自己啓発

【仕事】したくない。そう思っている人、大丈夫です。

そもそも

仕事を好きになることが難しいと言えます。

やりがいを求め入った会社に幻滅する。

様式美です。

仕事を始めたころは、

「モノづくりや接待に喜びを感じていた」

しかし、いつの日か

「仕事終わりのビール」

これを生きがいにするようになった。

あまりにむなしい話です。

こんなことを思っている人はいませんか?

「先が見える未来がこわい」

普通は先の見えない未来に恐怖するものですが、会社の中で生きていると。

次第にそれが逆転するわけですね。

レールを敷かれた時、人生の意味は半減する。

そんな恐ろしいことを言う人もいます。

でも、改めて考えると間違いのないことかもしれません。

だからこそ、今回は仕事の生きがいを復活させて人生を逆転させる方法。

これを考えていきたいと思います。

僕も会社に勤めていた経験があります。

上の通り、僕も会社で働いていました。

で。色々試行錯誤しました。

その結果、会社を辞めて自分で稼ぐ。

そんな道を取ったわけですが、僕が会社に勤めていた時に考えたことはたくさんあります。

その中で、状況が好転した例をいくつか紹介していこうかと思います。

僕は凡な人間ですが、その分色々考えたと自負しています。

だからこそ、参考になる部分は多いと思いますのでぜひ、読んでいってほしいと思います。

濃く短く。

これを目指して5分で読める記事にしていこうと思います。

仕事にやりがいを求めるには知識が必要だ。

まず僕が思ったことがこれです。

いろいろな仕事がマンネリ化するのは、結局。知識がないからです。

同じことを同じように繰り返すから、頭が固まっていきやる気も落ちていく。

そもそも、土台となる知識が不足しているから、仕事の幅が狭い。

と結論づけます。

本を読むこと。

僕がまず始めたことはこれです。

僕は現場、それも工場で働いており、接待やしゃべりのスキルは求められていません。

そのなかで、効率化のノウハウについて詳しく書かれた本を片っ端に読んでいくことにしました。

本を読んで気づいたことは、仕事には型がない

仕事では、直属の上司に「型」を叩きこまれると思います。

「こうやって、こうやるんだ」

と。

しかし、本を読んで思ったことは

「決まった型はない。」

ということです。

型というものは、いわばその人が勝手に作り出したものです。

その人独自のやり方を真似させられているだけ。

だからこそ、自分のやり方は自分で見つけること。

これが、大事だと思いました。

本の中で、学んだスキルを自分なりにかみ砕きアウトプットする。

これを続けていると、成長する速度ははるかに速くなりますし、仕事が楽しくなります。

勿論、型を外れすぎると目の敵にされます。

「俺のやり方が気に入らないのか?」

と。

だからこそ、大事なのは少しずつ変えていくことです。

人間は一気に変えると、すぐに異変に気づきます。

しかし少しずつ変わっていくのであれば、その変化に、なかなか気づかないものです。

しかも、悪い方向ならともかく、少しずついい方向に変化するのであれば。

よほど無能でない限り、悪く言う上司はいないはず。

だからこそ、僕はスキルを吸収してそれを「小出し」にアウトプットすることに勤めました。

この癖をつけることが、仕事を辞めた後も、効いていますね。

しかし、仕事に対して不安はぬぐいきれなかった。

それなり上手くいっていた、と思います。

とはいえ、仕事に対する不安はぬぐいきれませんでした。

「このままずっとここで働き続けるのか」

と。

工場の仕事は嫌いではないし、別にそれでも仕方ない。

と思う気持ちと、

もっと別のことをしたい。世界を広げたい。

そういった気持ちがせめぎ合い、結果的に後者がボロ勝ちしました。

とはいえ、いきなり仕事を辞めるほど、僕は勇気がある男ではありません。

僕はここでもやはり、スキルを身に着けてからやめようとおもいましたね。

仕事を辞める、人生の選択肢を増やす。そのうえで身に着けるスキル

金稼ぎ。

まっさきに僕が身に着けようと思ったスキルです。

結局の所、人生の枠を狭めているのは金なのです。

人は金に泣き、金に笑う。

それをなんとなく人生の中で、感じ取っていたので特に違和感なく

「金稼ぎのスキルが大事だ。」

と思い、それを選び取ったのでした。

結果的にそれは、正解だったと思います。

金稼ぎのスキルは、万能である。

僕が思っていることは、仕事を辞めるにしても、辞めないにしても。

金稼ぎのスキルは万能だった。

ということです。

金稼ぎは総合力です。

センス、論理、人間心理、精神力。

これらがひとつでも欠けていたら上手くいかない。

すべてそろって金稼ぎなのです。

だからこそ、いろんな面でまんべんなく自信を磨くことが出来た、と思います。

そういった意味では、いろんな世界を覗くきっかけになったので、やはり正解だったなと思います。

【悲報】僕がやったのはアフィリエイトでした。

自分の適性が大事。

これも、それまでの人生でなんとなく感じていたことでした。

真面目

単調な努力は出来る

変わっている

本が好き。

パズルのピースがハマる様にピッタリの仕事がありました。

アフィリエイトです。

社会不適合者のやる副業だ。

そういわれていましたが、僕はそう思いませんでした。

そこには、総合力を感じました。

  • ライティング
  • マーケティング
  • 人間心理学
  • 論理観

などなど。

並大抵の努力では結果が出せない、と言われていましたが、

そのシビアさに僕は逆に燃えました。

仕事をしたくないから、副業をした僕→仕事が逆に増える

皮肉なことです。

仕事を辞めるため副業をしたものの、逆に仕事が増えてしまいました。

そのおかげで、ずいぶんとくたびれてしまいました。

しかし、

「それが嫌だったか?」

と聞かれると、

「そうでない。」

とはっきり言えます。

というのも、副業をしている間は、スキルが着実に身についていっていること。

これを実感していたからですね。

仕事のためのスキルと、自分のためのスキル

会社のためにスキルを磨く。

自分のためにスキルを磨く。

似ているようで、両者には明確な違いがあります。

会社のためにスキルを磨いたとしても、自分への見返りは少ないはずです。

いい会社なら、成長に応じて報酬が増えることもありますが、能力に応じたお金がもらえるか?

と聞けば、NOですよね。

また悪い会社ならスキルを磨いても、見返りなし。

なんてこともあり得ます。

でも、自分のためにスキルを磨く場合、100%自分に返ってくるわけです。

本を読んでも、マーケティングの勉強をしても。心理学の勉強をしても。

純度100%の努力がそこにはあるということです。

だからこそ、社会人になって久しぶりやりがいを感じることが出来ました。

副業は外道といいますが、どうせレールを敷かれた人生。

道を外すことも悪くない」と思います。←上手い。

会社で得たお金と、自分で得たお金。

最初の内(半年間)0行進が続きました。

しかし、不屈の精神で続けた結果。

7か月目にして、初の収益が出ました。

105円です。

会社の給料の何百分の1にも満たない金額です。

でも、僕にとっては飛び上がる様に嬉しかったのです。

これが、稼ぐことか。

と思ったと同時に、アフィリの世界で稼げることを確信しました。

そこからは、作業にも熱が入り、それに比例して収益はどんどん上がっていきます。

1万、

3万

5万、

10万、

20万。

ほぼ、倍々ゲームですね。

そして、そのとしのうちに30万円稼ぎだし、退社することが出来ました。

現在は月収150万

上の通りです。

150万円を稼いでおります。

ここまで、できるようになったのは2つの理由があります。

まず、最初の方に語ったインプットとアウトプットですね。

これをする癖をつけていたから、いろんなことを試し、自分なりのやり方を確立できたのです。

そして、2つ目は続けることが出来たからですね。

結局の所、半年間は結果が出なかったわけです。

でも、最終的に稼ぐことが出来て、そこから作業に火が付きました。

要は我慢比べに僕は勝った。

ということですね。

月収150万といっても、僕はまだまだ成長できます。

だからこそ、会社員時代の経験、副業で頑張ったときの経験、そしてこれから体験する経験。

これらをフル活用して、上を目指そうと思っています。

仕事をしたくないのなら、頑張れば出来る

最初の話に戻ります。

仕事をしたくないのなら、現状。頑張れば出来る。

と思います。

というのも、稼ぐ方法は無限にあるからです。

そして、それで生計を建てることも全然不可能ではありません。

だからこそ、言えるのは仕事をしたくないのなら、

自分なりの道を探せ。

ということです。

結局の所、スキルがないから人生が窮屈になる。

と結論づけます。

ライオンには牙があります。

トラには爪があります。

ゾウには体重があります。

そんな感じで、強い奴らは武器があるから堂々とできる。

人間社会も同じです。

テレビに出ている強い奴らは「スキル」という名の武器を振りかざしてここまで生きてきたのです。

それに習って、強く自分の道を生きていきたいのなら、「スキル」を身に着けるべき。

僕は思っていますし、もはやこれは世の中の心理ではないでしょうか。

金を稼ぐにはどうすればいいのか?

自分で調べること。

これも大事です。

ていうか。

人生ネットが使える時点で、勝ち組です。

そこには無限の可能性があります。

稼ぐ方法。

体を鍛える方法。

良い車を安く買う方法。

勉強でいい結果を出す方法。

一瞬で出てくるわけです。

パンドラの箱が、がら空きになっているのです。

それを無為に見過ごす必要はありませんよね。

もし地味で凡な人は、アフィリエイトをお勧めします。

余計なお世話だよ!!

でも、

文章を読んでいて、こいつは俺と同じ匂いがする。

そう思った人は、アフィリエイトをお勧めします。

地味ですが、「頑張れば」月100万円稼げる。

地味ながら、凄い副業です。

その代り、作業は想像以上にシンドイですがね。

このブログのページトップに戻れば明確なやり方を記載しているので、参考にしてもらえればと思います。

一応僕も猛者なので^^

まあ、はした金ですが月10万稼ぐ方法を無料で公開しています。

普通にパクってOKです。

ここまで言えば。

後はこれしか言えません。

頑張ってください!!!

では、幸運を祈ります。

-自己啓発

Copyright© hasamiblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.