生き方

高卒で工場辞めたい人間がすべきこと1選。自分の適性を活かして生きる方法はいろいろあります。

高卒で工場を辞めたい。

いざ工場に就職して仕事をこなしていこうと思ったけど、業務内容が思ってたんと違う・・・。

そういった気持ちを抱いている人は結構いるのではないかと思います。工場の仕事って一見すると、すごくやりがいのある仕事に思えるかもしれません。しかし、いざやってみると、その業務の単純さと過酷さに絶望する人もいるのではないでしょうか。

 

もっと突っ込んでいくと、

このままずっと工場勤務を続けないといけないのか

といった不安も心に暗雲をたちこめさせるのではないかと思います。

 

ぶっちゃけ、工場での仕事って数ある仕事の中でも大分しんどい部類に入ると思います。仕事にかかる責任も大きいし、その割にもらえるお金は他の大卒組にも及ばないし。

必死に勉強しなかったとかなら、まだ言い訳できるかと思いますが、家にお金がなくて大学行けなかった、とかそういった人からすればやるせない気持ちでいっぱいになるのではないかと思います。

 

結論から言えば、

工場での仕事を辞めたい

と思っている人はたくさんいるのではないかと思ったりします。

 

高卒で工場を辞めたいと思っている人に言えること。

僕が思っていることは

すぐには辞めれないが、ある程度時間をかけられるなら辞めれる

ということです。

 

というのも、現代は自分でも稼げる分野を探すことが出来るからです。自分なりの適性を見出して、その中でより収益を得られる仕事を探すことは、不可能ではなく。

日常生活の中でいくらか時間を使っていくことによってそれは可能になるのではないかと思っています。

そういった意味においては転職のために能力を磨き上げたり、自分なりに稼ぐためのスキルを身に着けていくことは一つの手段ではないかと、感じます。

 

僕自身も高卒で工場を辞めたかった人間です。

ここまで書きましたが、僕自身も工場で働いていた人間です。朝は7時くらいに出社してました。本当の仕事は8時からですが、下準備的なので早く家を出なければならなかったので。そして、会社を出るのはいつも夜の7時です。

生活の中で、自分の人生に疑問を持ち始めたのがきっかけで、副業を始めました。

僕が始めたのはアフィリエイトでした。いろいろ調べてみた結果、これなら自分でもなんとかなるだろうと思って始めました。その結果として、1年後に月に30万円以上を稼げるようになりました。

結果、自分に向いている道を見つけた感じです。

 

努力には効果性というものがある。

僕が思っていることは、効果性がある、ということです。

これはなんとなくわかっている人もいると思いますが、勉強が好きな人間と嫌いな人間では同じ努力をしても得られる経験値が違うのです。

硬い岩盤を掘るよりも、柔らかい土を掘った方がより深い所に堀進めることが出来るように、人間には適性があります。

工場ではどれだけ頑張っても月に20万円がやっと。しかし別の世界に踏み込むことが出来れば、より多くの収益を得られるようになることは普通にある。

というのが

一人間が経験より感じること。。。

ですかね。

 

率直に仕事を辞めたいのなら、副業を始めてみればいいと思う件について。

とここまで書いたのですが、普通に自分で稼ぐ手段を開拓していけばいいんじゃないの。と思います。もちろんすぐに稼げるようになんてなりません。

お金稼ぎは0→1にするまでが大変で、そこにたどり着くまでにはとんでもない試行回数を稼ぐ必要があります。

試行回数を稼いでいるうちに要領を掴むことが出来ますが、普通の人は試行回数を稼ぐことがまず出来ないのです。

 

ただ、初めてみないと何も始まらない。

ただ、0→1にする以前の話として、動かなければ何も始まりはしないので、とにかくは自分なりに出来そうなことを選んで、その道で頑張ってみることが大事かと思っています。

 

意外と動いてみると、見える世界が変わってきたりします。

 

高卒は自分のことが弱い人間であると自覚すること。

こういったことを言えば、怒られるかもしれませんが、高卒は自分のことが弱い人間であること自覚する必要があります。

確かに高卒でも有能と言われる人間もいます。

が、社会的な優遇度で言えば、大卒や天才には劣るわけです。

 

そういった中で、工場で少し仕事が出来るからといって自分が出来る人間であると勘違いすることは、あまりよくないことではないかと思っています。

僕自身も工場で働いているときに、仕事が出来ない人間を見て、内心バカにする時もありました。でもそうやって下の人間を馬鹿にしている間、世間の優秀な人は上を目指して頑張っているわけで。

ぶっちゃけ、自分よりも下を見ているときって人間、成長できないのです。

 

高卒であることに満足も卑下も必要ないと思います。

大事なことは、自分なりに稼げそうな分野を見つけて、その中で結果が出るように努力していくこと。まあ、口で言うのは簡単ですが、これが出来ればある程度将来の安泰さは保証されるのではないかと思います。

 

お金を稼ぐときに気を付けたいこと。

お金を稼ぐ方法は、2つあり、雇われて稼ぐ方法、自分で稼ぐ方法です。

雇われて稼ぐ方法は安定した給料を得ることが出来ます。しかし、基本的に時間も縛られているしもらえる給料が爆上がりしません。

逆に自分で稼ぐ方法はもらえる給料は安定しませんが、自由な時間に稼ぐことが出来るし、得られるお金は頑張った分だけ増えていきます。

多く稼ぎたいのであれば、自分で稼ぐための手段を導き出すことが大事になってくると思っています。

 

僕の場合はアフィリエイトで生計を立てているのですが、工場員として働いていた時よりも大幅にもらえる額が増えました。

アフィリエイトの仕事体系は、頑張った分だけ収益が増えるようになっているからです。

【完全無料】月10万円得るための、アフィリエイトの基礎知識完全講義。【1年分の学習を1週間で】

このページはアフィリエイトでお金を稼いでいくことに関して、1年分の勉強を1週間で終わらせて、その中で収益までのスピードを速めてもらえれば、と思い作成しています。   アフィリエイトをするため ...

続きを見る

アフィリエイトについてまとめました。見るだけではダメですが、基盤づくりに参考に出来るかと思います。トライしてみてはいかがでしょうか。

お金を稼ぐのであれば不労所得を狙っていった方が良いかも。

アフィリエイトとかYouTubeみたいなお金稼ぎは、自分が稼ぐのではなくコンテンツが稼ぎます。

過去に自分の書いた記事や、動画が視聴者を集めてその中で収益を生み出していく仕組みです。

流石に10記事書いたとか、そのぐらいでは稼げませんが100記事書いたあたりから収益は100円、1万円、10万円と一気に爆発していきます。それに反比例した形で労働時間も減っていきます。

仮にお金を稼ぐのであれば、不労所得を狙った方が良いような気がします。

というのも、自分の手で稼ぐとなれば、それは普通に働いているのとあまり変わらないからですね。

不労所得は労働所得という矛盾。

とここまで書きましたが、不労所得は実際のところは労働所得であるともいえます。矛盾しているようですが、事実なので書きます。

まずそこまで働かなくても、稼げるような状況を作り出すまでに結構な労力がかかります。僕の場合は半年間程はずっとタダ働きでした。

そして、この何の収益も得られない努力をある程度続けることは誰だってしんどいことです。

 

だからこそ、

不労所得を得る道は労働所得よりもある意味では険しい

と言えます。

 

これを読んでいる高卒の人に覚えてもらいたい、お金稼ぎの知識

お金稼ぎで大事なことは、0→1にするということです。

無から有は作れません。まずは有を作って、その有をより大きな有にすることが大事なのです。

しかし、一度1を作ることが出来れば、その後は割と楽に1→10が出来るようになります。僕自身も最初の収益は105円でしたが、次の月からの収益は1万円とより多くの収益を得ることに成功した感じです。

そしてアフィリエイトを頑張った1年目に30万円到達。

【経験則として】成功する方法は、理屈半分、感覚半分

まずはどうすれば成功するのかを頭で理解するだけではなく、身体で理解しなければなりません。理屈を流暢に喋れたところで、実際に行使できなければ意味がないのです。

 

成功する方法はネットに載っています。それらはタダで見ることが出来ますし、すごく参考になるのです。しかし実際にそのやり方だけを真似しても、成功はできません。

そのやり方は、それを書いているその人だから成功できたのです。成功するには+αの工夫が必要になるのです。

 

僕自身もタイトルの付け方や、サイトデザインなどは自分なりに工夫してやりました。その結果として、ある程度の成果がついてくるようになった感じです。

 

工場勤務からも学ぶところはあることは忘れてはならない話。

とここまで、工場勤務について書きました。ちょっとだけ、工場の仕事をディスるようなことも書いたかもしれません。

 

ただそういった中でも、一つ言えることがありまして、

俺は独立するから、副業で稼ぐから、工場での仕事なんて適当にやっていいんだ

なんてことは思わないことが大事、ということです。

 

基本的に目の前の仕事に集中できない奴が副業を成功できるだなんて思えません。一経験から思います。

僕自身も工場で働いていました。そこでは毎日のように怒られていましたが、学べるところはあったのです。

自分が一社会人として、社会に生かされている。

これはお金稼ぎという話からは少し脱線するかもしれません。でも、稼ぐうえで大事なことです。

 

人間性はコップ。才能は蛇口

人間として常識がない。

これはコップにひびが入っているようなものです。圧倒的な才能があって、蛇口からドバドバ水が出ている状態でも、その水を受ける容器にひびが入っていればいずれどうなるかなんて、考えなくても分かります。

 

だから、今工場で働いている人は目の前の仕事の理不尽さも一つ、受け入れる強さを持ってほしいと思います。

容器が強ければ、いろいろなモノを受け入れて吸収できるようになります。それが明日稼ぐ力につながります。

老害上等!「若いころの苦労は買ってでもしろ」

上で老害と書きましたが、僕はまだ25歳です(笑)。

それを踏まえて言います。

今僕が、アフィリエイトでそれなりに上手くいっているのは、「それなりの経験をしたからだ」と思っています。

毎日、報われるかわからない努力をする。お金がもらえるからではなく、みんなに迷惑をかけないために、毎日会社に出勤する。そういった頑張りも実は成功するうえで大事なんじゃないかと思います。

 

勿論、そういった苦しい世界を知らなくても成功できる人はいます。

 

でも、忘れてはならないのは僕たちはあくまでも高卒であり、社会的に見れば弱い立場にいる人間である、ということです。

 

最後に言いたいこと。弱い人間は変な道を選ばないと勝てない。

人生に勝ち負けはないと思います。

でも、満足するか出来るかは他人よりも優れているか否かで左右されることも、一つの事実であると思います。そういった中で最後に言いたいことは、

弱い人間はちょっと変な道を選ぼう

ということです。

 

これはまあ、ふつうのことなんですが、強い人間と勝負しているときに普通にやっても勝てる確率は低いよね、という考え方です。

今でこそ僕はそれなりに上手くいっていますが、そのまま工場でがむしゃらにやっていたらこんな偉そうなことは言えていないと思います。

 

ちょっとだけ方向を変えてみるのが良いです。

 

今まで10の努力をしていた人も、ちょっと方向を変えれば2倍の成果や5倍の成果を得ることなんてザラにあります。基本的に努力が報われないのは方向性がダメだからでしょう。

 

まあ、そんなことを最後に、今回の記事をたたんでいこうと思います。ご清聴ありがとうございました。

 

人気記事

1

このページはアフィリエイトでお金を稼いでいくことに関して、1年分の勉強を1週間で終わらせて、その中で収益までのスピードを速めてもらえれば、と思い作成しています。   アフィリエイトをするため ...

2

20代だけど、どう考えても詰んでいるよな。   「どれだけ頑張っても結果が出ない」 「正直、自分が生きている理由が分からない」 「現実がとてつもなくくだらなく感じる。」   理由は ...

3

アフィリエイトでコンテンツを作っていく上で大事なことは順序です。 正しい手順でコンテンツを作っていくことが出来れば、Googleにコンテンツを評価され、次第に収益は上がっていく仕組みです。 &nbsp ...

4

ブログのメリット、どこにあるの? これに関して、アンサー記事を書いていきたいと思います。 目次1 ブログのメリットを一言で表せば、ビジネスの勉強を出来るところにあると思う。1.1 ブログ運営というのは ...

5

アフィリエイトを始めたい。 それでWordpressでサイトを作るのが一番効果的らしいんだけど、具体的な手順ってどうなの?   今回はこういった人に記事を書いていこうと思います。 &nbsp ...

-生き方

Copyright© LionHeart , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.