につながったり。

また自分で何もかも背負い込んでしまい、それがマイナスの面に働く部分も見受けられます。

自分>チーム

的な部分があるのかなと感じます。

 

その点を考えれば、いかなる場面でも安定している結城の方が精神的には高いレベルにいるのかな。

と感じます。

ただ、橘>勇気は揺るがないかと

とはいえ、それを差し引いても橘はドラフトで競合するような選手であり、打者としての実力は結城よりも格上であると言えます。

まとめ。哲さんの生き様は参考になる

ひたむきな努力を続けていく中で、一歩ずつ前進していく哲さんの生き様は参考になります。さらに言えば、勇気をもらえるかと思います。

作中で出てきた

「努力は嘘をつかない」

という言葉は、シンプルですが「シンプルだからこそ響く」言葉ですね。

自らに課すこと

口で言うのは簡単ですが、行動に移すことはなかなか難しいです。

そういった中でハードな練習が終わった後でノルマとして500回の素振りを敢行していた哲さんの姿勢から学べるのは、

課すこと

ですね。

誰に褒められるでもなく、ただ前に進むために努力を繰り返す。

そしてこれを当たり前にすることこそ、結果を残すために最も大事なことなのです。

とすれば、この漫画から学べることは野球以外の部分でも多いのかもしれません。

人気記事

1

結局のところ、すごい人の良い所をパクって這い上がってきたのが僕という人間です。 そして古今東西のアフィリエイターはそうやってスキルを身に着けていったと言えます。やはり真似こそ最強のトレーニングです。 ...

2

僕は20代ぐらいの時に 「人生が終わったなあ」 と思っていた時期があります。   しかしながらなんとかすることが出来ました。 (こういえば、軽いですが(笑)) 今回は、人生が20代で終わった ...

3

アフィリエイトで収益化するために必要な能力はどこにあるのでしょうか。それ「+」どれぐらいの時間がかかるのか。 僕の経験則を踏まえて、書いていこうと思います。   そもそもアフィリエイトって儲 ...

4

アフィリエイトってオワコンだろ。 1万年と2000年前から交わされてきた議論ですが、現在においてはいかがなるものか。 単刀直入に言えば、 オワコンではないと思っています。 というのも稼げる人間は現在も ...

5

アフィリエイトで稼ぐコツとか、SEOとか、セールスライティングとか言われても分かんねえよ。 実は僕も始めたころはそういったことを思っていました。 ということで、ここは論よりも証拠、百聞は~ということで ...

-野球

Copyright© LionHeart , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.