生き方

【神解説】会社を辞めたい。精神的に疲れたので、退職&転職したいと思った人に。【今からすべきことについて】

精神的にもう限界だから会社を辞めたいんだけど、なかなかやめられそうにないな。今後のことも不安だから、動き出したいんだけど。

そういったことを考えている人は、けっこういると思います。しかし、実際に行動に移せる人となればその数は明らかに減ってくるのではないかと思っています。

 

個人的に思っていることは会社を辞めたいと思っているのであれば、やはり行動に移すことが大事ではないかということです。

確かに行動をするのには勇気が必要です。そして、今ここに来ている人はそういった勇気がないからこそ困っているんだということを僕自身は良く知っています。

僕自身も会社を辞めるときはすごく勇気が必要でした。辞めると言い出すまでの過程にそれなりの準備が必要だったと思っています。

 

ただ、それでも、自分の人生をステップアップしていきたい。

というのであれば環境を変えるための努力をすることは必要不可欠になってくると思います。

会社を辞めることが偉いというわけではありません。しかし、自分の将来を考えて会社を辞めて新しい環境に踏み出せる人は確実に優秀な人であると思います。

 

そういった人は

危機管理能力がある、

といいます。

 

それを踏まえたうえで、会社を辞めていきたい人に僕なりの経験則から辞める方法を提案していきたいと思っています。

この記事を読んでもらううえで思っていることは全てをうのみにせずに参考にできる所だけを持って帰ってもらいたいということです。

それが出来ますでしょうか。それが出来るのであれば、僕なりに思っている会社を辞めることについて掘り下げていきます。

 

会社を辞めたくて疲れたのであれば、転職を考えてみることが一つです。

会社を辞めたいのであれば、色々な考えはよぎってくると思いますが、ともかくは転職を考えてみることです。

多くの人は転職に対してそれなりに抵抗感を持つと思っています。確かにそう思うことはもっともですし、転職を簡単なものであると考えることは危険です。

転職は戦場を変えることです。何のスキルも持たない職場で頑張るということは、とどのつまり丸腰の状態で何の武器を持たずに新しい戦場で戦うことと同義になります。

 

それになんの計画性もなく転職なんかしていたら、「仕事に対しての飽き症」が生まれてしまい。何一つスキルを掘り下げることが出来ず、中身のない30代、40代を迎えることでしょう。

今の時代は100年時代であり、40代ぐらいまでは若者である。という考え方もありますが、どちらにせよ20代、30代は良い時代を過ごしておいて越したことはない。

ということは圧倒的な事実です。

転職をするのであれば、将来を考えることが重要です。

ですから、転職をするのであれば、自分の適性に合った転職をすることが重要なことです。その中でスキルを高めていずれは会社に頼らなくても生きていけるようになれれば最高です。

ただ、これは一つの考え方であって、今現在、仕事を辞めたくて仕方がないぐらいに追い込まれている人もいるわけです。

僕が思うにこういった人も転職を考えてみることはオススメであると思います。

はっきり言いまして、そういった人は出来るだけ早くに辞める算段を立てておいた方が吉です。その痛みに慣れてしまうと、組織に飼いならされてしまいます。

また、うつ病になってからでは遅いですし、心の傷が抉られて重症になる前に何らかの手段を模索しておいた方が良いという話です。

転職をすることはリスクである。しかし、今の職場に居続けることはもっとリスクだ。

先ほど「転職は戦場を変えることである。」と書きました。

つまるところはそこには何かしらのリスクがあるということになります。これは、今から会社を辞める人からすればなんとなく分かることではないでしょうか。

「せっかく今まで、この仕事を続けてきたのに辞めるのはもったいないな。」

と。

しかしながら、今現在つらい思いをし、これからもその痛みとプレッシャーを背負い続ける必要があるのであれば、それ以上に大きなリスクはないのではないかと思っています。

つまるところ、今その場にとどまることが最大のリスクになるわけです。

 

人間は痛みに慣れていくと言いますが、そんなことはありません。

少なくとも何の得もない痛みを日々与え続けられた人間は、日に日に弱っていきます。淡水魚を海水に入れれば、3日とせずに息絶えるように。人間も合わない職場で長生きし続けることは難しいのです。それならば、転職について考えることは一つの

生存戦力とも取れます。

 

実際に転職をしてよかったと答える人は、転職企業マイナビニュース調べによると

情報ソース:転職経験者「転職してよかった」が87% - 理由は?

87%にも及ぶと言います。

理由としては1位から順に

  1. 給与がアップした
  2. 人間関係が良くなった
  3. やりたい仕事が出来た
  4. 休みが取れるようになった
  5. 勤務日が良くなった

と並びます。

 

しかし、多くの先輩や上司は辞めても変わらないよといいます。

ただ、会社員をやっていて仮に先輩や上司に

「会社を辞めたいのですが。」

と質問をしても返ってくる答えというのはいつだって

「お前が他の職場で通用するわけない」

「他の職場でも大して変わらないよ」

「どれだけこの職場が恵まれているのかわかってるのか」

といったものになります。

とはいっても、こういった考え方や発想というのは実際に会社を続けている人間だからこそ出てくるのではないか。と思っています。

仮にその上司が若いころに会社を辞めているのであれば、そういったセリフは出てきたのかと言えば、絶対出てこないと言えます。

結局のところ、そういったセリフが出てくるのは他の会社で働かずにずっと同じ職場で働き続けていたからこそです。

 

しかし、どうでしょう。

実際に会社を辞めてみた人間の多くは(9割近く)会社を辞めて、新しい職場で働き始めてよかった。といっているのです。

上司一人の声と世間の数千人のアンケートであれば、情報の権威性として後者の方が上であり信憑性があります。

そういった総合的な視点で見てみたとして転職を考えてみることは悪くない選択肢である、と思っています。

会社を辞めたい人向け。転職をする方法について。

今すぐにこの状況を抜け出したい。これから転職をしていきたい。

そう思っている人はどういった風に動き出していけばいいのでしょうか。

先に書いておきますが、転職をすることはすごくめんどくさいことで、そこには「然るべき順序」があります。その順番を踏襲していくことで転職が叶うということを忘れずに行動すべきです。

それでも、虎穴に入らざれば虎子を得ず、という言葉のようにちょっとだけめんどくさいことをすれば、その分リターンが大きくなります。

それを踏まえたうえで、転職をする方法を書いていきます。

転職エージェントを活用する。

これからの時代において転職をスムーズに進めるのであれば転職エージェントを活用することをお勧めします。方法としては以下の手順です。

  1. サイト登録
  2. カウンセリング
  3. 会社選び
  4. 書類添削&面接対策
  5. 企業面接
  6. 内定退職アドバイス

6つの手順を踏む必要があります。

とはいっても、実際のところはキャリアエージェントとなる人がいて、アドバイスを受けながら手順を進めていくので、思っているよりも円滑にことが進んでいくはずです。

そういった意味においては、転職の知識がない人でも転職をしていくことは簡単であると言えますし、より理想的な職場を選ぶこともできると言えます。

勿論、最終的に転職をするのは自分自身になるのと言えます。ですから受け身にならず自分からも担当者に対して意見を述べることが大事になってきますね。

転職エージェントを使うメリット・デメリット

メリットについて言えば、無料で手厚いサービスを受けられるところです。こういったものはコンサル業のようなものなので、有料になるかと思われがちです。

しかし、実際のところは無料でカウンセリングを受け、その中で会社を選ぶことが出来るので知識がなくても安心できます。

それに、働きながら仕事をしている人でも活用しやすいという点については、今現在仕事をしながら忙しい思いをしている人にとって朗報ではないかと思っています。

こういった転職エージェントは会社を辞めたいと思っている人に向けて行われているサービスなので、夜や土日に予約を入れることも可能です。

それに加えて豊富な求人を扱っていて幅広い仕事の情報を拾うことが出来ます。今後の将来について考える幅が広がります。

 

デメリットとしては、担当者との面談があり、それに関してはちょっとした決意が必要になってくるところです。特にコミュニケーション能力が低いのであれば、電話などの面談でも緊張してしまう場合もあります。

そういった意味で先ほど書いた勇気が必要になる。ということは間違っていないと思います。

それでも、実際にやってみると担当者の方から色々な情報を得ることが出来ますし、相手もプロなので対応はきちんとしてくれます。

そして、最終的には一つのコンサルのように自分の将来を考えることが出来ます。総合的に考えるのであれば、もっとも効率的に転職が出来るサービスではないかと感じます。

オススメの転職エージェント

デューダ

転職エージェントを活用したことがない人はデューダを活用してみましょう。

充実のサービスがあり、これからセカンドキャリアを歩んでいきたい人にとって強力な追い風となるサービスです。

サービスの魅力。公式サイトより

dodaの専門スタッフが、あなたの希望や適性に合った求人のご紹介や、 転職活動のサポートをさせていただくサービスです。非公開求人を含む約10万件の求人からあなたに合った求人を紹介。 専門スタッフが企業へのエントリー、選考結果のお知らせ、面接日程の調整など内定までをトータルサポートします。 また、必要に応じてキャリアカウンセリングを実施することもあります。

>>>デューダ公式ページはこちら

 

個人的所感。

幅広い仕事を探してみて、その中で向いている仕事を探すこと。新しい世界に一歩を踏み出すことは勇気がいることですが、一度踏み出してみると新しい人間関係やスキルと出会うことが出来ます。

勿論、ただ受け身でいるだけではダメで、未来は自分で勝ち取っていくものです。

それでも、使えるものがあるのであれば、協力してもらえる何かしらがあるのであれば頼ってみることもいかがかと思います。

今の時代はいろいろと生きづらいですが、生きづらい時代に合わせて、使いやすいサービスも生まれてきているわけです。そこに頼ることはダメなことでしょうか。そんなわけありません。

 

会社を辞めることに罪悪感を感じることは仕方ない。それでも戦略的撤退です。

これは、あくまでも一人間の考え方です。僕自身もそれなりに続けたブルーワークを辞めた経歴があります。

そういった中で、会社を思い切って辞めた時のことを思い出しながら話します。

第一として、会社を辞めることに罪悪感を感じることは仕方がないということです。というのは、人間には情があるからです。

どんなに嫌だな、と思っていた仕事でもある程度続けていれば、腐れ縁的にその仕事に対して使命感や責任を感じることになります。

そして、少なからず自分が組織の一部分を担っているという感覚を覚えることが出来ます。

 

多分、仕事を辞めるとなったとき、優秀であればあるほどに罪悪感を感じるのではないかと思います。それは自分が組織に対して尽くしてきた歴史があるからです。

人間は時間をかければかけるほどに物事に対して、深堀してしまい、深堀したものに対して少なからず良い面を理解してしまいます。

 

つまり。仕事が出来ない人だけが、会社を辞めたくなるのではないのです。

くわえて、優秀な人はみんなが知らぬところで大きな負担をかけられます。

そして、雨のように降ってくる無数のめんどくさい仕事を文句ひとつ言わずにこなさなければならないのです。その努力を周りは知らず

「俺は頑張ってるのに。」

みたいなことをほざき倒すわけです。とくに上司がそういったことを言い出すときもあります。

 

人間が一番応えるのは、自分の頑張りを認めてもらえないときかもしれません。僕自身もそういった時に辞めたいと思いました。

で、個人的に思っているのですが、そういった時は本格的に辞めることを検討してもいいのではないかということです。

 

仕事がシンドイのは自分のせいではない。

要は、会社を辞めたくなるのは仕事が出来る、出来ない関係ないということです。

職場でエース格だった人が何の前触れもなく退職するケースだって往々にして起こりうる人事問題です。

だからといって、無計画で職場を辞めていいというわけではありません。それでも、そういった人たちでも辞めるんだな。と考えれば、仕事を辞めることに対してちょっとだけ前向きに考えられるのではないかと僕は思いました。

 

仕事がシンドイのは別に自分のせいではなく、労働の仕組み作っている人間が悪いのです。そしてそれを言おうにも言える環境ではありません。

それならば、一つの手段として転職と言う手を使わざる得ないのではないでしょうか。

それは、逃げるというわけではなく、戦略的な撤退と言えることではないか。

と個人的には思ったりします。

人間には限界があります。

一経験として書きますが、人間、どれだけ凄くても個人の力ではどうしようもないことがあります。

例えば、今話している「組織における自分の役割」もそれに当てはまります。

どれだけ、自分が優秀であっても上の人間の決定には逆らえません。ですから、やりたくない役職を押し付けられて、果てしない労働時間をこなさなければならないときもあるのです。

 

「そういった時、耐えられないのであれば仕事を辞めることも一つの最善手ではないだろうか。」

と個人的には考えています。

 

僕自身は副業をすることでスキルを伸ばしまして、その中で独立しました。

スキルアップしながら出来る副業についてそれぞれ解説。【スキルの磨き方についても解説】

 

それでも、その前に転職についてのカウンセリングを受けまして、その中で自分の適性について考え直す機会をもらいました。

転職とはただ転職するだけでなく、自分の力を見直す機会でもある。

これは、一つ胸に刻むことです。

 

現代、どうしようもない時、力を貸してくれる人は多いです。

そういった中で泥臭く、自分にできることを増やしていけば、出来ることは必然的に増えていくかと思っています。

それを踏まえたうえで今回、手段を公開していった次第です。

良ければ、今後の参考にしてもらえればと思います。

行動リンク

>>>デューダ公式ページはこちら

今後の将来を考えていくことにおいて、転職エージェントの活用法を知っておくことも一つの社会勉強になるかと思います。こういったサービスがあることを知るだけで、心が楽になる。という点も小さいながらも魅力的なポイントですね。

 

>>>スキルアップしながら出来る副業についてそれぞれ解説。【スキルの磨き方についても解説】

副業をすることも、スキルアップに有効です。ただ、今回の記事においては速効性が大事だと思ったのでそこまで取り上げませんでした。



人気記事

1

アフィリエイトをする中、なかなか作業が進まない人は多いはず。 そういった中でアフィリエイト教材(情報商材)が気になっている人は多くいるのではないでしょうか。   僕自身、アフィリエイトを初め ...

2

仮に人生が詰んでいるのなら、アフィリエイトをしてみると良いです。   1年ほど頑張って、知識を身に着けましょう。そして、実践できるようになりましょう。その先に今現在の状況を打開するきっかけが ...

3

アフィリエイトとは何か。   これからアフィリエイトを始める人は、すぐに始める準備をしましょう。 しかし、 アフィリエイトがどういったものか? これを抽象的→具体的、にしないことには何も始ま ...

4

これといった能力がなくても、アフィリエイトをすることでそれなりに収益を得ることは可能です。 いまうだつが上がらない人や、くだらない現状を変えていきたい人にこそアフィリエイトを始めてもらいたいです。 & ...

5

20代のうちに人生を変えたいと思っている人に言えることは、頑張り次第で変えられるとおもいます。 スポーツの世界や芸術の世界はどれだけ努力をしても到達できない世界があります。だから「頑張り次第」とは言え ...

6

アフィリエイトを始める手順についてですが、まずはサイトを作ってみましょう。 アフィリエイトを始めようと思っても、多くの人が戸惑うのはサイトを作るのが難しいからだ、と思います。 特に WordPress ...

-生き方

Copyright© LionHeart , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.