生き方

文章力を上げる方法と必要性について。【努力が報われない人は沢山書くべき】

人生が上手くいっていない人は、文章をたくさん書くべきだと思います。

人間は書かなくても、しゃべることが出来ます。また話し相手に恵まれていると、日本語が下手くそでも何とか理解してもらえます。

それでも、いつだって話す相手が怪盗キッドやNARUTOのシカマルみたいに高い理解力があるわけではありません。人は「いろいろな人」と話すのです。そういった時に日本語に穴があると

「こいつはダメな奴だな」

と、思われてしまいます。

 

また、日本語が下手くそだと揚げ足を取って来る器の小さい人もいます。(僕はこういった人は嫌いですが)

 

また、

しっかりと書くことが出来ない人間はしっかりと考える事が難しいです。

文章を筋道だって考えられない人が考え方を要約することは不可能なので、あらゆる計画を建てたとしてもどこかしらに穴が生じます。

恋愛、ビジネス、それから仕事。

あらゆるものは順序を立てて成功に向かって走っていくわけですが、それの要約が出来ないとなれば、致命的であると言えます。

ですから、文章を書いて人間力を磨きましょう。

人間力の基本は考える事にあります。そして考えることの基本は書くことにあるのです。小学校1年生はまず書くことを覚えます。

大人になって、そんなことはやらなくてもいいと思う人もいるのかもしれませんが、一人間として原点に立ち返って頑張ってみることはやはり大事です。

文章力を上げる方法について。

僕が思っている文章力を上げる方法は近回り、中周り、遠回りの3通りあると思っています。

近回りで身に着けた文章力は習得こそは速いですが、基本的なものです。中周りはちょっと難易度が高い所にあります。遠回りは時間がかかりますが、時間がかかるが故に一度身に着けた文章力は中々手元は離れません。具体的には

  1. 近回り→本を参考にする
  2. 中周り→文章でお金を稼いでみる
  3. 遠回り→ブログを更新し続ける

といった感じでしょうか。

ちょっと解説してみると、

1.本を参考にする

基本的な文体は本を読んで学んだ方が速いです。

1か月、本を読んでそれをブログに書き続けていればある程度の型は身に付いてくると思います。

文章力と書けば、けっこう難しそうな気がしますが最初のうちは我流で書こうとはせずに本に書いてあることをしっかりと実践すれば、着実に身についてくると思います。

created by Rinker
星海社
¥924 (2021/08/01 19:54:24時点 Amazon調べ-詳細)

2.文章でお金を稼ぐ

これはフリーランスでやってみるということです。

一見するとちょっと怪しい感じですが、実際に誰でも稼げるサイトが日本には複数存在します。

そこで、文章力磨いていく感じです。最初のうちは文章力が身に付いていないのでクライアントにダメダシされるかもしれません。

ですから、ある程度文章力を磨き上げたうえで、ランサーズなどのサイトに登録し活動していくのがポピュラーなやり方です。

他人に納品するわけなので、緊張感のある状況で書かなければなりません。しかしそういった環境だからこそ能力は飛躍的に伸びていきます。

習うより慣れよ

の言葉通り、実践で数をこなすことが一番の経験値になります。

3.ブログを更新していく。

日々ブログを更新していくことが文章力を上げる方法になると思います。

遠回りになりますが、書き続ける方法と言えばこれが一番だと言えます。

勿論、タイピングになれる必要やブログを開設することなどは割と時間がかかることですが、それもまた文章力を鍛えるうえで一つの要素です。

現代の文章力はパソコンありき。

現代の文章はタイピングによって書き上げる場合がほとんどです。

小説家も文章はタイピングによって打ち込んでいることが多いですし、ブロガーなんかは言うまでもなくタイピングで文章を打ち込んでいます。

そういった意味では、これからはパソコンありきの文章力が評価されます。これは会社などで企画書を書いている人もなんとなく理解できることではないかと思います。

文章力を身に着けるメリット

最初の方にも書きましたが、努力が報われやすくなるというところが一つです。

文章をうまく書くことが出来れば、自分の考え方を上手くまとめて話すことが出来ます。

というのも書いていく内にアウトプットの順序がなんとなくわかってきます。

どういった手順で意見を言えば、人に納得してもらえるのかを肌感覚で学べるのです。

考えをまとめて話せるからといって人とうまくやっていけるかどうかは分かりませんが、それでも、自分の意見を1%でも多く相手に伝える力が磨くことが出来れば、対人における選択肢はかなり広がっていきます。

またお金になる。

文章を書き続けることで、お金を稼ぐ手段も生まれてきます。ブログなんかも文章を使ったお金稼ぎです。フリーランスもその一つです。

自分の意見を伝える力があれば誇張や嘘を言わなくても商品の魅力やサービスを紹介できるようになるので、多くの人に見てもらえる機会さえ作れば、収益を得ることが可能になります。

そこまでのレベルに行くためには、時間がかかりますが一つの選択肢として頭に入れるのも良いと思います。

文章を書く場所を用意する。

ブログを開設することです。現代は無料ブログというものがあります。シンプルな文章力を磨くのであれば、オススメです。

はてなブログ

本格的な稼ぐブログを作って収益化も狙っていくのであれば、独自ドメインを使ったブログを作っていくこともありだと思います。その場合はレンタルサーバーとかWordpressなどのツールも使っていくので、けっこう面倒な手順を踏みます。

しかしながら一つの経験としてオリジナルブログを立てておくのも悪くないと思います。詳しくはアフィリエイトブログの作り方について。で解説しています。

ライティングとコピーライティング

稼げるブログとは一言で言えばアフィリエイトブログというのですが、大事なことはライティングに加えてコピーライティングについて学んでいくということです。

コピーライティングとは、人間を動かすための文章であり、これが出来る人は割とお金を稼ぐことが出来ます。

経験として学んでみても良いと思います。小説のような文章を書くには才能が必要ですが、売るための文章というのは努力で身に付くことがほとんどですから、時間と労力を費やすのも悪くない選択かと思います。

本を読んでいると思うこと。

色々な著名人がいますし、その中には本を出す人が結構いたりします。思うことは、

「やはり結果を残し続けている人は文章力が高いな」

と思います。

自分の意見をまとめて、さらにアウトプットできるからこそ成功することが出来たのだと思います。僕が凄いなと感じた人は、東進ハイスクールの林修先生と、

created by Rinker
¥1,900 (2021/08/01 19:54:25時点 Amazon調べ-詳細)

USJのマーケターをしていた森岡毅氏です。

マーケターにしても、予備校の先生にしてもやっぱり人に自分の考えを伝える仕事をしているので、自然と伝える力は磨かれているのだと思います。

こういった人が書いている文章は人間に対し電導しやすく、心を動かしますね。

これから文章力を磨いていきたい人にはぜひ参考にしてもらいたいです。

文章を書く習慣を作る。

成果が出にくく、そして実力を発揮する場所がなかなか見つからない文章力ですが、それならば自分でそういった場所と習慣を作ればいいだけの話です。

大事なことは、自らが考えて動き出し、活躍する機会や場所を己の手で作り出していくことです。こういったことを書けば簡単に言っているようですが、けっこう労力のいることです。

ただ、労力がいる分、頑張り続けているとそれに伴った経験値と収益が入って来ると思います。



人気記事

1

このページではアフィリエイトで稼ぎたいと思っている人に向けて、技術を紹介していきたいと思っています。 アフィリエイトはブルーワーカーや日々を持て余している社会人やフリーターの人にオススメです。 &nb ...

2

アフィリエイトをこれから始めたい人に、必要最低限身に着けておいてもらいたい知識を書いていこうと思います。 アフィリエイトに必要な知識は続けていく中で、身に着けることが出来ます。しかし、大前提としてアフ ...

3

これといった能力がなくても、アフィリエイトをすることでそれなりに収益を得ることは可能です。 いまうだつが上がらない人や、くだらない現状を変えていきたい人にこそアフィリエイトを始めてもらいたいです。 & ...

4

20代のうちに人生を変えたいと思っている人に言えることは、頑張り次第で変えられるとおもいます。 スポーツの世界や芸術の世界はどれだけ努力をしても到達できない世界があります。だから「頑張り次第」とは言え ...

5

アフィリエイトを始める手順についてですが、まずはサイトを作ってみましょう。 アフィリエイトを始めようと思っても、多くの人が戸惑うのはサイトを作るのが難しいからだ、と思います。 特に WordPress ...

-生き方

Copyright© LionHeart , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.