自己啓発

コンプレックスの攻略法を伝授!劣等感で死にそうって人へ。

ふとしたとき、頭によぎる自分の嫌な部分。

コンプレックス。

 

劣等感は人によって様々あります。

そういった弱い部分に対し、どう向き合っていけば良いのでしょう。

 

敵は、外よりも内にある。

とは良く言われることでスポーツの世界や学問においてでも、

「自分の内面を整えることはすごく大事。」

と言われています。

 

ということで、

今回のテーマはコンプレックスです。

いかにして、コンプレックスと向き合って現状況を改善していくのか。

これについて順序だって解説していく試みとなっています。

コンプレックスとの共存。

コンプレックスは消えません。

だからこそ、共存していくのです。

 

僕も昔は、自分の置かれている立場が嫌いでした。

学生時代。

クラスでは、陰キャラでした。

それに、社会人になってもろくに金も稼げない。

 

それでも今は、

コンプレックスと上手く共存することに成功しています。

それが出来たのは、努力を続けることが出来たからだと思っています。

 

そこまでの道のりは険しかったです。

が、険しかった分。

それが良い経験になっていると感じていますね。

【悲報】コンプレックスはほとんどが治療できない。

基本的に、コンプレックスは生まれもっての素質です。

これらに、絶対的な対処法は存在しません。

 

僕だって性格に関しては、むしろ昔よりも陰キャラになっています。

治っていないどころか悪化しています。

コンプレックスと向き合っていくために必要なこと

コンプレックスと向き合っていくためには

まず、人間的な下地造りが大事です。

人間的に成熟していないと、弱さを受け入れられないから。

 

意外と、自分のことを知らない人は多いです。

敵を知り、己を知れば百戦危うからず。

でも、こんな言葉だってあるんです。

 

まず、自分の弱さを受け入れる、強さを身に着けること。

僕はそれが、大事だと思っています。

コンプレックスで死にそうだった。

僕の劣等感を作り出しているのは、「物分かりの悪さ」です。

陰キャラなのも、その場の空気を読むことが出来ずどう話していいか。

これが分からないから、そういった立場になった。と思っています。

 

そんな事実に対して僕は常に目をそむけていました。

自分が「頭の悪い奴」だと思いたくなかった。

 

でも、大人になるにつれて、気付きました。

このまま、臭い物に蓋をしても仕方ない。

そこにスポットを当てることが出来たから、今があると思います。

自分の弱さを割り切る強さ

割り切ることが出来。

いつしか逆転の発想を持つに至りました。

「間違えることでむしろ、深みが出る」

僕はこれをスルメ現象と読んでいます。

 

間違えることで、僕という人間はより味が出てくるわけです。

個人的に、ポジティブになれて良い考え方だと思っています。

とはいえ

僕は短所である「不器用さ」をほっておく気はありません。

不器用なことは分かっているので、それに対し、様々な対処を行っています。

  • 行動はいつもより早めに起こす。
  • 準備は誰よりもする。
  • メモをしてみる。
  • 誰よりも、努力する。

こういった対策を講じることが出来るのは、僕が自分のコンプレックスを熟知しているからです。

第2幕。コンプレックスを帳消しにするのは、自信

自分を知ることがコンプレックスに効果的である。

と書きました。

 

加えて。

「自信」は効果的です。

自信があれば、コンプレックスを笑い飛ばすことが出来ます。

 

自分の弱さを笑いに変えることが出来る人は、中々いません。

だからこそ、そういった人は重宝されると思います。

自信を身に着けるにはどうすればいいのか?

努力することです。

努力ならしている。

という人もいますが、実は努力の意味をはき違えている人は多いです。

 

努力において、抑えるポイントがあると思っていて、

それは、3点あります。

目標、苦難、継続性。

ですね。

自信を付けるための努力その1.目標

自分磨きは目標がなければ意味がありません。

本を読んで人間性を磨こう。という人は多いと思います。

が、これでは具体性に欠けるのです。

 

大事なのは、さらに先です。

得た知識を利用して、お金を稼ぐ。近い将来起業する。

みたいな、結果を求めた方が努力というのは実りやすいと思っています。

 

努力のための努力は結果が出ません。

仮にその習慣が続いたとして、生産性は生まれないままです。

 

努力するはゴールではないのです。

努力はあくまで目標達成の手段である。

これを肝に銘じていくことです。

目標はお金を稼ぐこと

努力のゴール地点はお金を稼ぐこと

結局の所、あらゆる努力はここに帰結するのです。

すこし、飛躍しすぎた考え方だと思います。

しかし、ここに目標を置くだけで、努力の価値や質は目に見えるほど変わっていきます。

 

そして、どうせ稼げないだろ。という人に言いたいことは、

現代では、お金を稼ぐ方法はいろいろあります。そんなものはパソコンで調べれば一発で出てくるものです。

そのためには、本を読みましょう。

自信を付けるための努力その2.苦難を乗り越えること

ぼくは、自身の裏にあるものは基本的には苦悩だと思っています。

人は、壁を破ることで、強くなれるのです。

 

当然の如く、目標を達成するためにはそれなりのことしないといけません。

 

けれどこの努力を繰り返していきそこで、失敗、挫折、前進、を一通り経験すること。

これが、自信を身に着けるうえで、すごく大事になってくるのです。

 

「経験」というバックボーン無くして本当の自信は身に付かないのだと思います。

失敗から立ち直らせてくれるモノ

苦難を繰り返していけば、立ち上がれないときもあります。

そういった時に、力を貸してくれるものがあると思っています。

それは、漫画です。

意外と、努力家の人は娯楽には疎い人が多い。

根が真面目なんでしょう。

 

それでも、漫画を読んだり、映画を見たり。自己啓発本を読んだりすること。

これは、想像以上の力を与えてくれます。

時には肩の力を抜くことも、重要です。

コンプレックスを打ち破る上で唸らせてくれる作品。

僕は数年前に読んだ、

「暗殺教室」

という漫画が、心に残っています。

 

この漫画には、僕が独立していく上で背中を押してくれた作品であり。

基本的に、僕の行動選択の中にはこの漫画から教わったことが何割か入っています。

どんな漫画なのか?と一言でいえば。

自分の短所を武器に。

そして長所を必殺技に変える方法。

これを教えてくれる漫画です。

 

今現在、道に迷っている人は読んでみてほしいと思います。

救われる部分はいくらかあるのではないでしょうか。

今の時代は手が抜ける時代

今の時代は、スマホ一つで購入できる電子書籍があります。

「手を抜く」方法はあるので、活用していけば良いのではないでしょうか。

オススメ



イーブックイニシアティブジャパン eBookJapan

→漫画を読むのなら、最強の電子書籍。

国内屈指の冊数を扱っています。



SEshop

→自己啓発系なら、これが最強だと思っています。

ゆくゆくは独立したい方に、追い風となりそうです。

自信を付けるための正しい努力その3.継続性

努力が継続できるか。

 

続けることに意味があります。

ハマる哲学

継続するためには、「ハマる」ことが効果的です。

「ハマる」とは目の前のことにのめり込むことです。

ゲームやギャンブル好きならば幾度なく経験した、あの現象です。

あの感覚を自分の中に養うことが出来れば結果が出る確率は大幅にアップしていきます。

好きとか嫌いとかを超えた、感覚

「ハマる」は、好き・嫌いを超えた感覚と思っています。

 

一言でいえば、

「それをやらないと、やってられない」

という禁断症状を起こしてしまう状況です。

 

ここに持って行くためにどうすればいいのかと言えば。

僕は、継続をすることだと思っています。

最初は、1日続けることが、しんどかったことでも1週間、1月、半年と続けていけば。

やらないと、いけないな。

という状況まで持っていくことが出来るわけです。

 

そこまで持って行くためには工夫が必要ですが、僕はこんな方法を実践しました。

最初は小さいことから始めていく

僕の場合はブログを10~30分やることから始めました。

正直なんてことのない量です。

ただこれは自己分析的に、

「これならば、毎日続けられる」

と思ってそうしました。

 

ただ、毎日続けていくと、その量が物足りなくなる時が来ます。

そういった時、僕には

「今日は1時間やってみようかなあ」

と思える日がやってきたのでした。

努力はやればやるだけインフレする

毎日30分やっていた努力を週2回だけ1時間やってみることにした結果。

土日の時間が空いているときだけ、1時間頑張ることになりました。

 

続けていくと、1時間の頑張りも耐えられるようになり。

週2から週3。週3から、週4といった具合に。

頑張れる量が増え、その結果。

ブログに触れる機会が増えていったわけです。

次第に、生活がブログ色に変わっていき、気が付けば、毎日5時間できるようになっていきました。

 

その結果、収益が1万、3万、5万、17万飛んで26万と増えるようになっていったのです。

 

これは、僕の感覚的に

「努力を育てる」

と解釈しています。

自分を変えていくときにかなり使える意識改革だと思っていますので、これを読んでいる人も参考にしてもらえればと思います。

努力とコンプレックス

最後に、ごく普通のことを言います。

コンプレックスがあるのなら、努力するしかない。

ということです。

 

コンプレックスは、基本的にどうにもなりません。

しかし、目の前に集中しているとき。

それを忘れて、全力疾走することが出来るのです。

 

だから、自分に嫌悪感を抱いたのであれば、ただちに努力しましょう。

そうすれば、少なくともその時間だけは、忘れることが出来ます。

コンプレックスをモチベーションにしよう

僕は馬鹿だから、人一倍がんばる。

僕は貧乏だから、見返してやる。

僕は不細工だから、稼いでやる。

コンプレックスは心の中の粗大ごみです。

基本的には、邪魔となりますが、燃やせば、燃料になります。

 

そう考えれば

負の部分はプラスに転換できる。

と結論づけることが出来ますよね。

この記事を書いたいきさつ

僕の周りには、年収を1億稼ぐような怪物が2人います。

2人の共通点は、昔いじめられていた、ということでして。

それを僕に話してくれるということは、何処かで自分たちと同じような雰囲気を感じ取ってくれたのかもしれません。

 

ただ、そういった生き証人が要るおかげで、コンプレックスは最終的には大きな力になるんだなあ。

と教わることが出来ました。

 

で、この記事は、そういったことを伝えたくて、書くに至ったんです。

 

皆さんも、いつか発信できる立場になったのなら、人を勇気づけることを考えてほしいな。

と僕から、お願いします。

おさらい。

ということで、今回の記事をおさらいしていこうと思います。

  • コンプレックスを受け入れる強さ
  • コンプレックスを気にしない自信

これが、コンプレックスでダメになっている人が身に着けるべきものです。

 

人は、一瞬で変われません。

でも、時間をかければ少しずつ変われます。

 

自慢にしかならないのですが、僕は現在は月収150万円稼いでいます。

でも、昔はしがない工場員。

結局のところ、やるかやらないか。

だと思います。

 

とするのであれば、ぜひ、やる側になることを僕は勧めますね。

答えは、いつでも2つに1つなのです。

-自己啓発

Copyright© hasamiblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.