生き方

【パワハラ上司】仕返しする手段と打開策。【その後に大事なことも】

パワハラは今後も減る気配が無さそうです。

今なお多くの人間はパワハラ上司の餌食になっているわけであり、行き場のないストレスを背負って今日も会社に向かっています。

また、厄介なことにパワハラ上司は自分用のいじめる社員を育てるのが上手いです。自分のそばに弱い人間を作ることが得意です。

 

滅多にボロが出ません。逃げ道も閉ざされます。

 

はい、今回の記事はここについて掘り下げた記事でして、

こういった問題から抜け出すためにはどうすればいいのか?

という内容です。

 

僕自身もパワハラを日常的に受けてきました。日々油と怒号と、罵声が飛び交う工場の中で作業を繰り返していました

そう言った中で、

「自分にできることは何だろう。」

戦略を立て、そこから立ち上がった思い出があります。

 

今回は、攻略法をいくつか紹介していきたいと思います。

パワハラ上司は悪でしかない

結論を先に出してしまいましょう。パワハラ上司は

悪でしかありません。

会社内での立場を維持するために部下をこき使い、使い潰そうとする。

 

本来、年上の人間とは部下に示しをつけ、その背中で語るべきものです。

しかしながら、口でののしりグループ内で悪口を言って孤立させようとし、追い込もうとしてくる。こういった人間の下に就いていた、性根が腐るのも仕方がないですね。

とはいえ、中々距離を置くことが出来ない。

そう簡単に距離を置くことが出来れば苦労しません。

パワハラ上司の何が問題なのかと言えば、逃げる術がないことが一つ。

同じ仕事場で働いている人間であり、毎日顔を合わせる必要性があります。毎日顔を合わせるということは、毎日何かしらのことを言われるわけです。そして、何かしらのことを言われるということは、ストレスがたまっていくということです。

そうなれば日々のストレスから逃げる手段は見つからないと言えます。

良く出る言葉

そういった上司はどういったことを言ってくるのか?

「俺らも昔は怒られてたんや」

「最近の若いのは」

「怒られるうちが華やと思えよ」

こういったことを言ってきます。

 

これほど、生産性のない言葉もありませんよね。

先に結論を出せば、会社に長居する必要はありません。

上の通りです。

もう、転職を頭に入れて動き出すのが良いと思います。

僕自身、パワハラ上司と距離を置いた結果、というか、

会社を辞めた結果

・月収

18万→150万円

・自由時間

日/2~3h→日/6~8h

・自己研鑽の時間

日/30分→日/2~3h

・労働時間

日/10h→日/5~6h

こんな感じで、人生の風向きが大幅に変わりました。

 

はっきり言って

人間は最終的に独立した方が良い

と思っています。

 

なぜならば、時間という貴重な資源を組織に献上するのは勿体ないからです。

はっきり言って自分時間をうまく活用すればもっと充実した時間を過ごせます。

人生変えたい

人生を変えたい これを口にする機会は、幾度となくあるのではないでしょうか。 人生を変えたいんだったら、とにかく自分のスキルを土台から作り上げることが大事です。 この土台というのは、物事における基本を完 ...

続きを見る

上司にこんなことをされていたらパワハラ。

こんなことをされていたらパワハラです。

  1. 残業を強要してくる
  2. 言い返したら、さらに強い言葉が返ってくる
  3. 「お前のためを思って」とか言ってくる。
  4. 辞めようと思えば「どうせ他の会社でも通用せえへん」

とりわけ厄介なのは

残業を強要してくるタイプ

こういうタイプは

自分自身も残業する。

ということが多いです。

つまり、

自分が残っているんだから、年下のお前は俺よりも残るべきだ

という理論で現場に残らせようとするわけです。

 

仮にこういったタイプのもとで働いているとしたら、

やらなくても良い残業をし、貴重な自分時間を失ってしまっている。

ということになりますね。

こういった上司に言い返すと

「○○さんの仕事を何で僕がやらないといけないんですか?」

と聴いた日には「お前は誰に口をきいとるんや」と言い返されるわけです。

だから2回目は言い返せなくなる寸法ですね。パワハラをする人間というのは、自分がマウントを取れる人間を選べる習性があるのでこう言った言葉選びもちろん計算通りです。

パワハラする人間の特徴。

はい。これは先ほども書いてしまったことなのですが、パワハラをする人間というのは

パワハラ出来る人間を選ぶ

という習性があります。

 

「あいつなら、大丈夫やろうな。」

と高をくくって罵詈雑言を浴びせてくる。弱い人間を見つけるのが上手いのです。

仮に自分が弱い人間認定され、そこで屈してしまえば終わりです。あなたの社会人ライフは充実したものにはならない。これは断定して言えます。

これから3年、5年、10年とその人の下で働き続ける限り不満や口のはけだし口になり、常にマウントを取られる続けることになります。

 

ですから、そうならないように

自分を磨き上げること

これがまず第一ですね。

 

意外と仕事が上達すればそれだけでパワハラがなくなるということも多いみたいです。書く言う僕も仕事がある程度出来るようになってからは怒られる回数が減りました。

社会人の自分磨き

社会人として高い能力を身に着けるためにはどうすればいいのか? それについてのまとめページです。   社会人はいろいろな困難があります。 そう言った中で重宝されるのはやはり あらゆる問題をスマ ...

続きを見る

それでも、どれだけ優れた成果を上げても怒り続けてくる人は怒り続けてきます。

以下は、そういった場合での対処法です。

スマートに仕返しをするにはどうすればいいのか。

具体的に説明するパワハラ上司に仕返しする手段

  • 上司の上司に連絡する
  • 録音を取る
  • 自分なしでは仕事が回らないようにする

これらが有効でした。

年上の人間だけが良い思いをする。

 

そんな世の中あってはなりません。

 

だからこそ。

実践してもらえればと思います。

手段1.上司の上司に連絡する

意外と有効だったのがこれ。

ただ、僕の経験則を話せば、上司の上司に相談したとき

「お前に期待しているから、○○もきつく言うんやぞ」

と、意味不明なことを言ってきました。

 

期待していたら、意味不明な残業をやらせていいのでしょうか。不条理なことでブチ切れて良いのでしょうか。

気に食わないことがあったら怒鳴ってもいいのでしょうか。

まったく納得いきません。

僕は同僚と証言を合わせて再び直談判に行きました。

すると動いてくれました。

世の真理。基本的に人は動きたがらない

「いつでも相談してくれ」

って人は、いざという時

めんどくさがって動いてくれない。

これが社会に出て思ったことです。

体面だけは頼れる人間を装って組織票を得るのですが、いざという時メリットデメリットで動き、自分に対して効果性が低ければ動いてくれません。

これは習性です。人が背負っているカルマです。

もう諦めるしかないでしょう。

 

それでも、事態が窮すれば動いてもらう必要があります。

なぜならば、職場改善をしなければあなたは人生レベルで損をするからです。

実際に上の人間の発言は強い

上司の上司が動いてくれたら、現状が大きく変わります。

僕、上司、上司の上司。

この3人で話し合いの場が出来ました。

 

それまでに話すことを整理していたので、僕は要件を手短に話しました。簡潔に結論を述べると、

今後このようなことがあったら、社長まで届くからな。

ということになりましたね(笑)。

 

その後、上司が言った言葉が僕は忘れられません。

「普段から、お前のためを思って言うてるのに・・・」

原則→人は変わらない

この期に及んで、まだそんなことを言うのかとびっくりしました。

ここで気づいたことは、

「原則として人は変わってくれない。」

ということ。

そして、

「変わるのなら、周りではなく自分が変わるしかない」

ということ。救いの神様はどこにもいません。自分が自分を救うしか道はないのです。

手段2.録音を取る

はい、これすごく有効らしいです。

ただ、僕はやったことがありませんw

それでも記憶を取ることというのは、人の悪事を証明するうえで最も効果的であり正攻法だと言えます。

一昔前、吉本の社長が宮迫に圧をかけるとき

「まさか録音取ってないやろな」

と疑っていたらしいです。

 

仕掛ける側の人間も自分がやっていることに後ろめたさを感じているのだと思います。

パワハラ上司に録音を繰り出した!「効果は抜群だ。」

僕は愚かだったので取っていなかったです。

それでも証拠があるだけでアドバンテージが得られ、立ち回りは非常に有利になります。

実際に裁判を起こせば、罰金だって取ることが出来るわけです。

録音を取るのはタダなので、一度やってみてはいかがでしょうか。

とはいえ僕の予想を話せば。

「録音取ってるんですけど。」

って言ったら、開き直ってくると思います(笑)・

ああいう人たちって、

「自分が正義だ」

って思っています。

だから、どんなに理にかなっていなくてもごり押しでやり過ごそうとするんです。

これも上司の上司に相談すべし

録音を取ったら黙って、上司の上司に相談するのが良いでしょう。

それで取り合ってくれなければ、

「次がありますので」

と言って、

 

労基の存在をほのめかせばいいと思います。

 

いかなる聖人も立場は大事にします。

そういった人たちに労基案件なんてもってのほかです。

すぐに対処してくれると思いますね。

パワハラされる人の素質

ここで一つ注意をしておきます。

パワハラされる人には素質というものがあります。

  • 真面目過ぎる
  • 自分の非を認めすぎる
  • 不器用

人間性が求められる世の中です。それでも、真面目は不真面目にカモにされます。

だからこそ自分の非を認めつつ、相手のおかしいところを受け入れない聡明さ。

清濁併せ呑むこと

これが必要になります。

人間として進歩するために。

より強くなりたいのであれば、本を読むことは一つだと思います。

人に虐げられ続ける理由の一つとしては、人間的な弱さつまるところみじょくさが露呈しているから、という理由もあるのです。

仮に仕事が出来ない、という理由で怒られているのであれば本を読んでみることをお勧めします。才能や技術には限界はありますが

 

考えることに限界はない

のです。

自分磨きの本10冊

本を読む理由はいろいろとあると思います。 それでも一番は 本を読むことでこの広大で複雑に入り組んだ世界における生き方を学ぶことが出来る。 ところにあるのではないかと思います。   酒が飲みた ...

続きを見る

手段3.自分なしでは仕事が回らないようにする

組織における屋台骨となって、自分がいなければ仕事を回らないようにしてしまうのです。

そして、自分が中心となる新しい体制を敷く時を見計らって、退職の旨を伝える。そうすれば自分は傷つかず、尚且つスマートにパワハラ上司にやり返すことが出来ます。

仕事に真面目に取り組むこと。

この手段が個人的には最もスマートなやり方だと思うのですが、こうなるには努力が必要です。

日々の仕事をただ怒られるだけではなく、治すところは治す、人のやり方も見聞きし盗むように努め。新しい手法を使っていたら人がいれば

そのやり方をご教授していただけませんか。

とたずねる。

意外とそういった質問をされると、人は心置きなく教えてくれます。そう言った泥臭い努力の積み重ねで仕事のスキルはだんだんと上達していくと思います。

最後です→自分の人生は自分が決める

僕の場合ですが、5年ほど続けた工場の仕事を苦虫を噛み潰す思いで辞めました。

けど、辞めてよかったと思います。

あのまま続けていても、復讐心を心に抱いたまま生きることになっていたでしょう。憎しみを抱いたまま人間は成長できません。成長するには心にゆとりを抱く必要があるわけですから。

僕は会社を辞めるとき、自分なりの生き方を見つけ出そうと努力しました。具体的に言えば、副業に手を出しました。

もっと具体的に言えばアフィリエイトを始めました。

そこでたくさん勉強をしたのです。

結果、自分の力で活きていく方法を導き出し着実に前進していきました。

副業について言いたいこと

これから副業をしていこう そう思っている人に言っておきたいことをいくつか書いていこうと思います。   僕自身はそれなりに副業をやってきた身です。 工場で働きつつ、一年目に結果を出すことが出来 ...

続きを見る

パワハラ上司に主導権を握らせるな

自分の人生を決めるのは自分です。

中島みゆきさんの宙船という曲で

「お前が消えて喜ぶものにお前のオールを任せるな。」

というものがあります。その通りだと思います。

現代、

 

オールを他人に握らせている人が多過ぎます。

 

それでは、何一つ手に入りません。

自分だけのひとつなぎの秘宝を手に入れるために、生き方を見つめなおしましょう。

多少の勇気がいることです。

それでも

勇気は一瞬、後悔は一生です。

今動かなければ、人生は1ミリたりとも動いてはくれません。

だからこそ勇気が必要なのです。

 

一方、ちょっとでも足を踏み込んでみると

 

世界は思っているよりも簡単に変わったりします。

だからこそ、何かしらの対策を講じて動き出すこと。

これが大事です。

 

人間生きている限り、ゲームオーバーにはなりません。

転職をしても良いわけですから。

逃げた者はもう一度戦える。

デモステネス

人気記事

1

アフィリエイトを始めるには。 アフィリエイトの基礎知識について アフィリエイトという世界は非常に奥が深く、そこにはwebの知識とパソコンの奥にいる人間の心理と、世の中の流れと。いろいろな複雑なものが絡 ...

2

僕は20代ぐらいの時に 「人生が終わったなあ」 と思っていた時期があります。   しかしながらなんとかすることが出来ました。 今回はブログ主のちょっとした話をしていこうと思います。 言ってみ ...

3

ブログで稼ぎたい人に送るページです。 ここでは、初心者から中級者になるためのスキルについて紹介していきます。 目次1 稼ぐ手段について(SEOとか解説しています。)1.1 ブログで稼げない理由は2つあ ...

4

ブログのメリット、どこにあるの? これに関して、アンサー記事を書いていきたいと思います。 目次1 ブログのメリットを一言で表せば、ビジネスの勉強を出来るところにあると思う。1.1 ブログ運営というのは ...

5

アフィリエイトブログ の作り方を解説します。 目次1 アフィリエイトを本格的にするのなら。2 ブログを作る上での4ツール3 本格的なブログを作ってみよう。3.1 ステップ1.ドメインを取る3.1.1 ...

-生き方

Copyright© LionHeart , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.