筋トレ 野球

自宅で完結する野球の野手、打者向け筋トレ。着実に大打者になろう。

このブログでは野球に関する記事をそれなりに書いているわけですが、その中でも筋トレに関して言及することが多かったです。

軟式野球の打ち方。万人に使える技能とスキル。

軟式野球の打ち方。万人に使える技能とスキル。

そういったことを踏まえたうえで今回は野球の筋トレについて掘り下げて書いていこうと思います。

軟式野球だろうが硬式だろうがフィジカルは正義ですので、自宅で出来る筋トレはマジで最強です。

立ち話をしても、時間の無駄なので早速紹介していきます。

野球と自重トレ

野球選手は体のバランスがすごく大事で上半身、腰、下半身の筋肉をまんべんなくつける必要があります。

そういった中で、自重トレーニングは欠かせないものであり、「自分の体重を自在に動かせる能力」はパフォーマンスを上げるうえで必要不可欠です。

野球選手に必要な自重トレはバリエーション

野球は様々な筋肉を使うスポーツであり、そうなればトレーニングに求められるのはバリエーションです。

下半身、上半身、腰といったざっくりとした株わけではなく、ハムスト、ふくらはぎ、上腕二頭筋、胸筋、腹斜筋、腹直筋といった細かい株分けになるのだと思います。

それらの筋肉はある一定のトレーニングをやっただけでは理想的な付き方をしないわけです。

アプリを使えばいいと思う

最強の有能アプリがありますが、これはオススメです。

デイリーワークアウト

これの全身運動を毎日10分こなすだけでも、野球に必要な筋肉は満遍なくつけることが出来ます。

勿論無料です。

つけることが出来る筋肉

ホームランバッターの筋肉に必要な物を踏まえると、下半身全般、上半身全般、腰全般。

それに加えて体幹メニューもあるわけで不足なしという感じですね。

本来ならこういう記事は長々と紹介するのだが

ハムストリングを鍛えるには、○○~、上腕二頭筋を鍛えるには××~みたいな感じで紹介するのですが、デイリーワークアウトが有能過ぎで説明がいりませんね。

野球人の自重トレは上記アプリで完結するといっても良いほど有能です。

野球人のアウターの鍛え方。

さきほど自重トレーニングについて語りましたが、やはり打球を飛ばすのであればアウターも必要になると思います。

デカい筋肉をつけることは車で言えばデカいエンジンをつけるようなもの、馬力を上げることが出来れば全てのプレーのレベルは底上げされます。

自宅のアウターはバーベル一つで完結すると思う

バーベル一つあれば、野手に必要な筋肉はつけることが出来ると思います。

ちなみにバーベルの重さは大体10キロ~50キロの調整できるものでOKですね。

あまりに重すぎるものは補助が必要になりますし、これぐらいの重さでも回数を上げることで負荷は調整できます。

野球人のアウタートレーニングはとにかくハイクリーン一択。

参考までに。そっくりそのまま真似てOKです。

youtubeチャンネル→ 銀ちゃん Gin Fujiwara

野球に必要な筋肉は打球を遠くに飛ばしたり、強い送球を投げたりする筋肉。

それの大元の正体は瞬発力と背筋力ですね。

 

そこを鍛える上で効果的なのは、ハイクリーン一択だと思います。大谷翔平選手が精力的に取り組んでいるほかゴルファーやテニスプレイヤーも取り組む種目。

続けることが出来れば、爆発的な力を発揮する瞬発力と全プレーの質に関わる背筋力を両方鍛えることが出来。尚且つ肩、ハムストリングを中心とした全身を鍛えることが出来ます。

はっきり言ってこれをするだけでも、打球の質と送球の質はまったく変わってきます。

それと、僧帽筋と肩幅がいかつくなるので小顔効果もある。というおまけつきですがこれは野球には関係ありませんね。

30~50の重量でもスクワットは良い負荷になる

バーベルがあれば自宅スクワットも出来ます。

30キロの重量で行うスクワットはガチ勢から言えばウォーミングアップですが、それでも回数を増やしきちっとしたフォームで行えば強靭な下半身を作り出すうえで高い効果性を発揮します。

補助なしで出来るのもあり難いことです。

20キロで行うショルダープレス、アームカールも体を鍛えるうえでうってつけ

上の通りです。上腕二頭筋に効くアームカールですがリストを鍛えるうえで効果的ですし、ショルダープレスは肩をデカくするうえでうってつけです。

10~50くらいのバーベルがあれば、それも行えます。

50キロぐらいまで重りを変えられるバーベルがあれば万事解決

ジムに行きたいな。と思う人もやっていく内にしんどくなってきます。

しかしながら部屋にバーベルが転がっていれば暇な時にトレーニングできるので筋トレに着手しやすい。

そういった意味では、それなりの重量を持つバーベルを一つ部屋に転がしておくのもオススメです。

バーベルはどうしてもお金がかかりますが、そこは財布と要相談だと思っています。

安いところで言えばゴールドジムで購入すれば、バーベル&バーで3万円以内には抑えられると思います。

チューブを買う選択肢

野球人ならば誰もが目にしたことのあるチューブですが、これも欲しいですね。

正し野手には、無用の長物感がある

正直な話。野手は投げる機会が投手の10分の1もなく肩のインナーを鍛えるという必要性はそんなに感じていません。

勿論鍛えておいて損はないのですが、僕からしてみたら野手は肩のインナーを鍛えるよりも全身の筋肉を強くしなやかにして色んな方向に動くものにする、という方がケガを防止できそうかな。と思っています。

野手というのは腰とか、下半身をケガしやすく、とするなら身体操作力を上げるのに効果的な自重をとにかく取り組むべきかな。と。

オススメの自重はバーピー腕立てジャンプだ。

参考までに。そのまま真似ちゃってOKです。

youtubeチャンネル→ほのぼのかいちゃんねる 

バーピージャンプに腕立て伏せを付け加えた物。

これは非常に効果的で、野球に使う筋肉も全体的に鍛えることが出来る感じです。

毎日10回×3セットやるだけでも体つきはだいぶ変わってくると思いますね。

自宅でトレーニングするとき地味に必須なアイテム→マット

マットは地味に使いますね。堅い地面に対して背中合わせにしていると腰が痛くなりますし、それが積み重なれば故障にだってなります。

そういった意味では、マットも持っておいて損はないと思います。

値段は1000円から

社会人にとってはそこまで高くないと思います。1000円ちょっとからで帰るのでバーベルなんかの大物を購入するときのついでに購入するのが良いでしょう。

素振りという名の筋トレ

最後に紹介したい筋トレは素振りですね。

素振りは型を身に着けるという意味では技術的なトレーニングの一面を持っていますが、実際はバット(トレーニングバット含めて)という700g~1200gの重りを振る筋トレなのです。

この重りを自在に使えるバッターがつまるところは良いバッターです。

マスコットバットはなんだかんだ有能だ

なんだかんだ、重いもの扱うトレーニングはシンプルに有効です。

それもあってマスコットバットを懸命に振るトレーニングも僕はやっていくべきだと思います。

軟式野球をやっている方ならば実打撃可能なマスコットバットでバッセン通いする。そして、ボールに対するコンタクト力を上げる練習もアリかと思います。

周りからはガチ勢だと思われて恥ずかしいかもしれませんが、そこは慣れだと思います。一人カラオケ、一人焼肉同様。結局は慣れでどうにかなります。

とはいえ、単純に振るだけでもパワーとバットを扱う技術は磨かれるので持っていて損はないかと。

素振りは最も基本なトレーニングであり、だからこそやる

基本がしっかりしていれば打撃フォームが安定します。打撃フォームが安定すれば結果が安定します。

全ての安定の源である素振りは野球人にとっては今後もお世話になり続ける「良い練習」となるかと。

最後に。自宅でも良いバッターになれるよ

ジムとかグラウンドとか、環境というものは求めれば求めるほど良いモノを欲しがってしまうものです。

しかしながら、そういった環境に恵まれない人もいるわけでそういった人たちは自宅がトレーニングの手段になるワケです。

そんな中で、どういったトレーニングに勤しめばいいのかを今回紹介してみました。

半年間続けてみる

半年で人は変わります。

  1. 自重
  2. ウエイト
  3. 素振り

各自、適当に。されど真面目に取り組み続けてください

大人は考えて練習をしろというけれど、時には思考停止でやるのもアリ

野球は頭のスポーツです。そういったこともあり、考えながら練習をすることも大事です。

しかしながら、どうしても答えの出ない迷いの生じる練習があると思います。

例えば素振りをしているときに、体が開いていないかとか足の上げ方がどうかとか、よくわからなくなってバットが振れなくなる。

そういった時はもう考えなくともいいのだと思いますね。どこ吹く風で自分の身に任せて、適当にやることも大事だと思います。

最後に筋肉は技術よりも成長が速いので。

技術を身に着けるには年単位の時間がかかりますが、筋肉はその気になれば数か月で手に入ります。

そういった意味では体を鍛えることに走ることは野球人にとっては利口な判断であると思います。それに筋肉がないと体現できないスキルだってあります。

逆方向への強い打球や、粘り腰で変化球をヒットゾーンにもっていく技術などですね。

そういった意味でもワンプレーの実現力磨き上げるために体を鍛えることは大事です。

 

ということで、体を鍛える手段をいくつか書いていきました。良ければ参考にして今後の活動に役立ててもらえれば幸いです。

ちなみに筋トレグッズ(マットとか)→GOLD'S GYM公式通販
一番安いと思う。バーベル&バーのページリンク↓

IVANKO(イヴァンコ) IB-18 バーベルバー 1860mm

ALEX BPR ラバープレート[穴径28mm]

 

野球道具買うなら(マスコットバットとか)→スポーツ用品ならスーパースポーツゼビオ

人気記事

1

25歳にしてブログで生計を立てています。 月収は大体150万円。   このページのコンセプトは ブログ完全初心者が月/5万円を稼ぐには? これに対するアンサー記事です。 非常にシンプルですが ...

2

僕は20代ぐらいの時に 「人生が終わったなあ」 と思っていた時期があります。   しかしながらなんとかすることが出来ました。 今回はブログ主のちょっとした話をしていこうと思います。 言ってみ ...

3

ブログで稼ぎたい人に送るページです。 ここでは、初心者から中級者になるためのスキルについて紹介していきます。 目次1 稼ぐ手段について(SEOとか解説しています。)1.1 ブログで稼げない理由は2つあ ...

4

ブログのメリット、どこにあるの? これに関して、アンサー記事を書いていきたいと思います。 目次1 ブログのメリットを一言で表せば、ビジネスの勉強を出来るところにあると思う。1.1 ブログ運営というのは ...

5

アフィリエイトブログ の作り方を解説します。 目次1 アフィリエイトブログって?1.1 どうやって稼ぐの?1.1.1 稼ぐのは、簡単なの?1.1.2 作るのは、簡単なの?2 アフィリエイトで大事になる ...

-筋トレ, 野球

Copyright© LionHeart , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.