生き方

取り柄がない人間が長所を身に着けるにはどうすればいいのか?

何一つ武器を持たずにここまで来てしまった

そう言った悩みを持っている人は、いるのではないでしょうか。

 

仕事にしても、私生活にしても。

これといったものがなくて、人生がいまいち楽しく感じない。

そして、未来を切り開く力がないと感じる。

 

筆者もそう言った人間でして。

学生時代から20歳になるまで、本気で武器を身に着けようと思ったことがありませんでした。

9年間やっていた野球も良くてベンチ入り止まり、毎日続けていた読書もこれといって人生に大きな影響を与えなかった。

勉強もあまり真面目に取り組まず、大学にも行けずじまい。

人生において、最も大事な学生時代、10代後半を適当に過ごしてきたのが僕という人間です。

 

とはいえ、22の時に急ピッチで武器を作り上げることにしまして。

その1年後に月収30万円を稼ぐことに成功しました。現在は月収150万円ぐらいでして。

まあ、個人事業主というやつをやっています。

 

ここまで来る際、僕はいろいろな遠回りをしてきた実感あります。

しかし、だからこそ。

自分の中に武器を作り、それでやりくりしていく手段を学べたと思います。

今回は、

取り柄の身に着け方

これを、人生経験を振り返って解説していきたいと思います。

取り柄を身に着ける方法は一点特化で頑張ること

僕が大事だと思っていることは、

いろいろなことをやらずに一つのことに取り組むこと。

これだと思っています。

目に見えないベクトルを多くの人は持っています。

そのベクトルを僕たちはいろいろなところに向けて、分散して使っているのです。

1000ポイントあれば、読書に200、筋トレに200、飲み会に400、ゲームに200。

といった具合でしょうか。

こういった感じでいろいろなことをすることも大事です。

そうすることによって経験値が増えるからです。

しかしながら、こういったやり方はある意味では普通のやり方であり結果が出ないやり方でもある。

と僕は思いました。

マーケティング目線で言えば、大事なことは戦力を集中させる

書く言う僕は、どこに力を注いで来たのか?

といえば、ブログです。

工場で働いている時、ブログに1000あるうちの500~800ぐらいの力を注ぎ。

残りの500~200で私生活をやりくりしていました。

今になって思えば、不器用な僕にとってこのやり方はベストだったと思いますし。

いろいろな本を読む機会がありますが、このやり方は結構理にかなっているみたいです。

ちょっと面白い話があるので紹介します。

これはとあるマーケティング本を参考にした、お話。

相手の戦力が2000。

こちらの戦力は1500。

お互いに戦うシーンが5回あったとします。

例えば相手は400、400、400、400、400。

これで来たとします。

自分の戦力は相手に劣っています。ですから、負ける確率が高いのですが。

ちょっと工夫をすれば戦局は大きく変わりますね。

こちらは1500の戦力を、

500、500、500、0、0

こうすれば、3勝2敗で大局的に見れば勝ちになります。

最初の3戦に大きく力を割り振り、後の2戦はもはや戦いすらしない。

一見すると極端な采配ですが、力のない人間や組織が勝つうえでは鉄則ともいえる力の分配法です。

これを一個人でもやるわけで。

この戦力の分配を一個人でもやってみる。

というのが、僕がまず大事だと思っていることですかね。

自分が持っている労力や資金をどこに回すのか考えれば、割と世界は開けてくるはずです。

勿論、人間は弱いです。

だからこそ、自制をする必要があるわけですがそこを乗り越えることが出来れば、後は作業ゲーになり。

ただプログラムされた日常の中で、武器を磨き続けるだけになります。

今後の時代はどういった取り柄を身に着ける必要があるのか?

僕が思っているのは

web系

これに関して、知識を身に着けることが大事だと思っています。

理由は簡単で、これからはweb事業が確実にやって来るからです。

 

web系の知識を身に着けることはそれなりに時間がかかりますが、仕事の要領や数学の方程式を覚えるように、webに関してもある程度、型や方程式が出来上がっているので、努力すれば身に付くと思います。

web系人間に進化するために大事なこと。

まず僕がやったことを書きますと、

いろいろな人からパクった

これでしょうか。

 

僕はいろいろな副業をしてブログが一番しっくり来たわけです。

そして幸いにもブログにはお手本になる先人がたくさんいまして、そう言った人からスキルをパクれる機会は存分にありました。

これは仕事、勉強、スポ―ツあらゆることに言えることなのですが。

真似こそが最強のトレーニングだと思います。

じゃあ、ブログとかじゃない人は?

副業と一口に言っても、株とかFXとかいろいろありますよね。

こういった分野はお手本になる人があんまりいませんね。

しかし、僕が思うことは本とか、動画サイトを参考にすることだと思います。

また、Googleで調べることも効果的ではないかと思います。

とにかくは土台作りが大事であり、「自分のロールモデル」になる人間を何人か見つけることが大事だと思います。

僕の場合は、ブログならばいろいろな先輩を盗むプラス。別の業界のすごい人を参考にしました。

林修さん

野村克也監督

ホリエモン、

森岡毅氏。

等々。別の業界にいてもすごい人は凄いのです。

そして、すごい人の考えは多少の相違はあれどどういった業界でも活かすことが出来る。

ですから、そう言った人の考えを自分の中で噛み砕き、消化→吸収を繰り返していくことが大事かなと思ったりします。

世の中を見ても学べることは沢山あります

大工にはあらゆるものがトンカチに見える。

といいますが、これはブロガーになっても思うことですね。

マーケティングをある程度するようになれば、日常的に流れるCMやYouTube広告。

街頭の宣伝など。

そういったモノがなぜ行われているのか、どういった目的で施行されているのか?

制作者の考えが透けて見えてきたりします。そして、なんとなく意味をくみ取り、自分の中に留めておけば。

それが引き出しとなって、自分のビジネスに活かしてみようと思ったりできる。

これがweb系人間の良い所であり、恩恵ではないかと思ったりします。

思い切って副業をやってみる

僕が思うことは、

手に職をつける。

という意味で副業をやってみるということです。

 

別にお金を稼ぐとか、脱サラしたいとか。

そう言った深い意味ではなく。

自分の中に新しい武器を作り、サブウェポン、あるいはメインウェポンを身に着けるために何かしらの副業をしてみる。

という考えはすごく有効ではないか。

と思ったりしています。

努力は期待通り報われることはほぼないが、ある程度は報われる

僕は上のことを思っています。

努力は期待通り報われることはほぼない。

でも、ある程度ならば報われる

と。

つまるところ、歩けばそれなりの場所にはいけるよ。

ということです。

副業に必要な労力は甚大。

本業を10だとすれば、副業には8~5くらいの力を注がないと結果が出ません。

しかしながら、つらいことをするからこそ人は前に進めるのだと思います。

人生は筋トレであり、限界に迫る荷重に耐えるからこそ腕力が身に付く。

仕事でも、スキルでもそれは一緒です。

僕がやった副業期間は1年間でした

僕はもう会社を辞めたかったので、

副業>本業

これを目指していました。

フルスロットルで頑張った結果として1年後に大きな結果が出たのですが、

振り返ってみると、副業というのは短期間で結果が出る修行的な意味合いがあるのだと思います。

普通の仕事は上司から新しい仕事をもらえるまでに、3年~10年ぐらいの年月が必要です。

しかしながら、副業は自分のペースに合わせてどんどんレベルの高い仕事が出来ます。

これが、しんどさ相応のスキルを自らに与えてくれるわけで。

今回の話で言うところの、取り柄を自らに与えてくれる感じですかね。

まとめ。取り柄なんてやる気次第で身に付く

今の時代、文明の利器を使えば取り柄なんて身に付きます。

となると大事になることは、

動き出し

自然とこれになります。

しかし、これが難しかったりします。

僕もどちらかと言えば、草食系の小鹿ちゃんだったのでその気持ちは分かります。

副業の扉を叩く時、その足は震えていました。

 

とはいえ、エサの取り方を覚えれば、大きくなるタイミングは来ると思います。

僕の場合はそれは副業を初めて半年後でした。

半年頑張った結果。

月に2万PV集めるそれなりのブログ

に成長させることが出来まして、そこから一気にガッと伸びた感じです。

とはいえ、人には人のタイミングがあります

タイミングは人それぞれ。

速いことに越したことはないですが、自分のタイミングがあってから始めるとしましょう。

僕も最初の一歩は戸惑いに戸惑った感じです。

それは先ほど書いた通りです。

じゃあそれまでに何をすればいいの?

といえば、アニメでも見て気分転換をすれば良いんじゃないでしょうか。

意外と、深い内容のアニメも沢山あるので社会人になり考えが凝り固まっている人にはオススメです。

最後に、努力は一点集中

再び繰り返します。

何か一つ頑張ろうと思える機会があるのならば、努力を一点に集中すること。

ここにフォーカスして見て下さい。

虫眼鏡で火をつけようと思えば、光を一点に集める必要がある様に。

人間の頑張りも、同じように一点特化が好ましいのです。

 

ということで、僕が書きたいことは以上。

取り柄がない人の長所の身に着け方

でした。

 

戦術とは、一点に全ての力をふるうことである。

- ナポレオン・ボナパルト -

人気記事

1

25歳にしてブログで生計を立てています。 月収は大体150万円。   このページのコンセプトは ブログ完全初心者が月/5万円を稼ぐには? これに対するアンサー記事です。 非常にシンプルですが ...

2

僕は20代ぐらいの時に 「人生が終わったなあ」 と思っていた時期があります。   しかしながらなんとかすることが出来ました。 今回はブログ主のちょっとした話をしていこうと思います。 言ってみ ...

3

ブログで稼ぎたい人に送るページです。 ここでは、初心者から中級者になるためのスキルについて紹介していきます。 目次1 稼ぐ手段について(SEOとか解説しています。)1.1 ブログで稼げない理由は2つあ ...

4

ブログのメリット、どこにあるの? これに関して、アンサー記事を書いていきたいと思います。 目次1 ブログのメリットを一言で表せば、ビジネスの勉強を出来るところにあると思う。1.1 ブログ運営というのは ...

5

アフィリエイトブログ の作り方を解説します。 目次1 アフィリエイトブログって?1.1 どうやって稼ぐの?1.1.1 稼ぐのは、簡単なの?1.1.2 作るのは、簡単なの?2 アフィリエイトで大事になる ...

-生き方

Copyright© LionHeart , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.