その3.マーケティングの文章戦略

文章なくして、儲けはありえない。

優秀なマーケターは経験からそれを知っています。

知識を技術にするのは、ノウハウ。

今回は、その礎をここで公開していくので、良かったらお付き合いください。

全部読むのに20分ほどかかります。

売れる文章を学ぶ必要があります。

人を感心させるのではありません。

行動させる

ここに文章の魅力が詰まっています。

そして、アフィリエイトの真骨頂がこのライティングにあるのです。

ここでは僕が培ってきた売れる文章の書き方を伝授していこうと思います。

ステップ1.アフィリエイトにおける文章について。

なぜ、書くのか。

なぜ、こだわるのか。

ライティングについて、掘り下げました。

いまさら言うまでもない、アフィリエイトにおける文章の重要性。

ステップ2.セールスライティングの基本

10個ほど、僕が意識していることをまとめました。

実績あるやり方です。血肉にしてもらえればと思います。

アフィリエイトで文章を書くコツ。初歩的なところ10選。

ステップ3.文章の構成の仕方

構成はとても大事です。

構成で人の心を誘導することが可能になります。

具体例を用いて構成の仕方を書きました。

「売る文章」を書くときの基本の型を公開。「僕なら」こう書きます

ステップ4.文章を書くうえで大事な心掛け。

文章を書いていくうえで大事な心掛けについて。

僕が思うことは、思い切りの良さであり、以下のことです。

売れる文章は100人ではなく1人に向けて書くことです。

ステップ5.文章を書き続けていくために

ここまで、基本を書いていきました。

しかし一番大事なことは書き続けること。

書き続けさえすれば、基本的に良い文章は誰でも書けるのです。

だからこその、文章を書き続けるための戦略です。

文章を書き続けるために大事なこと8つ。

まとめ

努力とか、気合とか。

泥臭いなと思う方もいると思います。

申し訳ありません。

こと文章術も泥臭さがナンボです。

一見スマートな文章を書く人も実は、泥臭い努力が裏にあります。

それは、白鳥のたとえでもありますよね。

優雅な白鳥も、水面下ではもがいている~~ってやつです。

一緒なんですよね。

でも、これだけは言えますね。

文章は書けば書くほどに、上手くなっていくこと。

やはり、努力の数だけ、伝えたいことが伝えられるようになります。

そして、知らない内に良い文章を書くな。

と思われるようになるのです。

そこに、文章の魅力があると僕は思っています。

好きな言葉があり、良く使っています。

 

 

一本のペンは、1万本の剣よりも鋭い