生き方

【パワハラ上司】仕返しする手段と打開策。1年後の自分を変えるため。

パワハラは今後も減る気配が無さそうです。

今なお多くの人間はパワハラ上司の餌食になっているわけであり、行き場のないストレスを背負って今日も会社に向かっています。

パワハラ上司は自分用のいじめる社員を育てるのが上手いです。

ですから、行き場のない怒りを溜めている人は多いと思います。

 

僕自身もパワハラを日常的に受けてきました。

そう言った中で、

「自分にできることは何だろう。」

といろいろ努力して、少しずつ現状を打破していきました。今を変えるために大事なことは、

少しずつでも現状を変えようとすることです。

 

今回は、攻略法をいくつか紹介していきたいと思います。

パワハラ上司は悪でしかない

パワハラ上司は

悪です。

勿論、上に立つ人間にもいろいろあることだと思います。

しかし、本来、年上の人間とは部下に示しをつけ、しっかりと筋を通すべきです。

しかしながら、現実としては口でののしり悪口を言って孤立させようとし、追い込もうとしてくる。そういった人が多くいます。

特に中小企業にはそういった人が当たり前のように溢れています。

 

そういった中で自分の本領を発揮できずに、燻っている人が多いのも紛れもない事実です。

とはいえ、中々距離を置くことが出来ない。

普通に距離を置ければいいのですが、一社会人として人付き合いがあります。

ですから、そう簡単に離れられないのがつらい所です。

パワハラ上司の何が問題なのかと言えば、逃げる術がないことです。

同じ仕事場で働いている人間であり、毎日顔を合わせる必要性があります。毎日顔を合わせるということは、毎日何かしらを言われるわけです。そして、

精神的に削られていきます。

強い人間ならば、なんとかこらえることが出来ますが、根が真面目過ぎるとすべてを受け流せずに日々が消耗戦になるワケです。

良く出る言葉

そういった上司はどういったことを言ってくるのか?

「俺らも昔は怒られてたんや」

「最近の若いのは」

「怒られるうちが華やと思えよ」

こういったことを言ってきます。

僕は、副業を始めました。

僕自身も工場で使い走りみたいな感じでしたが、そんな中で僕がやったことは自分で生きていく方法を見つけ出すということでした。

その結果として本業を超える収益を得ることが出来て、

会社を辞めた結果

・月収

18万→180万円

・自由時間

日/2~3h→日/6~8h

・自己研鑽の時間

日/30分→日/2~3h

・労働時間

日/10h→日/5~6h

こんな感じで、人生の風向きが大幅に変わりました。

勿論、副業をすることが最良の手段とは言えませんし、副業をするエネルギーもない人もいると思います。

また誰もが頑張りまくった結果、月に100万円を超える高収入を得られるとは限らず、50万円ぐらいで頭打ちになる人もいます。

しかし、少しでも体力があるのであればちょっとだけやってみることも良いと思います。

【完全無料公開】アフィリエイトで月10万円+スキル【学習マップ】

このページではアフィリエイトでお金を稼いでいくことに関して、僕が4年間ほど培っていったノウハウを紹介していくページです。 アフィリエイトの始め方 アフィリエイトの基礎知識 収益の発生のさせ方 これらに ...

続きを見る

上司にこんなことをされていたらパワハラ。

話は戻りまして、

こんなことをされていたらパワハラです。

  1. 残業を強要してくる
  2. 言い返したら、さらに強い言葉が返ってくる
  3. 「お前のためを思って」とか言ってくる。
  4. 辞めようと思えば「どうせ他の会社でも通用せえへん」

上司に言い返すことはハイリスクです。

「○○さんの仕事を何で僕がやらないといけないんですか?」

とか言い返すのは良くないと思います。

「お前は誰に口をきいとるんや」

と言い返されます。

そして、余計に身動きがとりにくくなります。大事なことは、やはり上手くやっていくことです。

なのですが、不器用な人間はそれが難しいから苦労するのです。

不器用な人間は、自分を磨くしかない。

自分を磨き上げること

これがまず第一です。

自分は何も悪くないのですが、社会はやっぱり理不尽で貧乏くじを引かされることも良くあるのです。

 

意外と仕事が上達すればそれだけでパワハラがなくなるということも多いみたいです。

書く言う僕も仕事がある程度出来るようになってからは怒られる回数が減りました。

具体的に説明するパワハラ上司に仕返しする手段

とはいっても、どれだけ優秀になっても一度「怒っても良いキャラ」として定着させると、その後もちょっとしたことで怒られるようになります。

そう言った時は、

  • 上司の上司に連絡する
  • 録音を取る
  • 自分なしでは仕事が回らないようにする

これらが有効です。

 

年上の人間だけが良い思いをする。

 

そんな世の中あってはなりません。

手段1.上司の上司に連絡する

上司の上司に連絡するとは、係長にパワハラをされているのなら課長に連絡するということです。

これは有効なのですが仕事場に左右されると思います、僕は係長にいじめられていたのですが、課長に相談したとき

「お前に期待しているから、○○もきつく言うんやぞ」

と、いうことを言われました。

世の真理。基本的に人は動きたがらない

「いつでも相談してくれ」って人は、いざという時

めんどくさがって動いてくれない。

これが社会の常識だと思いましょう。

 

社会で人の上に立つ人間は結構な割合で、いざという時頼りない人が多いです。

メリットデメリットで動き、自分に対して旨みがなければ動いてくれません。

 

それでも、事態が窮すれば動いてもらう必要があります。

なぜならば、職場改善をしなければ人生レベルで損をするからです。

手段2.録音を取る

はい、これすごく有効らしいです。

記録を取ることというのは、人の悪事を証明するうえで最も効果的であり正攻法だと言えます。

一昔前、吉本の社長が宮迫に圧をかけるとき

「まさか録音取ってないやろな」

と疑っていたらしいです。

パワハラ上司に録音

僕は変なプライドが邪魔をして取っていなかったです。

それでも証拠があるだけでアドバンテージが得られ、立ち回りは非常に有利になります。

実際に裁判を起こせば、罰金だって取ることも可能らしいです。

録音を取るのはタダなので、一度やってみてはいかがでしょうか。

これも上司の上司に相談すべし

録音を取ったら黙って、上司の上司に相談するのが良いでしょう。

それで取り合ってくれなければ、

「次がありますので」

と言って、

 

労基の存在をほのめかせばいいと思います。

 

すぐに対処してくれると思いますね。

手段3.自分なしでは仕事が回らないようにする

組織の必須パーツとなって、自分がいなければ仕事を回らないようにしてしまう。

こうすれば、完璧な仕返しが出来ます。

仕事に真面目に取り組むこと。

こうなるには努力が必要です。

日々の仕事をただ怒られるだけではなく、治すところは治す。人のやり方も見聞きし盗むように努め。自分より格上の人がいれば

そのやり方をご教授していただけませんか。

とたずねる。

意外とそういった質問をされると、人は心置きなく教えてくれます。そう言った泥臭い努力の積み重ねで仕事のスキルはだんだんと上達していくと思います。

組織にとって欠かせない人材になれば、パワハラが減る。

いくら怒られるキャラが定着していても、「いなくちゃ困るレベル」になれば、さすがにぞんざいな扱いはされなくなります。

仕事のスキルを磨き上げることは人間としてもレベルアップすることにつながります。

仕事と人生は直結しているので、怒られつつも日々能力を伸ばすことが今後も強く生きていく上で大事なことです。

最後です→自分の人生は自分が決める

僕の場合ですが、5年ほど続けた工場の仕事を辞めました。

そこから専業アフィリエイターとしてセカンドキャリアを踏み出しました。

けど、辞めてよかったと思います。

 

人間は新しい一歩を踏み出す時に、なぜか

「絶対に今よりも悪い方向に行く」

と勘違いします。

 

しかし、基本的に新しいことを始めれば未来はほぼ確実に良い方向に動き出します。

 

確かに、日々努力するのはしんどいです。

しかし不思議なことに、自分の未来のためにする努力を重ねることは悪い気持ちがしません。

僕はアフィリエイターとして歩き出しまして、アフィリエイトという世界にのめり込んでいきました。

収益が出ない時間はかなり長かったですが、それでも頑張れたのは、日々の勉強や作業が工場でやっている仕事よりも価値を感じられたからです。

 

たぶんあのまま工場員を続けていても、復讐心を心に抱いたまま生きることになっていたでしょう。

憎しみを抱いたまま人間は成長できません。

成長するには心にゆとりを抱く必要があるわけですから。

パワハラ上司に主導権を握らせるな

自分の人生を決めるのは自分です。

 

中島みゆきさんの宙船という曲で

「お前が消えて喜ぶものにお前のオールを任せるな。」

というものがあります。その通りだと思います。

現代、

 

オールを他人に握らせている人が多過ぎます。

 

動くことは、多少の勇気がいることです。

それでも

勇気は一瞬、後悔は一生です。

今動かなければ、人生は1ミリたりとも動いてはくれません。

だからこそ勇気が必要なのです。

 

一方、ちょっとでも足を踏み込んでみると

 

世界は思っているよりも簡単に変わったりします。

だからこそ、何かしらの対策を講じて動き出すこと。

これが大事です。

 

人間生きている限り、ゲームオーバーにはなりません。

逃げた者はもう一度戦える。

デモステネス

参考リンク

社会で強く生きていく方法

そもそも人間は弱いので、強く生きていくことが難しいです。 また強くなろうにも、なかなかうまくいかないのが、現実というものです。   それでも、弱いなりに出来ることはあるのではないかと思ってい ...

続きを見る

社会人として強く生きていくために大事なことは、シンプルで人生に対して本気で向き合うことだと思います。

アフィリエイトと出会ってからいろいろあった。

当ブログLionHeartは今年で4年目に突入します。 僕がアフィリエイトを始めたのは2017年で、そこからの4年は激動の4年間だったと思います。   アフィリエイトに出会う前の2016年、 ...

続きを見る

アフィリエイトと出会ってから、いろいろあったと思います。過去の僕に対して。言えることとか。

人気記事

1

このページではアフィリエイトでお金を稼いでいくことに関して、僕が4年間ほど培っていったノウハウを紹介していくページです。 アフィリエイトの始め方 アフィリエイトの基礎知識 収益の発生のさせ方 これらに ...

2

20代だけど、どう考えても詰んでいるよな。   「どれだけ頑張っても結果が出ない」 「正直、自分が生きている理由が分からない」 「現実がとてつもなくくだらなく感じる。」   理由は ...

3

アフィリエイトでコンテンツを作っていく上で大事なことは順序です。 正しい手順でコンテンツを作っていくことが出来れば、Googleにコンテンツを評価され、次第に収益は上がっていく仕組みです。 &nbsp ...

4

ブログのメリット、どこにあるの? これに関して、アンサー記事を書いていきたいと思います。 目次1 ブログのメリットを一言で表せば、ビジネスの勉強を出来るところにあると思う。1.1 ブログ運営というのは ...

5

「アフィブログをまず作らなきゃ」 「具体的な手順ってどんな感じなの?」 「これからブログを始めて稼いでいきたんだけど。」   この記事ではこれからアフィリエイトを始めていく人のために、稼ぐた ...

-生き方

Copyright© LionHeart , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.