自己啓発

人生がうまくいかない人にオススメする生き方を徹底指南。

人生、うまくいかない。

普遍的な悩みです。

そもそも、うまくいっている人を探す方が難しいと思います。

 

ただ、例えうまくいかなくても、

うまくいくように努力することが大事です。

まあ、うまくいく努力を見つけのが難しいわけで、だから、人は悩むわけです。

 

今回は、

人生をうまくいかせるための努力。

これについて、書いていきたいと思います。

人生がうまくいかない大きな要因は?

成功をどこかで拒否している。

ここにあると、推測します。

人は、成功をしたがらないのです。

失敗続きの今がなんだかんだ心地いい。

だから、努力しても本気で変わろうとしない。

何が大事か?

成功する覚悟です。

用意の仕方は、誰かから勇気をもらうことですね。

そして、

泥水を啜っても成功してやろう。

という気概を持ち、努力を続けることが大事です。

死に物狂いになれれば

死に物狂い

読んで字の如く、死んだつもりで努力する。ことを差します。

今になって思うと、当時の僕には「この覚悟が足りなかったんだな」と思います。

人は、限界に挑戦する必要のある場面に絶対遭遇する

「無茶は良くない。」

と言います。

ただ、「無茶をしなくちゃいけない場面」は絶対あります。

頑張っていたらなおさらです。

上のギアに気づく

殻を破る

限界に挑戦し上の領域に踏み込むことを差すのではないかと思います。

「限界」

生物はここに直面して飛躍的な真価を遂げるのです。

とすれば、

無茶してみよう

ですね。

自分の時間について

他人に時間を使って生きている。

最たる例は仕事です。

拘束時間は1日で約10時間ほど。

そこで得られる報酬は割に合わないものです。

時間には栄養価があります

時間には栄養価があります。

自分のために動いている時間は血肉となります。

栄養価が高く、成長に貢献します。

この時間が多ければ、

「良い肉」にありつける機会が増え、その分結果を残すための「筋肉」がつくわけです。

逆の場合で言えば

  1. やりたくもない仕事
  2. 行きたくもない飲み会
  3. どうでもいい同窓会。

これは、時間を他人に使っている状態です。

人は、他人に良くしてあげれば「うれしい」と思います。

良いことです。

じゃあ、そこに味を占めてみます。

すると、自分のために使う時間が減ります。

結論。

人には喜ばれるが自分は貧しくなる。

そんな、悲しい結末を迎えます。

他人のために時間を使えるのは。

強い人間の特権です。

それこそ、時間がありあまり。

さらに、他人に時間を使うことで益を得られる場合に限ります。

弱小の場合。

自分の時間は、自分で使う。

これがすごく大事です。

そもそも

弱い人間が、他人に時間を使ったところで誰も喜びません。

喜ぶのは情報商材屋ぐらいです。

他人のために有意義な時間が使える、強い人間になるには。

まず、自分の時間を余すことなく使いましょう。

そして、強くなった結果。奉仕活動に従事すれば良いのではないでしょうか。

人生をうまくいかせる、歩む速さと歩む角度

時に人は、成長を

歩み。

と表現します。

その表現に沿って、こんな話をしてみましょう。

それは、

  1. 歩む速度
  2. 歩む角度

です。

こういった話は自己啓発に割と掲載されているので、聴き飽きたかもしれません。

とはいえ、すごく大事なことです。なので、念のため話してみます。

歩む速度

成長スピードの速さです。

一般的に天才と言われる人は、これがとてつもなく速い。

だから、頭角を現すのも同等に早い。

普通に考えた時、これさえあればOKだ。

と考えがちですが、現実は違います。

歩む角度

成功をしたいなら。

才能の有無ではなく、こちらにフォーカスすべきです。

この歩む角度が間違っていたら、どれだけ恵まれていても失敗に終わるのです。

東京に向かっているのに、大阪行きの新幹線に乗っていたら意味がありませんよね。

同等に優れた感性を持っていても、歩み出す角度が違えば成功は遠のいていきます。

うまくいかない人は

話の流れに沿えば、

歩く角度

こちらに注意してみましょう。

 

一般的に連勝街道を突っ走る人は

目的地への舵切りが抜群にうまいのです。

そういえば。

イチローは東大に行ける学力を持ちながら、高校では野球一本に絞ったと言われています。

彼にとって授業は、睡眠時間だったとも語っていました。

とはいえ、愛工大名電では高校通算5割を上回って、さらにメジャーで伝説を残す打者になったわけで、その選択は間違いなく成功なわけです。

人生をうまくいかせるうえで必要な角度とは?

「自分で稼ぐ」

ここを目標に歩き出すことです。

自分で稼ぐ=時間が増える

メリットは一つ

時間が増える

稼ぐことが出来れば、仕事という他人時間を削減できるわけです。

自分で稼ぐことのデメリット

属している組織がないので、不安

これが一番ですね。

当然、稼げなくなれば収益は0に。

食いっぱぐれてしまいます。

だからこそ、会社に通いながらスキルを高める必要があります。

とはいえ呪縛を抜け出すには。

稼ぐこと一択です。

こんな図を書いてみます。

雇われて稼ぐ場合。

もらえる金額は年々上がっていきます。

安定していると言え、これが会社員でいるうえでの最大の恩恵です。

自営業の場合。

最初のうちは0が続きます。

所がある時を境に収益が発生し、そこから、急激な伸びが生まれています。

一定の期間努力を続けるうえで、収益が発生し。

コツを覚えることで、そこから爆発的に収益が上がるということです。

どちらが良いのかは、感性によります。

とはいえ、人生がうまくいっていない人ならこれを目指してもいいのではないかと思います。

 

目標を作ってみよう。

目標を作ることです。

そうすれば、時間の価値は跳ね上がります。

目標は、

稼ぐこと

ここ一択ですね。

 

現代において、人生を変えられるものがこれ以外にあれば話は別ですが、なかなか見つかりません。

つまりは金稼ぎにターゲットを絞ることがオススメです。

とはいえ、始めることは勇気がいる

上の通りです。

僕は詐欺業者ではないので、今すぐ始めろ。

とは言いません。

 

オススメのやり方を紹介しましょう。

まずは勉強するのです。

  1. 金稼ぎが何か?
  2. 人生が何か?
  3. 時間とは何か?

それを勉強して、ある程度知識を蓄えた時。

スタートダッシュを切ればいい。

すると、物事が円滑に進みます。

オススメの書籍

usjのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか

この本には、金稼ぎのノウハウが大分詰まっているのでオススメです。

本を読む場合、電子書籍を使って時短もして行きましょう。

【Reader Store】アプリは500万ダウンロード突破!

調べれば、上の書籍(USJの~)が出ますし、有名な自己啓発書も一瞬でゲットできます。

とはいえ最終的にはやる必要があるので

そこでは、一握りの勇気を携えて。

一歩だけ踏み込んでみましょう。

そこから未来は、ちょっとずつ変わり始めます。

人生って。

パターンにはまれば。

人生、上手くいくのです。

しかし、多くの人はそのパターンを掴む前に諦めてしまいます。

世の中を見れば

成功者と敗者の明暗を分けるのも、

このパターンです。

芸人には笑いのパターンがあり。

一流ピッチャーには抑えるパターンがある。

強いチームには、勝ちパターンがあり。

ビジネスマンには、成約パターンがある。

結局は、方程式を持つか否か。

ここに、カギがあると思います。

だからこそ、ここは一つ自分なりの成功法則を見つける努力をしてみる。

これが大事だと思います。

できること

「行動すること」

僕はアフィリエイトを初めてみました。

今がそれは、月収160万円の収入を生んでいます。

とにかく行動すること。

そこが大事です。

石橋を叩いて渡る中で、後発組に抜かれる。

これが恐ろしいことです。

バランス理論

ですから、時には見切り発車でやってみる。

ことも大事。

そして、「やっていく中で」手堅くいくところと、勝負するところ。

このバランスを掴みながらレベルアップしていけばいいのかなと思います。

最後に

良い言葉を一つ残して、この記事を閉じたいです。

私は頭が良いわけではない。

ただ人よりも長い時間、問題と向き合うようにしているだけである。

物理学の巨人、アインシュタインの言葉です。

何処かに説得力があります。

この言葉こそ、今回の本題である、

うまくいかない人生を解決する本質

なのかもしれません。

ということで、今回は以上です。

-自己啓発

Copyright© LionHeart , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.