趣味

転スラって面白いの?高速レビューをしてみようと思います。

なろう系の中でも屈指の人気を誇る、

転生したらスライムだった件。

この漫画って面白いのでしょうか。

 

僕自身の話をすれば、全コンテンツ視聴しました。

小説も、漫画も購入しています。

アニメも全部みたし、ウェブ版も全部読みました。

 

そういった中で評論すると、

合う人には合うかなと思いました。

合わない人には合わないとも思います。

 

僕自身は、肌にあっている作品でしたので全巻読んだわけですが。

今回は転スラの話をかいつまんで紹介しつつ、作品の魅力を書いていこうと思いますので、良ければお付き合いいただければ嬉しく思います。

転スラ。話のあらすじ

37歳。

ぼっちサラリーマンだった三上悟が通り魔に刺される所から物語は始まります。

通り魔に刺されたとき、三上悟の後悔からか異世界に転生することになります。

この世界の設定上、現世から異世界に転生するときにスキルを得ることが出来ることになってますが、

三上悟は

物事のあらゆる答えを瞬時に導き出せる「大賢者」

物体や生物を捕食し、その後、姿や能力を盗むことが出来る「捕食者」

この2つを備えた「強力なスライム」として異世界に召喚されます。

 

召喚された場所は、幸か不幸か最強の竜種の一体。

「ヴェルドラ」が封印されていた洞窟でした。

 

最初は恐れおののいていた、スライムですが様子を見ていると

ぼっちだった自分の境遇とヴェルドラを重ね合わせます。

その後、話をするうちに瞬く間に打ち解けることが出来、友達になることに成功します。

 

旧知のように打ち解けたスライムとヴェルドラはお互いに名前を付け合い。

スライムには、リムル=テンペストという名前が。

ヴェルドラにはヴェルドラ=テンペストという名前が付けられます。

その後、封印を解くことを約束とし、ヴェルドラを捕食者で吸収し自らの胃袋に保管し。

リムルの冒険は始まります。

転スラの魅力、面白さはどこにあるのだろうか。

転スラの魅力はどこにあるのでしょうか。

売れる漫画とは、理由があるから売れる。

面白いから読まれるわけです。

 

そういったなかでどこに魅力を感じるのでしょうか。

僕が思ったことを書いていこうと思います。

主人公の無双

やっぱりなろう系と言えば、ここに面白さがあるのだと思います。

圧倒的に強さで悪を打ちのめす

「勧善懲悪」

読んでいてスカッとしますよね。

 

 

リムルは一体どういった能力で無双していくのか。

それは先ほども書いた、2つのスキルです。

  1. 大賢者
  2. 捕食者

大賢者

ユニークスキルの一つ、「大賢者」はありとあらゆるものに正確な答えをはじき出すことが出来ます。

深く説明すると、戦闘においては

「あいつを早く倒せる方法は?」

と聞けば、最速で倒すことが出来るし、

「こいつを最も強く出来る方法は?」

と聞けば、最も効果的な強化手段も教えてくれます。

 

つまるところ、あらゆることに応用できる汎用的なスキルです。

その後、7つの美徳の一つである「ラファエル」に覚醒し、その強力さにより磨きがかかっていきます。

捕食者

もう一つの「捕食者」は取り込んだものの性質・成分を分解することで、能力や姿かたちを真似することが出来る、

コピー能力です。

これも汎用性に富んだ能力です。

例えば洞窟にいるコウモリを吸収すると超音波と翼をコピーでき。

超音波を応用した結果、しゃべることが出来るようになり、翼を得た結果、空を飛ぶことが出来るようになります。

また、そこらへんに落ちている薬草を体内で分解して、回復薬を作り「胃袋」の中に貯蔵することでいつでも取り出して使うことが出来ます。

ちなみにこちらの捕食者は後に、グラトニーへと進化し。

その後、ムジヒナルモノというスキルを得たことをきっかけに7つの大罪の一つベルゼヒュートに覚醒します。

能力を吸収して、強くなっていく

物語序盤で、ヴェルドラの洞窟に召喚されたリムルですが、この洞窟はヴェルドラの魔力に当てられて強力な種族に変移しているものが多かったです。

その強力な奴らを、一切合切吸収したためリムルは序盤から強力なスキルを手に入れることが出来た。と言えますね。

 

圧倒的な戦闘力のごり押しではなく、「仕組み」を取り入れることによって強力なキャラへと変貌していきます。

勿論バトル系なので回を追うごとに、強力な敵が現れます。

魔王やドラゴンなども多く存在し、道を阻んでいきます。

それらを吸収して、どんどん強くなっていき、手に負えなくなっていく感じは読んでいて面白く感じますね。

魔物の町の発展

魔物の町の発展と繁栄はこの漫画の魅力であると思います。

 

最初は弱小種族しか存在しなかった町にも、リムルの強さと懐の広さに惹かれ、多くの種族が集まっていきます。

鍛冶が得意なドワーフ族や、戦闘が得意なオーガ族。土石の管理に長けたオーク族、森の管理人であるドライアドなど。

ありとあらゆる種族が集まり、己の個性を発揮して町を発展させていきます。

 

自分の持っている特徴を存分に発揮して、町が見違えるように変貌を遂げていく様は高度経済成長をほうふつとさせますね。

最終的に町は一つの国ともいえる規模に膨れ上がり、その結果悲劇を生み出すわけですが、それをここでは語らないようにしたいと思います。

それぞれのストーリーが魅力的に感じる

種族間の争いやつながりから生まれてくるストーリーはついつい読み進めてしまいます。

本来、強力なオーガ族が突如生まれたオークの帝王の軍勢に滅ぼされかけるとか。

そういった生態系的な話が好きな人は、楽しめるのではないかと思います。

各種族の成長がワクワクする

この漫画では、「名付け」というシステムがあります。

ノーネームだった魔物に名前を付けることで、「ネームド」となり。

名前を持っている魔物は、ユニークモンスターと認定され、種族としての位が上がっていくわけですね。

オーガ族ならば、鬼人になりますし。

オーク族ならば、ハイオークになります。

 

そのときに、新しいスキル得たりや姿かたちが変移するところは見ていてワクワクします。

上位種の設定なんかも、興味深いものがあります。

最終的に、配下のほとんどが怪物揃いになりますが、それはココで語るとネタバレになるかと。

明確な危険度が存在します。

ちなみにこの作品では、明確な脅威度、危険度が存在し。

それによって世界中の人間は魔物の脅威を可視化出来るようにしているのです。

災害級 町一つで応戦するレベル
災厄級 国一つで立ち向かうレベル
災禍級 大国が結集するレベル
天災級 世界が滅ぼされるレベル

※読み方

災害→ハザート

災厄→カラミティ

災禍級→ディザスター

天災→カタストロフ

補足ですが、魔王と呼ばれる怪物クラスのモンスターは、災禍級に分類分けされます。

つまるところ、世界に甚大な被害を与えかねない魔物の中の魔物ということですね。

だからこそ、「魔王」という称号を得ることが出来ているわけです。

主人公のリムルも後に、覚醒することになります。

しかもこの災禍級の魔王は、さらなる怪物に進化できる「伸びしろ」をもっていると言えます。

それが、覚醒魔王です。

覚醒魔王

名ばかりの魔王ではなく、強さの頂点を極めた魔王です。

別名

「真なる魔王」

と呼ばれ、覚醒する条件は3つです。

  1. ユニークスキルを持っていること
  2. 覚醒にたる基礎魔力を持っていること
  3. 人間の命1万人を犠牲とすること

これらの条件を満たしたとき、収穫祭(ハーベストフェスティバル)を経て覚醒します。

この時、元来のスキルも強化され、中にはユニークスキルが「アルティメットスキル」というものに変移するものもいます。

原則として、アルティメットスキルを所持するものにはアルティメットスキルしか対抗できない。

ということもあり、

覚醒魔王を倒せるのは同じ覚醒魔王クラスの魔物や人間しか存在しない

ということになります。

 

リムルは後に、覚醒魔王クラスの怪物だけで構成された、八星魔王(オクタグラム)に所属し、世界の頂点の一角を担うことになります。

転スラはどのコンテンツで見るのが面白い?

転スラはあらゆるコンテンツで展開された作品であり、

漫画、アニメ、小説。

にて紹介されています。

一体どのコンテンツで視聴するのが楽しめるのでしょう。

 

これに関して言えば、

漫画版をお勧めします。

こちらの電子書籍サイトで扱っていて「転スラ」と打てば出てきます。



イーブックイニシアティブジャパン eBookJapan

小説版は少し書いている人の文体に癖があり、読みにくいと感じる人が多いのかな。

と個人的には思っています。

ただ、漫画版はそれらのアクをうまく抜き、誰でも楽しめるように補完されています。

それでいて、転スラ独自の世界観を壊さないようにしている点は、素晴らしいかなと。

唯一のネックは、単行本の発売が遅い。

ということですが、これは扱っているシリウスという雑誌が月刊発行なので仕方がないことです。

 

アニメ版は、個人的には漫画版に劣るのかな。

と思いました。掘り下げてほしいところをいかんせん堀進めきれず。

疑問に思う箇所がいくつかありましたからね。

とはいえ、世間的にはアニメ化で人気が出たということもあります。

ですから、ダメだとは決めつけずU-ネクストなどの無料キャンペーンをしているサイトで見るのが良いのかな。

U-NEXT

と思います。

まとめ転スラの面白い所

以上、独自の世界観で作り上げられたなろう系作品の紹介でした。

ハマる人はハマるのではないかと思います。

せっかくなのでもう一度、振り返りますと、

  1. 主人公の無双
  2. 発展していく魔物の町
  3. 各種族の成長

この3つが転スラを読んでいて、ワクテカなシーンかなと感じます。

忘れていましたがキャラクターも魅力的に感じる部分も多く、リムルはカッコ可愛いです。

そこも、作品を読みやすくしている部分なのかなと思います。

 

ということで今回は以上となります。

ご清聴ありがとうございました。

人気記事

1

結局のところ、すごい人の良い所をパクって這い上がってきたのが僕という人間です。 そして古今東西のアフィリエイターはそうやってスキルを身に着けていったと言えます。やはり真似こそ最強のトレーニングです。 ...

2

僕は20代ぐらいの時に 「人生が終わったなあ」 と思っていた時期があります。   しかしながらなんとかすることが出来ました。 (こういえば、軽いですが(笑)) 今回は、人生が20代で終わった ...

3

アフィリエイトで収益化するために必要な能力はどこにあるのでしょうか。それ「+」どれぐらいの時間がかかるのか。 僕の経験則を踏まえて、書いていこうと思います。   そもそもアフィリエイトって儲 ...

4

アフィリエイトってオワコンだろ。 1万年と2000年前から交わされてきた議論ですが、現在においてはいかがなるものか。 単刀直入に言えば、 オワコンではないと思っています。 というのも稼げる人間は現在も ...

5

アフィリエイトで稼ぐコツとか、SEOとか、セールスライティングとか言われても分かんねえよ。 実は僕も始めたころはそういったことを思っていました。 ということで、ここは論よりも証拠、百聞は~ということで ...

-趣味

Copyright© LionHeart , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.