自己啓発

仕事を辞めたいは甘えだ。月150万の凡人論を公開します。【簡単です】

こんな哲学者の言葉があります。

「地球に住むうえでの住民権は仕事である。」

この考えでいけば。

「仕事を辞めて楽をしよう。」

これは、地球に住むための住民権を破棄しているようなものであり。

厳しい言葉をかけますが、

「仕事を辞めたいは甘えだ。」

と言わざるを得ません。

とはいえ、

今の仕事を辞めたい。」

これはすごく大事な気持ちです。

嫌な仕事をし続ける=自分に嘘をつき続ける、

です。

これは、最終的には

「人生に嘘をつく」。

ここに行きついてしまいますよね。

提案をします。

「仕事を辞めるのではなく、今からはじめよう。」

自分にとっての仕事は何か、それを見つけ、はじめること。

それが、仕事を、そして人生を変える最良の一手だと思います。

仕事を辞めたいは、甘えです。ただ、自分がやるべきことを知っていれば。

ただ単に、嫌いだから辞める。

学校を「めんどくさい」と言って、バックレる子供と同じです。

そういった考えを持っているのなら、シンドイ仕事を続けるべきです。

ただ、自分がやるべきことを見つけた場合。

次の一歩を踏み出していくべきだと思います。

「信念、気持ち」は鮮度が命です。

だからこそ、決断を速くしなければいけません。

副業でもなんでも良いから、やってみるべきだ。

経験上、そう思っています。

逆説的に言えば。

仕事を辞めたいという人は、自分のやりたいことを見つけるべき。

ということでもありますね。

仕事を辞めたいけど、生きがいが見つからない。

「生きがいってどうやって見つけるの?」

結論を出します。

生きがいとは自分で探しに行くものです。

「one-piece」なんか見ていると、よくわかりますよね。

この世の秘宝「ワンピース」を自らの手で探しに行くルフィ。

グランドラインであったり、空島であったり、新世界であったり。

航海を通し、自らの目で、いろんな世界を見ること。

それがルフィにとって、生きがいなのです。

人間も同じです。

自分のやるべきことは、自分で見つけに行く。

それによって、目標だけでなく日々のいろんな発見が生きがいになるのです。

その生きがいが積み重なり、人生に深みや濃さを与える。

といえば、なんとなく分かるのではないかと思います。

仕事を辞めても。「いきがい」を見つければ人間は生きていける。

好きなことに没頭している時、

人は、すさまじい速度で成長する。

経験上、誰でも知っていることですよね。

プロゲーマーがとてつもなくゲームが強いのは、ゲームが好きだからですね。

素晴らしい絵を書く人はもちろん、お絵描きが大好きです。

具体例を出すと、

元メジャーリーガーのA・ロッド(アレックス・ロドリゲス)選手。

これは大の野球好きです。

彼女と遊んでいるときも野球の試合を見続けて、呆れられた。

と言われています。

確かに程度はあり、社会的に見てどうか。

これもありますが、それを度外視すれば。

好きなものに没頭できる人は、水を得た魚です。

生きるうえで、とても有利な状態にあります。

例えば。

普通の人が根を上げるようなことでも、彼らは平気な顔で続けることが出来ます。

そして、知らない内に、お金と名誉を得ることが出来ているわけです。

ところで、こんな人を、妬む人って存外多いです。

しかしそれ自体間違っているんですね。

そういった妬んだりする人も。

自分の土俵を探すことが出来れば、生き方は大きく変えられるのだ。

と思っています。

【仕事改革】僕の生き方を変えたのはブログアフィリエイトだった。

正直、書くだけなら誰でもできるわけです。

だからこそ、僕の経験談を話そうと思います。

実は僕も、最初から生きがいを持っていたワケではありません。

「ブログ」

という生きがいを見つけるまでは、うだつの上がらない会社員でした。

そういった意味では、普通、もしくはそれ以下の人間だったと思います。

とはいえ、僕のような凡夫でも「方向性」を変えるだけで人生を変えることは可能である。

そういったことを、分かってもらうためには参考になる話だと思います。

良かったら、見ていってほしいなと思います。

高卒で工場で働いていた僕。

パワフルな駆動音。

鉄と鉄がぶつかり合い奏でる音。

高い安定感。力強さ。さらに繊細さ。

生産機は日本の魂だ。

そう思っていました。

僕は工業高校卒ですが、まさに「ならでは」の考え方ですね。

部品があり、それらが集まることで出来上がる機械。

まさに、機能美とはこのことだなと思いました。

すぐにいろんなことを吸収していきましたね。

好きなものは成長スピードが速い。

そう思うのは、実のところ、こういった経験から来ています。

正直、ここまでは、順調だった。

仕事を続けていて気付いたこと

「機械は機械」

要は、同じ動きを繰り返す道具でしかない・・・・。

ってことです。

日が経って行くごとにその現実に気づき、「冷めていく自分」がいました。

さらに、やっている仕事もずっと同じで、同じ日々を繰り返す。

これでしかなかったのです。

ふと気づいたこと。

「ここにいても、同じことの繰り返しじゃないか。」

遂に「普通であること」のヤバさに気づきましたね。

普通の仕事を繰り返していたら、普通の人生しか歩めない。

後になって分かったのですが、このことに気づくことが出来る人はかなり少数だということです。

ですが、幸か不幸か。

僕は、そのことに気づくことが出来たので、今は人生の角度を180度方向転換することが出来た。

と思っています。

仕事を辞めたい僕は、勉強をすることにしました。

本を読むこと。

ここから始めました。

もともと、小説が好きだったこともあって、本を読むことは苦痛ではありませんでした。

活字を読めるというのは、立派なスキルなのです。

A4紙には、無限ともいえる世界が広がっている。

実用書を読んで気づいたことです。

パンドラの箱を開けたような気分で、「知る」を積み重ねていきました。

勉強をして気づいたこと。

言葉はお金になる。

ということです。

僕たちが日ごろから扱っている「言葉」を思い出してみましょう。

ある時は人を喜ばせ。ある時は人を傷つける。

またある時は、人を勇気づける。

つまりは、万能薬である。

ということです。

これに気づいて、そこからさらに勉強が楽しくなっていきました。

後にこの発見は人生に大きな変化を産みます。

本をたくさん読んだ結果。仕事は辞めれると気づいた。

ここで話はさらに進みます。

スキルがあれば、仕事は辞められることに気づきました。

人は、自分の道を自分で決めることが出来る。

それを、知るきっかけをくれたのが本です。

ここから僕はスキルを本格的に磨こうと思いました。

言うまでなく、金稼ぎのスキルです。

これがないから僕たちはシンドイ思いをしなければいけないのです。

どんな時でも、適性が大事である。

適性が大事。

僕は、いつ、いかなる時もそう思っています。

豊富な読書経験により、言葉の偉大さを目の当たりにしました。

さらに、僕自身、文を書くことが人よりも好きだった。

言葉で稼ぎたい。

素直にそう考えたのは、不思議なことではないのだ。

と思います。

紆余曲折あり、アフィリエイトをはじめることに。

「ネットを使った営業」

これこそ、この仕事(アフィリエイト)の本質であり、必然的に言葉で勝負することになります。

まさに僕にピッタリな分野だな。

と今になっても思います。

やはり、適性が大事なのです。

仕事を辞めるため、はじめたが。全然儲からなかった。

完全に打ちのめされましたね。

最初の半年間は、地獄でした。

会社が終わって、アフィリエイト。

会社が終わって、アフィリエイト。

これを半年繰り返しました。

生まれた収益は0円。

タダ、僕は楽しかったです。

地獄に仏といいますか、売れなくとも、スキルが確実に身についている。

そんな実感がありました。

文章も、まとまってきたし、普通の仕事でも

「お前の報告書は読みやすい」

そういわれるようになり、俺強くなってんだな。

と思えることがありました。

だからこそ、折れませんでしたね。

仕事を辞めるための一歩。初収益は105円

そんな僕にも、収益が生まれます。

105円。

普通の人には笑われるでしょうが、それでも僕にとって大きな収益でした。

「やっぱり俺の言葉は通用するんだ」

そう思って、俄然やる気が出てきましたね。

そこから、フルスロットルでした。

1万、3万、5万、10万。

努力は、ある一定の量を超えると効果性が上がってくるのです。

その年のうちに30万円稼ぎあげ、僕は会社を退職しました。

現在は、月に150万円稼ぎだし、さらに今後改良を加えていこうと思っています。

生きがいは人生を変える。

それが、この話でのテーマです。

そういった意味では、僕にとっては「アフィリエイト」が生きがいだった。

というわけですね。

「仕事辞めたい」が「甘え」だという理由

最後の話になります。

「仕事を辞めたいは甘えだ。」

と僕が思っているのは、

「そんなことを言う人に限って、辞めようとしない」

と言うところにあります。

それは、慎重なのではありません。臆病だ。

というのです。

確かに、家族や大事な人のため、辞めれない人もいるだろうと思います。

でも、それだったらそれで、文句をいうな。

という話です。

自分で決めた道なのだから、そこに不平を言っても仕方ないでしょう。

だったら、文句があるならあるなりに、自分であがいてみろ。

と僕は思うんですよね。

生きがいとは、自分で見つけるものである

掘り下げると、どんなものでも生きがいにはなりうる。

ということを言いたいです。

僕も、アフィリエイトは最初の内、何度も嫌いになりました。

しかし、思考停止で続けていたら。

いつの間にか、この、「文章で人を操る世界」に病みつきになっていました。

結局の所、生きがいとはそんなものなのだと思います。

なんとなく続けていたものが、結果が出て、知らない内に好きになっている。

だからこそ、僕が思うことは今の仕事以外の分野で稼いでみる。

ということ。

はっきり言って会社で働くことは効率が悪い

あなたは自分の価値を完璧に言えますか?

まさか、月30万円のお金をもらうことが、自分の価値だ。

なんて思ってませんよね。

意外と、知らない人が多いので言いますね。

人間の価値が月30万円程度に収まるわけありません。

僕たちは、自分で道を見つける力がある。

そこから、もっと効率的に稼ぐ方法があるのだ。

と思っています。

僕がよく使う言葉。「水を得た魚」

「水を得た魚」という言葉がありますが、現代社会は、

淡水魚なのに海水で泳いでいたり。

カレイがマグロに負けないように、必死で頑張っていたり。

ひどい場合は、タイが陸で生きようとしていたり。

そんな「水を得られていない魚」が多い世界なのだと思います。

これだと、結果が出ないのは当たり前です。

自分の生き方を選び抜き、土俵を見つけること。

勝てるゾーンを探すこと。

野生の動物はこれが出来ているのですが、人間は頭が良すぎるため。

それが出来ないのです。

しかし、突き詰めれば、これが、大切なのだ。

ということは、なんとなくわかるのではないでしょうか?

最後に言いたいこと。鉄は熱いうちに打て

心が熱いうちに行動せよ。

ということですね。

人類は理論で、ここまで繁栄してきました。

しかし、その理論を裏で動かしているのはいつだって「心」です。

で。この心が熱くなる場面は日常生活であまりありません。

そんな時に、行動できないと、この先は分かり切っていますよね。

鉄は熱いうちに打てといいますが、心も一緒です。

今なら出来る。

そう思う時に行動できない人は、一生変われない。

そう結論づけますが、異論はないと思います。

だからこそ、動きましょう。

どんな、高尚な意見や理論も、

行動。

これの価値には敵いません。

行動こそ、最強の成功理論なんだ。

経験から、出てきた言葉を置き、これにて話を締めていこうと思います。

ちなみに、いまから「金稼ぎ」をしたい人はアフィリエイト。オススメです。

アフィリエイトは全ての基礎です。

ライティングが学べるほか。

マーケティング。

これを学ぶことが出来ます。

あなたが、今後何をすべきなのか、それは分かりません。

しかし、稼げて尚且つ、他分野に展開が出来る。

これは、非常に強いところだと思いますね。

さらに、初期費用もほぼ掛からないし、極めれば月収100万円だって、夢ではない。

ある意味最強の、副業だと思います。

続けることが出来る人。

これが成功の条件なので、誰でも成功できるわけではありません。

でも、一つだけお勧めする副業があるのなら僕は「アフィリエイト」を推しますね。

僕のブログでは、

「仕事に行きながら30万円稼ぐためのノウハウ」

これを、タダで公開しているので、良かったら参考にしてください。

ハサミのブログです

僕のメリット。

自分のやり方が実証できることと、いいなと思った人に拡散してもらえること。

あなたのメリット。

凡人が成功できるやり方を学べること。

割と悪くない、winwinだと思います。

少し歯切れが悪くなりましたが、これで、終わりたいと思います。

ご清聴ありがとうございました。

当ブログ人気ランキング

ブログの作り方について

ブログの作り方は多くの人が参考にされています

アフィリエイトは課金システム?

金を稼ぐには金をかけた方が良い?僕の本音を語ります。

使えるツールを5つ厳選紹介

使えるモノは使っていきましょう。

-自己啓発

Copyright© hasamiblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.