自己啓発

【現代版】やりがいのある仕事を見つける。すこしずつ、人生を大きく変える方法。

仕事にやりがいを求めている。

今やっている仕事が「いまいち」と感じている人は多いと思います。そういった場合、すぐさま仕事を辞め、新しい職を探す。

そんなバイタリティがあれば良いですよね。

ただ、周りの目や心の問題もあり、思っているように動き出せない人は多いと思います。

理由をつけて行動しないことに関して、僕たちは天才です。

多くの人は、変革と進歩よりも、安定と持続を臨むのです。

ただ、人は自分にとってのデッドゾーンを踏み越えさえすれば、人生に大きな変化を加えることが出来る。

これも間違いありません。僕自身、過去にそういった経験をしました。

今回は、現代において、自分の人生にハリを与えるための「やりがいある仕事」について書いていこうと思います。

やりがいのある仕事とは?

自分でお金を稼ぐことにあると思います。

多くの人は、お金を稼ぐ。

という意識よりも、お金をもらう。

という意識で、仕事に臨んでいると思います。

仕事を機械的にこなして月末に決まった量の金をもらい、それで生活をする。

そこにはある種の「仕方ない」が潜んでいるのです。

しかし、本当に仕事にやりがいを与えるのであれば、自分なりのやり方で自分だけの方法を見つけ出しお金を稼ぐことが大事だと僕は思っています。

例えば、仕事一つにしてもマニュアルをまず疑ってみる。

というのは、ありだと思っています。

会社のマニュアルって意外と効率が悪い部分も多くあります。

マニュアル=正しい。というイメージがありますが、所詮、マニュアルも自分と同じ「人」が決めたことです。

自分なりのやり方と照らし合わせて、削れるところは削る。これによって、効率が良くなってくると仕事は楽しくなってきます。

勿論、常識的に考えてダメなことはやってはいけません。しかし、明らかに無駄な作業は端折ってしまうことも仕事の生産性を上げるうえで必要なことだと思っています。

昨日は、1時間かかっていた仕事が、今日は50分で終わった。

その10分にどういったことがあったのか。なぜ、早く出来たのか?それを突き詰めることが僕は大事だと思っています。

自分のやり方を見つけ、それの再現性を高めていく。

ここに仕事の楽しさがあると思いますね。

人にやらされる仕事ではなく、自分でやる仕事。これこそ、やりがいのある仕事だと思います。

人間としての経験値を大幅に上げる方法

人間が社会で生きていき、いろんな人を追い越していくため、必要な物は何でしょう。

才能?努力?人間性?

勿論それらも大事ですが、

僕は経験だと思います。

修羅場をくぐって、経験を積んできた人は、

仕事において高い安定感と生産性を生み出すことが出来ます。

そして才能、努力、人間性。これらは、経験値がなければまず発揮されません。

若いころの苦労は買ってでもしろ!

という言葉もありますが、あながち間違っていないと僕は思っていますね。

ところで、手っ取り早く、大幅に経験値を稼ぐ方法って何だと思いますか?

僕は、とにかく

「したことのないことに挑戦してみること」

にあると思います。

人間、自分が出来ないことは距離を置きがちです。

しかし、その出来ないことを「玉砕覚悟で挑戦してみる」ことこそ、人を大きくするうえで最も効果的なのです。

勿論、そこには苦しみがあります。しかし、その苦しみこそ人を伸ばすうえで必要不可欠であると言えます。

だからこそ、出来ないことをしてみることは大事ですね。

例えば、僕がやったのは、ナンパです(笑)。23の時に、「やってみろ」と言われてやってみました。

大阪梅田の夜の街で、道行く女性に声をかけていくのです。

最初のうちは、声をかけたのも気付かれない、というひどいありさまでしたし、どれだけやっても上手くいきませんでした。

それから1年ぐらい続けたのですが、結局最後まで成功率は0パーセントでした。

しかし、今となってはこの経験も僕にとっては欠かせない要素になっています。

失敗と書いて、成長と読む。

と名将野村克也は説きました。

僕も、このナンパの経験を通して、「僕は女性とは誠実にやっていかないと上手くいかない」ということを知れましたし、失敗の中で思い切りの良さを身に着けることが出来ました。

まさしく、失敗の中で成長することが出来たのです。

挑戦を続けて分かることは、自分にとっての向き不向き

挑戦することのメリットは

「向き不向き」

が分かることです。

いろんなことをやっていると、自分に何が向いていて、なにが向いていないのかだんだんわかってきます。

例えば、ぼくにはナンパは向いていませんでした。

女の子に好印象を与えるという点で、僕は絶望的に向いていなかったのです。

でも、中には挑戦をする中で向いていることがあることに気づくことも出来ます。

僕の場合。

例えば、

「アフィリエイト」

が向いていました。

これは、僕が、会社でのやりがいを見つけられなくなって、人生の方針を変えてみようと思った時に始めた物です。

僕自身、文章を書き、読むことは向いていたし何より時間もかなり余っていたので「出来るな」という直感はありましたね。

最初のうちは、「惨敗」を繰り返しました。

しかし、「おい!人生かかってんだぞ!!」と自分に発破をかけ、必死で続けるうちに収益が発生しました。

最初は、105円。

そこから、1万、3万、5万、10万、そして現在は7桁プレイヤーです。

自分の向いている分野がみつかることによって、これほどまでに人生は大きく変わるのか!と思いました。

こういった経験をしているからこそ、

「挑戦をして、自分の適性を見極めること」

はとても大事なのだと思います。

現代は挑戦をしやすい時代です。

ネットが発展してきたということもあり、現代は挑戦をしやすい時代だと思います。

だからこそ、勇気をもって一歩を踏み出すことが大事です。

僕は、

アフィリエイトでその一歩を踏み出しました。

ネットビジネスは

胡散臭い。乞食のする仕事だ。

そんな声もありますが、実際には、すごい世界が広がっていました。

ライティング、マーケティング、サイトデザイン、人心掌握術。

これらのスキルの総合芸術がアフィリエイトです。

そこで、得られる経験値は普通に仕事をこなす、数十倍はくだりません。

人間としての高みを得られる経験として僕は、今もなお「やりがい」として試行錯誤しています。

大事なことはノリの良さ

仕事にやりがいを見つけるにはどうすれば良い?

という話ですが、僕は「自分の仕事はコレ!」と決めずに色んな選択肢を検討することが重要だと思います。

ドラクエなんかでも、いろんな職業を体験した方が手強くなるように、僕たちもいろんな職業を経験したらその分、強くなります。

たとえば、副業なんてしてみるのも僕は全然OKだと思っています。

普通の仕事+副業。

これによって、得られる経験値は普通の人よりも多くなり、それに、収益も増えていき、生き方に余裕が出来ます。

こういった話をしたとき、

勇気を振り絞り、一歩を踏みだす。

そんな気持ちで副業に取り掛かる人もいると思いますが、ぼくとしては

「ノリでやってみる」

というのが、大事かなと思います。

人生は、石橋を叩いて渡るというよりも、悪のりでいろんなことに手を出すくらいの方が、いろんな経験が出来て豊かになるもの。

僕は経験からそう思っています。

ナンパをして、撃沈してもいいんです。副業をして廃人になってもいいんです。

何もない僕たちにできる失敗なんて、そもそもたかが知れています。

ということで、他人ごとになってしまうかもしれませんが、

目の前のボロッちい橋を油断して渡っていきましょう。

いろんなことが、できるようになると仕事だけでなく「人生そのものに」やりがいが生まれてきます。

-自己啓発

Copyright© hasamiblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.