自己啓発

社会がうざい。実力を磨き、渡り歩く方法を具体的に解説。

社会がうざい。

そう思っている人は多くいるだろうと思います。

 

そして、結論を早めに出しておくと、

社会というものは、基本的にウザいものです。

何かしらのアクションを起こさないと、結果は出ないし。不幸な目に遭うように作られています。

これについては、僕たちが普段触れているゲームと一緒のように感じます。

とはいえ、ゲームと違って人生はやり直しがききません。

 

そういった中。

はっきり言って

生きていけない

と思っている人も多数いる。

それが、現代社会であると思っています。

 

では、こういった世の中をうまく生きていくためには、どうすればいいのか。

今回の記事は、そこにフォーカスしていきます。

社会はうざかったし、生きにくかった

僕はと言えば、高卒社会人でした。

学歴なし、職歴なし。

人生ハードモードです。

 

そして、現場で働くわけですがとにかく要領が悪かったです。

他の人が1で出来ることを、僕は3とか4かかりました。

そのせいで、直属の上司の足を引っ張り、連日連夜馬事雑言を浴びせられました。

今回の題のように。僕にとって社会は

とにかく生きづらい環境であり、ウザくて仕方がなかった。

です。

 

とはいえ、幸いなことに僕は以下の2点に恵まれていました。

  1. 読書が好き
  2. 負けず嫌い

今思えば、この2点が僕を窮地から救ってくれたなあ。

と思います。

会社をとにかく辞める方針が固まった

連日連夜の叱責や失敗によって、僕は会社を辞める方針を固めました。

どれだけやってもうまくいかないし、どれだけやっても褒められない。

人間、「向き不向き」があることをここで学びました。

 

ここで一つ、答えが出ているのですが。

社会を生きにくいと思っている人は、

自分がやっていることが、向いているのかどうか。

ここに真剣に目を向けるということは、すごく大事だと思います。

 

向き不向きを言い訳だ。

ととらえる人は多いですが、関係はあると思いますね。

僕が始めたのは、ブログだった

先ほど書きました。

僕は

  1. 本が好き
  2. 負けず嫌い

でした。

この特性がうまく活かされたのがブログでしたね。

厳密に言えば、ブログを活用したアフィリエイトです。

 

アフィリエイトとは簡潔に言えば、文章を使った営業です。

自分のブログで商品を紹介することで、販売促進をして儲けを得る。

 

この分野に足を踏み入れてから。色々世界が変わりました。

 

当然、挫折の数も増えましたが、乗り越えるたびに手ごたえを感じましたね。

会社とは違い、得られる給料も天井知らずで、にわかに興奮を覚えた物です。

 

そして、ブログ開設、半年後に初めて月当たりの収益が生まれました。

105円。

雀の涙と言えるでしょう。とはいえ、

0→1になることが大事であり。

そこから見える景色がいろいろ変わったなあ。と思います。

人の成長の仕方

こういった図を書いてみます。

これは、僕が実際に体験した成長曲線です。

正し、どんな人でも当てはまる図でもあるらしいです。

基本的に何かをはじめた時。

どれだけやっても結果が出ません。かなり長い間、0、0、0・・・を繰り返していく日々です。

多くの人はそこで挫折をし撤退していきます。

 

ところが、中には根気強い人がいます。

0行進を続けても、ひたすらに作業を続けられる人です。

そういった中続けていくことで、突如1が生まれます。

0、0、0・・・1!みたいな。

 

これが、

0→1になる。ということですね。

そこで若干のコツをつかみ初め、コツをつかみ始めると。

要領というものを得られます。そこからが飛躍の時になるわけですね。

僕の場合で言えば、月ごとの収益が1万、3万、5万、17万、30万。

と増えてきました。

まさにこの図と同じです。

うまくいかない期間を何とかして、乗り越え。

コツを掴んで0が1になる。そして要領を理解すれば。

ドンッ!と伸びあがるタイミングが来るわけですね。

 

これを経験して思ったことは、

とにかく行動して、自分がすべき努力が出来ればいずれ結果は出る。

ということであり、ここまでが、僕がうざいと思う社会に対して出せるアンサーです。

 

以降は僕が思う、社会を生きていく手段で効果的な物を書いていく試みです。

社会を生きていく上で大事なこと1.読書をすること。

とにもかくにも結果を出すことが出来たのは。

これのおかげが大きいかと思います。

 

本を読むことで、人には知識が蓄積されます。蓄積された知識は点と点でしかありません。

しかしながら、行動に移していくことで

「この本に書いてあることは、こういうことだったのか」

ということを理解できるタイミングが来るわけですね。

 

これがつまるところ、

点と点がつながり線になる。

ということです。そしてさらに続けていくと

線と線がつながるときが来ます。

有用な複数の知識が合わさり、前線で戦ううえで有用な武器になる。

それがつまるところ

スキルを習得する

ということですね。

 

結論を言いますと、

スキルを習得する

社会で生きていきたい人は、ここに力を注いでいくべきかと思います。

知識があるだけでは、宝の持ち腐れです。そこをいかにして使えるモノにしていくのか。

ここに物事の成否が関わってくるかと。

スキルがあれば

スキルがあれば、お金を稼ぐことが出来ます。

そして未来を切り開くことが出来ます。

正し、

スキル。

と大層なことを言いますが、結局のところ

人よりも得意か否か。

ここに集約されますね。

人よりも大きな特技を持って行くためにどういった努力が出来るか。

ここを問われるのが社会というものだと思います。

全ての原点である、知識収集に力を注ぐこと

とまあ、最終的にはスキルを得ることが大事である。

と思うのですが、結局のところスキルは知識という土台ありきで身に付くものです。

だからこそ、最初に戻ります。

本を読む習慣を身に着けていくことが大事です。

 

成長する方法は、基本的にめちゃくちゃ簡単で。

インプット&アウトプットしていく。

これだけです。

しかしながらこれが出来ないのは、

多くの人がインプットを怠っていて、アウトプットが出来ない。

これが原因ではないかと思います。

社会人にオススメ出来ること→スキマ時間の活用

結局のところ、ここだと思います。

スキマ時間の活用ですね。

昼休み、外食事の待ち時間、通勤電車の中。

こういった時間でいかにして自分に投資できるか。

ここが、知識を集積していく上で重要な点であると思います。

 

そこで使うことをお勧めするのが、電子書籍です。

その有用性の高さから、現代は様々な企業が参入しているもので、

LINE、Yahoo!、Amazon、DMM。

などは有名ですよね。

 

とはいっても、僕としては、ソニーが運営している、

リーダーズストア↓。

【Reader Store】

これをお勧めします。自己啓発書を多数扱っており。

尚且つ、漫画も読めます。幅広い知識を集める上で、効果的なところは有能だと感じます。

ちなみに後述しますが、僕は

漫画を読む頻度を上げること。

これも割と有効だと思っています。

 

そういった意味を含めて、使ってみるといいと思います。

勿論他の電子書籍サイトも有用ですが、現在はこれ一つで事足りるって感じですかね。

絶対に役立つ書籍の紹介

出来れば、今すぐ読んでもらいたい書籍の一覧です。

別に読まなくても問題ありませんが、多分明日になったら忘れているかと。

そういった意味も込めて、電子書籍を紹介したわけです。


USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?


ゼロ 堀江貴文(著) / ダイヤモンド社


俺か、俺以外か。 ローランドという生き方【電子特典付】


五体不満足 完全版

それぞれ、とてつもない逆境を乗り越えた人たちの考え方が綴られています。

一冊でも手に取ってもらえれば、何か変わるはずですね。

社会を生きていく上で大事なこと2.方向性を意識すること

僕は要領が悪かった分、良く失敗していたものですが。

原因を深く考えると、

方向性。

ここに目を向けられていなかったんだなあ。

と思います。

 

大阪に行きたいのに東京行きの新幹線に乗っていては、意味がありません。

それと同じで、目指している目標と全く別の方向に気づかず進み続けた結果。

一行の成果が出ない。ということは多くあります。

超雑な図を書けばこんな感じです。

自分が続けてきたことを辞めることには勇気が必要

自分がやってきたことは、正しい。

そう思いたいところから、中々意識を変えることは難しいのですが。

明らかに、結果が出ない場合は

思い切った方向転換。

これもすごく大事なのかな。と感じます。

僕も3か月続けた、ブログを切り捨てて別のブログを立ち上げた経験があります。

結果としては、正解であり。

わざわざ沈むような船に乗り続ける意味はないのかな。と思います。

若干寂し考え方ですが、社会とは何度も言う様にうっとおしいものなのです。

そこに適応していくのが、「出来る人」なのでしょう。

 

とはいえ、方向性を間違えないようにすることが出来れば。

そもそもシンドイ思いをしなくて済みそうですよね。

一体どうすれば良いのでしょうか。

方向性を間違えないようにするには

時々立ち止まってみる。

ということが、すごく大事なことではないかと思います。

人は、一つのことに没頭している時どうしても視野が狭まってしまいます。

それは、50M走とマラソンで例えれば分かりやすいかもしれません。

 

短距離を走っている時、周りの景色を確認する暇があるかと言われればNOですよね。

ただゴールに向かい一目散に向かっていきます。

その一方で、長距離を走っているときならば、多少視野が広がり。

横にいるランナーや応援してくれている人が目につくと思います。

 

短距離走や長距離はゴールがあるので、まだ良いのですが。

人生や目標達成には明確なゴールが存在しません。だからこそ道に迷うことが往々にして起こります。

シャカリキに頑張ることは大事です

確かに。

勢いよく突っ走ることも大事であり。むしろそれがないと結果なんて出ません。

とはいえそれだけではいけないわけで。

 

たまに、ちょっとサボってみて、自分が堀進めている穴は正しいのか。

着実に油田との距離は縮まっているのか。確認することも大事なのかなと思っています。

こういった時に役立つのは娯楽

さきほど漫画を読むことは、大事だ。

と言いましたが、がむしゃらに頑張っている時に漫画やアニメを見ると。

価値観にちょっとした変化が生まれ、

それが今自分がいる場所を俯瞰するうえで少なくない力を発揮すると思います。

 

そもそも漫画とは、一流の人間の考え方が詰まっている物です。

それが役に立たないものかと言えば、確実に役立つはずだと思います。

ということで、例の如くオススメの漫画を紹介します。

オススメの漫画

同様にリーダーズストアから紹介します。

別にイーブックJapanから紹介しても、LINE漫画、DMM電子書籍から紹介しても良いのですが。

さきほどの件もあり、別々の電子書籍を使うのもめんどくさいと思う人もいるかと思います。

統一のために、これで紹介します。

MAJOR

宇宙兄弟

 

のだめカンタービレ

キングダム

趣味で紹介する部分が多いですが。個人的には勇気をもらえた作品たちです。

手に取ってもらえれば。

と思います。

社会を生きていく上で大事なこと3.自分で考えること。

最も重要なことがこれだと思います。

僕たちは、自分の頭で考えているようで意外とそうではなく。

常識という物差しで物事を見ています。

 

とはいえ、時代が移り行く現代社会。常識を持っている者がむしろ損をする場合が多かったりします。

となると、頭のどこかで固定概念を捨てて、自分なりに結論に導く力を身に着けること。

これがすごく大事なのかなと思いますね。

時代に目を光らせる能力

どれだけ、素晴らしい力を身に着けていても。

恐竜が滅んだように、武田の騎馬隊が鉄砲でやられたように。ケータイがスマホにシェアを奪われたように。

それに変わるものは生まれてくるわけで、僕たちはそういった強いものをいち早く察知する必要があると思います。

トレンドと言えばいいのでしょうか。要はそれに気づき、力を注いでいくこと。

それが、つまるところ適応力と言われるものなのだと思います。

 

チャールズダーウィンは

最も強いものや賢いものが生き残るのではなく、

適応できるものが生き残り繁栄していくのだ

ということを述べている通り、人間の将来も適応すること。

ここに未来があるのだと思います。

自分で考える力を磨くには?

やっぱり

いろんなことに触れること。

これが大事だと思います。

赤ちゃんが積み木に触れて感受性を磨くように。

大人もいろいろなものに触れていき、社会的な感受性を磨いていくものではないでしょうか。

 

知ると、触れる。

これは大きな違いがありますね。

ホームランを打てるのと、ホームランの打ち方を知っている。

これぐらいの違いがあります。

評論家になることにそれほど意味はなく、大事なことは実力者になること。

これが大事です。実力者とは、

その場の空気を読み取って結果を残すことが出来る猛者のことを言います。

 

こういった人は、自分で考える力があり結論に導く力があります。

従ってあらゆる場面に適応する力があり、社会で良い思いを出来る部類に入る人間ではないでしょうか。

最後にどうあがいても、社会はうざいし、生きずらいです。

色々処方箋を書きました。

とはいえ、どれだけ強くなっても社会はうざいものです。

ですが、

ストレスがあるからこそ。

人もとい、生物は強くなれるのだと思います。

サイの角があれだけ大きいのは、食べられる。というストレスがあったからです。

キリンの首があれだけ長いのは、食べたいというストレスがあったからです。

イチローがあれだけ、ヒットを打てるのは打ちたいというストレスがあったからです。

結局のところ、みんな戦っているのだと思います。

その中で、自分なりに戦い方を学んで武器を手に入れていき。

地位を手に入れたというわけですね。

ならば、僕たちにできることは、一つしかなくて戦うしかないわけです。

それを踏まえたうえで、今回の記事のおさらいです。

おさらい

  • 本を読む
  • 方向性を間違えないようにする
  • 自分で考える

これらが、社会で生きていく上ですごく大事である。僕はそう思いました。

荒波がくると分かっていれば、対策はいろいろあります。

山に引っ越せばいいし、並みに乗る手段を考えても良い。

また、シェルターを作っても良いかと思います。

 

一番ダメなことは、

誰かが助けてくれることを待っている。

これではないかと思います。

 

当たり前のことですが、人は行動が出来ないものです。

しかし、現代社会は戦場と同じで立ち止まっていることが最も危険なのです。

 

だからこそ、何かアクションを起こしてみる。

これが大事であるとし、今回の記事をたたんでいこうと思います。

ご清聴ありがとうございました。

-自己啓発

Copyright© LionHeart , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.