自己啓発

【仕事】合わないし、飽きた。そんな若者が正解な件について。

「適性」が大事だなと思うことは良くあります。

これは、僕の人生経験でもそうだし。

周りを見ても、思うことです。

自分の持ち場を守り、最大限に力を発揮している人。

見るだけで、凄く勇気をもらえます。

僕は野球が好きで、プロの試合も良く見たりします。

「カッコいいな」と思う瞬間は、自分の才能を余すことなく活かし。

選手が輝いてるときですね。

守備で魅せる人、打撃で試合を動かす人、投球術で打者を翻弄する人。

各々に個性ある人たちが、お互いのすべてを懸けて競い合う姿。

これはなんとなく、人生の縮図のように思えてきます。

話が脱線しましたが、

仕事もこれと一緒だと思います。

人は適性の中で、仕事を全うすることが出来れば。

輝くのです。

そういった時、もらえる報酬は多くあります。

時間、お金、やりがい。

特にやりがいは、普通の人生を送っていれば得難いものです。

だからこそ、今回お話しするのは、

「仕事が合わないし、飽きた」

そう語る若者はある意味正解なのだ。

という話ですね。

ある意味、現代社会をディスる記事になるかもしれませんが、免疫がある方。

ぜひ、お付き合い願えたら。と思います。

5分くらいで読めます。

合わない。飽きた。これは立派な信号です。

人の体は、実に良く出来ていると思います。

殴られたら痛いし、病気にかかったら熱が出ます。

これは、漫画ブラックジャックで読んだ話。

「痛みを感じない」そんな障害をもった子供がごくまれに、生まれてくるらしいです。

そういった子供は、10歳を迎えるまでにほぼすべてが死んでしまうのだとか。

そう考えれば、痛みは実に素晴らしいサイレンなのだと思わされますね。

これは、ストレスに関しても同じ話です。

最初は苦痛に感じていたことも、それが続けば、何も感じなくなります。

ストレスに対する、スイッチを切ったとき、人はとても危険な状態にさらされるのです。

だから、「飽きた」「合わない」そういったことを素直に認めて。

自分の将来に不安を抱くことは、僕としては、間違っていないことだと思います。

飽きたとか、めんどくさいな。とか仕事に対するストレスを我慢すると

死ぬことはありません。

しかし、時間の経過がとてつもなく速くなってしまいます。

たとえ話で聴くのが、

20代は普通自動車。

30代はスポーツカー。

40代はレースカー。

人間が年を取るスピードは、年齢に比例して速くなるのです。

これは、全ての人間に当てはまります。

でも、そこにさらに拍車をかけているのがストレスである。

と僕は思っています。

ストレスを与えられ続けると、人は我慢を覚えます。

我慢をすることは、確かに大事です。

が、それをし続けることになれば、人はいずれ感情を失います。

感情を失った時、周りに対する関心を失ってしまいます。

結果的に、同じことを繰り返す日常がやって来るのです。

人間は、同じ作業をしているとき、時間の経過がとても速く感じるので、いつの間にかやりたいことも出来ずに、40代50代を迎えようとしている。

という現象に陥るのだと思います。

飽きたや合わない。そんなサインが出ているうちに、適性を見つけ出すこと。

こうならないためには、最初書いた通りです。

「適性を見つけること」

自分にとってあっている分野で頑張れているとき。

人は、水を得た魚のように頑張ることが出来ます。

それに、自分の好きな分野と向き合っているときほど、

いろんなことに触れよう。

そういったポジティブメンタルがどんどん湧いてきます。

昨今、様々な老化対策がなされています。

が、僕は「好奇心」こそが最大の老化防止だと思います。

冒険しているとき、どんな人も、子供に戻れます。

ワンピースやハンターハンターを読んでいるとき、みんな子供になれるのです。

日常を冒険で満たすことが出来れば。

エネルギッシュな気持ちによって心の老化を普通の人よりも断然抑えることが出来る。

僕はそう考えており、そういった意味で、自分の好奇心を満たす適性を見つけること。

経験上これがすごく大事だなと思っています。

僕が合わない会社を辞めた話

高卒で肩書きもなく、すぐに働きました。

工業高校だった僕は、機械を動かす工場で働くこと。

これに憧れを持っていました。

現場で働くこと、何の抵抗感も抱かなかったですね。

しかし、働き始めてから数週間後、すぐに違和感を感じるようになりました。

それは、

「機械というのは繰り返しの作業をずっと続けているだけの代物だ。」

ということ気づいたことです。

ハイテクであっても、四六時中同じ動きの繰り返し。

僕たちがやる仕事はそんな機械のサポートだけ。

ここに、理想と現実の大きなギャップがありました。

そういった中で、行動しないことが悪いんだ。

自分でアクションを起こそう。

と思い、いろいろな本を手に取ることになります。

本を手に取っても現状は大きく変化しなかった

繰り返しの仕事の中にも、やれることはありました。

生産性を上げ、その中で達成感を得ることも可能でした。

また、インプットした情報をアウトプットすることが出来る。

そんな、場所でもありました。

でも、来る日も来る日もアクションを起こしても。

日常は大きく変わりません。

とかく、退屈だった。

同時に、未来が怖くなりました。

先の見えない未来よりも、先の見える未来。

これが、恐怖の対象。

「なぜみんな、普通に働けるんだ。レールを敷かれているんだぜ!?」

そう思うことも、増えてきました。

そう思った時に、初めて

「おれ、この仕事向いてないんだな」

と肌で感じたのです。

はじめたことは勉強でした。結局の所、自分が悪い

このままだと、ずっと「このまま」だ。

そう思って、勉強を始めました。

手段は何でもいい、とにかくここから出たい。

そう思っていながらも僕は冷静で、最初に書いた通り「適性」。

これだけは、絶対に外さないように思っていました。

本が好き。

一人の時間が多い

友達少ない。

努力はまあ、デキる。

そういったところは、自分でも理解できていました。

ぴったりはまるものが見つかりましたね。

僕を救った副業

アフィリエイト

これが、僕の人生を変えるきっかけになったものでした。

外道。アフィカス。乞食。社会不適合者のするもの。

いろいろ書かれていましたが、正直気になりませんでした。

そこで、得られるスキルの幅が広く、堅実さを感じた。

だから、僕はすぐに動き出しました。

思えば、このフットワークの軽さも、僕の長所かもしれません。

努力が報われるのは間違いだと知れた。

社会は厳しい。

僕は、金稼ぎを通してこれを教え込まれました。

アフィリエイトをはじめるも、最初は全く稼げません。

僕は、非凡ではなく、凡だったのです。

最初の6か月は収益0。

全力で突っ走って、このざまですからひどいありさまです。

しかし、7か月目。収益が出ました。

105円。

あまりに、少ない額です。

しかし、僕はそう思いませんでしたね。

この一歩は人間にとっては、小さな一歩だが~~

みたいな言葉、ありますよね。確か月面着陸の時の。

まさにそんな感じで、とかくお金を稼げることに、僕は感激しましたね。

俺にも出来るんだ。

そこで、僕が感じたことは「努力は報われることはないが、執念は報われる」

ということ。

大昔から、「女性は押しに弱い」といいます。

が、経験上それは「勝利の女神」も同じようです。

僕は凡夫ですが、インプットとアウトプットをしゃにむに繰り返すことで、彼女を振り向かすことに成功しました。

で。

その後も破竹の勢いで、収益を増やしていきました。

1万、3万、5万、10万。

そしてその年のうちに30万。

実に給料の1.5倍稼ぎあげることに成功しました。

こうなると、もう覚悟を決めました。

会社を退職したんですね。

僕が、会社を退職して思ったこと

意外と、失うものはなかった。

ということでした。

とはいえ、送別会は心に来るものがあり、裏で泣きましたが。

しかし、物質的なものはほとんどなくなっておらず、辞めるうえでのダメージは案外小さいのだな。

と思いました。

もちろん、これは僕がスキルを獲得して見通しが良かったから。

普通の人が、何も考えずにやめればそうはなっていなかったと思います。

だからこそ、大事なことは

  • 「学歴なんか関係ない」
  • 「自分の土俵で生きることを決める」

淡水魚なのに海を泳いで苦悩している。

ネットをしていると、そんな人が多いっておもうのです。

そんな人に、思うのがやはり

「自分を知れ」「適性を知れ」

ということですよね。

適性を知るためしなきゃいけないこと

こんなことは、わざわざ書かなくても分かるはずです。

自分から歩み寄る。

これしかありません。

僕は、アフィリエイトと出会い、それが収益の柱になっています。

しかし、これが出来たのも。

歩み寄ること、そして続けるタフネスがあったことが大きく関係していると思います。

大事なことは、行動することですがこれに対して臆する人は多いなと思います。

会社が合わないといっている人へ。ノリを身に着けろ!

ノリ。

年を重ねる毎にこれの大事さを実感します。

多くの人は、何かをはじめるとき。

あれこれ、考えすぎるのだと思いますね。

考えることは大事です。

考えないことが原因で、人生を棒に振る人が多いのも事実。

(バカッターとかですね。)

しかし、時には見切り発車も大事なわけであり、ここまで4000字近い文章を読んでこれた人なら。

それは、十分可能なところのあるのだと思います。

時には、パーリ―ピーポーよろしく、悪ノリをし、やけどをすること。

これも、大事なのです。

そこから人は、強く優しくなれるのだと思っています。

ということで、人生を変える一歩を悪ノリで踏み出してみよう!

長い文章ですが、ついてこれていますか。

最後です。

人生を変える一歩。

悪ノリで踏み出しましょう。

真面目真面目に歩いても、そこにはレールがあるだけです。

そのレールを踏み出すには、やはり「外道」が一番です。

あなたが、日ごろ嫌っている副業。

これにも、実は大きな宝石がたくさんあるということを、片隅に入れるべきです。

こうかくと、怪しい薬を進めてくる先輩みたいな言い分ですが。

このページでそんな高度な詐欺できません(´;ω;`)。

とにかく、僕は、僕なりの価値観からエールを送りたかった。

それだけですね。

だからこそ、最後に一言言わせてもらうと、

セカンドキャリアに年齢は関係ないですよ。

ということ。

ちなみに、地味で凡な人へ。

あらゆる分野を総合的に学べるアフィリエイト。

オススメです。

sales、marketing、writing、SEO。

比較的「地味」と言われる副業ですが頑張った分稼げる。

ここは一番の魅了です。

やってみてはどうでしょうか。

とはいえ、情報商材。

これは、お勧めできませんし、買わない方が良いですね。

だからこそ、僕のブログではアフィリエイトの基礎知識を詰め込みました。

全部タダなので、ぜひ参考にしてください。

ハサミのブログです

僕の技術が万人向けなのか。それを学ぶこと。

今の目標でもあります。

あなたは、基礎知識が学べる。

僕は、自分のやり方が正しいのか学べる。

悪くないwinwinだと思いますね。

とここまで、書けば、もういいかなと思います。

だって選択権は僕にはありませんからね。

とにもかくにも、悪ノリで動きまくって下さい。

飽きたとか合わないとか愚痴を言っている場合ではない。

それは、もうわかっているはずです。

いつ人生かえるの!?

今でしょ!!!

 

-自己啓発

Copyright© hasamiblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.