自己啓発

文章力がない社会人がやるべきこと。【一生もののスキルへ】

文章力があれば、

人生がイージー化します。

日常生活を振り返ってみると、文章を書く機会はかなり多いです。

仕事では、企画書で用い、日常生活ではLINEが普及しています。

「LINEに文章力はいらないだろ。」

と思う人もいるでしょうが、一言の質を高めることが出来れば、人間関係はより良くなります。

また、文章に近しい意味では、話す機会も多いですね。

話すという行為も、伝える、という意味では、本質は同じことです。

文章を書くのが上手い人は「構成」を考えるのが的確で速いので、口も達者です。

ある意味、僕たちは言葉の生き物です。

言葉があるから、文化を伝承出来ました。

その結果として今日の社会があります。

そう考えれば、情報伝達の質を高めるために、努力することは決して無駄なことではありません。

だからこそ、今回は文章力がない社会人がすべきこと。

これを考えていきたいと思います。

社会人で文章力が無いなら

兎に角「書くこと」に集約されると思います。

頭の中にある言葉を実践の中で使ってみる。

それによって、体が文章の書き方を覚えていきます。

これはスポーツに似ています。

理論で書くのではなく、日々の実践によって磨かれていくスキルですね。

そういった中で、僕が思っていることは以下のことです

書く状況に自分を追い込むこと

普通に生活していたら「文章力を磨こう」と思いません。

「俺って文章下手だなあ。」

と思うことはいっときあっても、その思いは三日も経てば冷めてしまいます。

また、

  • 失恋をしたから、男を磨こう。
  • 見栄を張りたいから、歌うまくなろう。

こういったことを思う機会はあれ、文章が下手くそで恥を書くことは、ほぼないのです。

つまり、危機感がないわけですね。

危機感がないと本気で努力をしないわけで。

文章に限らず、腕を磨きたいなら、磨くにふさわしい動機と環境をまず用意すべきですね。

オススメは、ブログです。

ブログは文章を書かないと稼げません。

自発的に始めることにより、書く環境を作り出せますね。

文章力が上がり、さらに収入が増える。

という点では、最高の場所だと思います。

報酬があれば、やる気も出ますし、僕自身お金目的で文章を磨いた。

そんなところがあります。

欲望こそ、人間を突き動かす最強の動機です。

具体的な文章力を磨く方法

具体的に、どうやって文章力を磨くのでしょうか?

ただ、書くだけでなく勉強法を知ることで、良い文章を短い期間で書けるようになります。

人生は短いのでなるべく早く、文章力を磨きたいですよね。

基本的な文法を知る。

良い文章の定義はなにか?

というと、僕は分かりやすいこと、これに尽きると思っています。

分かりやすい文章とは、読み手が足を止めることなく、読破できる文章です。

こういった文章を書くには、基本的な文法を身に着けることが、大事です。

基礎的な文章を指南する本がたくさんあり、本屋さんに行けば、ビジネスコーナーですぐ見つかるはずです。

また、本屋さんに出向く時間さえ面倒なら電子書籍を使えばいいのです。

スマホで注文すれば一発です。

便利になり、言い訳が出来ない世の中になりましたね。(笑)

構成を考える。

良い文章とは、分かりやすい文章だと書きました。

それには、構成を考えることはすごく大事です。

名文は、名構成によって生まれます。

つかみ→議論→結論

この3つの流れを、踏襲しておくことです。

出来るだけ、話の流れを止めないように摩擦を無くし。

滑らかに伝わる構成を考えること。

これが、良い文章を書くコツです。

本を読む

書き忘れていましたが、これも重要なことです。

文章がうまい人は、どんな文章を書くのか?

それを、知るため、本を読む以外に方法はありません。

個人的に、百田尚樹先生の文章は分かりやすく、心に響く名文が多いと思います。

永遠の0を筆頭に、海賊とよばれた男、ボックスなど。

名作揃いですので、作品を楽しみつつ良い文章を書くうえでの肝を盗み取りましょう。

読み手のことを考える。

読み手のことを考えること。

これが一番大事です。

結局の所、人に読んでもらって文章は完結するわけです。

独りよがりの文章では、意味がなく「見られている」ということを意識すべきです。

だからこそ、僕は分かりやすい文章を書くことをモットーとしているのです。

以上が個人的なポイントです。

ブログで月150万円稼いでいます。

文章を書き続けて3年ほどです。

  1. 構成を考える
  2. 本を読む
  3. 読み手のことを考える

経験測により、上記3つを重点的に抑えています。

言葉でお金を稼ぐ立場から言わせてもらうと、

最高の文章は2種類あります。

一つは、分かりやすい文章。次に、心を動かす文章です。

心を動かす文章を書くには、教養が必要でたゆまぬ努力が必要です。

だから、僕はまず分かりやすい文章を書くことに力を注ぎました。

それでも、共感する人が多数いて、結果が出ていることから、分かりやすい文章を書き続けることで間違ってはいなかったんだ。

と思っています。

生き方のレベルが上がるほど、文章力は必要になる

これについても、触れておこうと思います。

それは、

レベルが上がるほど、文章を書く力は必要になる。

ということです。

高いレベルで生きていれば、高度な知識を伝達しなければいけなくなります。

(それも、誰が読んでもわかる様に)

それには、高い文章力が必要になるわけです。

人生のレベルを上げるには、文章力は必須項目

そういったわけで、人生のレベルを上げていきたいのなら、文章力を磨いていきましょう。

難しいことを簡単に伝える。

これが、出来る人は優秀な人が多いと言われていますが、本当にその通りだと思います。

概念を、分解して、余分を取り除き、組み立てなおす。

つまり、難しいことを簡単に伝えられるということは、物事を熟知している証になるのです。

そして、この一連の作業を滑らかにするうえでは、文章を書くことが良い練習になります。

特に不器用と言われている人にはオススメです。

不器用=センスがないということですが、センスが良い人は、難しいことを簡単にするから、周りに敬われるのです。

蛇足。歴史を振り返れば。

素晴らしい人ほど、素晴らしい言葉や文章を残しています。

勿論、実績を残しているからそういった言葉が残るわけですが、それでも秀逸なセンスを感じますよね。

好きな言葉は、

地球は青かった

ガガーリンという宇宙飛行士の言葉です。

(これを本当に言ったかどうかは、議論がなされていますが。)

とても短い言葉です。

しかし、頭の中で、そのときの情景が浮かんできて、宇宙から見た、青く輝く地球を想起できますね。

言葉の凄さは一言でイメージを膨らませることにあると思います。

そして、歴史に名を残す人の言葉が現代でも語られるのは、何を隠そう「優秀だから」だと思います。

まとめ。社会人が文章力を磨くうえでやるべきこと

  1. 基本的な文法を身に着ける
  2. 構成をしっかり考える
  3. 本を読む
  4. 読み手のことを考える。

この4つに加えて、

書き続けること。

結局の所、ノウハウを知っていても、使わなければ磨かれません。

だからこそ、行動することが大事です。

行動は最初の一歩であり、すべてです。

行動無くして、事は起こらない。

これを、つい忘れがちな人は多いと思います。

文章力を磨き、その磨いた文章を発揮できる場があれば、人生は確実に良い方向に導かれるはずです。

ということ、まずは一番初めの一歩。

基本的な文法。

これを学ぶことです。

基本→基本→基本。

兎に角、繰り返していくと、今度は応用ができるようになります。

そして、応用の先に、結果があり、結果の先に、変化があります。

まずは、自分の力で出来ること。

これを意識して、雪だまを転がすように努力を繰り返していきましょう。

無我夢中で努力したら、知らない間に大きくなっているのが、人間です。

当ブログ人気ランキング

ブログの作り方について

ブログの作り方は多くの人が参考にされています

アフィリエイトは課金システム?

金を稼ぐには金をかけた方が良い?僕の本音を語ります。

使えるツールを5つ厳選紹介

使えるモノは使っていきましょう。

-自己啓発

Copyright© hasamiblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.