人生をやめたい。やり直しの機会があるのなら。これ。してみませんか。

人生を辞めたい。

そう思っている人って、けっこう多いと思います。

正直言って。

動物のなかでも人に生まれてくることは、とてもラッキーなことです。

住処、食べ物が保証されていて、さらに努力次第で這い上がることが出来る。

宝くじで言えば、間違いなく一等賞です。

しかし、それに反して人生を辞めたいと思っている人はやっぱり多いのです。

なぜこんなことになるのかと言えば、人間社会程、難しいものはないからです。

兎に角、制限の多い毎日です。

あさの8時に出社して、夜の8時に帰宅する。

当たり前を続けていると、ふと思うことが。

「いつから、仕事終わりのビールが

生きがいになったんだ。」

ということですね。

頭脳こそ、人間の唯一無二の武器。

しかし、現代では。

それが生涯を阻む、障害になっているわけです。

僕自身も、

自分の道は他人に決められていることに気付きました。

これが22歳の時です。

そこから、いろいろありましたが、自分が選んだ道を歩めていると思います。

今回ですが、人生のやり直してみたい方へ。

これを一つやってみてはどうかな。

という提案です。

こう書くと、あれですね。怪しい勧誘のように思われるかもしれませんね。

しかし、ご安心ください。普通の無料サイトです。

ちなみに「話」は大体5分くらいで終わります。

しかし、内容自体は濃く書くつもりです。

だからこそ、最後までお付き合いいただければ、嬉しく思いますね。

人生をやめたいといっている人の共通点。

生きるのをやめたい。

と思う人は男、女、若い人、年配の方。沢山いると思います。

しかし、蓋を開けると、

自分の能力の低さに絶望している。

ほぼ全てがこれに該当するはずです。

もっと能力が高ければ、もっとセンスがあれば。

もっとゴージャスで派手な、刺激のある人生を選べていたんじゃないかな。

そう思っている人は、たぶん多いと思います。

そして、さらに先のことを言ってしまうと、

「なんで、もっと努力してこなかったんだろう」

と思うことでしょう。大人の常套句ですね。

人生で恨む回数の多い相手。

その中での一番って、誰だと思いますか。

何を隠そう。

過去の自分なのです。

人は、いつだって過去の自分を恨んでは絶望を繰り返していくわけです。

後ろにいる自分と対峙し、前を向くことが出来ずに、進歩が出来ない負の連鎖。

心当たりはありませんか。

ここで、大事なことは、過去との決別。

といいたいことですが、そうはいきません。

自分がやってきたことは、一生背負っていかないといけない。

それが、人間なのです。だからこそ、決別はできません。

本当に大事なことを言いますと、壮絶な過去を背負いながら、それでも、ただ前に進むこと。

つまりは

「強くなること」

これだけなのです。

これは、男性も女性も、若者も、年寄りも関係ありません。

泥水を啜ってでも、強くなること。

これこそ、人生を謳歌するためのプラチナチケットです。

人生をやり直すために大事なことは「決別」ではなく、「選別」です。

人生をやり直すため、多くの人は何をすると思いますか。

とにもかくにも、

「やってみよう」

と行動をするのです。

「強くなる必要があるのか。。。よし、株の勉強を始めよう。」

みたいな。

確かに、行動に移すことは人生において、最強クラスに大事です。

しかし、何も考えなければ、いくら行動に移しても、失敗に終わる可能性が高いです。

まず、変えていくために大事なのは、

辞めてみることなのです。

自分にとって不必要な物を、無くしていくこと。そして必要なことを選ぶこと。

言ってみれば、選別ですね。

これが、人生をやり直していくため、効果的な方法です。

人間、出来ることに限りがあります。

一つのことを始めれば、一つのことを辞めなければいけません。

これは、日常品で言えば、ブレーカーと一緒です。

コンセントに好き勝手にプラグを指していると、いつか容量を超えてしまいますね。

するとブレーカーが落ちてしまい、電気が使えなくなります。結果的に生活が不自由になりますね。

人間も、これなんです。

自分が、どこに電力を使うかで、生き方に大きな違いが生まれます。

夏にストーブを使っている家。

どう考えても無駄です。

しかし、人間に置き換えてみると、こういった不必要なところに力を注いでいる人って、存外多いのです。

何をかくそう、僕もそうでした(笑)。

人生をやめたいと思っていた時代。僕が犯したミス

人のお願いを断れない。

これでしたね。

お人よし。

と言えばいい風に聞こえるかもしれません。

しかし、人の願いを聴くということは、自身の貴重な時間を人のために使う。

ということです。

少しぐらいなら。

と思っていつも、手伝うのですが、いつも手伝うものだから

「あいつに頼めば、やってくれるだろう」

という環境が、出来上がっていきます。

それによって、いろんな人が

「あれをやって、これをやって。」

と、お願いするようになったのです。

結果的に自分がやりたいことに集中できなくなる、悪循環でした。

僕も、自分を変えようと、決めたときに「選別」を行いました。

すると、

「人助け。」

これは封印していった方が良いと一瞬で判断できましたね(笑)。

勿論、人助けは素晴らしいです。

しかし、世の中には自分の力で解決できるにも関わらず、楽をするため、

「力を貸してほしい」

と願う人がとても多いのです。

僕みたいな、真面目な人(?)は、たぶん人のお願いを断れない質にあるのではないかと思います。

一度でいいです。断ってみましょう。

罪悪感に襲われると思いますが、それでいいのです。成長に痛みはつきものですよ。

人生をやり直すには結局。

お金。

これです(笑)。

「選別」が出来たのであれば、ここで一つ目標を建てましょう。

捨てることが出来たので、かなり身軽になっているはずです。

目標を立てることですが、その目標は自分の手が届く物にすべきです。

だったら、

お金を稼ぐ?難しいんじゃないの?

と思う人もいるかと思います。

確かに、難しいです。

しかし、努力出来れば必ず達成できることでもあります。

だからこそ、お金稼ぎ。これに注力してみることお勧めしますね。

お金には人生を変える力がある。

上の通り。

しかし、これは

お金でいろんなものを買えるから。

ということでは、ありません。

お金を稼ごうと努力しているうちに、いろんなスキルが身につくからです。

走っている間に、多くの経験値を得られます。

それが自分にとっての「人生の狩場」を確立することを可能とするのです。

途中で、あまりにハードなため、根を上げることも必ず出てきます。

しかし、これは筋肉痛のようなものです。進化のための、「通過儀礼」です。

だからこそ、やってみる価値があります。

ゲームでレベルアップするには、多大な時間を有します。

勇者は宿舎で眠っているだけで、99レベルにはなれません。

強いドラゴンに何度も殺され、魔王の手下に首をはねられ、魔王には国を乗っ取られ、それでも不屈の精神で何度も立ち上がります。

その結果、最強に上り詰めることが出来るのです。

人間も一緒で、立ちはだかる壁を正攻法で迎え撃ち、生傷を増やしながら歩いていくことこそが、人生を変えていくただ一つの方法です。

イチロー選手の言葉は実に興味深いです。

「小さなことを積み重ねること。

これこそが、とんでもないことを達成する上で、

ただ一つの道なんだと思いました。」

世界一のヒットメーカーがこう言っているんですから、僕たちがやらないでどうするんだ。

って話ですよね。

人生を焦っている。情報商材ってあり?

なしです。

お金を稼ぐにはどうすればいいのか?

調べること。

まず第一は、これです。

調べる力は、人生で最も大事なことの一つです。

だから、まずは自分で調べることです。

そこから、自分に向いていることを探すことが多いなる最初の一歩。

といえるでしょうね。

僕は、こんな人です。

真面目

単調な努力だったら出来る

本が好き

変わっている

孤立しがち。

まあ、自己紹介です。

そして、僕と似た物どうしのこんな人は、アフィリエイトが向いています。

僕が自己分析したときに、洗い出した自分の個性でしたが、まさにアフィリエイトの適性に合っていました。

選択は正解だったと思っています。

共通点が多い人は、今からでもやってみることをお勧めします。

やり方は、このサイトで、公開しています。

初心者からのやり方で、0万円から10万円までです。

0からでも、稼ぐ基本ですからぜひ参考にしてもらえれば。と思います。

他の人でも、僕のサイトと同じように

株なら、株のやり方を掲載しているサイトは多いです。

あまりお勧めできませんが転売をやりたいのなら、転売のやり方を乗せているサイトは沢山あります。

自分がやりたい分野を見つけて、そこからネットや本で学び、一つずつ積み上げていくことが人生を変えていくため、効果的なことです。

人生をやめたい。甘いですね

やり方は、無限にあります。

むしろ、絶望している人は、チャンスです。

下がるところまで下がっているわけですから、捨て身でぶつかることが出来るということ。

実はある意味では、「最低」はいいことなのです。

そんな僕にとって「最高」の対義語は「中途半端」です。

何をやってもどっちつかず。

そんな状況こそ、人生においては避けなければならない。

そう、自覚しないといけません。

最低で良いじゃないですか。

絶望していいじゃないですか。

僕の第二の人生も、絶望から始まりました。

表裏一体とは良く言ったもので、絶望があるということは希望があるということ。

当たり前のことですが、意外と意識できていない人が多いと思いますね。

兎に角にも、まず自分を選別して、そこから目標を決めてみることです。

そこから、人生は変わるはず。

さあ、状況は整いました。明日の自分は、どんな顔をしているのでしょうか。

それはあなた次第です。

どんな一歩でも構いません。

まずは、姿勢が大事なのです。今日があなたのもう一つの誕生日。

だからこそ、

人生をやり直しましょう!

今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です