自己啓発

負け癖を直し勝癖をつけるうえで外せない絶対法則

頑張って生きていれば、勝ちを求められる場面が必ずやってきます。

プライド、生き様、人生。

それらを賭けた大一番。

勝利を収めるためには、負け癖を無くしていく必要があります。

勝負強い人間とはつまり、

負け癖がない人を言います。

「自分は勝負所で力を発揮できないなあ。」

「負け癖ってどうやって直せばいいんだろう」

 

僕は、挫折自体、1万回はしたと思います。

株で負け、FXで負け、セドリで負け。

やけくそでやったギャンブルでもやはり負け、おけら街道を茫然自失で彷徨い歩いた記憶があります。

ただ失敗続きの中、どうすれば勝てるのかいろいろ考えました。

今回はそこで培った哲学をいくつか紹介していければと思います。

負け癖を治すのは簡単です。

確率を上げること。

これ一つですね。

負け癖を持っている人は、何が出来ていないか?

 

というと、準備が出来ていないのです。

勝負をする前に、勝負は始まっている。

と考えるべきです。

 

受験なんかでも。

よほどの天才でもない限り、対策0で志望校には合格できません。

悔しい話、適当にやって出来る、天才がいることも事実ですけども。

まあ、それは諦めましょう(笑)。

備えることが大事です

僕たちは、あらゆることを想定して備えること。

それが、大事になるのです。

「明らかに相手が強力ならば、なぜ、いったいどこが強力なのか?相手を研究する。」

「成果を出すのが難しい仕事ならば、なぜ難しいのか?下調べする。」

「難しい料理を作るのであれば、事前にレシピを学んでおく。」

 

事前に手を打っておけば、まず間違いなく、失敗する確率というのは低下するものです。

そして、

失敗する確率が減ってくると、どんなもの事も円滑に進むものです。

そうすると、勝手に成功が向こうの方から、舞い込んでくる。

という算段ですね。

 

これは、基本的な部分ですが。

ここから先は、さらに踏み込んだ負け癖の治し方について書いていこうと思います。

より深く知りたい人は、ぜひ読み進めてください。

僕の体験から言えば、負け癖がついている人はバランスが悪い。

バランス感覚。

僕は、結果を出すうえでこれが大事だと思っています。

 

第一として勝負事をする時、人間には「意識すべき2つの目」があります。

  • 自分を見る目
  • 他人を見る目

の2つです。

自分を見る目

自分を見る目は、言葉の通りです。

自分自身が、今どんな状況か?

それを見る目ですね。

能力、戦力。それから経験値なんかも含まれます。

これを勝負をする前に、確認しなければ、強大な相手や相性の悪い相手に打ち負かされてしまうでしょう。

他人を見る目

そして、他人を見る目。

これは

「相手がどんな状況なのか?」

観察する目です。

勝負事においては、相手も常に万全で来るわけではありません。

致命的な欠陥を背負ってきたり、気負いすぎているなんてことも、良くあります。

 

また、勝負する相手が人とは限りません。

仕事なら、

押さえておくべきポイント、別にそれほど気にかけるべきでもないポイント。

意外と躓きそうな部分など。

見ておくべきところは沢山ありますよね。

試合巧者とそうでない人の違い

勝負事が下手な人は、この

「相手を見る目」と「他人を見る目」のバランスが悪かったりします。

  • 自分のことを、気にしすぎていたり。
  • 周りに気を取られ過ぎていたり。

大事なことは、自分と相手をバランスよく見て、そこから得た情報で戦略を立てる。

ということです。

こんな言葉がありますよね。

「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」

まさにこの通りです。

負け癖がついている人は、精神的な強さも必要だ。

これも、また真実です。

勝負事において、精神力はすごく大事です。

 

日本が第二次世界大戦であれほどまで善戦できたのは、緻密な戦略があったから。

これが、第一です。

しかし、第二には精神的な強さ。これもまた理由として挙げられそうですね。

各国の兵士たちは、満身創痍で、なお突っ込んでくる日本兵に戦慄したそうです。

日本に数と物資が整っていたら、世界地図が変わっていた

と答える軍人もなかにはいると言います。

日本人は環境だけでなく、精神的にも恵まれている・・と思います。

で。

僕たちは、そんな偉大な人達の血を受け継いでいるわけです。

それは誇りであり、自信を持つべきことだと思います。

 

生きていたらかつての日本のように、

圧倒的な格上と勝負をしなければならないときが来ます。

 

そういった時は、神風スピリットを灯し。

強い相手に挑みかかる。

そういった気持ちが大事になりますし。

意外と、自信・やる気・根性といった精神的なものが戦局を大きく変えてしまうことだってあるわけです。

仕事、スポーツ、勉強。

戦う場所は人によって違いますが。どれにしても、精神が大事になる場所は多いです。

お手本になる人間は僕たちには存在するわけで・・

例えば、世界を相手に戦ったイチローなんかはいいお手本ですよね。

イチローの残した言葉にはこんなものがあります。

「精神的限界は体力でカバーできないが、

体力的な限界は、精神的な部分でカバーできる。」

世界一のプレイヤーが精神的な部分を大事にしていたことから、いかに重要か?

分かりますよね。

 

イチローは自身のありったけの技術と時間を費やして、神の領域に踏み込んだ偉人です。

今後日本の教科書の1ページに載る人間であることは間違いありません。

筋骨隆々のトッププレイヤーに対して、磨き上げられたテクニックで勝負した稀代のスーパースター。

彼の生き様は、日本人に各上の相手に挑戦する勇気を与えたと思います。

 

勿論、最初から根性論で強い相手に飛び込んでいく。

これは、お勧めしませんし、イチローだって勝算があってメジャーに行ったはずです。

理論と精神の融合

大事なことはまず、目の前の相手を研究し、弱点を洗い出し、自分が勝てるパターンを考えて。

それでも無理なら、精神的な部分を全面的に出して挑みかかる。

ということだと思います。

とはいえ、そういった作戦を考えるうえでも精神的な強さは必要になるわけで。

 

こういった、「理論と精神の融合」が勝負事で勝つ確率を大幅に上げるのだと思います。

負け癖を治すためには、情報を得ることも大事

情報は有益だ。

というのは、

鬼滅の刃という漫画で出てきた、童磨という敵キャラの言葉です。

 

まさにその通りで、漫画というのは敵キャラの方が良いことを言っていたりします。

「知らぬが仏」という言葉はありますが、基本的にどんな場合でも、

情報は有益なのです。

 

情報があれば、対策を立てやすくなります。

お金稼ぎでも、ちょっとした情報が今後の動き方をどうすればいいのか?

教えてくれたりするのです。

 

それによって、大きな利益を得ることも、少なくありません。

ちょっと強引な言い方をすれば、

情報戦を制すれば、戦いを制する。

ともいえます。

アンテナを広げることによって、質の良い情報を集める

だからこそ、日ごろから色んな情報を、吸収し、洗い出す必要があるわけです。

よくビジネスの世界でいうところの

アンテナを張る。

といいますが、まさにそれが大事なんです。

 

情報を得るには、僕は本を読むことが大事だと思っていますね。

「ニュースやツイッターで新しい情報を得ることが大事だろ。」

と思う人もいるかと思います。

確かにそれも間違っていません。

 

しかし、過去の情報も実は有益だったりしますし、

むしろそっちの方が大事なのだと僕は思っています。

過去の人間のやり方程、参考になるものはない

過去に結果を残した人が、どんな方法で成功したのか?

本を読み続けていくと、そのパターンが段々と分かってきたりしますね。

 

本を出すような人間は、今まで勝ってきた人間です。

そういった人間が何を考えて、自身を成功に導いたのか?

それを、知ろうとすることが有益でない、というのなら一体何なのでしょうか?

思い立ったが吉日、一瞬で情報を集める方法

わざわざ書店に行かなくとも、現代なら電子書籍を使うことが出来。

読みたい本を一瞬で手に取ることが出来ます。

レベルアップには必須なので、使ってみること。。ですね。



『SEshop』

ビジネスの情報を集め、スキルを身に着けるうえでおすすめの電子書籍サイト。



honto電子書籍ストア!

人間的な価値観を養ううえで有効な、小説や、自己啓発などを読むうえでおすすめの電子書籍サイト

イーブックイニシアティブジャパン eBookJapan

漫画もれっきとした、勝つための生き様を記した書物です。

娯楽的な意味で読む人も多いですが、それ以外の意味でも効果的です。

負け癖を治すには、日々の努力が大事です。

いろいろ言ってきましたが。

これを忘れてはならないな。

と思う項目が一つ。

 

それは日々の努力です。

結局のところ、人の価値は日ごろの積み重ねによって決まる。

というのが、僕の持論です。

 

爪を磨いてきたモノは、獲物の肉を割くことが出来。

牙を磨いてきたモノは、獲物をしとめることが出来。

頭脳を磨いてきたモノは、獲物を捉えることが出来る。

 

結局のところ、負け癖を克服するには。

自分を強くする。

これ以外に方法はないのだと思っています。

負け癖を治すうえでの努力のコツ

努力のコツを一つ掲載します。

それは、

努力を育てる。

というものです。

 

最初は小さな努力から初めていき。

日が経って行くごとに慣れていけば、身体と頭脳が順応していくので、徐々に努力の量と質を増やす。

時間経過によって、出来ることを増やしていくやり方です。

 

最初から重い負担をかけるやり方も良いですが、それだと結果が出ないときに挫折する確率が上がっていきます。

そうなっては、本末転倒ですから。

順を追って、自分にノルマを課していくというやり方を僕は勧めます。

僕の場合

僕自身、毎日のブログ更新という努力がありました。

今となっては、ブログの記事更新や記事内容の改善に1日5時間かけています。

それでも、最初は毎日10~30分程度でした。

 

ブログを毎日更新し続けることで、僕は小さな勝ちを日々つかみ取ってきました。

僕が思うことは、敵に勝つことと同時に、自分に勝つ。

これも大事であり、日常は自分との勝負の連続だ。

ということです。

小さな勝ちでも勝ちは勝ち

そして、小さな勝ちでも

「勝ちは勝ちだ」

ということです。

その勝利は、明日頑張るための勇気を少しだけ分けてくれるのです。

 

そして、翌日も自分にこう言い聞かせるのです。

「しんどいけれど、今日一日頑張っていこう。」

と。

 

そして、それを繰り返すことで、いつの日かとてつもない結果がついてきたりするのです。

僕の場合、5時間の努力を日々繰り返せるようになった結果。

収益が1万、3万、5万、17万、26万といった感じで伸びていきました。

 

今となっては、とてつもない収益を誇るブログ利益も、最初は小さな努力の積み重ねでしかなかったのです。

最後にまとめます。

今回語ったのは負け癖を治す方法です。

まとめると、

  • 確率を上げること
  • バランス感覚を意識すること
  • 自信を持つこと
  • 情報を得ること
  • 努力すること

僕が思うことは、以上の5つが負け癖を治すうえで効果的なんじゃないか?

ということです。

人生は一度だけです。

 

やはり

勝たないと面白くないですよね。

だからこそ、今回は負け癖を治す方法を、書いてみました。

勝ちに不思議の勝ちあり。

負けに不思議の負けなし。

というのは、冒頭と同じく、名将野村克也の言葉です。

すごく的確な言葉だと思います。

 

僕たちは、普段負ける理由をちゃんと意識できているのか?

それを意識して、いかに負けを無くしていけるか。

それが人生をうまく歩いていくうえで、大事なことなんじゃないかなと思いますね。

 

自分に打ち勝つことは、勝利のうちで最も偉大な勝利である

哲学者プラトン

-自己啓発

Copyright© hasamiblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.