生き方

人生ハードモードを抜け出し無双したいクソ共へ【きっかけの掴み方】

人生をゲームに例え、詰んでいると悟る人は多いと思います。つまるところの人生ハードモードを感じる人ですね。

結論を言えば、今回はハードモードの人生を攻略する手段について書きます。

とはいえ、超長話になりますのでよりまとまった話を聴きたいのならばこちらを見てもらえればと思います。

人生に後悔している人が再び再起するには。

人生に後悔している人が再び再起するには。

目次

僕の人生

唐突で申し訳ありませんが、ここで言わせてもらいます。

僕の人生もハードモードそのもの、でしたね。

高卒で工場で働き始めました。

そこでは罵詈雑言を浴びせられつつも「ここは下積みだ」と言い聞かせ、ひたむきに頑張っていました。

 

同じ高卒でもZOZOTOWN前澤氏のような才能はまったくないらしく。

成功の目がいっこうに出ないまま無下な日々を送っていたと言えます。

はっきり言って「負け組」といっても問題ない立ち位置にいたと思います。

日常がクソゲーに思えた

油混じりの汗を額に伝わせ

「何をしているんだろう」

と常に思っていました。

 

ある日のこと「動かないと何もイベントは起きない」ということに気づきました。

勇気は一瞬後悔は一生と言いますが、あの時動いていなかったら。そう思うとゾッとします。

人生がハードモードになっていた理由を分析すると見えてくるもの

人生がハードモードになっていた理由は、

真面目過ぎた。

のが原因だったなあと思います。

勿論「ある程度の真面目」は良いことですが、度が過ぎた真面目は「効率よく生きること」に向いていないのです。

 

好感度を恐れずに言えば、馬鹿を騙す最強の言葉は「頑張りさえすれば、いつか報われる。」だと思います。

当時の僕も義務教育で常日頃言われ続けていたせいか、そのやり方の信奉者でした。

目の前の作業に、ただひたすらに時間と労力をつぎ込み、どんな仕事にも食らいついていた。そんな過酷でタフな生活に疑問を抱かなかったのは、周りの人が褒めてくれたからでしょうか。

  • 「○○!見てみい!あいつの仕事ぶりを」
  • 「期待しとるで」
  • 「最近の若者では珍しい!」

当時はその言葉を聴くためだけに頑張っていました。サービス残業は当たり前。ただ「気に入られるため」頑張っていたのです。

それはまるで、餌をもらうためにお手やお座りを必死で覚えるわんこでしたね。

そして定時に帰る同期を見て、「あいつら、根性ないなあ」と内心バカにしていました。

 

人生をハードモードにしている人は、自らの意志で難しい道を選んでいることが多い

僕が思うことは、

あえて人生を

【ハードモード】

にしている人が多い

ということです。

 

確かにイバラの道は己を強くします。

本当のゲームならばハードモードをクリアすることでプレイヤーのスキルも上がるでしょう。

しかし現実というゲームは、悪条件の道を歩み続ければ精神はどんどんすり減って、生きることが難しくなっていきます。

それは、例えるならば「ムリゲー」と呼ばれるものに等しいと言えます。

 

経験上、厄介だと言えるのは人間、そのことに気づいていても、

歩んできた道を変えることが難しい。

ことにあると思います。心理学では「サンクコスト効果」といって、ある程度労力を費やした物事には悪い意味での愛着が湧いてしまうのです。

 

ですが、次に語るようなことをしてみた結果、僕の人生にも「勝ち目」が出てきました。

「勇気」をもって楽&ズルをしてみよう

楽&ズルをしてみる勇気

これです。

 

人生を変えたのは、ホリエモンの本でした。「ゼロ」という本です。

ゼロ 堀江貴文(著) / ダイヤモンド社

そこには

割に合わない仕事をしている人は、時間という資源を他人に絞り取られている。

ということが書いてありました。

 

やり方はシンプルだった。

突き詰めれば

捨てる。

これがすごく大事だったと思います。

 

人は一度に多くの物を持てません。例えば、落ちているダイヤモンドを拾うには手に持っている金塊を捨てることが必要なのです。

ただそれが出来るかと言えば、どれだけ利益が出ると分かっていても出来ないものなのです。なぜならそれが人だからです。

 

でも変わっていくためには、そういった本能を殺し、理性に自らを従わせることも必要になる。

 

「捨てないと、手に入らない」は成長における絶対法則です。

具体的には何を捨てるの?

習慣。

これを捨てることでした。結局のところ生活を作っているのは8割~9割が習慣なのです。

ここを変えないと、何一つ変わるところはないわけです。

  • 仕事終わりのビール。
  • ネトゲ。
  • ギャンブル。

さきほど語った通り。繰り返しやってきたことには愛着が湧くものです。ただ、それらが生活を圧迫している限り、時間は有効に使えない。

24時間は平等だ。

地球上に生きている人なら、どんな人でも勇気づけることが出来る素晴らしい言葉です。でもこの言葉自体半分嘘ですね。正しくは

「24時間の使い方」を知っている人に限り、24時間は平等だ

だからこそ勇気をもって、「習慣をリセットしてみる」ことを僕は勧めます。そこで生まれた時間を有効利用する。

これが、「前進する」ということではないでしょうか。

ハードモード→イージーモードにする決定的な物はお金です。

お金

だと思っています。

 

人生がハードモードかする理由はどこにあるのか?といえば間違いなく、仕事があるからでしょう。

Q.何で仕事をしないといけないのか?

A.金が必要だからです。

だったらそのお金を稼ぐ方法を学んでいくことこそ、人生をハードモード→イージーモードにする方法なんじゃないかな。と僕は思っています。

稼ぐ上で大事なことは何といっても勉強だ

とはいえ、大体の人はお金を稼ぐことが人生においてすごく効果的だということは知っているはずです。

それでも、中々やらないのは勉強する時間と方法を知らないからだと思います。

ハードモードは当たり前?社会人の勉強時間

社会人の勉強時間は日当たり6分と言います。ほとんどの人が勉強をしていない世の中です。

そういった中で勉強という行為はチートですね。実際に僕も本を読み続けてきたわけですが、景色がめちゃくちゃ変わります。

結果として、人生がヌルゲーになりました。

知っておいて損はないお金の稼ぎ方

お金稼ぎの方法はいろいろありますが、最も効率が良い方法は、

仕組みを作り上げる。

ということです。

僕は、ブログ運営をしていますが寝てても月収120万円は稼いでくれます。

ふざけるなとなりますが、仕組みを作るとこうなります。正直、真面目に働くことが馬鹿らしくなりますよね。

これが金稼ぎの核心なのです。

では、稼ぐ仕組みを作っていくためにはどうすればいいのでしょうか。

稼ぐ仕組みは、時間をうまく使う。

使い古された言葉で言えば

時は金なり

時間を使い自己投資できる人は、いずれ何かしらの実績が積み上がっていくものです。

古くから言われている言葉で

塵も積もれば山となる。

とありますが、金言ですね。

例え少ない時間でも学んでいくことが出来れば、それがいずれ稼ぐための仕組みづくりの要因となり。人生が変わっていくものだと思います。

決めつけこそハードモード→超ハードモードにしている

しかし、それをしようとしないのは

結果が出ないと決めつけている所にあるのでしょうか?

どれだけやってもどうせ失敗に終わる。だからこそ、一瞬頑張れても、その内冷めてしまい。努力を続けることが出来ないのだと思います。

そういった中で僕が思ったのは。

行動してみることが大事だということ。

とにかく大事なことは、手を動かしてみる。それなら誰でも出来ます。

今回ならば、

まず自分で稼ぐ仕組みを組み立てる

ということですね。

「動けば生まれる。」

この考え方に至らない人が多いのです。

何度も言いますが、「自分は出来ない。」そう思っているからです。

 

しかし金稼ぎの世界は実力があれば結果は出ます。

そして実力とはその世界に居続けることで身に付いていきます。

 

当然楽はできませんが、思っているよりもハードじゃありません。少なくとも待ち受けている未来に比べれば何倍もイージーです。

具体的な調べる方法はGoogleを使うこと

結局はここに来ると思います。

Google先生

僕が人生を変えるうえで最初にしたのはこれでしたね。兎に角調べることです。

出来る範囲で情報を得ることから人生というのは変わっていきます。僕はまず

「稼ぐ 方法」「副業 おすすめ」

とかを調べていきました。

副業は会社業務より何倍も経験値を得られる

得られる経験値が違います。

結果が出ると嬉しい。血のにじむ努力でこそ、金は輝きます。そして、その金で食べるご飯は格別に美味しいのです。

イージーゲーム化へ。主な稼ぐ手段

プログラミング、ブログ、動画編集が良いと思います。

初期投資が少なくて、すぐに始めることが出来る。

そして稼ぐうえで最も重要な「仕組みづくり」もすべて1から学ぶことが出来ます。

それ以外にも学べることは非常に多くて、

  • マーケティング
  • ライティング
  • プログラム
  • 心理学
  • 0→1を作り上げるスキル
  • SEO
  • 単純な金稼ぎの仕組み

パッと思い出しただけでもこれだけ上がるのです。

これからの時代は間違いなくwebの時代ですが、そこで必要な技術を1から学べる。

僕自身、「将来の見通しが立っている。」といえたのも「そういった部分」が大きいですね。金稼ぎだけでなく転職や、キャリアアップにも間違いなく使えます。

そういった意味で「潰し」が効きます。

人生ハードモードの人というのは、陸で泳ごうとしている魚だ。

僕は自分の人生を振り返ってこう思っています。

人生がハードモードな人は

陸で泳ごうとする魚だ

たとえがいまいち伝わりにくいのはご愛敬です。

 

まず大前提として、

魚は海や川で泳ぐものです。

そんな当たり前のことを理解していながら、泳ぐのに適しているヒレを、早く走るために使っている人がたくさんいる。

これが、日本の現状でありゆゆしき事態であると思っています。

しかしながら、陸に生きる魚はいずれ死ぬ運命で、それだったら覚悟をもって海もしくは川に飛び込んでみる方が確率が高いし、賢い判断ではないか。

というのが、過去の僕に対して言いたいことなんですよね。

ここで大事になってくるのは何か?

勇気?決断力?間違いありません。でも、僕が思うことは

「ノリ」です。

ダボハゼのようにとにかく食いついてみる。思い切りの良さが重要ですね。

そういった今を生きる勢いの良さこそが、人生の行き末を大きく変えていくものです。

慎重すぎる姿勢が人生の難易度を上げる。

日本には古くから

石橋を叩いて渡る。

という言葉があります。

そしてどんなことも思いもよらぬ、落とし穴があるのでこれ自体いい言葉です。

しかし、その行為が行き過ぎて

石橋を叩いてもなお、渡れない。

という人がいます。酷い場合は2年も3年も石橋を叩いていっこうに渡らない人もいます。

とはいえ、石橋ってどれだけ点検しても、崩れるときは崩れます。だから、点検もほどほどに決死の覚悟であの向こう岸目指してみるのも悪くない。

そう思いませんか。

会社を辞めるのは無理でも出来ることはある。

会社を辞める。いきなりは無理です。

だからこそ、副業をして稼ぎ方を学びつつ。稼ぐためにビジョンを組み立てていき、計画を勧めていく。

ここから始めていくことが人生ゲームの攻略法だと思います。

僕も本気で頑張った結果?だと思いますが、年内のうちに会社を辞めるビジョンが立ちましたね。

そういったところも神様は見ているのだと思います。

人生のリセットボタンは自分で作る

はっきり言って一度稼ぎ始めることが出来れば仕組みが出来ます。

後は楽になるはずです。

つまるところそれが、人生のリセットボタンです。

 

そのボタンを押し。

ニューゲームを始め、人生をいかに充実させていくか?

それがその後の生き方になっていくと思います。

おさらい。ハードモードに対して

話があっちこっち飛んでいったのできっちりおさらいです。

  1. 習慣を捨てる
  2. お金を稼いでみる
  3. 自分で戦える場所を探す。

より掘り下げたまとめ

上3つをより掘り下げたまとめをしていけば。こうなりますね。

習慣を捨ててみよう

今の現状を作り出している物で大きなものと言えば習慣ですが、それを思い切って捨ててみる。

全部は捨てなくともOKです。どれか一つ捨ててみてください。そうすれば時間が空くはず。

その時間を活用すればちょっとだけ人生の方向は変わります。

お金を稼いでみよう

結局は世の中は金ですね。

お金を稼ぐ手段はまずはGoogleを使い調べる。

Google先生

その次に時間を駆使して、勉強、実践をする。

これを繰り返していくことです。

この勉強に関しては電子書籍があれば便利だと思います。

シンプルで使いやすいこちらはオススメです。リンク貼っておきます。

イーブックイニシアティブジャパン eBookJapan

最初の一冊目でおすすめするのは

「USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?」

マーケティング兼自己啓発書です。現状で燻っている人間からすれば、目から鱗の一冊です。

自分で戦える場所を探す

そしてこれですね。

最終的には自分で勝負できる場所を探すことです。

一見すると、夢のような話かもしれませんが努力していく中で気が付けば出来ているぐらいのことだと思います。

それほど些細なことではないかと思います。

自分が向いている分野を見つけ出すには時間がかかるかもしれませんが、頑張れば必ず見つかると思います。

1ブログアフィリエイターとしてこんな記事を書いています。

アフィリエイトをしていく中で、向いている人の特徴まとめ。

超リンクまとめ

ということで、一歩目を踏み出すためにぜひ活用していってください。

Google先生

→調べよう

イーブックイニシアティブジャパン eBookJapan

→勉強に

アフィリエイトをしていく中で、向いている人の特徴まとめ。

→1ブロガーの経験則です。

これらを活用し、良い方向への一歩を踏み出すことが出来れば、イージーモードへまた一歩近づくことになると思います。

そのときに人生は言うほど悪くないな。と思ってもらえれば、この記事を書いた甲斐があるというもの。

 

とにもかくにも、これで最後になります。

とにかく動き出しましょう。

 

 

人気記事

1

結局のところ、すごい人の良い所をパクって這い上がってきたのが僕という人間です。 そして古今東西のアフィリエイターはそうやってスキルを身に着けていったと言えます。やはり真似こそ最強のトレーニングです。 ...

2

僕は20代ぐらいの時に 「人生が終わったなあ」 と思っていた時期があります。   しかしながらなんとかすることが出来ました。 (こういえば、軽いですが(笑)) 今回は、人生が20代で終わった ...

3

アフィリエイトで収益化するために必要な能力はどこにあるのでしょうか。それ「+」どれぐらいの時間がかかるのか。 僕の経験則を踏まえて、書いていこうと思います。   そもそもアフィリエイトって儲 ...

4

アフィリエイトってオワコンだろ。 1万年と2000年前から交わされてきた議論ですが、現在においてはいかがなるものか。 単刀直入に言えば、 オワコンではないと思っています。 というのも稼げる人間は現在も ...

5

アフィリエイトで稼ぐコツとか、SEOとか、セールスライティングとか言われても分かんねえよ。 実は僕も始めたころはそういったことを思っていました。 ということで、ここは論よりも証拠、百聞は~ということで ...

-生き方

Copyright© LionHeart , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.