自己啓発

無職である人間の過ごし方について言及します。

無職の過ごし方。

これについては、いろいろ議論されてきました。

ただ僕の中では、固まりつつあります。

兎に角時間を無駄にしないことですね。

無職の過ごし方について、考えてみると。

多くの人は無職でいることに焦っているのではないかと思います。

このまま何もしなくていいのか?

って。

以前、僕自身も楽をしている自分にどこか罪悪感を感じていました。

ただ、そういった気持ちっていうのは、努力すれば自然となくなっていくものだと感じましたね。

どういった努力をすべきなのか?

それはまちまちですが、どうせなら稼いでみるのが良いかもしれません。

無職の有利な点を活かしてみましょう。

  • 時間がある
  • ウザい上司がいない
  • 自由が利く
  • 守るものがない

無職でいることは必ずしも悪いことではない

上の通りですね。

僕自身、在宅ワーカーでどちらかと言えば無職みたいな感じです。

金を稼いでいる無職って感じ。

そういったところから一つ言わせてもらえれば、

「無職って悪くねえな」

自分のやり方を確立できれば、お金を一杯稼げるし、普通の人では身につかないスキルも手に入るからですね。

一線級でやっていくにはスキルが必要ですが。

稼ぐということは楽ではありません。特に会社に勤めながら副業で稼げる人はほとんどいないといいます。

それは時間制限が大きな障害として立ちはだかるからだといいます。

しかし、無職ならば。

時間ははっきり言って無限です。

ダラダラする時間を少し削って勉強する時間に回せば、全然やっていけるハズ。

ということで、一つ無職でいる人間の過ごし方を書いてみると、

「稼いでみる」

これが一つではないかと思っています。スキル一つで変わる世界が確実にあります。

無職は基本的に能力が低いので・・・

基本的に能力が低いですよね。

これは僕も実感しています。

基本的に人と会う機会がなく、見られることがないので一つ一つの行動がかなり雑。

人っていうのは人と会うことで磨かれていくんだな。

と今になって思います。

無職なりの自分磨きを考えてみる

ということで、自分を磨いてみることをお勧めします。

無職なりの自分磨きですね。

何度も言いますが、いろんなことが出来ます。

何をするのは個人の勝手だと思いますが、一応無職も社会人なので、人間としての基礎を磨いていくべきだな。

と思っています。

無職にオススメの自分磨き

  1. 読書
  2. 筋トレ
  3. 金稼ぎ
  4. 料理
  5. サークルに入る

無職の過ごし方1.読書

教養がない無職と教養がある無職では天地の違いがあります。

ということで、本をたくさん読むことをお勧めします。そして漫画なんかも最近は素晴らしい作品がたくさんありますね。

鬼滅の刃は面白かったですが、それ以外にも素晴らしい作品は沢山あります。

僕がおすすめするのは「宇宙兄弟」です。

宇宙、NASA、ISSなど知らないことを学ぶ機会の多い作品ですし、作品的にも哲学的な言い回しが多く教養を学べます。

無職の過ごし方2.筋トレ

健全な肉体には健全な精神が宿る

といいますよね。

とにかく体を鍛えることは大事です。

強い体を持っていれば、病気になりにくくなりますし、それに自信も身につきます。

外に出る機会がない人ならなおさら体を鍛えておかないと、後々後悔しますよ。

無職の過ごし方3.金稼ぎ

結局無職で居続けるためには、稼がないといけません。

ということで、金稼ぎの勉強をしてみることをお勧めします。

私事になりますが、僕はブログで150万稼いでいます。最初は全く稼げる気がしませんでした。

でも今は稼げています。

大事なのは努力でした。0から積み上げる心意気でした。

稼ぐ方法は

お金稼ぎの方法は、ネットで調べるか本を読んで身に着けましょう。

それぐらいは出来ると思います。めんどくさい人はこのブログを参考に。

ハサミのブログです

無職の過ごし方4.料理

自炊ぐらいは出来ないと将来が思いやられますね。

自分で料理を作ってみてはいかがでしょうか。

一流の無職たる者、栄養管理も完璧でないといけませんよね。

野菜、フルーツ、海藻類。

最後に摂ったのはいつですか?

無職の過ごし方5.サークルに入る

サークルに入ること。

これはかなり上級者向きですがオススメです。

無職であれば人と会う機会がめっきり減っていきます。そして人は人に会わないと成長が止まってしまうのです。

ということで、サークルに入っていくことでコミュ力を補ってみてはどうかと思います。

人としゃべるのが苦手なら、スタバとかの人が集まるところに行くこともオススメです。

とにかく生身の人を見る機会を週にいくらか設けておいた方が良いと思います。

無職でも過ごし方次第で、幸せになれると思います。

これは僕の経験則でもあります。

勿論、幸せというのはつかむまでに多大な時間を要します。そして挫折を繰り返すことになるだろうと思います。

ただ挫折を繰り返すからこそ、幸せの価値は高くなりますね。

大事なことは時間を無駄にしないこと

時間は限られている。

これを忘れてはいけません。

僕たちは長くても100年ぐらいでこの世から召されます。

そして3年、4年という時間は短いように思えてとても貴重な時間です。

その時間を、ごみのように捨てることははっきり言って愚者です。

だからこそ、1時間の重みを知り努力することが大事ですね。

1か月努力出来れば、1生努力できる

兎に角1か月泥まみれになっても良いので、続けてみましょう。

経験上1か月頑張れば、一生努力出来ます。

失敗してもかまいません。

失敗しても、自分は失敗する人間だと知ることが出来る。

これ自体が成功です。結果を残すことが出来るのは天才ではありません。実力がある人です。

これを考えれば、今努力するしか道はないと思われます。

最初は何でもいい

最初はしょうもないことでも良いです。

漫画を読んで、感想をブログに書く。

これでも良いです。文章を書くことが難しいと分かるはずです。

大事なことは

無駄に足掻いてみること。

無駄な足掻きは100回繰り返すと、無駄な足掻きではなくなっています。

僕のブログも最初は踏んだり蹴ったりでしたが現在では収益の柱です。

どんなことでも意味があると思って取り組めば、それは役に立ってくるはず。

人生に無駄なことはない

ということを、どっかの芸人が言っていました。

僕もその通りだと思います。

無職とは空白の時間を過ごすことに他なりません。

しかし、空白だからこそ、そこに色んな生き方を詰め込めるわけです。

何もしていないとは、とどのつまりは何でもできる。

少し楽観的すぎますかね(笑)。

それでも、現在在宅ワークで働いている僕は、会社員でいるときよりもいろんなことに挑戦できました。

最近は日本の各地に旅行することを企てています。一人旅ほどロマンあふれるものもありません。

勿論理想の生き方を確立するのは努力が必要です

ただ自由には当然、代価があります。

最も定番なことでいえば、

お金を稼がないといけない。

努力が必要になります。僕も最初は全く稼げる気がしませんでしたが、そこはもう気合でしたね。

続けるうちに何とかノウハウを体にしみこませて、覚えていきました。

ただ、余計なことかもしれませんが、ほっておけば努力も楽しくなります。

賢くなって、結果が出て、それで生計を建てて。

そういったことができるようになれば、在宅ワークも「生きがい」になってきました。

最後に。生き方は世間ではなく自分で決める

  • 世間に操られている人が多いと思います。
  • 常識に生かされている人が多いと思います。

しかし、ごく当たり前のことを語れば、生き方とは自分で決めるものです。

とにかく、時間を無駄にしないことですね。

今これを読んでいる時間もある意味では無駄で、これを読んでいる暇があるのなら行動をした方が良いのです。

ということで、こう書いたのであれば、長い文章にけりをつけますね。

いつやるの?

いまでしょ!!

当ブログ人気ランキング

ブログの作り方について

ブログの作り方は多くの人が参考にされています

アフィリエイトは課金システム?

金を稼ぐには金をかけた方が良い?僕の本音を語ります。

使えるツールを5つ厳選紹介

使えるモノは使っていきましょう。

-自己啓発

Copyright© hasamiblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.