趣味

軟式野球でホームランを打つのに必要な物【揃えれば必ず】

軟式野球でホームランは難しくない。

打てる方法が確立されてきたからです。

今回は話すまでもありません。

ホームランを打つには、何が必要なのか。

それについて書いていきます。

参考にしてもらえればと思いますね。

野球のシステム的に見るホームランを打つメリット

  • ワンプレーで必ず点が入る
  • 防ぎようがない
  • 味方の士気が上がる
  • 相手の士気を下げる
  • 無駄がない

これらがメリットです。貢献度が半端ないですね。

つまるところ、ホームランバッターはチームの宝と言えます。

普段、なんとなくなりたい。と思っていたスラッガーですが。

ちょっと考察を落としてみればこれほどの価値があるわけで、草野球で結果を残したい以上に。勝ちたいという人にも勧められます。

ですから、早速ホームランを打つものに必要な物を紹介します。

ホームランを打つうえで必要な物1.筋肉

昔から言われているように、筋肉が必要です。

どこの筋肉が必要になるのか?

全身の筋肉です。

全身の筋肉をどうやって鍛えていけばいいのでしょうか。

必要なアイテム

  • バーベル→1万円ぐらい
  • マット→1000円ぐらい
  • マスコットバット→5000円ぐらい

これだけで十分です。

自宅でも行える点を考えればハードルは低いと思いますね。

どういったトレーニングをするべきか?

ウエイト枠

ハイクリーン

ショルダープレス

アームカール

スクワット

自重トレ枠

腹筋

体幹

腕立て

素振り

マスコットバット

普通のバット

回数はどれだけこなすべきか?

ウエイト枠

ハイクリーン→6回×2セット

ショルダープレス→10回×2セット

アームカール→10回×2セット

スクワット→8回×2セット

自重トレ枠

腹筋各種→5種類×20回ずつ

体幹→30秒キープ×2セット

腕立て→30回

素振り

マスコットバット→30回

普通のバット→20回

頻度はどれくらいか?

オフ オフ オフ

こんな感じでやってみてはいかがでしょうか。

週4日ぐらいのトレーニングがバランスが良いと思います。

無理をしすぎず、甘やかしすぎず。

食事はどうすべきか?

出来ればトレーニングの30分以内に摂取してください。

ゴールデンタイム

と言われている奴ですね。

傷ついた部分を食べて修復する。

その時、「同じ負荷が来ても耐えられるように」と、筋肉は余分にデカくなります。

つまり、強くなるということです。

食べること=トレーニング

この等式は今後も、覆らないでしょう。

どれだけの月日を要するのか?

体つきは半年で変わります。

でも、それでホームランを打てる体になるわけではありません。

筋肉はあくまでホームランを打つための1要因です。

他にもあります。それを紹介していくので参考にしてください。

ホームランを打つうえで必要な物2.技術

技術は確実にいります。

つまるところ飛ばす技術が必要です。

具体的にどんな技術?

詳しいことは、こちらの記事で紹介しています。

軟式野球の打ち方。万人に使える技能とスキル。

軟式野球の打撃と硬式野球の打撃には違いがある

同じ「野球」ですが、別のスポーツです。

軟式の打ち方はどちらかと言えばテニスみたいな感じです。

一点を捉えるのではなく、全体で捉える。面で捉える。

それによって、ボールを運ぶのです。

高校球児は打撃面において使い物にならない

高校球児は軟式野球で苦戦します。

それはボールをシバく癖があるからです。軟式はその打ち方だとポップフライになります。

とある番組で森友哉が武井壮と軟式で3打席勝負をしていました。

結果は3打席とも打ち取られていました。

天才打者がそれだけ打てないのですから、別ゲーであることが分かると思います。

 

たらればの話。

僕が監督をしていて、高校球児が助っ人に来たらセーフティバントをやらせます。

それで、盗塁&盗塁。

(あくまで論理の上では)

そっちの方が生還率が高いからですね。

とはいえ、草野球の本分は楽しむことなので、この戦法は少しずれていますが。

ホームランを打つうえで必要な物3.バット



なんでもそうですが、アイテムが優れていたら勝ちやすいです。

恋愛はおしゃれだと有利だし。

戦争も良い銃を持っていたら有利です。

野球も同じく、良いバットを使えばそれだけ有利です。

飛距離は金で買う。

偽りのない言葉です。

僕も5万円するバットを購入した結果驚愕しました。

これが科学か。

と。

良いバットを紹介

  • ギガキング02→50000円弱
  • ブラックキャノン→40000円弱
  • バーストインパクト→20000円強
  • ハイパーマッハ→20000円弱

一番飛ぶのはギガキングだと思います。

草野球をソシャゲ感覚で楽しめる人は50000円払う価値がありますね。

ただ、そうでない人は20000円弱で購入できるバーストインパクトがおすすめです。

軟式野球で言う【良いバット】について解説します。【購入法も解説】

ホームランを打つうえで何がポイントになるのか?

ウレタンバットをいかにして扱えるか?

それがポイントです。

 

包丁と一緒で、切れ味鋭い業物を扱えなければ大物を捌けません。

ウレタンの科学力は凄いですが、その科学力を活かしきれなければ大物はさばけないのです。

まさに宝の持ち腐れ。

という言葉がぴったりです。

どうすればいいのかと言えば。

簡単です。

上で紹介した

  • 筋肉
  • 技術

この2つに磨きをかけることが大事になります。

心技体という言葉があります。

打撃においては、筋、技、道この3つを携えること。

これがホームランを打つうえで必要なってくると思います。

ホームランを打つためにどれぐらいの金がかかるの?

バットがすごく高くそこで左右されると思います。

トレーニング器具を考えれば、

4万~8万ぐらいでしょうか。

ここに+αして日ごろのトレーニングや食事が入ってきます。

総合的な価値では100万円を超えるかもしれません。

それでも、打つ価値があると思います

ホームランバッターから言わせてもらうと。

価値はあると思います。

歓声の中、ベースを一周するあの感覚は病みつきです。

それにボールを捉えた時の感触だって素晴らしく。

あれを味わうためなら、何だってできる。

と思えますね。

それで打ち方を崩す人がいるぐらい素晴らしい

ホームランは麻薬です。

依存性が強く、初ホームランが出た後はポップフライを量産するロボットになります。

ただ、裏を返せばそれだけ素晴らしいワンプレーであることが分かります。

それに、ある一定のラインを超えれば、

ここは狙っていい場面だ。

という区別がつくようになります。

そういった意味では「打ち慣れる」ことが真のスラッガーではないでしょうか。

そうなれるために今回は3つの手段を紹介してみました。

  • 筋肉
  • 技術
  • バット

これらを得るために、動き出してみてはいかがでしょうか。

ということで今回は以上となります。

 

人気記事

1

結局のところ、すごい人の良い所をパクって這い上がってきたのが僕という人間です。 そして古今東西のアフィリエイターはそうやってスキルを身に着けていったと言えます。やはり真似こそ最強のトレーニングです。 ...

2

僕は20代ぐらいの時に 「人生が終わったなあ」 と思っていた時期があります。   しかしながらなんとかすることが出来ました。 (こういえば、軽いですが(笑)) 今回は、人生が20代で終わった ...

3

アフィリエイトで収益化するために必要な能力はどこにあるのでしょうか。それ「+」どれぐらいの時間がかかるのか。 僕の経験則を踏まえて、書いていこうと思います。   そもそもアフィリエイトって儲 ...

4

アフィリエイトってオワコンだろ。 1万年と2000年前から交わされてきた議論ですが、現在においてはいかがなるものか。 単刀直入に言えば、 オワコンではないと思っています。 というのも稼げる人間は現在も ...

5

アフィリエイトで稼ぐコツとか、SEOとか、セールスライティングとか言われても分かんねえよ。 実は僕も始めたころはそういったことを思っていました。 ということで、ここは論よりも証拠、百聞は~ということで ...

-趣味

Copyright© LionHeart , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.