生き方

【自分磨きの本】自己啓発書のオススメ10冊。読書を習慣づける。

読書は、人生を変える一歩目だと思います。

考えると、きっかけが生まれ。

きっかけが人生を変える。

凡人を秀才にするツール。

それが本です。

 

酒が飲みたいのなら、大学に行け。

勉強がしたいのなら、図書館に行け。

学問は、大人になってから自発的に行うもの。

そして賢くなることに限度はありません。

人は学ぼうと思えば、学ぶだけ、より高尚な域に足を踏み込めるのだと思います。

今からでも扉を叩き、一段ずつ上っていくことが吉です。

 

それを踏まえて、10冊の本を紹介してみましょう。

 

僕が良かったと思う本たちです。

1.USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?

1冊目に何を紹介するか迷いました。

いろいろ迷った結果として、まずこの本を紹介します。

USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?

この本はマーケティングを主軸とした人生戦略についてつづられています。

社会でいかにして生き、戦っていくのか?

限界まで掘り下げて、予め導いてある答えを教えてくれる。

そう言った親切な一冊です。新しい考え方、思考の引き出しを増やし人生の選択肢を増やしたい人にオススメです。

現代での生き方を学ぶのならこれだ。

と思い、一冊目での紹介です。

生きていくなら避けて通れない、仕事の哲学

この本の1つの答え。

個人は会社と結婚できる。

されど、

会社は個人と結婚できない。

これは多くの社会人が頭の片隅にインプットすべき言葉であると思います。

今は、終身雇用が一般的なわけですが、

今後は

「ほぼ確実にそれが続かない」

と言われています。

大企業も平気で倒産するし、経営難で人材を切り捨てたりもします。

 

そういった中。

スキルをいかにして磨くか?

そのスキルをどうやって活用するか?

個人の力で社会で生きるにはどうすべきなのか?

明確な答えが得られると思います。

マーケティングからは生きるための戦略を学べる

ただ、この本に限らず。

マーケティングの本は複数冊を読むべきだと思っています。

その理由は

マーケティング=人生戦略

だからですね。

 

物を売るという哲学をそのまま横展開すれば、おのずと人生は豊かになる算段です。

実際に社会に出れば自分を売っていく必要があるわけです。

そういった意味ではマーケティングから学び、自分の血肉するという一連の動きは人生において大きな意味を持ちます。

 

僕も、ブログをやっていますがこういった活動でもマーケティングは活用します。

社会人に大きな追い風となる一冊

動き出したいけれど、なかなか行動に移せない。

動き出せば、現実が変わるのに。

多くの人が感じているんじゃないかと思います。

そういった人に足りないのは

「具体的なビジョン」

ですが、この本はそこについて掘り下げて答えを出している「良い本」だと思います。

2.チーズはどこへ消えた

この本は

超短編の自己啓発書。

であり、ページ数は短い物の非常に内容の濃い一冊となっています。

発売から10年余りたっているにも関わらず、現代でも売れ続けています。

 

親しみやすい話の構成に、現実に対する皮肉が効いた一冊であり、ついついページをめくる手を止めてしまうわけです。

「俺のことを言ってるんじゃないのか。」

非常に短い内容ですが、書いてあることは、数千ページに及ぶ自己啓発書を凌駕するぐらいに衝撃的です。

もし、

「1時間で価値観が変わることなどない。」

と思っている人は、それは間違いです。

壁にぶつかったときに繰り返し読める。

それに加えて素晴らしいところは、繰り返し読めるところにあると思っています。

読破するにあたって、かかる時間が少ないからです。

壁にぶつかったときに気軽に読むことが出来、そのたびに背中を押してもらえます。

3.五体不満足

この人の哲学はなんだかんだで学ぶべきポイントが多くあると思います。

 

コンプレックスを抱く人や悩みを持っている人はぜひとも手に取ってみてほしいと思います。

いろいろな感情を抱かせてくれる本書ですが、読み終わった後は前向きな気持ちにさせてもらえるようになっています。

特「長」を活かす生き方

短所をいかにして+にもっていくか。

自分を売り込んでいくための武器にできるのか?

自分の「売り」を理解していないがために、思うような結果を残せない人は割といるのではないかと思います。

とはいえ、日常にがむしゃらでそれを考えている人は少ないのだと思います。

一度立ち止まって物事を見るという意味で、良い役割を果たしてくれます。

4.ライフシフト100年時代の人生戦略

ライフシフトはこれからの世界情勢をもとに、今後の人生戦略を教えてくれる一冊です。

実は現代、世界的に寿命が延びています。

言うまでもなく、長生きできる時代です。

昔は70歳で隠居していた老人が、これからの時代はバリバリやらなくちゃいけなくなってくるわけです。

そう言った時代に対策なしで生きていくことは、非常に危険で手を打っておく必要があります。

そこを踏まえ、本書は今後の人類の生き方・戦略・人生設計について非常に深く考察された一冊です。

教養&生き方を見直すきっかけになる一冊

統計的なデータや、それに基づいて編み出された人生計画の提案。

非常に面白い内容となっています。

+教養になる部分も多く、人生を考え直すきっかけになる一冊です。

5.嫌われる勇気

会話形式で進められていく一冊です。

内容としては「アドラー心理学」を現代人にも活かせるようにレクチャーしてくれるものとなっています。

 

アドラー心理学をここまで掘り下げ、言語化された作品は他にないと思います。

パラダイムシフト(価値観の変移)が起こる数少ない作品で、読み返したくなる不思議な力もあると言えます。

この本に書いてあることは、すべてためになる。太鼓判を押してお勧めできる一冊です。

全ての人は変われる

心のコントロールを根性論ではなく、テクニックの一つとして語っているところは面白いな。

と思いました。

確かにテクニックならば、努力次第で磨いていくことが出来ますし、経験を積み重ねることでより洗練されていきます。

6.人を動かす

デールカーネギーの一冊です。

自己啓発書の源流とも言われるのが本書です。

半世紀前に発売されたにもかかわらず、いまなお現代でも売れ続けています。

コミュ障からコミュ強へ

現代社会では、コミュ力という言葉がよく使われています。

コミュ力がなくとも圧倒的な能力があればぶっちぎることは可能です。

それでも対人能力が乏しければその成功は長続きしません。

そういった意味では、本書は人間学について考え直すきっかけをくれる一冊ではないかと感じます。

あらゆる仕事に役に立つ、万能薬となりうります。

7.7つの習慣

スティーブンコヴィ―の7つの習慣ですね。

発売したのが、1989年でしたから

30年ほど売れ続けていることになる怪物自己啓発書です。

人間が生きる上で避けて通れない習慣の力

「7つの習慣」には以下のことが書いてあります。

習慣の力は強大だ。

一つ一つの糸は脆弱でも、それを紡いでいけば一本の縄となり断ちきれなくなる。

題名でもある通り、習慣の力について迫り。さらには限界まで煮詰めた一冊です。

 

現代でも習慣化の力について語られることは多いですが、表面的な部分だけであり、その本質について語られることはあまりないのかもしれません。

しかしスティーブンコヴィーは習慣の力について誰よりも、本質的部分を追求し書籍化しました。

そして、生きていく上で確実にプラスになる習慣を7つにまとめたわけですね。

8.星の王子さま

ここまで「大人の心に響く子供向けの本」もないと思うので、紹介しておきます。

大人と子供

大人になると、いろいろなことを知ります。

その中でも数字というものは、人の目を欺くうえで最も便利なものではないでしょうか。

年収、売上、年齢、勤続年数、経験値。。。etc。

 

この本はそういった数字や固定観念ではなく

「本質に目を向けること。」

ここについて読者に語り掛けた一冊ですね。

本当に大事なものは目に見えないところにある

本当に大事なものは目に見えないところにある

作中で出てきた、この言葉は多くの物事に当てはめて言うことが出来ます。

仕事、私生活、恋愛。もっと大きな枠組みで言えば人生でもそうではないでしょうか。

歴史に残るものや、良いモノだけが全てではない。そういったこと全て内包した鋭い言葉であることは間違いありません。

 

読むたびに違う発見のある一冊です。

二十歳の時に読んだ星の王子さまと今読んだ星の王子さまでは、全く違うように感じる。

それがこの本が売れ続ける魅力なんだなと思いますね。

9.エッセンシャル思考

結論を言えば、この書籍の真髄は

「無駄を省く」

ことにあると言えます。

 

優秀な人こそ何でもできるわけですが、何でもできるからこそ力を分散してしまう。

これを読めば多くのビジネスマンは自分の生活スタイルを見直すのではないかと思うぐらい、力のある書籍ですね。

捨てることに重きを置いた一冊

手に入れることを推奨する数多くの書籍の中。

捨てることにこれほどフォーカスしたものもないのかもしれません。

 

あなたは

「捨てる」

ここにフォーカスしたことはありますか?

もしないのであればこの本の内容は衝撃的に写るはず。

10.野村ノート

ビジネス向けの本ばかり紹介している中、この本を紹介しようかどうか迷ったのですが

「間違いなく野球という枠組みを超えてためになる一冊だ。」

と思い紹介させていただきます。

 

本書は言うまでもなく、故、名将野村克也氏が書いた一冊です。

自伝に近い自己啓発書と言える書籍で、様々なビジネスマンに気づきを与えた名著です。

人間的成長無くして技術的進歩なし

どれだけ技術的な部分を磨き上げても、人間的に幼いものは結果を残すことは愚か、人に認められすらしない。

ということを作品内で説いています。

 

世の中には優秀だけど、人間的部分が成熟していないせいで非難される人が多いと言えます。

それは芸能界を見ていてもなんとなく感じることですし、皆さんの周りにも能力的には優れているし、言っていることも理にかなっているのだけど、どうしても好きになれない人はいるものだと思います。

野村監督が勧めていること。

そういった中で野村監督は感性を磨くことを作品内で奨めています。

鈍感は罪である

 

そして、その感性を磨き上げるのに最も効果的なものは「読書をすることだ。」と。

人間的成長をする上で、読書程効果的な特効薬、常備薬は無いのだと作品内で説いているわけです。

まとめ。

本日のおさらいです。

  1. USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?
  2. チーズはどこへ消えた?
  3. 五体不満足
  4. ライフシフトー100年時代の人生戦略
  5. 嫌われる勇気
  6. 人を動かす
  7. 7つの習慣
  8. 星の王子さま
  9. エッセンシャル思考
  10. 野村ノート

本はすごい人の意見を数千円で学ぶことが出来ます。

意味のない勉強なんてない

全ての勉強には意味があります。

「知らぬが仏」

という言葉もありますが、基本的に人は学ぶから成長します。

そして、

読書を続けていれば、

ある時、人生を変えるような一冊に出会います。

それが今後の人生の進路を大きく変えることになる。

そこに読書の意義があります。

僕自身もそういう本がありました。

 

「工場員時代に読んだUSJ~の本が僕に与えた衝撃は大きかった。」

電子書籍でも、実店舗でも構いません。

最高の一冊に出会うまでひたすら活字を追い続けるのです。

地道に追い続けるわけです。それを続けることが賢くなることだと思います。

 

兎に角、勉強。

勉強&勉強。

 

 

本記事が深淵ともいえる読書の世界にあなたを引っ張る役割を担えればうれしく思います。

人間は考える葦である

パスカル

こちらも合わせて読まれてます。

【電子書籍】メリット&デメリットについて【新時代の勉強法】

【電子書籍】メリット&デメリットについて【新時代の勉強法】

人気記事

1

25歳にしてブログで生計を立てています。 月収は大体150万円。   このページのコンセプトは ブログ完全初心者が月/5万円を稼ぐには? これに対するアンサー記事です。 非常にシンプルですが ...

2

僕は20代ぐらいの時に 「人生が終わったなあ」 と思っていた時期があります。   しかしながらなんとかすることが出来ました。 今回はブログ主のちょっとした話をしていこうと思います。 言ってみ ...

3

ブログで稼ぎたい人に送るページです。 ここでは、初心者から中級者になるためのスキルについて紹介していきます。 目次1 稼ぐ手段について(SEOとか解説しています。)1.1 ブログで稼げない理由は2つあ ...

4

ブログのメリット、どこにあるの? これに関して、アンサー記事を書いていきたいと思います。 目次1 ブログのメリットを一言で表せば、ビジネスの勉強を出来るところにあると思う。1.1 ブログ運営というのは ...

5

アフィリエイトブログ の作り方を解説します。 目次1 アフィリエイトブログって?1.1 どうやって稼ぐの?1.1.1 稼ぐのは、簡単なの?1.1.2 作るのは、簡単なの?2 アフィリエイトで大事になる ...

-生き方

Copyright© LionHeart , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.