ブログアフィリエイト

アフィリエイトで成長を10倍速にする方法。

成長

これを意識している人って意外と少ないと思います。

「稼げればいいんだ」

「バズればいいんだ」

「評価されればいいんだ」

そう思って、自身が成長することに、あまり意識がいかない。

これでは長期的な稼ぎはありえません。

「ラッキーパンチ」

アフィリエイトの世界では、往々にして起こります。

ちょっとした記事が検索上位に乗って、売れる。

すると、「俺イケてるんじゃね」

と思って、努力しなくなる。

名将野村克也の言葉を借りれば、

「勝ちに不思議の勝ちあり。負けに不思議の負けなし。」

ということです。

「勝利にマグレはつきもので、

そこで調子に乗っているとそのうち勝てなくなるよ。」

と言っておきますね。

ここまで書いて、

うるさいな。

と思う人もいると思います。

すみません。(笑)

つまり、僕が何が言いたいのか?

というと、成長すること。

つまりは

「実力をつけることに目を向けてみようよ。」

ということですね。

何の理論もなく、売れるようになるのと。

確立された理論の上売れるようになるの。

結果は同じですが、そこには雲泥の差があることを忘れてはいけません。

稼げるアフィリエイターは常に成長するため、理論を実践していきます。

その中で、自分のやり方を確立していくわけですね。

そして、今回はこの成長にスポットを当てる記事になります。

題して、成長速度を10倍にするアフィリエイト実践。

アフィリエイトで成長するとは?

僕が思うことは3点。

一つは、文章がうまくなること。

これは譲れません。

アフィリエイトは言葉の世界です。

無限にある言葉を組み合わせて、読み手の心を揺さぶっていく。

これこそ、この仕事の本質なんですね。

言葉の型は無限。

その中で状況やターゲットによって使い分けをしていく。

正直これさえ極めれば、モノを売る方法はいくらでも出てきます。

現代では、正しい日本語を使えることは最強のスキルの一つであると断言できます。

生産性も外せない。

生産性。

つまりは、記事を書く速度。

これも外せないと思っています。

アフィリエイトは、物量勝負なところがあります。

正直、

「内容がいまいちだなあ。」

と思うようなブログでも、記事数が多ければ検索上位になっていたりするのです。

これは、Googleの意向もありますよね。

記事数が多い=充実している、活発である。

という証拠になります。

だからこそ、質などは2の次で物量勝負で行く人も多いです。

何なら僕も物量勝負型です。

というか、物量勝負型は最終的に有利になることが多いのですが、それは後で説明します。

魅せ方がうまくなるということ。

魅せ方がうまくなると、明らかにレスポンスが違ってきます。

滞在時間も増えますし、滞在時間が増えると、それだけサイトへの理解を深めることになります。

人間と一緒ですね。

長い時間一緒にいると、情が湧くのです。

情が湧けば、信頼感が強まり売れるアイテムの量も増えていきます。

そうすれば、儲かりますよね。

つまり魅せ方も、アフィリエイターの実力を測る上では欠かせないバロメーターであると思います。

これらのスキルが総合的に上がれば、成長している。といっていい

経験上。

これら3つのスキルを並行して高めていけば、成長しているということになると思います。

文章力があれば、記事の質が上がります。

生産性が上がれば、コンテンツのレベルが上がります。

魅せ方がうまくなれば、モノが売れます。

これらを総合的に見たのが、アフィリエイターの実力である。

そう僕は結論付けました。

僕が実践してきた中で、この3つを一挙に上げる成長方法が一つあります。

全ての記事をバズらせるつもりで書くこと

こまかい、成長法則はまだまだありますが、これが一番です。

自分が書く全ての記事を

「バズらせる」つもりで書く。

実にシンプルですが、出来る人は、中々いません。

しかし、これを継続すれば絶対に結果が出てくるはずです。

ところで、バズる記事とはどんな記事なのでしょうか。

バズる記事=総合力が高い記事

これだと思います。

ネットなんかでも、バズっている記事や、動画は総合力が高いハズです。

何をもって総合力というのか。

僕は3点を評価します。

簡潔さ

充実さ

意外さ

まず、分かりやすいということですね。

バズるとは色んな人に受け入れられる。

ということですから、その内容が分かりやすくないといけません。

YouTubeでも、バズっている動画はパッと見、分かりやすいものが多いです。

  • 祭りくじの闇暴いてみた、
  • 恋ダンス踊ってみた、
  • 1000度の鉄球を氷に落としてみた
  • など。

そして、充実しているか。

ということも大事です。

いくら分かりやすくとも内容に深みや濃さがなければ、読み手は評価してくれません。

これは、なんとなくわかることだと思います。

そして最後に意外さ。

これも大事で、王道を外すある種の外道さも、バズる記事では大事なのだと思います。

これらを意識して、毎記事、毎記事、全力を注いでいくと、先ほど書いた、

文章力

生産性

魅せ方

これらのスキルをバランスよく伸ばすうえで、効果的であると思います。

生産性が、一番の敵である。

アフィリエイターにおける3点について書きました。

アフィリエイターの最大の敵はどこにあるか?

と聞かれれば、ぼくは

「生産性」

と答えます。

理由としては、文章力と魅せ方はカバーできるからですね。

良い文章、それからユーモア性のある記事。

これの作成は時間をかけさえすれば、それほど難しくないのです。

しかし、生産性は常に時間との戦いです。

自分が納得のいく記事を、決められた時間で書き上げる。

これが、かなり難しく、アフィリエイターの実力が浮き彫りになるのが、

まさに生産性になんですね。

ここは集中力に依存して、伸ばしにくいことも難点です。

だからこそ、物量勝負型は強いのだと思います。

物量勝負型は強い。

これはなぜかというと、

多くの記事を連投で書いている間に、良い記事を速く書くコツを掴んでくるから。

ですね。

これは僕の持論ですが、

文章力=作業量。

というものがあります。

つまり、たくさん作業した分だけ、良い文章を書けるようになるということです。

で。とにかく、文章を多く書くことに重きを置く、「物量勝負型」は知らない内に良い記事を連射できることも多いのだ。

ということですね。

物量勝負型の他には内容勝負型がいます。

内容勝負型もいます。

が、これはほとんどのアフィリエイターがそうですね。

一記事一記事を、丹精込めて作り上げていく。

オーソドックスな型だと思います。

今回の

「すべての記事をバズらせるつもりで書く。」

という考え方も、内容勝負型の人に近いものがあると思います。

でも、僕としては、あくまで「物量勝負型」でバズらせる記事を量産する。

という構えが、大事かなと思っています。

内容勝負型で全ての記事をバスらせるつもりで書く。

確かに魅せ方と、文章力は向上するはずです。

しかし、肝心の生産性はあまり向上しないのです。

僕は生産性、文章力、魅せ方。

この3点をバランスよく向上させることが、真の意味での成長だと思っています。

そういった意味では、「速く良く」これを意識して、記事作成に取り組むこと。

これが、アフィリエイターの成長速度を何十倍にも引き上げるトリガーなのかな。

と思っていますね。

アフィリエイターの世界では、速さが命

速く書ければ、速いほど良い。

突き詰めていけば、この結論に達しましたね。

速く書きすぎると、内容が薄くなるのではないか?

そう思っている人も、いるだろうと思います。

しかし、速く書くことと、雑にすることはまた別なんですよね。

速く書いていけば、脳もそのスピードについていくように頑張ります。

すると、いつもは多くの時間を使って、ひねり出していたワンフレーズも。

マシンガン掃射のように大量に降ってくるのです。

続けていく人間にしかわからない感覚。

で、速さを求め続けた人間にしかわからない感覚が僕にはあると思います。

それは、指がフレーズを考える。

ということです。

普通、頭の中で考え出したフレーズを指が弾きだし、文章が出来上がっていくのです。

頭→指→アウトプット

しかし、速く書くことに慣れていくと、考えるという過程が飛んで、文章が書けるようになるのです。

指→アウトプット

これは、調子のいい日限定であり、慣れてないと逆効果です。

しかし、こういった極地もある。

ということも覚えておいて損はないと思います。

この状態に持って行ければ、生産性はかなり高まっているといえるでしょう。

僕自身、まだ、安定してこの状態には持って行けません。

まとめ。質を上げるのも難しいが、一番は速さだ

まとめます。

質を上げるのも難しい。

が、やはり一番難しいのは速さを磨くこと。

ということですね。

ここが向上してはじめて、大きな成長が出来た。

といっても過言ではないと思います。

かくいう僕も、工場に勤めながら、アフィリエイトをしていました。

そういった環境の中。

速さを課題にしている期間は多かったと思います。

いかに速く良い記事を書き、他と差をつけるか。

これを常に意識した結果。

今となってはそれがいい経験となっていると思っています。

仕事に勤めながら、アフィリエイトをやっている人も

速さを突き詰め。良い記事を書くこと。

これを意識することが出来れば、本業でやっている人相手でもいい勝負が出来ると思います。

実際に僕も、工場に勤めながら30万円稼げるようになったので、間違いありません。

と、ここまで書けば。

後は実践ですよね。

速く、良く。

これを意識し、

さらに、「バズるだろう。」

そう思える記事を量産体勢出来る状態に持って行きましょう。

勝負はまだまだ。これからです。

人気記事

1

結局のところ、すごい人の良い所をパクって這い上がってきたのが僕という人間です。 そして古今東西のアフィリエイターはそうやってスキルを身に着けていったと言えます。やはり真似こそ最強のトレーニングです。 ...

2

僕は20代ぐらいの時に 「人生が終わったなあ」 と思っていた時期があります。   しかしながらなんとかすることが出来ました。 (こういえば、軽いですが(笑)) 今回は、人生が20代で終わった ...

3

アフィリエイトで収益化するために必要な能力はどこにあるのでしょうか。それ「+」どれぐらいの時間がかかるのか。 僕の経験則を踏まえて、書いていこうと思います。   そもそもアフィリエイトって儲 ...

4

アフィリエイトってオワコンだろ。 1万年と2000年前から交わされてきた議論ですが、現在においてはいかがなるものか。 単刀直入に言えば、 オワコンではないと思っています。 というのも稼げる人間は現在も ...

5

アフィリエイトで稼ぐコツとか、SEOとか、セールスライティングとか言われても分かんねえよ。 実は僕も始めたころはそういったことを思っていました。 ということで、ここは論よりも証拠、百聞は~ということで ...

-ブログアフィリエイト

Copyright© LionHeart , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.