自己啓発

残業をしたくない人が出来ていないこと。そしてすべきこと

残業は正義。

そんな時代は終わりを告げようとしています。

 

今回は、僕が思う残業対策について実際に効果があったことを紹介します。

どうでもいい仕事をさっさと終わらせて、自分の時間を謳歌できるようにしましょう。

そもそも、したくない残業はなぜしなければいけないのか

これに関しては、ごく当たり前のことで、

仕事が定時に終わらないからです。

しかし、組織とはおかしなもので、定時に仕事が終わっていても、新たな仕事を振られます。

だからちゃんとやるべき仕事量をこなしていても、残業しないといけない。

そんなことがよくあります。

残業の主な理由【非生産的】

  • 他の人の仕事をカバーをする必要がある。
  • 経験値を積ませようとする上司がいるため
  • 上司が残っているため。

基本的に自分にとって、得がない場合が多いですね。よくわからない名目で、残業させられることは多いです。

これでは充実したライフスタイルを歩みにくくなるでしょう。会社に時間を絞り取られているわけですから。

残業の裏に君臨する糞上司

こういった現状をばかばかしいと見て定時退社すればどうなるのでしょうか。

僕の経験を話せば、こんなことが起きました。

「お前は人助けも出来んのか!?」「自分のことだけか?」

と怒鳴りつけられる始末です。(笑)

僕以外にもこういった経験をして企業に対して不満を持っている人間は多いと言えます。もしかすると、あなたも・・・汗。

僕に関して言えば、僕限定でやらされていました。おとなしい性格だったと思いますし、付け入りやすかったと思います。

理不尽な残業について。残業させられるのは良い人だ

組織というのは「出来る人」や「良い人」ほど損をするようになっている。

そして定時退社して楽をしている人間が「あの人はいつも余裕で仕事をこなすなあ」「スマートだなあ」といって上層部に認められるわけです。

本当に「ばかばかしい」です。

 

その結果、愛想をつかして優秀な人材が抜け仕事を出来る奴がいなくなり、現場が混乱する羽目に。そして、新たな犠牲者が生まれ、同じ悲劇を生む。まさに負の連鎖ですが現場が変わることはそうそうありませんね。

そういった時代背景を見ると、この世で一番難しい仕事は

一番難しい仕事は大ヒット商品の発明や1億の商談を取り付けることよりも

「定時で帰る」

事なのかもしれません。

対残業における、一個人が出来ること。

と色々文句を言っていきましたが、自分に出来ることはやっていきましょう。

僕が思うことは、

とにかく腕を磨き上げること。

これではないかと思っています。仕事を速く終わらせることが出来れば、自分は悪くない。という状況を作り出せます。

まずはそこに行くのが大事です。

そして仕事に関しては「速さ」と「早さ」ここにいぞんするのではないかと思います。

残業を回避する手段1.速さ

速さ=仕事をこなすスピードです。

1時間かかる仕事を30分でこなす。

これが最も残業を回避するうえで必要な能力だと思います。

これを向上させるには、どうすればいいのか?

  • 熟練度
  • 効率
  • 確実性

この3つに意識を向けることはすごく大事です。

熟練度

とにかく経験を積むことです。

効率

木を見て森を見る。全体を俯瞰して計画的に仕事をこなせばおのずと効率は上がっていきます。

確実性

ミスをしないことは一番大事なことですね。不器用でもミスを失くしていけば、その分早く仕事が終わります。

これが出来ていないせいで残業をせずを得ない人は大勢いるのです。

プラス3つの無駄を省くこと。

「3ム」というものがありまして、

  • ムリ
  • ムラ
  • ムダ

これらを意識していく中で確実に無くしていくこと。それが、仕事を円滑に進めるうえで大事です。

これは何も仕事だけでなく、どの世界でも言われることですね。

残業を回避する手段2.早さ

「早さ」これは、仕事に取り掛かるスピードです。

朝8時に始まる仕事を、朝7時40分に始めれば。20分の貯金が出来ます。

当たり前のことですが、この当たり前が出来ない人は仕事をこなすスピードが遅くなります。

ぎりぎりの時間に出勤する人は多いですが、それはかえって仕事場にいる時間を長めてしまっている。と思いますね。

朝の時間は高い価値がある

個人的な感想を言えば、

朝の10分は、夕の1時間に匹敵します。

朝にやる仕事は頭が回転するため質が良くなりやすい。

そのため難しい仕事でもなんとかなってしまう場合が多いのです。

緊急度の高い仕事程、午前に回そう

ということで、重要な仕事は朝に回しましょう。

そして、朝の勢いの惰性で午後の仕事に取り組む。

午前中にデカい仕事をやっていたら、午後はどうでもいい仕事が残る場合が多いと思います。事務作業とか。

そういった仕事を惰性でこなしていくこと。これが、効率の良いやり方ではないかと思います。

残業を回避する手段3.対人力

結局

対人力になりそうです。

 

たいてい、仕事は自分一人でするわけではなく。問題解決に向けて力を合わせ、同じ目標に向かい頑張っていくものです。

独りよがりのスタンドプレーでは、角が立ちトラブルが生まれます。

そうならないために、一緒に働く人の特徴を掴み自らが働きやすい職場を作るために働きかけること。

これが大事になってきます。

コミュ力を身に着ける。

結論、人はややこしいです。

犬をしつけるのとはわけが違います。人には人のこだわり、やり方がありそこを理解しないことには動いてくれないわけですね。

適切な距離を取り、踏み込み過ぎず、離れすぎず。これが、上手く人とやっていくためのコツです。ただ、ここに関しては勉強が必要だと思います。

人を動かす。

という本は非常に参考になるので、一読してみてください。

コミュ力があれば、会社を辞めるときに有利だし、転職にも有利

ムカつく人、真面目な人、冷静な人。

色んな人がいますが、そいつらと「どうにかこうにか」やっていける力を身に着ければ、どこにでも必要とされる人材になれるはずです。

コミュ力の鍛え方。

コミュ力に関して、僕は努力で身に着けることが出来ると思います。

具体的にどんな努力をするのか?

  1. 本を読むこと
  2. 漫画を読むこと
  3. 体を鍛えること
  4. そして、経験を積むこと

が有効だと思います。

でも最終的に、残業させる会社は。

辞めるべきかと。

上に書いたことは正攻法です。

とはいえ、何度も言う様に仕事を速く終わらせようが、人とうまくやろうが、残業はなくならない場合がほとんどです。

なぜならば、そういう会社は結局そういう会社だからです。

それでも自分は残業しなくてもいい仕事ぶりをしていることをアピールしないと筋が通らないので、先ほどの手段を紹介しました。

最終的にやるべきことはスキルを磨き、別の場所に行く。

会社に勤めながら、

独立のために武器を磨き上げる。

これが、良いかと。

いきなり退職は無理です。

しかし、自分を鍛えあげていく。そうすれば出来ることが増えると思います。

僕の場合は副業をしスキルを太らせていった結果、選択肢が増えました。

1点集中で一つのことに取り組んでいたら、強力な貫通力を生み突破口を作ってくれる槍になるのです。

独立もしくは転職を視野に入れて

動き出してみても良いのではないでしょうか。

そういった中では、やはり「副業」が有効です。

一旦お金を稼ぐことが出来れば、「社会に認められた気」がして、そこから一気にモチベーションが開花しますね。

ただ、副業をするのは怖い。

僕もそうでしたが、世の中はそんなに甘くなくて行動を起こさない人間に変化は訪れません。

だからこそ、情報を集めてみることからはじめましょう。

自分の適性を知るために、ネットで調べる。

Google

僕の場合は「稼げる 副業」だったか調べて、自分の適性を見つけていきました。

その中で出会ったのがブログアフィリエイトでした。

アフィリエイトをしていく中で、向いている人の特徴まとめ。

アフィリエイトをしていく中で、向いている人の特徴まとめ。

結果は後からついてくる

正しい努力の仕方をしていたら、結果は後からついてきます。

それまで続けることが出来るかどうかですが、しんどい残業をこなしてきたあなたなら出来るハズです( ゚Д゚)

ちなみに僕も残業をしながら、副業をしていましたね。

対残業編まとめ。人が変わるために

最後になります。

人を変えていくうえで、大事なものは何なのか?

  1. 行動
  2. 継続力

ちょうど短距離走と長距離走みたいなものだと思います。スタートダッシュを切り、ペース維持をする。

 

まず、行動しないことには始まりません。そして、続けないことには成長できません。

残業している経験も+に

非常にしんどいと思います。しかしながらその経験は絶対に後々生きてくるはずでなんだかんだ無駄な時間はないのだと思います。

 

僕も昔は残業+副業で発狂物の作業量をこなしていた時もありました。

 

ただ、今になってみると「本気でやってて良かったなあ。」と思えるのです。

どんなことでも、仕事、副業、趣味。本気で向き合うことは難しいです。

でも、本気で向き合ってそこでスキルを磨いたり、知識を身に着けることは間違いなく良いことだと思います。

 

だからこそ、死なない程度に頑張って副業なり、現状を脱出する方法を模索しつつ、ブラック企業から少ない学べるところ学び。

自分の糧にして行きましょう。

どこの川で泳ぐか?

ではなく、住んでいる川でどう泳いだか?

これが大事だと思います。ということで、今回は以上です。

人気記事

1

結局のところ、すごい人の良い所をパクって這い上がってきたのが僕という人間です。 そして古今東西のアフィリエイターはそうやってスキルを身に着けていったと言えます。やはり真似こそ最強のトレーニングです。 ...

2

僕は20代ぐらいの時に 「人生が終わったなあ」 と思っていた時期があります。   しかしながらなんとかすることが出来ました。 (こういえば、軽いですが(笑)) 今回は、人生が20代で終わった ...

3

アフィリエイトで収益化するために必要な能力はどこにあるのでしょうか。それ「+」どれぐらいの時間がかかるのか。 僕の経験則を踏まえて、書いていこうと思います。   そもそもアフィリエイトって儲 ...

4

アフィリエイトってオワコンだろ。 1万年と2000年前から交わされてきた議論ですが、現在においてはいかがなるものか。 単刀直入に言えば、 オワコンではないと思っています。 というのも稼げる人間は現在も ...

5

アフィリエイトで稼ぐコツとか、SEOとか、セールスライティングとか言われても分かんねえよ。 実は僕も始めたころはそういったことを思っていました。 ということで、ここは論よりも証拠、百聞は~ということで ...

-自己啓発

Copyright© LionHeart , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.