自己啓発

暇つぶしについて、一人でいるときの有意義な時間の過ごし方4選

今回「時間の潰し方」を書いていこうと思います。

一人でいる時間をいかにして潰していくか?

暇の潰し方にアプローチした記事を書いていく試みです。

 

一人は自由な分、孤独なので正直あまりやることがありません。

「休日だ!!何をやろうかな」

そう息巻くもののやることがなく。なんとなく過ごした結果。その日が終わっていた。

そういった経験は誰にでもあるのではないでしょうか。

 

ただ。

24時間は平等に与えられるもの。

一人の時間を丸ごと使えるのですから、自分にとってプラスな何かをしていきたいですよね。

ということで一人で過ごすことが得意な僕が今回は

「有意義な暇つぶし」

について書いていこうと思います。

ガチ勢が思う、暇つぶしに大事なこと

将来に役立つことをする。

ことが大事なのかな。と思っています。

 

不毛な時間をただただ過ごしていくことに、あまり意味はなく。

充実した時間を過ごしていくことに暇つぶしの意義が生まれてくると思います。

個人的に思うことは、

ちょっと疲れるぐらいの物が良いのかな。

ということです。

疲れる=めんどくさい

という等式もあるわけですが、本当に楽しいことはめんどくさいことの中にあるのです。

ということで、何かしら紹介していこうと思います。

適当にいいなと思ったことをやってみてください。

有意義な暇つぶし1.筋トレ

筋トレだけでなく、体を動かすこと。

これらはやっていく中での達成感があり。かつ継続的に頑張る姿勢を生み出すものです。

絶対に無駄にならないし、迷惑もかけない。素晴らしい暇つぶしであると思います。

オススメです。

+αで考えると

現代は頭で考えることがメインの時代です。

さらに言えば、その流れはこれからより強くなっていきます。

とはいえ、人間も動物である限り強い体を持ち続けることに越したことはない。

と僕は思っています。

なんだかんだ強くあることは得なことだ

最終的な局面では、やはり持ち前の体力が物を言うのです。

まだまだ、社会は重労働を必要としています。

僕は自営業をしていますが、なんだかんだ強い体が必要だ。

と感じることは多いですし、雇われの社員ならなおさらでしょう。

まだまだ肉体を酷使する社会において、耐えきれる体を手にするため、体力を鍛えること。

これを有意義と言わずして、なんと言うのか。という話ですよね。

有意義な暇つぶし2.読書

有意義な暇つぶし、と言えばこれをイメージする人も多いのではないでしょうか。

本を読むことです。

書店に行くのが面倒な人もいると思います。

しかし、そこに行くまでが一つの楽しみと言えるのです。

重い腰を上げて、買いに行ってみましょう。

 

実際に書店に出向くことで発見できることもあるはずです。

例えば、お店がどういった本を売りたがっているのか?とか、コーナーごとにどういった人間が集まるのか?

とか。

活字や文学が集まる場所は、人間社会の流れが分かりやすく形成されていたりします。

人間観察の場として、書店はいい勉強が出来ます。

とはいえ、最近は電子書籍もあるので

今スマホで見ている人は、電子書籍を活用しても良いと思います。

敬遠されがちですが、月額とか、登録料とか一切かかりませんし、むしろポイントがついてきてオトクまでもあります。

また社会はどんどん電子化されているので、流れに乗るのも勉強として悪くないかと。

 

ちなみに一番いい電子書籍は?と聞かれると答えに窮します。とはいえ、最も無難なのは

漫画、自己啓発書、雑誌オールラウンドに扱っている、

ソニーの電子書籍ストアReader Store

ではなかろうか。と思います。

オススメの書籍

多分、読んで損のないであろう書籍をいくつか紹介したいと思います。

USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?


ゼロ 堀江貴文(著) / ダイヤモンド社


俺か、俺以外か。 ローランドという生き方【電子特典付】


五体不満足 完全版

有意義な暇つぶし3.アニメ、漫画

インスピレーションを得るために、漫画を読むことも良いと思います。

それにアニメを見ることも長い目で見れば悪くないと感じますね。

よく遊びよく学べ。

の言葉通り、娯楽には人間を成長させる多くが詰まっていて、ちりばめられた人間学をかみ砕き、消化(昇華)することが出来れば、

仕事、恋愛、趣味。

人生のあらゆるものに活用することが出来ます。

良い作品を読むことに投資する意味

良く言われるのは、

名作は娯楽を超える

ということで、名作には「名作たる理由」があるからこそ社会で受けているのです。

ということで、ミーハーになりましょう。

「ネット、社会で話題になっている作品にとりあえず触れてみること。」これをお勧めします。

感性を磨くことが出来ます。

漫画は読書以上に感性を磨くことが出来ます。

「感性なんて磨かなくてもいいじゃん。」

と言われることはあまりありませんが、心のどこかで

「感性を磨いている暇があれば、数字を残したい」

と思っている人もいるのではないでしょうか。

 

とはいえ、現代で起こる事件を振り返ってみても、

鈍感は罪

だと思えることが多々ありますね。

SNSでのいわれのない罵倒

SNSでの誹謗中傷なんかがそれに当たります。

人の気持ちを考えることに鈍くなり、傷つけることに抵抗が無くなっている方が多くなっている状況だからこそ。

芸能人を初めとする多くの人が気に病むケースが増えてきたのではないかと思います。

だからこそ、人の振り見て我が振り直せです。

感性とは何だ?

感性とは、つまり「センス」です。

「お前、センスないなあ。」

とか、言われる人って結構いると思います。

こういった人は、

  • 「まじめすぎる。」
  • 「応用がきかない。」

そういった部分があると思います。

硬派な趣味に取り組むことは良いことですが、それだけだとダメだ。

と僕は思います。

 

アニメや漫画といった大衆が触れるモノに足を踏み込み、学べることを血肉にする。

それが、成長に大きな力を与えるものであると思っています。

有意義な暇つぶし4.料理

料理をすることも、良い暇つぶしであると思います。

美味しい料理を作れるようになれば、それだけで一目置かれます。

多種多様な調理法を覚えて、家事のできる男を目指していきましょう。

また、自炊は外食よりも費用がかからないので節約になりますね。

結局は努力次第

料理の才能がない。

という人でも、努力次第だと思います。

最初は簡単な物から初めて、徐々にレベルアップする。

その中で達成感を得ることが出来ます。

不味い料理を処理する自分がみじめになることもありますが、それは誰もが通る道であり。

世に存在するあらゆる料理人が避けて通れない道でもあります。

その他に磨かれるもの

これは僕だけかもしれませんが、センスが磨かれると思います。

ちょっとした分量違いや、調理法の相違で出来栄えが180度変わってくるのが料理です。

この点は細かい感覚を磨くうえでうってつけなのです。

例えるなら、人間関係やスポーツに通ずる「なにか」があると思います。

僕は野球でピッチャーをやっていますが、指先の微妙な感覚は塩一つまみの感覚に似ています。

暇つぶしをマスターし「なぜか出来る人」になろう。

あなたの周りにこんな人はいませんか?

・なぜか定時で帰る人。

・なぜか成績が良い人。

・なぜか結果を残す人。

・なぜかモテる人。

なぜか出来る人。

こういった人たちって何をしているのか?

結論を言えば、

総じて「良い時間」を過ごしているのだと思います。

多くの人がボーとしている間、

色んなものに触れ、感性を磨いている。

常日頃から結果を出すための準備をしているわけです。

 

だからこそ、表面的には頑張っていなくとも結果を出せる。

という素晴らしい状況が生まれるわけです。

時間を大事に使いましょう。

一人だからこそ考える時間が生まれます。

そこで何を考えたかで、今後の生き方も多少変わってくるのではないかと思います。

時間は有限です。

それを理解しているのなら少しぐらいめんどくさいことでも、取り組むことが出来るのではないでしょうか。

暇つぶししている時間も、充実している時間も「同じ時間」です。

そこを再確認して、前進していきましょう。それが力に変わるはずです。

まとめ

お疲れ様です。

以上で今回の記事は終わりにしようと思います。

「鉄は熱いうちに打て」

の言葉通り、人間の心は非常に熱しやすく冷めやすい。

だからこそ、熱意が芽生えてきた時は、すぐに行動することを心がけてみるといいと思います。

 

むかし、

いつやるか?今でしょ。

という、言葉が流行りましたよね。

めちゃくちゃいい言葉だと思いますし、ぜひ意識した方がいいと思います。

思い立った時にやること。

これを心がけると「いろんな経験」が出来ます。そして、その経験が財産となります。

 

と、まあ、いろいろ語りましたので、今回はこれぐらいにしておこうと思います。

改めてここまで読んで頂いて、光栄です。

最後に、今を本気で生きる人に言葉を一つ送りたいと思います。

”君がどんなに遠い夢を見ても、

君自身が可能性を信じる限り、

それは手の届くところにある。”

(ヘルマン・ヘッセ)

-自己啓発

Copyright© LionHeart , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.